おすすめのプログラミングスクール4社を徹底比較する【受講者が特徴や使用メリットを全てまとめた】

スポンサードリンク

おすすめのプログラミングスクール4社を徹底比較する【受講者が特徴や使用メリットを全てまとめた】

▼今すぐに登録したい方へ▼
当サイトから登録の多いスクールは以下です。以下リンクから各公式サイトに飛べます

 

  • 人気No.1 GEEK JOB【無料の就職サポート付きスクール/通学スタイル】
  • 人気No.2 TechAcademyキャリア【無料の就職サポート付きスクール/オンライン受講】
  • 人気No.3 TechAcademy【最大手スクール/オンライン型】

 

「スクールを使ってプログラミングを勉強しようと思っているんだけど、ネットで調べているとおすすめのプログラミングスクールが10社も20社も紹介されていて、実際どこが良いのか全くわからない…。言語や用途別に、本当におすすめのスクールがどこなのか知りたい」

 

今回はこういった疑問に答えていきます。

 

僕はもともとプログラミング未経験でしたが、会社員を続けながらプログラミングスクールに通ったことで、スキル習得をしました。現在は当時身につけたスキルを使って個人で稼ぎながら、エンジニアの就職・転職支援の仕事も並行してやっています。

 

そのため、日々どんなエンジニアが企業に求められているか、企業の生の声を聞いている立場です。プログラミング学習者としての立場と、エンジニア就職のプロとしての立場、その両方がある人はなかなかいないと思いますので、今回の記事の信頼性は高いと思います。

 

そこで今回は、プログラミングスキルを最短で身につけ、希望すればエンジニア就職まで実現できるおすすめのプログラミングスクールを比較して紹介していきます。 数十社以上あるプログラミングスクールの中から、実際に僕が受講したスクール含む4社を、ニーズ別に厳選しました。

 

結論から言うと、

 

 

この選択が無難で、何より失敗しない選択かなと思います。エンジニア就職まで一貫してサポートを受けたいならTechAcademyキャリアGEEK JOB。まだエンジニア就職・転職することまでは考えておらず、まずはプログラミングを学びたいならTechAcademyTECH::CAMP 、これでOKです。本記事ではそれぞれのスクールのメリット・デメリット含めて比較していきますが、この考え方で問題ないです。

 

本記事は5分ほどで読めます。この記事を読んで、もうプログラミングスクール選びで迷うことからはおさらばしましょう。

 

ちなみに、就職サポートまで付いているプログラミングスクール(本記事ではTechAcademyキャリアGEEK JOBがあたります)は、基本的に20代(IT業界従事者は30代まで)が受講対象となっているところがほとんどです。その分若ければそれだけで可能性があるので、若い人こそ挑戦してみて欲しいなと思います。

 

エンジニアは稼げますし、時間と場所の自由も効きやすいです。そんな生活を、手に入れましょう。

 

スポンサーリンク

なんでプログラミングスクールに通うべきか?

そもそもですが、なんでプログラミングスクールを受講する必要があるのでしょうか?その理由は、プログラミングを独学で勉強すると、時間がかかりすぎるからです。

 

プログラミングの学習は、とにかく壁にぶつかることが多いです。見たこともないコードがたくさん並ぶプログラミングの世界は、初心者にとっては大きな負担で、時間や労力を使ってしまうものです。これがとにかく辛いです

 

僕がそう断言できるのは、何を隠そう、実はぼく自身も初めは独学で勉強していたからです。ですが、一つの項目を理解するのに1時間、2時間、多いときは1日以上かかることもザラにありました。そして、ようやく内容を理解できたとしても、次の壁がまた降りかかってきて、また立ち止まりました。その結果、挫折しました。

 

このように、独学でプログラミングを勉強すると、この繰り返しが嫌になり、当時の僕のように挫折してしまう人が後を絶たないのが現実です。ですから、プログラミング学習には必ずプログラミングスクールを使うことです。効率良くプログラミングスキルを身につける方法こそ、「プロに学ぶこと」だからです。

 

プログラミングスクールは、既にプログラミングスキルを習得している講師から学ぶことができます。ですから、壁にぶつかって消費する時間を大幅に削減することができます。時間効率が非常によくなります。実際、僕自身はプログラミングスクールに通ったことで、一度挫折を経験しながらも、ちゃんと仕事につながるスキルを身につけることができました。

 

「プログラミングはプログラミングスクールで学んだ方が良い」、これは僕自身が独学とスクールの両方を受講したからこそ、はっきりとわかったことです。

 

プログラミングスクールではどの言語を学ぶと良いの?

