フリーランスに強い動画編集スクール5選を厳選して紹介【2023年最新】

フリーランスに強い動画編集スクール5選を厳選して紹介
フリーランスに強い動画編集スクール3選

当記事から申込みの多い、フリーランスに強い動画編集スクール3選は以下です↓

【1位】studio US(スタジオアス)
(公式サイト:https://studio-us.org
月4,584円から。未経験からフリーランスの動画クリエイターを目指せるオンラインスクール。案件紹介サポートあり。

【2位】ヒューマンアカデミー動画クリエイター講座
(公式サイト:https://haa.athuman.com/academy/videoeditor/
実績豊富な全国規模の大手動画クリエイタースクール。フリーランスの強い武器になるポートフォリオ制作支援が充実。月6,300円から。

【3位】デジタルハリウッドSTUDIO by LIG
(公式サイト:https://liginc.co.jp/studioueno/
未経験からフリーランスの動画クリエイターを目指す。

 

「動画編集スクールを検討しているけど、フリーランスに強い動画編集スクールに絞って知りたい」

「未経験からフリーランス独立を目指すなら、どの動画編集スクールなら独立しやすいの?」

 

このように思っていませんか?

 

フリーランスを目指して動画編集者を目指して、動画編集スクールを受講する方はとても増えています。事実、動画編集スクールを有効活用すれば、未経験からフリーランス独立し、稼げるようになった方はたくさんいます。

 

ですが、動画編集スクールと一言で言っても「フリーランスに強いスクール」と「フリーランスに弱いスクール」があります。フリーランスを目指すなら、フリーランスに強いスクールを選ぶことが必要です。

 

そこでこの記事では、フリーランスに強い動画編集スクールを厳選して5つ紹介します。20校以上のスクールを取材や調査してきた経験から、フリーランス目的に強いスクールだけを厳選しました。

 

本記事のスクールを活用すれば、未経験から最短でフリーランスの動画編集者・動画クリエイターとして独立し、自由に生きていくこともできるでしょう。

 

 

フリーランスに強い動画編集スクールを選ぶポイント

フリーランスに強い動画編集スクールを選ぶポイント

 

フリーランスに強い動画編集スクールを選ぶ際にはポイントがあります。ポイントは次の3つです。

 

フリーランスに強い動画編集スクールを選ぶポイント
  1. フリーランスに必要なスキルを習得できる環境か
  2. フリーランス独立に必要なキャリアサポートは充実しているか
  3. フリーランスの輩出実績がたくさんあるか

 

1. フリーランスに必要なスキルを習得できる環境か

フリーランスの動画編集者・動画クリエイターになるために、必要なことはなんだと思いますか?

 

  • フリーランス向けのキャリアサポートが手厚いこと?
  • フリーランスの動画クリエイターが指導してくれること?

 

こういったことももちろん大事なのですが、何より大切なのは、フリーランスに必要なスキルが身につくかどうかです。

 

なぜなら、どれだけフリーランス向けキャリアサポートが手厚くても、どれだけフリーランス経験豊富な講師から学べたとしても、土台となるスキルが身につかない限り、フリーランスとして食べて生き続けることは不可能だからです。

 

ですから、フリーランスを目指して動画編集スクールを受講するなら、フリーランスに必要なスキルが身につく環境があるスクールを選ぶことが必要です。

 

フリーランスに必要なスキルを磨ける動画編集スクールの特徴

  • 手を動かしながら学べる実践型カリキュラムがある
  • 動画編集の基礎から応用まで一貫して学べる
  • カリキュラム中に動画作りをたくさん経験できる
  • 講師がプロの動画クリエイター陣で構成
  • わからないことはどんなことでも質問し放題

 

このような特徴を持つスクールは、フリーランスに必要なスキルを磨きやすい傾向があります。

 

フリーランスとして食べていくためには、動画編集の基礎から応用まで、実際に実践するスキルが必要です。カリキュラムで実際に手を動かしながら、動画作りを経験できると、スムーズにフリーランスを目指せます。

 

学習の際は、プロの動画クリエイターにいつでも気軽に質問できると、技術の細部までしっかり理解した、強固な土台のある動画クリエイターを目指していけます。

 

なおこの記事では、上記の特徴に当てはまるスクールだけを厳選しています。迷ったら本記事のスクールから選ぶと失敗しづらいです。

 

2. フリーランス独立に必要なキャリアサポートは充実しているか

フリーランス独立に必要なキャリアサポートが充実していることも、フリーランスを目指す際に重視したいポイントです。

 

フリーランス独立に必要なキャリアサポートとは?

