【徹底検証】DMM WEBCAMP 動画クリエイターコースの特徴や評判・口コミ

【徹底検証】DMM WEBCAMP 動画クリエイターコースの特徴やメリット・デメリット

大人気スクールDMM WEBCAMPに、遂に動画編集を学べる動画クリエイターコースが新登場しました。

 

この記事では、これまで動画クリエイタースクールを20校以上取材や調査してきた経験から、DMM WEBCAMP 動画クリエイターコースを受講するか悩んでいる方向けに、本当に受講価値があるかを徹底検証しました。

 

また、DMM WEBCAMPの取材やヒアリングも私自身何度も重ねてきました。実際にヒアリングを重ねてわかったDMM WEBCAMPの実績も含めて記事で解説します。

 

DMM WEBCAMP動画クリエイター講座・動画編集講座

私がDMM WEBCAMPを取材した際に撮影した渋谷校の写真(※動画クリエイターコースはオンライン受講のみ)

 

  • DMM WEBCAMP 動画クリエイターコースって?どんな特徴があるの?
  • メリット・デメリットは?特にデメリットを事前に知っておきたいな
  • 結局他のスクールと何がどう違うの?向いているのはどんな人?

 

この記事を読めば、これらのことが全てわかります。

 

3分ほどで読める文量で、受講検討に必要な情報をまとめました。DMM WEBCAMP動画クリエイターコースの受講を検討している方は、ぜひ最後までチェックしてみてください。

DMM WEBCAMP 動画クリエイターコース公式サイトはこちら

 

\まずは無料体験&メンタリングから!申込みは簡単30秒/

 

 

DMM WEBCAMP 動画クリエイターコースとは?3つの特徴を解説

DMM WEBCAMP 動画クリエイターコースとは?3つの特徴を解説
公式サイトDMM WEBCAMP 動画クリエイターコース
コース動画クリエイターコース
費用169,800円/4週間
224,800円/8週間
279,800円/12週間
334,800円/16週間
期間4週間、8週間、12週間、16週間
受講スタイルオンラインのみ
マンツーマンレッスン週2回・1回25分
チャットサポート15:00〜23:00(質問し放題)
カリキュラム閲覧期間半永久的(卒業後も閲覧可能)
就職・転職サポート×(なし)
副業サポート◎(無料の副業サポートあり)
動画編集ソフトの無償提供◎(Adobe CCの2ヶ月間無償提供あり)
返金保証◎(利用していない期間分は返金を受けられる。早めに受講を終えるほどお得)

 

DMM WEBCAMP 動画クリエイターコースは、大手DMMグループが運営する動画編集スクールです。

 

前身のサービスは「DMM WEBCAMP SKILLS」という名称でしたが、当時は動画編集を学べるコースはありませんでした。2021年12月にリニューアルし、動画市場の高まりに伴い、動画クリエイターコースが初めて誕生した経緯があります。

 

そんな注目のDMM WEBCAMP 動画クリエイターコースの特徴は大きく3つあります。

 

DMM WEBCAMP 動画クリエイターコースの3つの特徴
  1. 動画編集者に必要な一連のスキルを習得する実践型カリキュラム
  2. 挫折せず短期で結果を出すパーソナルメンター制度
  3. リーズナブルな受講料と安心の返金保証

 

1. 動画編集者に必要な一連のスキルを習得する実践型カリキュラム

まずはカリキュラムですが、DMM WEBCAMP 動画クリエイターコースのカリキュラムを一言で言うと「プロの動画編集者に必要な一連のスキルを習得する実践型カリキュラム」です。

 

構成→編集→納品まで、一連の工程を経験できるカリキュラム

未経験から動画編集者を目指す方の多くは「動画編集者って編集作業が仕事でしょ?じゃあ編集技術だけ学べばいいんだろう」と思っている方が多いです。

 

確かにそうではありますが、最近は動画編集者を目指す方の数も増えており、ただ編集ができるだけの市場価値は低下しつつあります。

 

