海外駐在中にできる転職活動を、元駐在員の僕が紹介【80%は海外でもできる】

スポンサードリンク

海外駐在中にできる転職活動とは【元駐在員で現在転職支援をしている僕が紹介】

 

僕は新卒で大手の貿易会社に入社し、20代で海外駐在を経験しました。その後転職し、現在は「転職支援」「キャリア支援」の仕事をしていることもあり、特に海外駐在やグローバル関連の転職に関して、友人からもよく相談を受けるんですよね。

 

そして最近受けた相談の一つに、海外駐在中の友人から「海外駐在を辞めたい。赴任中に転職活動をどうやって進めればいいんだろう」というものがありました。

 

僕も海外赴任していたのでよくわかりますが、海外駐在中に「転職活動」できるイメージってないですよね。日本に帰ってくることも少ないですし、普通にしていたら情報はまず入ってこないです。

 

結論から言うと、海外駐在中でも転職活動はできます。それも、だいたい全体の80%くらいは、海外に住みながらでも、遠隔で進めることが可能です。

 

そこで本記事では、海外駐在中でもできる転職活動を、経験をもとにご紹介します。本記事を読めば、海外に在住している立場から、どのように転職活動を進めていけばいいか、その方法がわかるようになります。

 

海外駐在員だけでなく、現地採用されている海外勤務者にも共通している話です。5分ほどで読めるので、よければ続きをどうぞ。

 

スポンサーリンク

駐在員が海外赴任中に転職活動を進めるポイント

駐在員が海外赴任中に転職活動を進めるポイント

 

海外駐在中の転職活動は、時間を効率的に活用し、進めていく必要があります。

 

だからこそ、海外駐在員の転職活動のポイントは、

 

  1. 海外でもできることと
  2. 日本でしかできないこと

 

この2つに分けて考えると良いです。

 

その場合、それぞれできることは以下の通りです。

 

海外でもできること

・転職の目的を考える

・転職サイトと転職エージェントに登録する(転職サイトで求人チェック+転職エージェントと電話相談・メール相談)

・書類選考やWeb面接ができるところは選考に進んでみる

 

日本でしかできないこと

・転職エージェントとの対面面談(電話相談ができれば、別にしなくても良い)

・企業との面接(特に最終面接)

 

上記の通りです。

 

このうち、転職エージェントとの対面面談は必須ではないので、ざっくり転職活動のうち「80%」くらいは、海外駐在中でもできるんですよね。

 

ですから、まずは大半を占める「海外でもできること」を進めていきましょう。

 

海外駐在中でもできる転職活動の方法【この4ステップでOKです】

海外駐在中でもできる転職活動の方法【この4ステップでOKです】

 

ここから、実際にすぐに行動に落とし込めるよう、具体的な「ステップ」をご紹介していきます。

 

結論、やることは「4つ」です。

 

ステップ1:転職の目的を考える

なんで転職したいのか、まずはその理由をもう一度考えてみましょう。

 

【実体験より】駐在員にありがちな悩み

  • 国の生活習慣(食事や価値観、住環境など)が合わない
  • 海外特有の閉鎖的な人間関係(特に日本人コミュニティ)が上手くいかない
  • 日本の家族や友人、恋人に会えない
  • 仕事がハードすぎる(夜の接待や休日ゴルフ含めて休めない)

 

こういった悩みが、僕が赴任していたとき含め、周囲の駐在員では多かったですね。

 

余談ですが、僕の場合はアフリカに駐在をしていました。特に「食事」がなかなか合わず、特に悩まされましたね。また、日本の家族や友人に会えないことも、辛さを感じたことは多々ありました。

 

このように、いま転職したいと思う理由が何なのか、そしてどんな状態になれば、最終的に嬉しいのか、あなたが転職で実現したいことを、今一度考えてみましょう。

 

ステップ2:転職サイトと転職エージェントに登録して相談する

いくら転職したいと願っても、自分にどんな選択肢があるかわからない限りは、すべては妄想の世界です。

 

だからこそ、まずは転職サイトで求人をチェックしたり、転職エージェントに相談する必要があります。

 

転職サイトは必須。だがそれだけでは不十分

自分の可能性を知るためには、転職サイトの情報を確認することは必須です。が、転職サイトの求人を漁って読むだけでは不十分です。

 

なぜなら転職サイトの場合、自分で求人を探して、自分で応募をするので、果たして自分がその求人に応募する経歴があるのか、判断が難しいからです。

 

自分の経歴に合った求人を探すなら「転職エージェント」に相談を。

一方「転職エージェント」の場合、専属のコンサルタントがあなたにつきます。

 

彼らは実際にあなたの経歴をみて、具体的な転職先候補を示してくれます。ネットではわからないことを知れるのは「転職エージェント経由」なので、これは必ず利用しておく必要があります。

 

余談ですが、転職エージェントの方が、優良求人も多いです。企業としては秘匿性の高い優良求人をネットに出してしまうと、競合他社に動向がバレてしまうからです。ですから、必然的に役職ポジションや高年収ポジションは「転職エージェント」や「有料会員制の転職サイト」に集まりやすいです。

 

また、これは転職エージェントにもよりますが、海外駐在中であっても、遠隔で丁寧にフォローしてくれるエージェントは存在します。特に駐在員の場合、グローバル人材として引き合いも強いため、転職エージェントとしても良いお客さんとなります。

 

なので、まずは転職サイトや転職エージェントに登録し、求人チェックや、無料相談をすることをスタートしましょう。

 