  1. 質の高いポートフォリオを準備できる
  2. スクール側からフリーランス案件を紹介してもらえる

 

この2つのどちらかがあると、フリーランスとして独立を目指しやすいです。

 

質の高いポートフォリオは、フリーランスとして生きていく強い武器になる

動画編集者としてフリーランス案件を受注するためには「質の高いポートフォリオ」が必要です。

 

ポートフォリオとは・・クリエイターの世界でいう履歴書のようなもの。自分自身で作ったオリジナルの制作実績(動画作品)や自身のプロフィールをまとめたものです。

 

動画編集スクールの中には、カリキュラム中にオリジナルの制作実績を作り、ポートフォリオまで準備できるスクールがあります。

 

例えば国内最大級の動画クリエイタースクールである「ヒューマンアカデミー動画クリエイター講座」は、カリキュラム中にポートフォリオを準備できます。

 

ヒューマンアカデミーでは、作ったポートフォリオはプロの動画クリエイターが添削してくれるため、高いクオリティのポートフォリオを準備可能です。

 

「質の高いポートフォリオ」は、フリーランスの動画編集者として生きていく上で強い武器になります。

 

質の高いポートフォリオがあれば、クラウドソーシングやフリーランスエージェントで案件に応募すれば、動画編集案件を未経験でも受注することが可能です。それほど、質の高いポートフォリオは「武器」になるものなのです。

 

一人でフリーランス案件を取れるか不安な方は「案件共有サポート」があると望ましい

「ポートフォリオがあったとしても、一人でフリーランスの案件を取れるか不安」と感じる方もいるでしょう。

 

そのような不安な方は、スクール側からフリーランス案件を紹介してもらえる「案件共有サポート」があると、未経験でも動画編集のフリーランスを目指しやすいです。

 

「どんなスクールなら案件を紹介してもらえるの?」と思うでしょう。代表的なスクールを挙げると、未経験からプロの動画クリエイターを目指せるオンラインスクール「studio US」は、案件共有サポートがあります。

 

studio USでは、ポートフォリオを準備できるだけでなく、studio US側からフリーランス案件の共有を受けることで、実案件の経験を積むことができます。

 

しかも、studio USで参画した実案件の中には、実績として企業名を履歴書に載せたり、公開できる案件もあります。フリーランスを目指す方にとって、これ以上ない手厚いキャリアサポートです。

 

このように、フリーランス独立を失敗なく目指すなら、質の高いポートフォリオを準備できることと、案件共有を受けられること、この2つのフリーランス向けキャリアサポートがあると望ましいです。

 

3. フリーランスの輩出実績がたくさんあるか

「フリーランス輩出実績がたくさんあること」も、フリーランスの動画編集スクールを受講するなら見ておきたいポイントです。

 

とはいえ、スクールの卒業生実績というのは、外側からだとわかりにくいことも事実です。この記事では取材や調査して、特に実績豊富な5校を厳選しているため、この5校から選ぶと失敗しづらいでしょう。

 

一番早く、フリーランスの輩出実績を知る方法は、各スクールの無料相談・無料説明会に参加し「最新のフリーランスの輩出実績を教えてください」と質問することが一番早いです。

気になるスクールがあれば、2〜3校の無料相談や無料説明会に参加し、話だけでも聞いてみましょう。

 

フリーランスに強い動画編集スクール5選

ここからは、およそ20校以上の動画編集スクールの中から厳選した「フリーランスに強い動画編集スクール5選」を紹介します。

 

フリーランスに強い動画編集スクール5選
  1. studio US【月々4,584円〜。未経験からプロの動画クリエイターを目指すオンラインスクール。高単価の案件紹介サポートあり】フリーランスの動画クリエイターを目指すならここ
  2. ヒューマンアカデミー動画クリエイター講座【全国規模の大手スクール。6ヶ月で本格的に学べる。月6,300円から】
  3. デジタルハリウッドSTUDIO by LIG【プロのフリーランス動画クリエイターを目指す】
  4. デジハク【最短で動画編集を仕事にするオンラインスクール】
  5. MOOCRES(ムークリ)【超少人数・実践指導。4ヶ月で高単価のクリエイターを目指せる】

 