では市場価値が高い動画編集者に必要なスキルは何か?それは編集技術はもちろん、その前後にある動画企画の「構成」や、作品のクオリティを維持しながら「納品」まで無事に行う力が必要なんですよね。

 

その点DMM WEBCAMP 動画クリエイターコースでは、編集だけでなく「構成→編集→納品」の一連のプロセスを、カリキュラム内で経験できることが特徴です。

 

実際に一連のプロセスを経験できるため、卒業後はスムーズに副業やフリーランスの踏み出しやすくなります。

 

オリジナルの編集動画制作含め、様々な動画を実践形式で制作

カリキュラム内では動画編集者に必要なスキルを学んでいきますが、中でもDMM WEBCAMP 動画クリエイターコースでは、様々な動画を制作しながら学ぶ「実践型カリキュラム」となっています。

 

カリキュラム内で作る動画は次の通りです。

 

カリキュラム内で作る動画身につくスキル
インタビュー動画の制作インタビューの素材をもとに、効果的な素材の使い方や、動画編集の実践を学ぶ
企業VP(ビデオパッケージ)制作カフェの素材をもとに、プロモーション動画の作り方を学ぶ
オリジナルの編集動画の制作用意された素材をもとに、実案件に近い工程で、オリジナル動画制作を学ぶ

 

オリジナルの編集動画制作を含めて、実際に手を動かしながら実践スタイルで基本から応用まで身につけていきます。

 

動画クリエイターコースで身につくスキル

ここまで紹介した実践型カリキュラムを通じて、身につくスキルは次の通りです。

 

  1. Adobe Premiere Pro
  2. After Effects
  3. 構成書の理解
  4. 動画制作工程の実践

 

ちなみに、DMM WEBCAMP 動画クリエイターコースと特徴が似ている「TechAcademy 動画編集コース」では、Adobe Premiere Proは学べるものの、After Effectsは学べません。

 

After Effectsまで学びたい方は、DMM WEBCAMPを選びましょう。

 

2. 挫折せず短期で結果を出すパーソナルメンター制度

「カリキュラムはわかったけど、実践形式だと学習についていけるかわからない」と不安も感じてしまいますよね。

 

そんな不安を少しでも解消するために、DMM WEBCAMP 動画クリエイターコースでは「パーソナルメンター制度」を採用しています。

 

パーソナルメンター制度とは?メンター(専属講師)が1対1でサポートしてくれる制度

パーソナルメンター制度は、メンター(専属講師)が1対1でサポートしてくれる制度です。

 

DMM WEBCAMP 動画クリエイターコースでは、オンライン上に用意されたカリキュラムを自主的に解いて学習していきます。自主学習に加えて、メンターとは週2回メンタリングの時間が設けられています。

 

メンタリングの時間では、学習をしていてわからないことはもちろん、どんなことでも質問し放題。「勉強がなかなか続かない」といったモチベーションのことや、「卒業後にどうやって案件獲得していけばいいの?」という案件獲得のことまで。どんなことでもあなた専属の講師に質問可能です。

 

毎日使えるチャットサポートも充実

「週2回しかメンタリングがないなら、残りの週5日間は自分一人で勉強しないといけないの?それだと大変そう」と不安に思ってしまいますよね。

 

もちろんそんなことはなく、週2回のメンタリング以外に、毎日いつでも使えるチャットサポートがついています。質問回数は無制限で、学習をしてわからないことはいつでも質問できるので安心ですよ。

 

唯一デメリットは、質問は24時間いつでも送れる一方、返信が来る時間(対応時間)は毎日15〜23時と時間が決まっていること。午後〜夜を中心に学習したい方にはデメリットにはならないでしょう。

 

3. リーズナブルな受講料と安心の返金保証

「実践型カリキュラムやパーソナルメンター制度もあると、受講料はやっぱり割高になるのでは?」と、費用の面も心配になりますよね。

 

その点DMM WEBCAMP 動画クリエイターコースは、受講料がリーズナブルであることも特徴です。

 

