海外駐在員になるには?海外赴任したい方へ、元駐在員の僕が方法を解説【NGな方法も併せて紹介】

スポンサードリンク

海外駐在員になるには?海外赴任したい方へ、元駐在員の僕が方法を解説

 

  • 海外赴任したいな。でも、海外駐在員になるにはどうすればいいんだろう。実際に海外駐在をした方の話を聞いてみたい

 

このような疑問に、本記事では答えていきます。

 

僕のことを簡単にご紹介すると、学生の頃には北米へ留学をし、新卒で大手貿易関連の会社に入社しました。その後、20代半ばでアフリカへの海外駐在を経験し、アフリカのみならず、ヨーロッパ、アジア、北米、南米と、世界中で仕事をしてきました。

 

また現在は転職支援の仕事もしていることから、どんな人が海外駐在員になり、逆にどんな人は海外駐在ができていないか、その実態も把握しています。

 

そこで本記事では、海外駐在員になるための方法を、元駐在員の僕がご紹介します。本記事で読めば、どうすれば海外駐在員を目指す正しいステップや、いまやるべきことがわかるようになります。

 

海外駐在を目指す上でNGな事例も解説しますので、近い将来海外で働きたい方は、ぜひ、参考にしてください。

 

スポンサーリンク

海外駐在を目指す上で。「新卒の就職」と「中途の転職」の違いとは?

海外駐在を目指す上で。「新卒の就職」と「中途の転職」の違いとは?

 

まず考えておくべきことは、「新卒の就職」と「中途の転職」の違いです。この2つは性質や難易度が異なります。

 

結論、違いは以下の通りです。

 

  • 新卒⇨配属ガチャがあり、必ずしも海外駐在にいけるわけではない
  • 中途⇨配属先をコントロールしやすく、内定が出さえすれば、チャンスを掴みやすい

 

このような違いがあります。

 

新卒は配属ガチャが難敵

まず新卒の場合、配属ガチャがあります。つまり、入社したタイミングでどの部署に配属されるかで、海外駐在しやすいか、それとも実現しにくいか、はっきりしてしまうんですよね。

 

例えば、海外事業をやっている部署に配属されれば、当然ながら、海外に行くチャンスは増えますよね。この場合は、ラッキーな事例です。

 

ですが、配属先が国内マーケットを担当する部署の場合、海外駐在にいける可能性は、その時点で低くなります。なぜなら、海外で生きる経験が積めないからです。

 

新卒の場合、このような配属ガチャの問題があります。なので、同期間でも「あいつは海外にいけたけど、自分は・・」となる方も一定数いますね。まあ、こればっかりはしょうがないです。大手の場合、人事異動もあるので、海外事業をやっている部署に手を挙げることもできるかと思います。

 

このリスクを回避する方法としては、できる限り、大半の社員が海外にいっているような企業に入社することですね。例えば商社あたりなどの貿易関連の企業には、総合職で入社した人全員を、一度は海外に送り込む企業もあります。

 

こういった企業に入れれば、海外駐在は極めて現実的になります。ですが、入社するまでの競争は激しいです。

 

中途の場合、配属先はコントロールしやすい

一方中途の場合、求人自体が部署・ポジションごとに出ているのが一般的です。そのため、グローバル求人に応募すれば、グローバルな仕事ができるので、新卒よりも配属先はコントロールしやすいです。

 

ですが、中途の海外求人の場合、一定の英語力が求められたり、あるいは海外ビジネス経験が求められるケースも多いです。そのため、求められる能力の点で、難易度は高くなります。なので、中途だから簡単に転職できる、というわけではありません。

 

このように、「新卒の就職」「中途の転職」どちらも性質が異なり、メリット・デメリットも違います。一長一短あるということですね。

 

【海外赴任したい方へ】海外駐在員になるには?方法は以下の通り

【海外赴任したい方へ】海外駐在員になるには?方法は以下の通り

 

これらを踏まえて、海外駐在員になるための方法は、大きく3つあります。

 

  1. 新卒で日系大手グローバル企業へ就職
  2. 新卒で海外事業を展開している日系ベンチャーへ就職
  3. 転職で日系企業のグローバル求人へ応募する

 

この3つです。それぞれ解説しますね。

 

