【英会話のおすすめ教材7つ】初心者からネイティブレベルになるまでに本当に役立った教材

スポンサードリンク

【英会話のおすすめ教材7つ】初心者からネイティブレベルになるまでに役だったモノ

 

本記事では、僕自身が使って本当に良かった「英会話のおすすめ学習教材」を7つ、レビューをしながら紹介していきます。

 

これを書いている僕のことを簡単に紹介すると、もともと英語が全く話せず、外国人を前にすると緊張して言葉に詰まるような人でした。

 

それでもそんな僕でも、試行錯誤して勉強してきたことにより、今ではネイティブと自然に会話ができるようになりました。

 

また、英会話ができるようになったことで海外赴任も経験させてもらい、ビジネスで英語を使って交渉やプレゼンをすることもできるようになりました。

 

そんな背景がありますが、これまで英会話を勉強してきて一番強く思うことは、英会話は使う教材によって、学習効果は大きく変わることです。

 

ですので本記事では、「英会話教材の選び方」も含めて、本当に使って良かった英会話の学習教材を7つ、紹介していきます。

 

スポンサーリンク

本当に使える英会話教材の選び方

本当に使える英会話教材の選び方

 

まずは、本当に使える英会話教材の選びで気をつけるべきポイントを解説しますね。

 

ポイントは2点です。

 

1. 「価格と質はイコールではないこと」を知ろう

別の言い方をすれば、「安くても質の高い教材はある」ということです。

 

例えば、今回紹介するスタディサプリEnglishは「月額980円」です。英会話教材というと数万円、高いと数十万円するものもありますが、それと比較すると、圧倒的に安いですよね。

 

じゃあ値段が安いから質が低いかというとそうではなく、この値段であっても、他の教材と比較して質は最も高いです。

 

このように、こと英会話教材に関しては、値段と質はイコールではありません。言ってみれば、ネットで買う10万円以上する高額な教材より、書店で1,000円で変える参考書の方が良いことは、往々にしてあるんですよね。

 

僕は最初この点を勘違いしていました。同じようなものであれば、高いものを選んでいたんですよね。。

 

でも結論、それは間違いでした。だから、ぜひ反面教師にしてください。笑

 

2. 使う教材は徹底的に絞ること

「あれもこれもと手を出さないこと」が重要です。なぜなら、手を広げすぎると、勉強効率が下がるからです。

 

例えば、英会話に必要な文法を学ぶために、3冊も4冊も本は必要ありません。良い教材を1冊やれば、実際はそれで十分なんですよね。

 

僕が失敗したことの一つは、あれこれいろんな教材に手を出したことです。いろいろ手を出してみてわかりましたが、どの教材も、内容が重なる部分は少なからずあるということです。

同じことを別の教材でやっても、学びが被ると非効率ですよね。それなら、自分がわかりやすいと思う教材を一つ、徹底的にやった方が、時間もかからないですし、ストレスも少なくて良いですよね。

 

とはいえ、「どんな教材が良いのか」が、いまはわからないはず。

 

だからこそ、今回ご紹介するような、質の高い教材を、徹底的に使い込むことがおすすめです。

 

今回紹介する教材であれば、英会話に必要なスキルは確実に身につきますから安心してください。

 

【英会話のおすすめ教材】初心者からネイティブレベルになるまでに本当に役立った7つの教材

【英会話のおすすめ教材】本当に役立った7つの教材

 

それではここから、本当に役だった英会話のおすすめ教材をレビュー含めて紹介していきます。

 

結論、以下の7つの教材がおすすめです。

 

  1. スタディサプリEnglish 日常英会話コース
  2. スタディサプリEnglish TOEIC対策コース
  3. プライムイングリッシュ
  4. 英語耳
  5. どんどん話すための瞬間英作文トレーニング
  6. 一億人の英文法
  7. DUO 3.0

 

それぞれ特徴を紹介していきますね!