DMM WEBCAMP 動画クリエイターコースの受講料金・費用一覧

4週間8週間12週間16週間
受講料金169,800円224,800円279,800円334,800円
学習時間(1ヶ月)160時間80時間54時間40時間
メンタリング全8回全16回全24回全32回
チャットサポート15:00〜23:0015:00〜23:0015:00〜23:0015:00〜23:00

 

このように、169,800円〜334,800円の幅に収まります。動画クリエイタースクールの中には60万円以上の費用がかかるスクールも多いため、費用感はリーズナブルな水準です。

 

金額は受講期間によって変わりますが、どの期間も学習内容は同じです。つまり、1日の学習量を増やし、短期間で学習できる方は、短期受講の方がお得になります。

 

安心の返金保証あり(利用していない期間分は返金)

「受講期間で学習内容が変わらないなら、一番安い4週間受講がいいな」

「でも、毎日忙しいし、4週間で本当に全ての学習が終わるかわからない」

 

と思ってしまいますよね。確かに、受講前だと、どの期間が自分に合っているかは普通わかりません。実際のところ、余裕を持って12週間コースを予約したものの、意外と学習が早く進んで8週間で終わってしまった、ということは他の動画編集スクールでもよくあること。

 

そんな方が無駄な出費をしなくて済むよう、DMM WEBCAMP 動画クリエイターコースでは、利用していない期間分を返金してくれる「返金保証」が用意されています。

 

例えばあなたが余裕を持って12週間コースを申し込み、日々の学習を頑張って8週間でカリキュラムが終わった場合。

 

この場合は、12週間コースの279,800円ではなく、8週間コースの224,800円が適用されます。つまり、12週間コースの279,800円と、8週間コースの224,800円の差額である55,000円が返金されます。

 

このような返金制度は、他の動画編集スクールでは現状ありません。無駄なコストをかけることなく、どんな方でもコスパよく受講できる安心の制度が、DMM WEBCAMP 動画クリエイターコースには完備されていますよ。

DMM WEBCAMP 動画クリエイターコース公式サイトはこちら

 

\まずは無料体験&メンタリングから!申込みは簡単30秒/

 

DMM WEBCAMP 動画クリエイターコースと他の主要スクールは何が違う?違いをまとめてみた

ここではDMM WEBCAMP 動画クリエイターコースの良し悪しをより客観的に知るために、他の主要な動画編集スクールと違いを比べてみました。

 

DMM WEBCAMP動画クリエイターコースTechAcademy動画編集コースヒューマンアカデミー動画クリエイター講座
学べるソフトAdobe Premiere Pro/After EffectsAdobe Premiere ProのみAdobePremiere Pro/After Effects/Photoshop/Illustrator
料金169,800円〜174,900円〜213,400円〜
期間4週間、8週間、12週間、16週間4週間、8週間、12週間、16週間6ヶ月、12ヶ月
受講スタイルオンラインオンラインオンライン&通学(全国23教室)
マンツーマン×
対応時間15:00〜23:0015:00〜23:009:00〜21:00
オリジナル制作
ポートフォリオ制作××
返金保証××
就職・転職サポート×
副業サポート××

 

上記比較表の中で、特に押さえておきたい重要なポイントをまとめると、次の通りです。

 

  • 「料金の安さ」「返金保証」「マンツーマン指導」「副業サポート」はDMM WEBCAMPは充実
  • 「ポートフォリオ制作」がない点はDMM WEBCAMPのデメリット

 

DMM WEBCAMP 動画クリエイターコースが優れているポイント

「料金の安さ」「返金保証」「マンツーマン指導」「副業サポート」は、他の主要スクールと比べても、DMM WEBCAMPは優れています。

 

特に、DMM WEBCAMPには「副業サポート」があります。クライアントへ副業案件を実際に納品する前に、現役講師からレビューをもらえる制度です。

 

初めての副業案件だと、自分が編集した動画のクオリティが問題ないか判断がつきづらいです。DMM WEBCAMPであれば、プロがしっかりレビューしてくれるため、安心して副業の第一歩を踏み出せると思いますよ。

 

DMM WEBCAMP 動画クリエイターコースが劣っているポイント

一方でデメリットで知っておきたいことは、ポートフォリオ制作がないことです。

 