1. 新卒で日系大手グローバル企業へ就職

まず一番オーソドックスで、確実性が高い方法は、この方法です。僕自身、実際に海外駐在を実現した方法です。

 

新卒は配属ガチャがあるとはいえ、それでも実力にかかわらず海外赴任のチャンスが多いのは、間違いなく大手日系グローバル企業です。

 

そもそも大手企業は、縮小する国内マーケットではなく、無限の可能性を秘めた海外マーケットに進出していかざるを得ないでしょう。そういう意味で、大手日系グローバル企業では、今後も海外で働くチャンスは多く生まれていきます。

 

前述しましたが、大手の商社などは、総合職の若手社員全員を、海外駐在・ないしは研修という形で、海外赴任を経験させる企業があります。例えば三菱商事であれば、2〜3年目で海外へ行っている人もいますから。国はアジアが多めです。

 

このような船に身をおくことが、海外駐在を実現するには、やはり一番現実的な方法かと思います。

 

【リアルな情報】僕が現地で見てきた、実際に海外駐在できる業界や企業郡一覧

参考までに、僕が実際に世界各国で事業をやっていて、駐在していた方は、以下のような業界・企業の方がいました。

 

海外駐在できる業界・企業群の一例

自動車メーカー(トヨタ自動車など)

自動車部品メーカー(デンソー、矢崎総業など)

電機メーカー(SONY、キャノンなど)

商社(三菱商事、住友商事、三井物産、丸紅など)

化学(住友化学、東レなど)

銀行(三菱UFJなど)

IT(NTTデータなど)

 

このような業界・企業郡は海外に活路を見出しているので、若くから海外駐在をしている人も多かったです。職種は営業、技術職、管理系(経理)など様々です。

 

営業職はもちろんのこと、個人的に感じたのは、メーカーの技術職、工場経験がある人に海外駐在が多かったことです。また、管理系だと経理も、実は駐在員が多い職種です。一方、人事や総務は、経理と比較するとかなり少なめでした。

 

みんな豪邸に住み、高い給料をもらって、やりがいのある仕事をされていました。当然ながら倍率は高いですが、今大学生の方は、目指す価値は高いですね。

 

2. 新卒で海外事業を展開しているベンチャーへ就職

一方穴場として、海外事業を展開している「スタートアップ」や「ベンチャー企業」も、早期に海外にいけるケースがあります。

 

実際に僕が見てきた中では、IT系のスタートアップで、入社2年目でいきなり海外事業を任され、アジアに赴任していた人がいましたね。

 

前述した大手日系グローバル企業だと、商社を除き、早くても入社4年目以降くらいからが、海外に出れるタイミングです。ですがスタートアップやベンチャーの場合、そこにあまり年齢は関係なく、実力があるとみなされれば、どんどんチャンスを掴みやすいです。経営者の一存で決まるからです。

 

なので、早期に海外で働きたい場合、スタートアップで海外に事業展開を検討しているような場所に入り込むことも、一つの方法ですね。

 

ただし、この方法は博打的な要素も強いです。そもそもベンチャーの事業は不安定なので、入社当時は海外事業をやると言っていたのに、蓋を開けてみたらやっぱり難しかった、なんてこともあります。海外事業自体がなくなることも十分考えられるので、自分がどの程度リスクを追えるかで、決断をする必要がありますね。

 

3. 転職で日系企業のグローバル求人へ転職する

あなたがすでに社会人で、かつ今の環境で海外駐在することが不可能な場合、「転職」を通じて、日系のグローバル企業に転職することが必要です。

 

中途の転職の場合、前述通り、ポジションごとに求人が出ています。そのため、転職先では狙ってグローバルな仕事につきやすいです。

 

実際に公開されている駐在求人を見てみる

参照:JACリクルートメント

 

例えば上記は、実際に転職エージェントで公開されている海外駐在の求人です。このように、「海外駐在する人を募集していますよ」という風に、ピンポイントの求人が出るんですよね。新卒の就職の場合、このような求人は基本的に存在しません。

 

ただし求められる能力は高めなので、実際に求人を色々見てみて、足りない経験やスキルを補う必要はあります。

 

