動画編集・映像制作スクールで本当に選ぶべきおすすめ7選【徹底比較】

スポンサードリンク

動画編集・映像制作で本当に選ぶべきおすすめスクール7つ

 

「動画編集・映像制作を学びたいんだけど、おすすめのスクールはどこだろう?」

「動画編集・映像制作スクールの違いを比較して知りたい」

 

このような疑問をお持ちではないでしょうか?

 

早速結論から言うと、動画編集・映像制作でおすすめなスクール・学校は次の通りです。

 

おすすめ動画編集・映像制作スクール

No.1 TechAcademy 動画編集コース【オンラインで実践的な動画編集スキルを習得】

No.2 デジタルハリウッドSTUDIO by LIG【質の高い動画クリエイターになれる】

No.3 FIVE G TOKYO【動画編集スキルに加え、仕事獲得ノウハウも存分に学べる】

No.4 たのまな在宅WORK【在宅ワークで稼ぐに特化したスクール】

No.5 MovieHacks【安価に動画編集スキルが学べる】

No.6 MOOV SCHOOL【オーダーメイドカリキュラムで必要なポイントのみ学習】

No.7 BYND【1ヶ月間短期集中スクール】

 

迷ったら上記の選び方が間違いありません。

 

本記事では、動画編集・映像制作スクールの選び方から、おすすめスクールの特徴を比較しながら、どのスクールを選ぶべきか紹介していきます。

 

本記事を読めば、動画編集・映像制作スクールでおすすめはどこか、答えが見つかりますよ。

 

スポンサーリンク

動画編集・映像制作スクールの選び方

動画編集・映像制作スクールの選び方

 

そもそも動画編集・映像制作は、撮影された動画・映像に対して、テロップを作成・挿入したり、効果音などの音入れを行うことで、動画を創り上げる仕事です。

 

そんな動画編集・映像制作を学ぶためには、以下基準で動画編集・映像制作スクールを選んでいく必要があります。

 

  1. 動画編集スキル・動画編集ソフトの使い方が身につくか
  2. 学習サポート体制は整っているか
  3. 費用対効果は合っているか(費用が不当に高くないか)

 

1. 動画編集スキル・動画編集ソフトの使い方が身につくか

動画編集・映像制作を行う際は、

 

  1. 動画編集の基本スキル
  2. 動画編集ソフトの使い方

 

これらを習得していく必要があります。

 

動画編集スキルとは?

動画編集スキル
・テロップ作成
・カット
・アニメーション
・カラーグレーディングなど

 

動画編集スキルは上記のように、テロップ作成やカット、アニメーションなどの基礎技術です。動画編集・映像制作を行うにあたり必要なスキルなので、これらを実践的に学べるスクールを選ぶことが必要です。

 

動画編集ソフトとは?

動画編集ソフト
・Adobe Premier Pro
・After effect
・Final Cut Pro

 

一方動画編集ソフトとは、Adobe Premier Proのように、動画編集・映像制作で利用するソフトのことです。

 

これらのソフトを使って動画編集・映像制作をやっていくので、使い方を学べるスクールを選ぶことが必要です。

 

2. 学習サポート体制は整っているか

動画編集スクールを選ぶ際は、学習サポートが体制が整っているスクールを選ぶことが必要です。

 

スクールによっても、質問回答が遅かったり、あるいは的確でないスクールもあります。それだと、お金を払ってスクールに通うメリットが薄れてしまいますよね。

 

スクールを利用するメリットは、わからないことをいつでも質問したり、相談しながら解決していけることです。

 

だからこそ、困った時にいつでも質問できるか、講師は頼りになるかといった学習サポート体制は、スクール選びをするなら重要です。

 

3. 費用対効果は合っているか(費用が不当に高くないか)

動画編集・映像制作スクールを利用する場合、当然ながらお金がかかります。

 

お金がかかることは仕方ないとしても、費用対効果が合っているかどうかは、必ず見ておく必要があります。

 

避けるべきは金額が不当に高いスクールです。学ぶ内容と費用が釣り合っていないと、受講者側からすれば、本来支払わなくて良いお金を払うことになるからです。

 

その点今回紹介するスクールは、受講費用と質のバランスが合っているスクールのみを厳選しました。なので、どのスクールを選んでも、この7つなら間違いありません。

 