僕が使ってよかった転職サイト・転職エージェント

とはいえ、転職サイトや転職エージェントは世の中に山ほどあります。僕自身、最初に調べたときは、本当に迷いました。

 

ですから、僕が実際に転職活動をして、使ってよかった転職サイト・転職エージェントも紹介しておきます。

 

結論、以下の3社には必ず登録しておきましょう。

 

  1. JACリクルートメント【転職エージェント/日系大手、外資系大手等に強い】
  2. ビズリーチ【転職サイト/ハイクラス求人に強み】
  3. ロバート・ウォルターズ【転職エージェント/全てが英語を使った求人】

 

この3つです。特にJACリクルートメントは、駐在員の転職に強いです。海外駐在の経験を活かし、日本で活躍できる求人もあります。

 

ですから、まずはJACリクルートメントに相談すると、自分の可能性を知ることができるでしょう。僕はここで、世界時価総額ランキングでトップ10に入る外資系IT企業の内定を勝ち取ることができました。

 

その上で、ビズリーチは登録さえしておけば、海外に住んでいても、非公開のハイクラス求人の「スカウト」が届くようになります。そうすると、自分が知らなかったような選択肢を知ることもできます。僕はここで、日系大手企業などの求人に出会い、内定をもらいました。

 

ロバート・ウォルターズは全ての求人が「英語」を使った求人となります。英語圏の駐在であれば、学んだ英語を活かしながら、日本で働く求人も見つかるでしょう。僕はここで、日本を拠点とした外資系企業などの紹介を受けました。

 

転職サイトや転職エージェントを使っても現職にはバレないので安心を。

なお、転職サイトや転職エージェントは、転職を決めていなくても利用できます。登録した情報も現職には知られないように設定できるので、バレることもありません。

 

上記の中ではビズリーチのみ有料会員制となりますが、他の2つは「無料」で情報収集できます。

 

海外からでもできる範囲で転職活動をスモールスタートしてみて、「やっぱりいまの場所で頑張ろう」と思えれば、それはそれで良い決断になると思います。

 

一番良くないのは自分の可能性を知る努力もせず、とはいえ、今の駐在の生活を辞めたい、抜け出したいと悩む日々が続くことです。これだと、ただただ辛いだけですよね。せっかく一度きりの人生ですから、たかが一つの会社に、人生振り回される必要もないと個人的には思います。

 

ですから、まずは行動を起こすことが必要ですね。

 

ステップ3:選考に進めるところは進んでみる

中には、海外赴任中に書類選考や、Web面接に進める企業もあります。もし進めるようであれば、トライしてみましょう。

 

ですが、基本的にはどこかのタイミングで「対面面接」は必要となります。その場合は一時帰国のタイミングに合わせるなりすることで、調整する必要があります。これが、海外駐在中の転職活動で最も大変なことですね。。

 

ですが、不満を言っても現状は変わらないです。今の現実を受け入れ、やれることを進めていくだけです。

 

ステップ4:対面面接を受ける(これは日本で!)

最後は対面面接です。企業によっては一次面接から対面、または最終だけのところもあります。

 

僕がみてきた限りは、最終面接まで全ての面接を「Web」で実施するところは圧倒的に少ないです。なので、一度は日本で面接をする必要はあると考えましょう。

 

面接自体は1時間程度で終わります。ですから調整できるようであれば、事前に最終面接に進める企業をいくつか作っておき、帰国したタイミングで、1日に何件も続けて面接組めるとベストですね。

 

まとめ

海外駐在 転職活動

 

海外駐在中に仕事を辞めて転職する人は普通に存在しますが、それでも経験がない分、勇気がいることでもあります。

 

ですから、本記事を読んで方法がわかったとしても、駐在期間が終了し、日本に帰った「後」に転職をしようと思う人は多くいるかと思います。

 

そういう方が一番認識しておく必要があるのは、転職は「年齢」が大きく関わってくることです。転職する時期を後回しにしすぎると、その分選択肢が確実に狭くなることは、事実として認識し、覚悟しておくことが必要です。

 

だからこそ、現時点で行動すればどんな選択肢が自分にはあるのか。それだけは海外駐在をしている今のうちに、把握しておくことを強くおすすめします。

 

文中でも述べましたが、転職活動をした結果、「やっぱり今の場所で頑張ろう」と思うことも、一つの決断として正解です。

 

一番良くないのは選択肢を把握する努力もせず、思考停止し、辛い思いをしながら海外赴任期間中を過ごし、日本へやっとのことで帰国したら、自分に他の道はもう残されていなかった、という末路です。

 

悲しい現実ですが、僕はそういう駐在員を過去に見てきました。結局人生は自己責任ですから。ちゃんと自分の未来を考え、今必要な行動を、自分の選択で取っていくことが必要なんですよね。

 

僕自身感じましたが、海外駐在の経験は転職で活きます。だからこそ、年齢が足を引っ張らないうちに、まずは行動を起こすことがおすすめですね。

 

人生は一度きりです。周囲の目や会社のことを気にするのではなく、何より「自分」と「自分の未来」を大切にしましょう。

 

▼今回紹介した転職サイト・転職エージェント

  1. JACリクルートメント【転職エージェント/日系大手、外資系大手等に強い】
  2. ビズリーチ【転職サイト/ハイクラス求人に強み】
  3. ロバート・ウォルターズ【転職エージェント/全てが英語を使った求人】

 

海外駐在経験は転職に有利?元駐在員で現在転職支援をしている僕が解説

 

RELATED