以上3つが、海外駐在を目指す方法です。どれもチャンスはありますが、簡単ではありません。ですが行動次第でチャンスは十分掴めるので、是非ともチャレンジして見て欲しいなと思います。

 

海外駐在員を目指す人が、やってはいけないNGな方法

海外駐在員を目指す人が、やってはいけないNGな方法

 

結論、「外資系企業」へ就職・転職することです。この方法は、海外駐在員になりたい、海外赴任をしたい人が、最もやってはいけない方法です。

 

外資系の日本法人は、数ある「一つの支社」に過ぎない

上記の通りで、外資系企業といえば響きは良いですが、所詮は「世界中の数ある支社の一つ」に過ぎないんですよね。

 

外資系の場合、最も権力を持っているのは「本国」です。本国が多くの決定権を持ち、本国が脳となり、言い方は悪いですが、各国の法人や支社は手足となって働くことが、未だに多くの外資系企業の実態です。

 

ですから、よほど優秀な人材以外は、支社から本国へ駐在したり、支社から別の支社に異動することは基本的に無いんですよね。実際、僕がこれまで見てきた中でも、外資系企業で海外駐在を実現している人は、圧倒的に数が少なかったです。

 

ただ、絶対不可能というわけではなく、その会社と個人によることも事実です。例えば前述通り、よほど優秀で、外資系企業の本国まで実力を轟かせるような人物であれば話は別です。

 

また、業界によっては、外資系でも割と海外勤務している人がいたりします。例えば外資金融などは、見ていて駐在している人も一定数いました。コンサルもいましたね。とはいえ、そういった企業はそもそも入ることが狭き門です。

 

これらから言えることは、外資系企業から海外駐在をすることは「鬼門」ということです。

 

ですから、海外駐在したいなら、日本に本社を持つ日系企業で、かつグローバルに事業展開している企業を選んだ方が、よほど確率は高いですね。

 

海外駐在員になるために、今日から始める必要があること【準備が全て】

海外駐在員になるために、今日から始める必要があること【準備が全て】

 

ということで、海外駐在員になるには、いくつもの障壁があります。ですが、ちゃんと行動しておけば、実現できることも事実です。

 

じゃあ、海外駐在・海外赴任をしたいなら何をやっておくといいか、僕自身の経験から言えることは、結論、以下のことはやっておきましょう。

 

1. 英語・TOEICを学んでおく

新卒・中途問わず、英語やTOEICは必ず学んでおきましょう。というのも、英語やTOEICができる人ほど、日系グローバル企業へ就職・転職しやすくなり、かつ海外事業にアサインされる可能性も高くなるからです。

 

実はTOEICは、外資系など海外企業ではあまり重視されていません。ですが、日系企業においては、未だに英語力の指標の一つとして見ている企業が多いんですよね。

 

TOEICの目安は何点くらい?

海外駐在・海外出張に必要なTOEICスコアは存在しない【元駐在員が実態を解説】で解説していますが、必要なTOEICスコアは存在しません。

 

ですが前述通り、TOEIC自体は「錯覚資産」となって有利に働くので、英語が苦手でも、最低700点は取っておきましょう。できれば800点、900点を取っておくと、より有利になります。

 

海外駐在に向けた英語勉強については、海外駐在員に必要な英語力とは?【元駐在員が勉強法と併せて解説】で解説しているので、こちらを参考に勉強してみてください。

 

今日から始められる英語・TOEIC勉強法

なお、今すぐに英語やTOEICの勉強を始めたいなら、スタディサプリEnglishを使うことが始めの一歩として良いですね。スタディサプリはリクルートが出している英語アプリで、APPストア教育カテゴリーで人気No.1、累計100万を突破している、超人気アプリです。

 

僕自身、長いこと使い続けていますが、日常英会話、TOEIC両方とも、総合的な力を手軽に身につけられることが魅力です。日7日間であれば無料体験ができるので、将来海外で働くために、今日から英語学習はスタートしておくと良いですね。最初は1日10分からでも十分ですよ。

>>スタディサプリEnglishを無料で試してみる

 

▼詳細はこちら

 

2. 現職で実績を残しておく

すでにどこかの会社に属しているなら、現職で実績を残しておきましょう。なぜなら転職の場合、英語力だけでなく、「この人は実績を残せるか?」という視点で評価がされるからです。