1. studio US

フリーランスに強い動画編集スクール5選
コース動画編集コース
動画クリエイターコース
動画クリエイター総合コース
受講期間2ヶ月〜
受講費用動画編集コース:55,000円(月々4,584円〜)
動画クリエイターコース:99,000円(月々8,250円〜)
動画クリエイター総合コース:220,000円今だけ期間限定で165,000円!(総額55,000円OFF)
カリキュラム(利用する編集ソフト)Adobe Premiere Pro
After Effects
Photoshop
Illustratorなど
受講スタイルオンライン
フリーランス向けサポートフリーランス案件の紹介サポートあり(中には高単価案件も)
公式サイトSTUDIO US

 

studio USは、未経験からプロの動画クリエイターを目指すオンラインスクールです。

 

700本を超えるオンライン動画講座を使い、24時間いつでも好きな時間にオンラインで学習できます。オンライン動画講座では、フリーランスの動画クリエイターとして食べていくためのスキルや知識を学んでいけます。

 

studio USで身につくスキル
  • Adobe After EffectsやAdobe Premiere Proを使った動画編集スキル
  • PhotoshopやIllustratorを使ったデザインスキル
  • 実践的な動画を作り上げる応用スキル
  • フリーランスとして案件を取る・契約を継続するための案件獲得ノウハウなど

 

わからないことはプロの動画クリエイターに質問し放題なので、フリーランスに必要なスキルをしっかり習得できる環境です。

 

しかも、受講料は月4,584円・総額55,000円〜と、業界最安級の値段です。料金が安い理由は、教室を持たないオンラインスクールだからです。通学型スクールと違い、教室コストがかかっていないため、受講料が安いのです。

 

転職サポートが充実していないことはデメリットですが、フリーランス案件を紹介してもらえるキャリアサポートが、studio USは特に充実しています。

 

紹介を受けられる案件には「高単価案件」もありますし、参画した案件は企業名を履歴書に載せたり、実績として公開することも可能です。これは他のスクールにはなかなか無い、studio USならではの強い特徴です。

 

フリーランスの動画クリエイターを目指すなら、studio USは間違いありません。気になる方は、まずは無料相談に参加し、話だけでも聞いてみましょう。

 

まずは公式サイトから「メール問い合わせ」がファーストステップです。メール問い合わせに必要な情報は「お名前」「ふりがな」「メールアドレス」「電話番号」の4つだけです↓

STUDIO US公式サイトはこちら

 

\月々4,584円〜!プロの動画クリエイターを目指す/

相談は無料でオンライン実施。無理な勧誘もありません

 

 

STUDIO USを筆頭に、安い上に本当に質が高い動画編集スクールは以下記事で詳しくまとめています↓

 

2. ヒューマンアカデミー動画クリエイター講座

フリーランスに強い動画編集スクール5選
コース1. 動画クリエイターコース
2. 動画クリエイター総合コース
受講期間6ヶ月、12ヶ月
受講費用【動画クリエイターコース】
213,400円/6ヶ月
【動画クリエイター総合コース】
342,100円/6ヶ月
カリキュラム(利用する編集ソフトや学べる内容)Adobe Premiere Pro
After Effects
Photoshop
Illustrator
Web動画広告
ポートフォリオ制作
ITビジネスエッセンシャルガイド
制作実践講座
受講スタイル選べる3つの受講スタイル
1. 通学(新宿、銀座、横浜、大阪、名古屋、福岡、札幌、京都など全国に23の教室あり)
2. オンライン
3. 通学&オンラインのミックス
フリーランス向けサポートフリーランスの武器になる質の高いポートフォリオ制作支援あり
公式サイトヒューマンアカデミー動画クリエイター講座

 

ヒューマンアカデミー動画クリエイター講座は、国内最大級の大手動画クリエイタースクールです。

 

ヒューマンアカデミーでは、オンライン完結の受講だけでなく、全国23校舎の通学や、オンラインと通学を自由に組み合わせた学習ができます。

 

自分のペース・スケジュールに合わせた学習がしやすいため、忙しい方でも無理なく学習できます。

 

フリーランスに必要な実践スキルを徹底的に学べるカリキュラムも、ヒューマンアカデミーは充実しています。

 

ヒューマンアカデミーで身につくスキル
  • Adobe Premiere ProやAdobe After Effectsを使った動画編集スキル
  • PhotoshopやIllustratorを使ったデザインスキル
  • プロのクオリティの動画を制作・編集する実践スキルなど