需要のある言語を学んでおくことが無難です。需要のある言語ですが、

 

  1. Java
  2. PHP
  3. Ruby

 

この3つであれば間違いないです。JavaとPHPは世の中的に需要のある言語でして、それは以下のフリーランスエンジニア向けの言語別案件数のデータからもわかります。

 

プログラミングスクール おすすめ

 

この図を見ると、全体の案件のうち、約50%をJavaとPHPが占めています。つまり、この2つの言語を学べば、少なくとも仕事に困る可能性は減るということです。三つ目のRubyは4.4%と書いてありますが、Web系スタートアップで愛用されている言語でして、将来性のある言語なのでこちらもおすすめしています。Rubyは初心者向けで入門としても最適です。

 

需要別だと上記のようになりますが、この3つでどんなものが作れるかという視点でもお伝えすると、Javaは業務システム開発やAndroidアプリ開発でよく使われる言語です。Webアプリケーションでも使われるので、需要があって潰しが効く無難な言語です。

 

一方、PHPやRubyはWeb系で使われる言語です。Web系のサービスを作ってみたいならこちらのほうが良いと思います。

 

いずれにしても、Java、PHP、Rubyの3つであれば潰しも効きますし、失敗しない、無難な選択肢です。どの言語を学んだらいいかわからない方は、この3つから選んでおきましょう。

 

逆にC#などの言語は少しマイナーのため、入口としては最適ではないと思います。今回ご紹介するスクールはJava、PHP、Rubyの言語を学べますから、カリキュラムを見ながら良さそうなところを選んでみることがおすすめです。

 

【無料あり】おすすめのプログラミングスクール4社の概要

それでは、僕自身が実際に受講したスクール含む、おすすめのプログラミングスクールを4社挙げていきます。冒頭でも結論を挙げましたが、

 

 

この選択で間違いないです。上記スクールは全て、受講前に無料相談や無料体験があります。2〜3社くらいにエントリーしてみて、最終的にどれか一つをチョイスすることももちろんOKです。

 

最初にそれぞれのスクールの特徴を簡単にご紹介し、その後におすすめスクールを比較していきます。

 

1. 【無料】GEEK JOB

おすすめのプログラミングスクール4社を徹底比較する

エンジニアとして就職・転職する意思がすでにあり、転職まで一貫してサポートを受けたい場合はGEEK JOB 社会人転職コースがおすすめです。まずはここを検討してみて、合わなければ他を検討するくらいでも良いと思います

 

GEEK JOBは就職支援付きのプログラミングスクールでして、GEEK JOBを受講さえすれば、エンジニア就職できるまで全てを面倒見てもらえるスクールです。

 

特筆点は、なんといっても無料で利用できることですね。GEEK JOBであれば、プログラミング学習も、エンジニア就職サポートも、全部タダで受けることが可能です。

 

じゃあなんで無料が可能なのかといいますと、GEEK JOBが企業側からお金をもらっているからなんですね。受講生がGEEK JOB経由で企業に就職すると、企業側から報酬としてお金が入ります。これがGEEK JOBの収入源になっているので、GEEK JOBは全サービスを無料で僕たちに提供することができます。

 

ですから、無料だからといって質が低いことはないので安心してください。「タダより怖いものはない」という言葉がありますが、プログラミングスクールには当てはまらないんですよね。裏側にはこういった理由があるからです。

 

GEEK JOBの講師は紛れもなくプロのエンジニアであり、実践で使えるスキルを、初心者でも理解できるように教えてくれます。

 

そしてもう一つ、GEEK JOBの特筆点は、なんと最短1ヶ月でもエンジニア転職が可能なことです。普通のスクールなら、どんなに早くても2.3ヶ月かかりますが、GEEK JOBなら最短1ヶ月も目指せます。早く仕事に就きたい人なら、GEEK JOBが最も早く、エンジニア就職が可能ですよ。

 