 

1. スタディサプリEnglish 日常英会話コース

【英会話のおすすめ教材】本当に役立った7つの教材

 

個人的に一番おすすめの英会話教材はスタディサプリEnglish 日常英会話コースです。

 

スタディサプリEnglishはリクルートが出している英会話学習のアプリです。APPストア教育カテゴリーで人気No.1になった大人気アプリでして、これまで100万人以上がダウンロードして使っている、そんなアプリです。

 

スタディサプリEnglish 日常英会話コースが良いのは、コレ一つで英会話に必要なあらゆる分野を同時に学べることですね。リスニング、スピーキング、英単語、文法、全部これ一つで完結します。

 

僕もかれこれ2年以上使い続けていますが、スマホアプリで通勤時間などを活用しやすく、毎日10分の勉強を習慣にしています。

 

気になる費用は月額980円(税抜)です。スタディサプリEnglish受講者のアンケートでは、効果を実感するまでの時間は約2.8ヶ月でした。つまり、約3,000円で英単語の上達を実感できるんですよね。

 

飲み会1回我慢すれば、英会話をすらすら話すカッコいい自分に近づけます。英会話スクールに通おうとすれば月に数万円以上しますから、格安ですよね。

 

実際の詳しいレビューはスタディサプリENGLISHを1年間使ってきたので、使い方や評判をまとめたで書いているのでこちらを参考にどうぞ。

 

一方、スタディサプリEnglishは7日間の無料体験もあるので、百聞は一見にしかず、まずは使ってみることもおすすめです。

 

利用するためには一度有料会員登録(月額980円)をする必要があるのですが、気に入らなければ、7日以内であれば、Web上から簡単に解約できるので安心して使ってみてください。

>>無料体験はこちら(公式サイトへ)

 

▼詳しい詳細はこちら

 

2. スタディサプリEnglish TOEIC対策コース

【英会話のおすすめ教材】本当に役立った7つの教材

 

スタディサプリEnglishにはもう一つ、スタディサプリEnglish TOEIC対策コースというコースがあります。こちらもおすすめです。

 

TOEIC対策コースは費用が月額2,980円なのですが、実はTOEIC対策コースを選べば、前述した日常英会話コースは無料で使えるようになります。

 

TOEICは就職や転職で選考基準に入れている企業が多く、特に高年収の求人は、必須条件に「TOEIC700点以上」「TOEIC800点以上」と書かれていることも多いんですよね。

 

僕は転職を一度しているのですが、世界時価総額ランキングトップ10に入る外資系IT企業に内定をもらった際は、TOEICスコアで足切りが多かったようです。僕はTOEICを受けていたので、なんとか足切りに合わず、内定まで取ることができたんですよね。

 

TOEICができるからといって、英会話ができるわけではありません。ですが、日本の就職や転職においては、依然としてTOEICスコアは指標とされているので、最低でもTOEIC700点以上、現実的には800点以上を取っておくと未来が拡がります。

 

その点、スタディサプリEnglish TOEIC対策コースなら、3ヶ月で200点のスコアアップを実現している人も多いです。

 

  • 日常英会話をすらすら話せるようになりたい
  • かつ、留学や就職、転職や昇進のためにTOEICスコアを上げたい

 

こんな願望を持っているなら、スタディサプリEnglish TOEIC対策コースはぴったりですね。英会話とTOEIC、二兎を追ってどちらも得られる、数少ない教材です。

 

TOEIC対策コースについても、実際に使ったレビューは別記事の【1年以上使ってわかった】《スタディサプリENGLISH TOEIC対策コース》の学習効果や評判でまとめています。

 

なお、TOEIC対策コースも日常英会話コース同様で「7日間の無料体験」ができます。公式サイトからお試し可能です。

>>無料体験はこちら(公式サイトへ)

 

▼詳しい詳細はこちら

 

3. プライムイングリッシュ

【英会話のおすすめ教材】本当に役立った7つの教材

 