おすすめ動画編集・映像制作スクール7つの比較表

動画編集スクールおすすめ度費用受講スタイル
1. TechAcademy 動画編集コース⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️149,000円/4週オンライン
2. デジタルハリウッドSTUDIO by LIG⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️300,000円/12週教室(東京)
3. FIVE G TOKYO⭐️⭐️⭐️⭐️147,800円/12週オンライン
4. たのまな在宅WORK⭐️⭐️⭐️⭐️300,500円/12週オンライン
5. MovieHacks⭐️⭐️⭐️⭐️69,800円/無期限オンライン
6. MOOV SCHOOL⭐️⭐️⭐️6,000円〜/1講座(60分)オンライン
7. BYND⭐️⭐️⭐️68,000円/4週間教室(東京)

 

比較表にすると上記の通りです。

 

おすすめ動画編集・映像制作スクールの比較

おすすめスクールを比較すると、オンラインで実践的な動画編集技術を学びたい、そんな方にはTechAcademy 動画編集コースがおすすめです。

 

TechAcademyは東証1部上場企業グループが運営するオンラインスクール最大手であり、カリキュラムの中でオリジナル動画制作まで行います。講師は現役動画クリエイターであり、基礎から実践まで習得していける安心のスクールです。

 

一方、とにかくハイレベルな動画編集技術をつけ、一流の動画クリエイターを目指したい。そんな方にはデジタルハリウッドSTUDIO by LIGがおすすめです。

 

業界でもトップクラスの質を誇り、これまで多くのクリエイターを輩出してきています。本格的な技術を身に付けたいなら、特におすすめなスクールです。

 

以上の2つが実績が特に多いスクールです。その他は、動画編集だけでなく、仕事獲得ノウハウも学べる「FIVE G TOKYO」在宅ワークに特化した「たのまな在宅WORK」、インフルエンサーが運営しており安価で動画編集が学べる「MovieHacks」が次ぐイメージです。

 

もし迷ったら、「おすすめ度が高い順」で選んでいくと、スキルがしっかり習得でき、学習サポートが充実しており、費用のバランスも良いスクールが失敗なく選べますよ。

 

動画編集・映像制作で本当に選ぶべきおすすめスクール7つ

動画編集・映像制作で本当に選ぶべきおすすめスクール7つ【徹底比較】

 

おすすめ動画編集・映像制作スクール

No.1 TechAcademy 動画編集コース【オンラインで実践的な動画編集スキルを習得】

No.2 デジタルハリウッドSTUDIO by LIG【質の高い動画クリエイターになれる】

No.3 FIVE G TOKYO【動画編集スキルに加え、仕事獲得ノウハウも存分に学べる】

No.4 たのまな在宅WORK【在宅ワークで稼ぐに特化したスクール】

No.5 MovieHacks【安価に動画編集スキルが学べる】

No.6 MOOV SCHOOL【オーダーメイドカリキュラムで必要なポイントのみ学習】

No.7 BYND【1ヶ月間短期集中スクール】

 

この7社に関して、それぞれ特徴を解説していきます。

 

1. TechAcademy

動画編集・映像制作で本当に選ぶべきおすすめスクール7つ
コース内容Adobe Premier Proを使った動画編集コース
受講期間最短4週間から
受講費用4週間で149,000円
受講スタイルオンライン完結
備考なし

 

TechAcademy 動画編集コースは、オンライン完結で学べる動画編集スクールです。僕はTechAcademyでプログラミングコースを受講したことがありますが、さすがオンライン最大手スクールということもあり、オンラインで学べる環境が整っていました。

 

TechAcademy最大の特徴は、実践的な動画編集を学べることです。

 

TechAcademy 動画編集コースでは、Adobe Premier Proを使った動画編集を学んでいきます。インタビュー動画がYoutubeで話題になるようなトリック動画など、様々な動画編集・制作を学習していきます。

 

中でも特徴なのは、動画編集の基礎スキルやソフトの使い方だけでなく、オリジナル動画作成まで、カリキュラムの中で行っていくことです。

 

実際に自分自身でオリジナル動画を作っていく過程で、動画編集・映像制作で必要なスキルを習得できます。またそれだけでなく、卒業する頃には自身の制作実績が手に入ることや、何より自分でオリジナル動画を創ったという自信・経験が得られます。