加えて初心者の方に朗報なのが、GEEK JOBの全体の受講者のうち、およそ71.6%の人は、パソコンにすら触ったことがない人ということです(GEEK JOB統計より)。つまり、理系出身に限らず、文系出身者やフリーターなど、本当にどんな人であっても、GEEK JOBならエンジニアを目指せるということですね。自分の経歴に自身がない人ほど、安心して受けられると思います。

 

さて、そんな至れり尽せりのGEEK JOBですが、実は受講条件があります。それは「関東在住で、かつ30歳未満の方のみ受講可能」という条件です。GEEK JOBの教室は東京にあります。年齢も若手が対象ですので、この条件に当てはまらない方は残念ながら受けることはできません。一方、関東近郊に住んでいる、30歳未満の方であれば問題ありません。

 

というわけで、この条件に当てはまる方は真剣に検討してみてください。なお、GEEK JOBには無料体験会というものがありまして、僕も先日参加してきました。当日の内容としては黙々とプログラミングのコードを書いたり、就職できる企業のことを教えてもらったり、個別で気になることを質問したり、という形式です。

 

ありがちなグループワークの体験会ではなく個人ワークがほとんどでしたので、コミュ障の方でも安心です(笑)また体験会に参加することなく、個別面談だけの受講もできます。参加するのももちろんタダですから、まずは気軽にいってみてくださいね〜。

 

当日の無料体験会や説明会の流れは以下の記事に書いていますので詳しくはこちらをどうぞ。

 

体験談はこちら>>>【実際どう?】GEEK JOB(ギークジョブ)社会人転職コースの評判や実態まとめ

 

無料相談に参加したい方はこちら👇【予約は簡単30秒!】

 

2. 【無料】TechAcademyキャリア

おすすめのプログラミングスクール4社を徹底比較する

TechAcademyキャリアは株式会社キラメックスが運営しているTechAcademyというプログラミング学習サービスに、就職支援がセットになったコースです。僕も実際にTechAcademyとTechAcademyキャリアを受講しました。

 

特筆点は、無料で受けられること、オンライン完結で地方在住社も受講できるこそ、最短1ヶ月でもエンジニア就職ができることですね。TechAcademyキャリアはGEEK JOBと同様、無料でプログラミング学習と就職支援を受けることができます。またプログラミング学習が3週間と短期集中ですので、受講後にすぐにエンジニア就職することもできます。

 

GEEK JOBと違う点は、オンライン型のところですね。TechAcademyキャリアであれば、学校に通う必要がなく、パソコンとネットさえあれば自宅やカフェなど、どこからでも受講可能です。

 

僕個人がTechAcademyキャリアをおすすめしているのは、TechAcademyという学習サービス自体が初心者の定番スクールであり、質が高いからです。

 

僕はTechAcademyの元受講生ですが、TechAcademyの講師はプロのエンジニアです。そのため、実践的なスキルを精度高く学べます。就職支援付きのTechAcademyキャリアなら、就職支援も充実していて優良企業へ就職できますので、間違いない選択です。

 

体験談はこちら>>>TechAcademyキャリア経由のIT就職について転職のプロが体験レビュー【評判・口コミ】

 

無料エントリーしたい方はこちら👇【エントリーは簡単30秒!】

 

3. TechAcademy (テックアカデミー)

おすすめのプログラミングスクール4社を徹底比較する

就職まではまだ決めてないけど、まずはオンラインでプログラミングを学んでみたい。そんな人ならTechAcademy [テックアカデミー]で決まりです。

 

TechAcademyキャリアは短期学習+就職サポートが最初からセットになった無料コースでしたが、TechAcademyは最初から就職サポートはセットになっておらず、まずは好きなコースを申し込んでプログラミング学習をすることができます。

 

TechAcademyの最大の特徴にして最大の使用メリットは、現役のプロエンジニアがメンターとなり、サポートしてくれる点です。

 

プログラミング学習で最も重要なことは、経験者のサポートを受けながら学ぶことです。プログラミング学習をしていると、とにかく覚えることや壁にぶつかる機会が多くあります。でもそんな時にプロのエンジニアのサポートがあれば、本当に覚えるべき必要なこと、覚える必要のないことを、丁寧に区分けして教えてくれるので無駄がありません。

 