 

他にもフリーランスを目指す方向けの理由は、ヒューマンアカデミーには質の高いポートフォリオ制作支援があるからです。

 

ヒューマンアカデミーでは、カリキュラム中にポートフォリオを準備していきます。作ったポートフォリオはプロの現役動画クリエイターが添削してくれるため、プロのクオリティのポートフォリオを準備していけます。

 

ヒューマンアカデミーで質の高いポートフォリオを準備すれば、フリーランス案件を受注することも十分目指せます。月6,300円からと受講料もコスパが良いです。

 

受講を検討したい方は「無料説明会」への参加がファーストステップです。気になる方・検討したい方は、まずは無料説明会に参加し、話をきいてみましょう。

ヒューマンアカデミー動画クリエイター講座公式サイトはこちら

 

\実績豊富な大手スクール!説明会の予約は簡単30秒/

相談は無料でオンラインor校舎で実施。無理な勧誘もありません

 

 

3. デジタルハリウッドSTUDIO by LIG

フリーランスに強い動画編集スクール5選
コースAdobe Premier Pro、After Effect等を使った動画編集コース
受講期間3ヶ月
受講費用3ヶ月で330,000円(月々3,548円から)
カリキュラム(利用する編集ソフト)Adobe Premiere Pro
After Effects
DaVinci Resolve
Photoshop
Illustratorなど
受講スタイル教室(上野、池袋、北千住、大宮、川崎、町田)or オンライン
フリーランス向けサポートフリーランス案件の紹介サポートあり
公式サイトデジタルハリウッドSTUDIO by LIG

 

デジタルハリウッドSTUDIO by LIGは、国内有数の実績を持つクリエイタースクールです。

 

プロの現役動画クリエイターの指導のもと、フリーランス独立に必要な実践スキルを磨けます。カリキュラムは現場の実務を想定して作られており、現場さながらの学習経験を積むことができます。

 

案件紹介・案件共有制度もあり、未経験からフリーランスを目指す環境が整っています。

 

受講料は3ヶ月33万円と、前述した「studio US」「ヒューマンアカデミー動画クリエイター講座」と比べると少々高めです。

 

とはいえ、デジタルハリウッドSTUDIO by LIGの品質の高さはトップクラスです。中長期的に稼げるフリーランスの動画クリエイターを本気で目指すなら、デジタルハリウッドSTUDIO by LIGは間違いない選択です。

デジタルハリウッドSTUDIO by LIG 公式サイトはこちら

 

\プロのフリーランスを目指す。説明会予約は簡単30秒/

相談は無料でオンライン実施。無理な勧誘もありません

 

 

4. デジハク

フリーランスに強い動画編集スクール5選
コース1. デジハクコースREG
2. デジハクコースPRO
受講期間1. デジハクコースREG:90日間
2. デジハクコースPRO:180日間
受講費用【デジハクコースREG】
148,000円/90日
【デジハクコースPRO】
248,000円/180日
カリキュラム(利用する編集ソフト)Adobe Premiere Pro
After Effects
受講スタイルオンライン
フリーランス向けサポートフリーランス案件の技術相談・コンペあり
公式サイトデジハク

 

デジハクは、未経験から最短で動画編集を仕事にするオンラインスクールです。

 

デジハクでは、300本を超える動画講座を使い、オンラインで学習を進めていきます。

 

オンライン講座では、Adobe Premiere ProやAfter Effectsなどの使い方、実践的なYoutubeの動画編集講座など、フリーランスの動画クリエイターに求められるスキルをまとめて習得できます。

 

学習していてわからないことがあれば、プロの現役動画クリエイター講師にいつでもオンラインで質問し放題です。

 

フリーランスサポートも手厚く、フリーランス案件の技術相談などを無料で実施してもらえます。

 

「案件を受注するにはどうすればいいの?」

「受注した案件の納品に自信がない」

 

このようなフリーランスならではの不安も、デジハク側からサポートを受けられます。

デジハク公式サイトはこちら

 

\最短で動画編集のフリーランスに!まずは無料説明会へ/

相談は無料でオンライン実施。無理な勧誘もありません

 

 

