運営者情報

Travewriterとは

当メディア「Travewriter」は、人生を豊かにする学習・キャリア情報メディアとして、2017年に運営を開始、約4年間運営をしております。

 

Travewriterで取り扱う専門領域
  1. 英語学習(英語学習法、おすすめ英会話スクールなど)
  2. プログラミング学習(プログラミング学習法、おすすめプログラミングスクールなど)
  3. キャリア(転職・副業・海外駐在)
  4. Webマーケティング学習(Webマーケティング学習法、おすすめWebマーケティングスクールなど)
  5. Webデザイン学習(Webデザイン学習法、おすすめWebデザインスクールなど)
  6. 動画編集学習(動画編集の学習法、おすすめ動画編集スクールなど)

 

このような、IT/Web領域、グローバル領域のスキル・キャリアを中心に、実際に経験した一次情報・体験談をベースに、信頼されるサイトを目指して運営しております。

 

運営者情報

運営代表者Travewriter
お問い合わせお問い合わせフォーム(各種お問い合わせは、全てお問い合わせフォームより受け付けております)
メールアドレスinfo@travewriter.com
設立日(当ドメインでの事業開始日)2018年8月27日

 

Travewriterのメディア指針・ポリシー

メディア指針・ポリシー
  • 実際に転職サービスや各種スクールを利用・取材した上で、記事を執筆しています
  • Twitterなど各種SNS・インターネットサービスや、ユーザーインタビューを通じて第三者の口コミ・評判を集め、記事の客観性/信頼性・事実/根拠を高めています

 

 

Travewriterの記事に関して

当サイトの記事は、下記のような信頼のおける情報源を事実・根拠として記載しております。

 

 

また、ユーザーにとって価値ある情報提供を行うために、運営者自身の実体験や、サービスを提供する事業会社への取材情報、サービス利用者へのヒアリング情報など、一次情報をもとに記事を執筆しています。

 

Travewriterの記事の情報源②
  • 運営者の実体験(転職・副業・海外駐在・プログラミング学習、英語学習・資産運用などの経験)
  • 各種サービスを提供する事業会社への取材情報
  • 各種サービスを利用する利用者へのヒアリング情報

 

ここまでの情報源で不足する情報は、以下のような転職サイト・転職エージェント・各種スクールなど公式サイト情報も参考に記事を記載しています。

 

 

読者にとって有益な情報をご提供させていただくことを最も重視し、コンテンツを作成しています。

 

Travewriterの記事作成の流れ

Travewriterでは、記事作成において厳格な記事作成フローを整備しております。具体的なフローは次の5ステップです。

 

  1. 記事作成のためのリサーチや取材、サービスの利用
  2. 記事作成
  3. 画像の作成
  4. ファクトチェック・リーガルチェック・ポリシーチェック
  5. 定期的なリライト

 

1. 記事作成のためのリサーチや取材、サービスの利用

記事の客観性・信頼性・独自性を高めるために、発信する分野に関する情報のリサーチや、紹介するサービスの利用・取材を、各ジャンルに精通した専門性の高い運営陣が行っております。

 

当ステップは記事作成にあたり、Travewriter運営側が特に重視しているステップです。

 

Travewriter記事作成のフロー
記事で紹介しているWebスクール「TechAcademy」を運営陣で実際に受講

 

記事作成のフロー
記事で紹介しているDMM WEBCAMPを運営陣で取材

 

記事作成フロー
20校以上の英会話スクールを実際に体験・取材等を実施

 

記事作成のフロー
紹介している転職サービスを利用して、転職活動〜転職まで実施

 

記事作成フロー
記事作成で足りない情報は書籍等を用いてリサーチ

 

2. 記事作成

リサーチや取材、実際に利用した経験をもとに、ライターが記事を執筆します。

 

先に述べたメディア指針・運営ポリシーに則り、記事執筆を厳格に進めています。

 

3. 画像の作成

必要に応じて画像を作成します。特にテキストだけではわかりづらいポイントでは、画像を利用しながら解説を行うことを意識しております。

 

4. ファクトチェック・リーガルチェック・ポリシーチェック

記事の公開にあたっては、読者によって有益となる信頼性の足る情報提供を行うべく、以下のようなサイトを参照しながら、ファクトチェック・リーガルチェック・ポリシーチェックを行っています。

 

  1. 厚生労働省
  2. 消費者庁
  3. 国民生活センター
  4. 景品表示法のガイドライン
  5. Google 品質に関するガイドライン

 

5. 定期的なリライト

一度公開した記事は、常に最新で正確な情報をユーザーに提供できるよう、運営体制を整備し、定期的にリライト(内容修正)を行っております。

 

メディア掲載実績

これまで多くの企業様に、弊社/著者の記事をご掲載/ご紹介いただいております。以下記事はその一部です。

 

メディア掲載実績(一部抜粋)

 

公式SNSはこちら

 

賛同プロジェクト

 

当サイトの記事が、読んでくださる方々のお役に立てば幸いです。