僕が一番最初に受けたスクールはTechAcademyですが、前述通り、TechAcademyを受講する前に独学をして挫折しました。TechAcademyを受けたからこそ、最終的にスキルを身につけることができましたし、本当に良いスクールでした。さすがは最大手スクールだけあって、質が極めて高く、感情を抜きにしてもおすすめできるスクールです。

 

前述通り、TechAcademyはGEEK JOBTechAcademyキャリアと異なり、最初から転職支援がセットにはなっていません。

 

ですがTechAcademyはレッスン受講後、その後にテックアカデミーキャリアの就職サポートへ無料で移行することができます。ですので、今は就職・転職意思はないけど、勉強した後に就職の道も残しておきたい、そんな方にはぴったりです。

 

しかもその場合、受講費用の10万円は返金される制度もあります。1ヶ月10万円前後のコースもあるので、実質無料でも受講可能というカラクリがあります。詳しくは公式サイトで確認してみてくださいね。

 

僕とTechAcademy [テックアカデミー]の関わりは以下の記事にて。プログラミング完全未経験から、わずか30日でTwitterクローンを作成できるまでに至ることができました。

 

受講したコースはWebアプリケーションコース(Ruby on Rails)です。Rubyを中心としたプログラミングの基本が学べるので、初心者にぴったりなコースです。どのコースを受けようか迷ったらこのコースで間違いないです。

 

体験談はこちら>>>TechAcademy(テックアカデミー)のブートキャンプを受講した感想【爆速でプログラミングを習得するために】

 

なお、TechAcademyは一週間の無料体験もできます。オンライン完結でして、自宅PCから最短今日からお試しできます。説明会動画も公式サイトから観れるので併せてチェックをどうぞ。以下リンクよりお試し可能です。

>>TechAcademy1週間無料体験はこちら

 

今すぐ登録したい方はこちら👇【お得なキャンペーン実施中!!】

 

4. TECH::CAMP (テックキャンプ)

おすすめのプログラミングスクール4社を徹底比較する

TECH::CAMP はオフライン型のプログラミングスクールです。TechAcademyを受けていたときとほぼ同時期に、TECH::CAMPも受講をしました。

 

TECH::CAMPの最大の特徴は、カリキュラムのわかりやすさにありました。プログラミングスクールを受講すると、家にいる時間などは自主学習をすることが一般的です。そのとき、よくあるのがカリキュラムが難しくてわからない問題です。

 

そういう時のためにチャットサポートがついているのが一般的なスクールですが、とはいえ、一人で解決できるならその方が楽ですよね。

 

その点、TECH::CAMPのオンラインカリキュラムは、初心者の僕でもスッと理解できるほど、とにかくわかりやすく作られていました。

 

それもそのはず、TECH::CAMPの教材の内容は、受講者の意見等を反映し、日々アップデートされているからです。そのアップデート数、これまでおよそ5,000回。気合の入れようが違います。。

 

このように、質の高いオンラインカリキュラムがベースとしてあるので、どんな講師が担当になっても、質の高い学習を受けることができるのがTECH::CAMP の特徴です。

 

このTECH::CAMP ですが、入会金+月額制という費用体系をとっています。そのため、長期で受ければ受けるほど割安です。(とはいえ1ヶ月でも十分安いです)

 

受講生は20〜35歳がメインです。TECH::CAMPは学生向けの「学割」を定期的にやっているので、学生に特におすすめです。卒業後はそのままメンターになる制度もあり、大学生をしながらプログラミングを教えてお金を稼ぐ道もあるので、大学生にはメリットがかなり大きいスクールです。詳しい情報は

 

僕とTECH::CAMPの関わりは以下の記事にて。実際に受講した感想や評判をまとめています。

 

体験談はこちら>>>【実際どうなの??】テックキャンプを受講したので感想や評判について暴露する

 

今すぐ登録したい方はこちら👇【お得なキャンペーン実施中!!】

 

以上の4社がおすすめのプログラミングスクールの概要です。

 

各プログラミングスクールの比較

各おすすめスクールの特徴を比較して並べると以下のような感じです。

 

GEEK JOB TechAcademyキャリア TechAcademy TECH::CAMP
就職サポートの有無 有り 有り 無し(受講後TechAcademyキャリアの就職サポートを利用可能) 無し
レッスン形態 オフライン型 オフライン型 オンライン型 オフライン型(オンライン型も対応)
費用(税別) 無料 無料 129,000円(1ヶ月) 179,000円(2ヶ月)