 

また講師は現役動画クリエイターであり、毎日使えるテキストチャットと、週2回のビデオチャットを通じ、わからないことは質問し放題です。

 

不明点をすぐに解消していける抜群の学習サポート体制があるので、どんな人でも挫折することなく、動画編集スキルを習得していけます。

 

このようなカリキュラムの質の高さや、抜群の学習サポート体制もある中、費用も4週間10万円台と良心的です。TechAcademyはオンライン完結スクールなので、教室を持っていません。家賃などのコストがかからない分、TechAcademy 動画編集コースは安いコストで、良質なプログラムを提供できているんですよね。

 

完全オンラインなので、忙しい社会人の方も、平日夜や休日に自宅から学習できることも嬉しいですね。

 

TechAcademyを検討してみたい場合、公式サイトからは「無料説明会動画」があるので、覗いてみると受講イメージも湧いてくると思いますよ。

TechAcademy 動画編集コース詳細はこちら

 

2. デジタルハリウッドSTUDIO by LIG

動画編集・映像制作で本当に選ぶべきおすすめスクール7つ
コース内容Adobe Premier Proを使った動画編集コース
受講期間3ヶ月(他複数コースあり)
受講費用3ヶ月で300,000円
受講スタイル教室学習(東京の上野、池袋)+オンライン自主学習
備考なし

 

デジタルハリウッドSTUDIO by LIGは、動画クリエイターWebデザイナー、プログラマーなどのクリエイター輩出スクールです。

 

特徴は、動画編集・映像制作に関する質の高い学びが得られることです。

 

そもそもデジタルハリウッドSTUDIO by LIGは、デジタル領域の大学であるデジタルハリウッドと、Web制作会社として国内トップクラスの株式会社LIGが共同運営しているスクールです。デジタル領域で言えば、国内でも有数の知見が集まっている場所と言っても良いでしょう。

 

そのような環境において、現役動画クリエイターが、実践で使える動画編集・映像制作スキルを3ヶ月に渡ってみっちり教えてくれるのが、デジタルハリウッドSTUDIO by LIGの特徴です。

 

また、教室は東京の上野、池袋にあるので、オンライン教材を使ったオンライン自主学習だけでなく、教室で現役動画クリエイターに質問したり、仲間と切磋琢磨しながら学習していける点も良いですね。

 

デジタルハリウッドSTUDIO by LIGを検討したい場合、「無料説明会」をオンラインでやっているので、まずは参加してみることをおすすめします。ちゃんと学習を継続できるか不安な場合も、習得していけるような学習プランをアドバイスしてくれますよ。

デジタルハリウッドSTUDIO by LIGの詳細はこちら

 

3. FIVE G TOKYO

動画編集・映像制作で本当に選ぶべきおすすめスクール7つ
コース内容動画編集コース
受講期間3ヶ月
受講費用入学金98,000円+授業料49,800円
受講スタイルオンライン学習
備考なし

 

FIVE G TOKYOはオンライン完結の動画編集スクールです。

 

特徴は、単純に動画編集を教えるだけでなく、案件獲得方法や、クライアントとのやり取りの方法まで、ただの動画編集者に留まらない学びを得られることです。

 

動画編集スキルについては、Adobe Premier ProやAdobe After Effectsの使い方はもちろん、Youtube動画制作やVlog系動画制作、動画広告制作などを一通り学ぶことができます。

 

でもそれだけでなく、スキルを身につけた後に、スキルをどう仕事に変えていくかに力を入れているので、動画編集を学んだ後のことまで考え、受講したい方に、FIVE G TOKYOは特におすすめです。

FIVE G TOKYO公式サイトはこちら

 

4. ヒューマンアカデミー(たのまな)

動画編集・映像制作で本当に選ぶべきおすすめスクール7つ
コース内容映像クリエイターコース
受講期間6ヶ月
受講費用3ヶ月で300,500円(PC、動画編集ソフト付き)
受講スタイルオンライン学習
備考なし

 

ヒューマンアカデミーが提供する通信講座「たのまな在宅WORK」は、動画編集スキルを習得し、在宅ワークで収入を得ることに特化したコースです。

 