本格的に英会話教材を使って勉強したいなら、プライムイングリッシュが良いです。

 

僕はあまり高額な教材は使わないですが、プライムイングリッシュは僕の前職の友人であり、英語ペラペラの方がおすすめしていたので、使った経緯があります。

 

使った感想としては、プライムイングリッシュは、英語の発音といった重要な基礎から学び、着実に英会話力を高められる内容になっていたことが良かったですね。

 

僕は「英語の聞き流し系の教材」が本当に嫌いなんですが(効果がないため)、プライムイングリッシュは、「英語は聞き流すだけでは絶対に聴き取れるようにはならない」と断言されている教材です。なので、聞き流し系ではなく、地に足付けた内容なので、個人的に共感できます。

 

気になる費用は29,800円(税抜)です。スタディサプリEnglishのように安くはありません。ですが、「アプリではなく、しっかり学習教材を使って勉強したい」と思うなら、プライムイングリッシュを一度検討みることが良いですね。

 

幸い、プライムイングリッシュは現在、「14日間の全額返金保証」もついています。使ってみて「自分には合わないな」と思えば、全額返金を受けることができます。自分に合いそうか、こちらも気軽に試してみることがおすすめです。

結果にコミットする英会話教材【プライムイングリッシュ】

 

4. 英語耳

ネイティブの会話を自然と聴き取れるようになるために一番必要なのは、単語力でも、文法力でもありません。「発音」です。発音って基本おろそかにされがちですが、発音を学ぶからこそ、英語のリスニングは上達するんですよね。

 

そんな発音を学ぶために役だったのが英語耳でした。

 

英語耳は、英語の発音をゼロから体系的に学べる本です。日本語と英語の音はそもそも違います。なので、英語ラジオやニュースをただ聞き流していても、聞き取れるようにはならないんですよね。だって音が完全に違うからです。

 

だからこそ、英語のリスニング力をあげたいなら、まずは英語の発音を体系的に学ぶことが必要なんですよね。音を知って初めて、英語ニュースやラジオの勉強は活きていきます。

 

僕も過去にリスニングが伸び悩んだことがありましたが、英語耳を使って発音を学び直したことで、そこでリスニング力は開花しました。本当に心の底からおすすめできる教材です。

 

 

▼詳しい詳細はこちら

 

5. どんどん話すための瞬間英作文トレーニング

どんどん話すための瞬間英作文トレーニングも、僕自身が英会話ペラペラになるまでに役立った本です。

 

突然ですが、英語を話そうと思っても、「言いたいことが口から出てこない・・」なんて経験をしたことがありませんか?

 

なぜ言いたいことが口からスラスラ出てこないかというと、それはあなたの頭の中に、「英語脳」ができていないからなんですよね。

 

英語脳とは、一言で言えば「日本語↔︎英語を切り替える質とスピード」だったり、「英語を英語のまま理解する力」のことです。

 

どんどん話すための瞬間英作文トレーニングは、この日本語と英語を切り替えるスピードと質や、英語を英語のまま理解する力をつける際に、本当に役立ちました。

 

やり方はシンプルで、英作文をどんどん作っていくだけです。

 

  • 日本語で見たものを英作文する
  • 目で見たものを英作文する
  • 頭で想像したイメージを英作文する

 

こういったことを繰り返していきます。僕は愚直にこれをやっていきましたが、やればやるほど、口から英語がスラスラ出てくるようになりました。おすすめです。

 

 

6. 一億人の英文法

「英会話の文法なんて必要ないよね?」と思う方も多いかもしれませんが、最低限の文法は必要です。

 

英会話のための文法であれば、一億人の英文法の一冊で十分ですね。

 

一億人のための英文法は、日本人の脳に合わせて作られた文法書です。そのため、日本人でも無理なく、英語の文法を学ぶことが④系ます。

 

僕もこれまでフォレストなどいろいろな文法書を使ってきましたが、一億人の英文法が一番わかりやすかったです。いつも初心者の方にはおすすめしている定番文法書です。

 