 

ですから、現職で成果の一つも残せないようであれば、そもそも海外駐在の求人にチャレンジすることは諦めた方が良いです。厳しいようですが、そこまで甘くないです。

 

ですがどんなことであれ、今の仕事で実績を残せるなら、チャンスはあります。なので、まずはこの先3ヶ月の間で、何かしら語れる実績を残しましょう。

 

参考までに、海外駐在の場合は「マネジメント力」は高く評価されるので、「チームを動かして何かしらの成果を上げた」というような実績が、望ましいかなと個人的には思います。

 

結果はもちろん、その結果に至るまでに、どのような事象が現場で起きていて、あなた自身がどのような仮説を持ち、複数ある課題からどのような思考で課題を特定し、課題に対してどのような打ち手を打ち、周囲を巻き込んで解決したか。ここまで思考とプロセスを語ることができれば、どんな業界の仕事だって、価値ある仕事になりますよ。

 

仕事の価値に、業界や規模は関係ありません。

 

3. グローバルに強い転職エージェント・転職サイトに登録し、情報収集しておく

並行して、早速今日から「情報収集」を始めましょう。結局のところ、良い海外求人に出会えるかどうかは、どれだけリサーチをし、良い準備をしたかに尽きます。

 

情報収集の方法としては、僕のように実際に駐在した方の話を聞くことも良いですが、転職エージェント・転職サイト経由で情報を集めることが、1歩目としては望ましいです。

 

特に転職エージェントは積極活用すると良い

特に「転職エージェント」は使い倒して欲しいですね。転職エージェントの場合、プロのコンサルタントがキャリア相談や海外求人紹介をしてくれます。その海外求人を見ながら、今のあなたに足りないスキルや実績を、彼らが教えてくれます。そのスキルや実績を、自主学習なり、現職で磨いていくと、効率が良いです。

 

ほとんどの転職エージェントや転職サイトは「無料」で利用できます。僕自身、転職を考える前の新卒の段階から転職エージェントには登録をしており、常に自分の市場価値や、足りない実績、スキルを把握することをしてきました。

 

無料でできて、非常に収穫の多い方法なので、ぜひトライしてみてください。「このスキルが足りないだろうな」と自分で勝手に判断をし、努力してスキルを身につけても、「転職で全然役に立たなかった」となったら、時間も労力も無駄です。これじゃあ、悲しいですよね。だからこそ、必要な行動を洗い出すためにも、転職エージェントは必ず活用しておくことが必要です。

 

なお、僕自身が使って本当によかったグローバル向けの転職エージェント・転職サイトは 【外資系・グローバル転職】本当に役立ったおすすめ転職エージェント・転職サイト5選でまとめています。参考にしてみてください。

 

▼詳細はこちら

 

まとめ:戦略的に準備すれば、海外駐在は実現できる

まとめ:戦略的に準備すれば、海外駐在は実現できる

 

上記の通りで、戦略的に準備して行動すれば、海外駐在は実現できます。

 

僕自身、就活前から海外で働くことを目指し、意思決定を行ってきました。結果実現できましたし、僕の周囲の人も、多くが海外で働くを実現しています。

 

もちろん、簡単ではありません。だからこそ、本記事で紹介したような準備をしっかりすることで、そのチャンスをぜひ掴み取ってください。

 

海外駐在員は、控えめに言っても最高です。現金な話ですが、僕自身は家賃なしの豪華な家、車は会社から無料で支給され、お手伝いがつき、給料も激増しました。住民税は会社が払ってくれるので、額面以上に手取りが物凄く増えました。貴重な経験ができると同時に、相当お金も貯まりました。

 

これからの時代、日本のマーケットは縮小していきます。多くの企業は海外に活路を見出さないといけません。そんな時代においては、海外で働くことは自分の市場価値を上げることにも繋がりますから。ぜひともトライしてみて欲しいなと思います。

 

たとえ仮に実現できなくても、年収アップなど、市場価値や待遇は高くなります。無駄になることは一つもありません。応援しています。

 

▼英語・TOEICを学びたい方はこちら

 

▼海外求人の情報収集をしたい方はこちら

 

RELATED