たのまな在宅WORKでは、映像クリエイターコースがあり、こちらで映像制作・動画編集スキルを学べます。Adobe Premier Proの使い方はもちろん、テロップ挿入やオーディオ編集、動画の書き出しや高度な動画編集まで、コレ一つで全て学べるようになっています。

 

また、学習サポートも充実しており、受講期間中の質問はメールで何度でもできます。質問し放題でわからないことを都度プロに聞いて解消できるので、早期に実力をつけることができます。

 

加えて、実際に在宅ワークを受注するためのサポートも付いているので、学習した後の「仕事を獲得できるか不安」と言ったことまで、不安を感じることなく、動画編集を学ぶことができます。

 

詳しい詳細は「無料で資料請求」することができるので、興味がありそうなら、無料で資料請求してみることがおすすめです。

たのまな在宅WORK詳細はこちら

 

5. MovieHacks

動画編集・映像制作で本当に選ぶべきおすすめスクール7つ
コース内容動画編集コース
受講期間無制限
受講費用69,800円
受講スタイルオンライン学習
備考なし

 

MovieHacksは動画初心者向けの動画編集スクールです。

 

インフルエンサーが運営しているスクールということもあり、広告費をかけない集客ができていることが特徴です。広告費がかからない分、他スクールよりも圧倒的に安い費用でコース提供できているため、受講者は安く受講できるんですよね。

 

また、学習サポート期間も無制限です。費用対効果はかなり高いスクールだと思います。

 

6. MOOV SCHOOL

動画編集・映像制作で本当に選ぶべきおすすめスクール7つ
コース内容オリジナルカリキュラム
受講期間1ヶ月〜
受講費用6,000円(60分の1講習あたり)
受講スタイルオンライン
備考なし

 

MOOV SCHOOLは受講者一人一人の目的に合わせて、オリジナルカリキュラムを作り、学習していくオンラインスクールです。

 

オーダーメイドかつマンツーマンの個別指導なので、身につけたい技術を最短で習得していけることが特徴です。

 

7. BYND

動画編集・映像制作で本当に選ぶべきおすすめスクール7つ
コース内容ビデオグラファーコース
受講期間1ヶ月
受講費用68,000円〜
受講スタイル教室型(青山、神宮、東京)
備考なし

 

BYNDは「PC持ち込み1ヶ月で学ぶ」をコンセプトにしている動画編集スクールです。

 

BYNDのビデオグラファーコースでは、一眼レフやデジタルビデオカメラを使った動画撮影・編集技術を学んでいきます。カリキュラムが終了する頃には、自ら動画を撮影し、音声を編集し、動画を完成させるレベルまで到達を目指します。

 

ここまで紹介したおすすめ動画編集スクールまとめ

No.1 TechAcademy 動画編集コース【オンラインで実践的な動画編集スキルを習得】

No.2 デジタルハリウッドSTUDIO by LIG【質の高い動画クリエイターになれる】

No.3 FIVE G TOKYO【動画編集スキルに加え、仕事獲得ノウハウも存分に学べる】

No.4 たのまな在宅WORK【在宅ワークで稼ぐに特化したスクール】

No.5 MovieHacks【安価に動画編集スキルが学べる】

No.6 MOOV SCHOOL【オーダーメイドカリキュラムで必要なポイントのみ学習】

No.7 BYND【1ヶ月間短期集中スクール】

 

動画編集・映像制作スクールに通うデメリット

動画編集・映像制作スクールに通うデメリット

 

動画編集・映像制作スクールを受講するか悩む方向けに、スクールを受講するデメリットをお伝えすると、

 

  • 独学よりもお金がかかる

 

上記はやはりデメリットです。

 

独学よりもお金がかかる

動画編集は独学で習得している人もいますが、それでも、多くの人はスクールを使ったり、プロから教わって学ぶことが多いです。

 

ただ、スクールを利用すると、独学とは違いお金はかかってしまいます。ですから、この点はスクール受講のデメリットかなと思います。

 

とはいえ、動画編集スキルを習得できれば、個人で月に10万円以上の収入を得ることは難しくありません。

 

いまはYoutubeを始め、動画市場は急激に成長しています。市場が成長していますから、今のうちに動画編集スキルを身に付けておけば、月10万円のみならず、同じ努力でも、もっと大きな恩恵を受けることも期待できますよ。