 

7. Duo 3.0

英会話で使う英単語は、DUO 3.0の一冊でOKです。

 

英単語って、覚えようとするとキリがないんですよね。一方、英会話で必要な英単語は、実はそこまで多くないです。その点、DUO3.0なら、英会話に必要な単語を無駄なく学べます。

 

ですので、「単語をたくさん覚えるのは嫌だから、必要な単語を効率的に覚えたいな」という方におすすめです。

 

僕もこれまで速読英単語などいろんな英単語帳を使ってきましたが、DUO3.0は特に使いやすかったです。

 

 

以上、7つの教材のレビューでした。

 

短期集中で英会話力を上げたいなら、「英会話教材+英会話スクール併用」もおすすめ

短期集中で英会話力を上げたいなら、英会話スクール併用もおすすめ

 

7つ、英会話教材を紹介してきましたが、最近は対面型、オンライン型含め、「英会話スクール」も流行ってますよね。

 

こういったスクールも併用して使うことで、より短期で英語力をあげることも可能です。

 

例えば、僕は対面型であればシェーン英会話を、オンライン英会話ではネイティブキャンプなどを使ったことがあります。

 

 

 

教材で勉強しながらネイティブとの会話を入れていったことで、何より「外国人相手に会話をする自信」がつきましたね。

 

冒頭の通り、僕は最初は外国人を前にすると萎縮するような状態でした。それでも、勇気を出してチャレンジしたことで、だんだん話せるようになり、いつしかスラスラ話せるレベルになっていました。

 

外国人との会話をすることで、英語力は”本当の意味”で身についていきます。

 

なので、今回紹介するような教材を使って知識をインプットをしたら、次はスクール等を活用し、ネイティブと会話をすることも一つの道筋ですね。

 

まとめ: 英会話教材を使って爆速で「英会話力」を高めよう

まとめ: 英会話教材を使って爆速で「英会話力」を高めよう

 

最後に、英会話ができるようになってから、僕は世界が変わりました。

 

例えば以下は、僕が英語を学んだことで、実現できたことです。

 

  • 海外旅行で現地の人と会話ができるようになった
  • 20代半ばで海外駐在に抜擢された
  • 年収も数百万円単位で大きく上がった
  • 就職や転職にも有利に働いた
  • 海外でビジネスができるようになった

 

このように、控えめにいっても、英会話を学んでおくと、自身の世界は確実に広がります。日本は英語ができる人が圧倒的に少ないので、英語ができるだけでも、メリットは本当に多いんだなと、僕は自身の体験からそう感じました。

 

それに、「英語ができないことのデメリット」も、これからの時代はより顕在化してくると思います。

 

少子高齢化、人口減少という問題がある日本は、これから経済規模は縮小していきます。そのため、今の10代や20代の多くは「海外への活路」を作ることが、遅かれ早かれ必要になってくるでしょう。

 

そこで英語ができないと、、残念ながら、なかなか厳しい未来が待っているかもしれません。日本にいるとわからないと思いますが、世界の若者はみんな、日本人より英語できますからね。

 

ということで、まずは最低限のコミュニケーションが取れるくらいの英会話力は、特に10代、20代の方は身につけておく必要があります。

 

「じゃあ何からやればいいの?」ということですが、まずは質が高く、価格も安いスタディサプリEnglish(7日間無料体験あり)からスタートすることが無理なくおすすめです。

 

スタディサプリEnglishならスマホでいつでもどこでも気軽に英語学習ができます。通勤時間の10分を積み重ねるだけでも、半年後、1年後には大きな差になっていると思います。

 

ということで、本記事は以上です。英語はできるようになると本当に楽しいです。ぜひ、英語をスラスラ話せるかっこいい自分を目指しましょう!

>>無料体験はこちら(公式サイトへ)

 

▼累計100万ダウンロード突破!!スタディサプリEnglishの詳しい詳細はこちら

 

RELATED