動画編集スクールの中には、カリキュラム内でポートフォリオ制作を行い、現役動画クリエイターが添削してくれるヒューマンアカデミー動画クリエイター講座のようなスクールもあります。DMM WEBCAMPはオリジナルの編集動画の制作はあるものの、卒業後に自分自身でポートフォリオを準備する必要があります。

 

とはいえ、DMM WEBCAMPでは、カリキュラム内でオリジナル編集動画の制作含め、実際に動画を作りながら学べます。卒業後は自身でポートフィリオを作り、副業や転職などを実現していけるでしょう。

DMM WEBCAMP 動画クリエイターコース公式サイトはこちら

 

\まずは無料体験&メンタリングから!申込みは簡単30秒/

 

DMM WEBCAMP 動画クリエイターコースの評判・口コミ

受講者の評判ですが、現状、口コミはSNS・Web上で見当たりませんでした。2021年12月に開始した新サービスのため、口コミはこれから増えてくると思います。

 

※受講者の口コミ・評判は随時記載していきます

 

DMM WEBCAMP 動画クリエイターコースのメリット・デメリットまとめ

DMM WEBCAMP 動画クリエイターコースと他の主要スクールは何が違う?違いをまとめてみた

出典:DMM WEBCAMP動画クリエイターコース

 

ここまでの特徴や他スクールとの比較を踏まえて、DMM WEBCAMP 動画クリエイターコースのメリット・デメリットをまとめると次の通りです。

 

メリット
  • 動画編集者に必要な一連のスキルを学べる
  • 現役講師が1対1でサポートしてくれる
  • 様々な動画を実践形式で作りながら学べる
  • 受講料もリーズナブル
  • 学習が早く終わったら、残っている期間分は返金してもらえる
  • 大手DMMグループが運営しているから安心
  • 副業サポートあり
デメリット
  • 実績や受講者の口コミがまだ少ない(2021年12月開始の新サービスのため)
  • ポートフォリオ制作支援はついていない

 

どんなに優れた動画編集スクールでも、デメリットはあるものです。その点DMM WEBCAMPは、デメリット以上にメリットが大きいスクールだと思いますよ。

DMM WEBCAMP 動画クリエイターコース公式サイトはこちら

 

\まずは無料体験&メンタリングから!申込みは簡単30秒/

 

DMM WEBCAMP 動画クリエイターコースが向いている人

DMM WEBCAMP 動画クリエイターコースが向いている人は次の通りです。

 

  • 動画編集者に必要な一連の実践スキルを身につけたい人
  • 1対1のマンツーマンで手厚くサポートしてもらいたい人
  • できるだけリーズナブルな価格で受講したい人
  • 返金保証が欲しい人
  • 安心の大手スクールで学びたい人
  • オンライン完結で学習したい人

 

このような方はDMM WEBCAMP 動画クリエイターコースがおすすめです。

DMM WEBCAMP 動画クリエイターコース公式サイトはこちら

 

\まずは無料体験&メンタリングから!申込みは簡単30秒/

 

まとめ

【徹底検証】DMM WEBCAMP 動画クリエイターコースの特徴やメリット・デメリット

 

DMM WEBCAMP 動画クリエイターコースは、まだ実績や口コミが少ないことなどデメリットもありますが、それ以上にメリットが多いスクールです。

 

実践型カリキュラムで動画編集者に必要な一連のスキルを身に付けられるだけでなく、オンライン完結だからこそ、リーズナブルな料金で受講もできます。

 

DMM WEBCAMP 動画クリエイターコースでは、受講を迷っている方向けの「無料体験」があります。無料体験では、DMM WEBCAMPに関することはもちろん、動画クリエイターを目指す悩みにも無料で相談に乗ってくれます。

 

無料体験の申込みは公式サイトから簡単30秒で終わります。受講を少しでも検討したい方は、まずは無料体験の予約を続けて済ませておくことをおすすめします↓

DMM WEBCAMP 動画クリエイターコース公式サイトはこちら

 

\まずは無料体験&メンタリングから!申込みは簡単30秒/