*受講後、就職サポートを受けて転職すれば、受講料10万円返金制度あり(30歳未満の東京勤務可能な方)

入会金128,000円+月額制12,800円/月
受講制限 関東在住の30歳未満 30歳未満 制限なし 制限なし
講師 プロエンジニア プロエンジニア プロエンジニア スクール卒業生がメイン
講師とのレッスン時間 10:00-23:00(基本は10:00-18:00) 回数無制限の課題レビューあり 15:00-23:00(オンライン 1回30分 7回 1ヶ月/15回 2ヶ月) 平日16:00-22:00 土日祝13:00-19:00(オフライン)
オンラインチャットサポート 無し あり(15〜23時) あり(15〜23時) あり(13〜22時)
コース 社会人転職コース(無料)

学習のみのコース(有料)

月額制で全コース受け放題 20種類近くあり(Webアプリケーションコース、Webデザインコース、iPhoneアプリコースなど) 月額制で全コース受け放題
学べる言語 Ruby、Java、PHPなど PHP、HTML、CSSなど Ruby、Java、PHPなど Ruby、Java、PHPなど

 

上記の通りです。今回紹介している4社はそもそも質が高くハズレはないので、

 

 

この希望に沿って選べばOKです。

 

どのスクールを選ぶべきか?

個人的には、短期間でエンジニアになれるTechAcademyキャリアか、オフラインでサポート充実のGEEK JOBが良いと思います。ただ、人によって求める条件なども違うでしょうから、その場合は残りの2社も考慮して選ぶと良いです。

 

前述通り、上記のスクールは全て、受講前の無料相談や無料体験があります。2〜3社くらいにエントリーしてみて、最終的にどれか一つを選ぶこともおすすめです。

 

参考までに、もしぼくがこれから受ける立場なら、オンライン完結で時間をかけずに試せるTechAcademyキャリアTechAcademyの無料相談・体験を試してみて、この2つに通学スタイルのGEEK JOBの無料相談(東京の九段下にて)を加えて検討しますね。

 

これなら時間をかけることなく比較できますし、高い確率で失敗しないスクール選びができるかと思います。

 

プログラミングスクールを利用し、圧倒的スピードでスキルを習得しよう

今エンジニアは本当に人手不足です。企業としては経験者のエンジニアを採用したいけどあまりに採用ができないので、最近は実務経験がゼロのプログラミングスクール卒業生でも、エンジニアになることができています。

 

未経験からこんなにあっという間にエンジニアになれるなんて、昔から考えたら本当にすごいことです。営業職でも事務職でも、文系学生でも無職のフリーターでも、本当にだれでも、今ならプログラミングスクールを使うことでエンジニアになれます。

 

しかもエンジニアになって2年実務経験を積めば、フリーランスエンジニアになれます。フリーランスエンジニアになれば、年収1,000万円、週3勤務で月収50万円、リモートワークなど、時間や場所にしばられない自由な働き方も実現できます。

 

こういう働き方は、普通の企業で働いていては10年経っても20年経っても実現は難しいですよ。いまの会社の上司を見れば、実現できそうかはイメージがつくと思います。

 

ですから、もし現状に不満があり、それを解決するのにプログラミングが役に立つなら、今すぐにでもエンジニアとしての働き方を検討すべきです。

 

とはいえ、ここまで話しても、実際に行動する人は10%もいないのが現実です。でもこれは逆に、行動”さえ”起こせば、必然的に上位10%には入れるということですね。

 

だからこそ、まずは行動を起こしましょう。特に20代なら今すぐにでも行動した方が良いです。プログラミングスクールは年齢が若い人を優遇しますので。

 

時間は有限です。将来後悔しないように、行動を起こしましょう。

 

▼今回ご紹介したおすすめのプログラミングスクール(公式サイトへ飛びます)

  • 就職までしたい + オンラインなら:TechAcademyキャリア【完全無料】
  • 就職までしたい + オフラインなら:GEEK JOB【完全無料】
  • まずは学習だけ + オンラインなら:TechAcademy【お得なキャンペーンあり】
  • まずは学習だけ + オンラインなら:TECH::CAMP 【お得なキャンペーンあり】

 

スポンサードリンク