 

動画編集・映像制作スクールに通うメリット

動画編集・映像制作スクールに通うメリット

 

  • 独学よりも最短で、動画編集・映像制作スキルを習得できる
  • プロから教わるため、確かな技術が身につく
  • 技術だけじゃなく、仕事の獲得方法なども学べる

 

動画編集・映像制作スクールを受講するメリットは上記の通りです。

 

独学よりも最短で、動画編集・映像制作スキルを習得できる

最短最速で動画編集・映像制作スキルを習得したいなら、スクールの方がおすすめです。

 

スクールは独学と異なり、プロのサポートを借りながら学習できます。わからないことも都度解消していけるので、独学だと一人で頭を抱えて悩む時間も、スクールなら大きな壁にぶつかることなく、効率的に学習していけます。

 

早く動画編集スキルを習得すれば、その分報われるタイミングも早く訪れます。そういう意味で、スクールが持つ「習得までのスピード」は、スクールを受講する大きなメリットだと思いますよ。

 

プロから教わるため、確かな技術が身につく

また動画編集・映像制作スクールの場合、現役動画クリエイターのスキルをそのまま学べるため、確かな技術が身につきます。

 

独学だと、どうしても我流の部分が混ざってしまったりなど、正しい勉強法ができないデメリットがあります。特に動画編集を仕事にしたい場合、業界のスタンダードを理解しておくことは必要不可欠です。

 

その点動画編集・映像制作スクールなら、業界スタンダードの技術を正しく身につけることができるので、技術を身に付けた後が困らなくなることが大きなメリットですね。

 

技術だけじゃなく、仕事の獲得方法なども学べる

動画編集・映像制作スクールの中には、単なる動画編集技術だけでなく、

 

  • 個人での仕事獲得ノウハウ
  • クライアントとの良好なコミュニケーションの取り方

 

のように、より「ビジネス的」なことを学べるスクールもあります。

 

現役のクリエイターが実際に現場で使っているノウハウ・技術を学べるのは、スクールならではのメリットです。独学だと、こういうノウハウはなかなか知れないですからね。

 

このように、動画編集・映像制作スクールは、お金はかかるデメリットはあるものの、それ以上にメリットが大きいです。

 

ですから、もし迷った場合も、「受講料はすぐに元を取るんだ」くらいの気持ちでスクール受講し、後は理想の未来へ突き進むことが良いと思いますよ。

 

まとめ

動画編集・映像制作で本当に選ぶべきおすすめスクール7つ【徹底比較】

 

最後に、動画編集・映像制作を学べば、会社に依存することなく、自分の力で収入を得られるようになります。

 

動画編集は最近とても人気が出ており、動画編集で月10万円どころか、月100万円以上収入を得ている人も珍しくありません。

 

またお金にそこまでこだわりがない人でも、動画編集・映像制作はパソコンがあればどこでもできるため、在宅やリモートワークで、どこかに通勤する必要なく、好きな場所で好きな時間に働くことだって選べます。

 

そして何より、動画編集・映像制作は、創ったものがカタチに残り、人の心にも残るものです。動画編集・映像制作の仕事自体が楽しいものなので、好きを仕事にしやすい職業だと思います。

 

だからこそ、動画編集を今のうちに学んでおく旨味があると思いますよ。

 

1〜3ヶ月短期集中でやれば習得できる技術だからこそ、今このタイミングで始めておくことで、今から3ヶ月後には、理想の状態が実現し始めていると思いますよ。

 

おすすめ動画編集・映像制作スクール

No.1 TechAcademy 動画編集コース【オンラインで実践的な動画編集スキルを習得】

No.2 デジタルハリウッドSTUDIO by LIG【質の高い動画クリエイターになれる】

No.3 FIVE G TOKYO【動画編集スキルに加え、仕事獲得ノウハウも存分に学べる】

No.4 たのまな在宅WORK【在宅ワークで稼ぐに特化したスクール】

No.5 MovieHacks【安価に動画編集スキルが学べる】

No.6 MOOV SCHOOL【オーダーメイドカリキュラムで必要なポイントのみ学習】

No.7 BYND【1ヶ月間短期集中スクール】