5. MOOCRES(ムークリ)

フリーランスに強い動画編集スクール5選
コースAdobe やAfter EffectsやPremiere Proを使った動画編集
受講期間4ヶ月 or 3ヶ月
受講費用マンツーマンプラン:594,000円/4ヶ月
週末プラン:374,000円/4ヶ月
ゼロイチプラン:297,000円/3ヶ月
カリキュラム(利用する編集ソフト)Adobe After Effects
Adobe Premiere Pro
受講スタイルマンツーマンプラン:オンライン
週末プラン:オンライン&通学(東京・大阪)
ゼロイチプラン:オンライン&通学(東京・大阪)
フリーランス向けサポートフリーランス案件にカリキュラム中にチャレンジできる制度あり
公式サイトMOOCRES(ムークリ)

 

MOOCRES(ムークリ)は、超実践指導で定評のある動画クリエイタースクールです。

 

フリーランスの中でも高単価案件の多い「Adobe After Effects」を中心に学ぶカリキュラムが特徴です。After Effectsを使ったアニメーションスキルを学ぶことで、需要の高いフリーランス動画クリエイターを目指せます。

 

授業は少人数制・実践指導のため、講師とたくさんコミュニケーションを取ることができます。細部まで細かい指導を受けられるため、未経験から最短でプロのスキルを磨ける環境です。

 

カリキュラム中にフリーランスの「実案件」にチャレンジできる制度もあります。MOOCRES生の口コミを見ても「受講中に稼げるようになった」という声の割合が多かったです。

 

転職サポートは現状あまり充実していませんが、フリーランス向けサポートはかなり充実しています。

 

詳細や実績を聞きたい方は「個別相談会」に参加してみましょう。あなたにあったフリーランス独立プランもアドバイスをもらえますよ。

MOOCRES公式サイトはこちら

 

\最短でフリーランスを目指す/

相談は無料でオンラインOK。無理な勧誘もありません

 

 

よくある質問

動画編集スクールを使えば本当にフリーランスになれる?

本人の努力次第ですが、当記事の5校は特に実績豊富なため、フリーランス動画クリエイターを目指せるスクールです。

 

加えて、動画編集スクールの「案件紹介」を活用すれば、未経験でもフリーランス案件にスムーズにチャレンジできます。いまから数ヶ月〜半年後にフリーランス案件を受注して初収入を得ることも、十分実現できる目標設定です。

 

スクール卒業後にいきなりフリーランスは現実的に可能?

当記事の5校であれば、スクール卒業後すぐにフリーランスも目指せます。特に動画編集は、企業での実務経験がなくても、フリーランスとして食べていきやすい仕事です。

 

どうしても不安な方は「副業」からスタートすると良いでしょう。動画編集案件は副業でも始めやすいため、はじめは副業でリスクを抑えてスタートする方も多いです。

 

副業の場合も、本記事で紹介したスクールはどこも間違いない選択です。あるいは以下記事で「副業向けスクール」をまとめているので、こちらも参考にしてみてください。

 

関連:副業に強い動画編集スクール7選!案件紹介サポートあり

 

>>フリーランスに強い動画編集スクール5選はこちら

 

まとめ

フリーランスに強い動画編集スクールを選ぶポイント

 

今回紹介したフリーランス向けの動画編集スクールを活用すれば、未経験からフリーランスに必要なスキルを身につけ、独立することも十分目指せます。

 

まずは気になったスクールの無料説明会・無料相談に参加し、最新のフリーランス輩出実績などを聞いてみると良いでしょう。

 

実績のヒアリングだけでなく、あなたの現状やこれまでのキャリアから、この先どのような働き方・生き方を実現できるか、キャリアのアドバイスももらえます。

 

フリーランスに強い動画編集スクール5選
  1. studio US【月々4,584円〜。未経験からプロの動画クリエイターを目指すオンラインスクール。フリーランス案件の紹介あり】
  2. ヒューマンアカデミー動画クリエイター講座【全国規模の大手スクール。6ヶ月で本格的に学べる。月6,300円から】
  3. デジタルハリウッドSTUDIO by LIG【プロのフリーランス動画クリエイターを目指す】
  4. デジハク【最短で動画編集を仕事にするオンラインスクール】
  5. MOOCRES(ムークリ)【超少人数・実践指導。4ヶ月で高単価のクリエイターを目指せる】

 

関連:動画編集スクール・講座おすすめ人気11選比較!ランキング・オンラインなど目的別で厳選

関連:動画編集者がフリーランス独立して食べていく方法や年収相場・収入事情【未経験OK】