【仕事きつい】動画編集でしんどい、大変、辛い、辞めたいと感じること

動画編集でしんどい、大変、辛い、仕事きついと感じること

 

いま、動画編集を始める人はとても増えています。それもそのはず、動画編集は未経験でも習得しやすい上に、Youtube人気の高まりや5Gの恩恵もあり、市場が急速に拡大しています。

 

個人で副業フリーランスとして活躍しやすいため、多くの方が動画編集に興味を持つことは全く不思議ではなく、ある意味必然と言えるでしょう。

 

一方、動画編集を実際に初めてみたものの、次のようなしんどさや大変さを感じている方も決して少なくありません。

 

「動画編集を始めてみたけど、結構しんどい…」

「思っていた以上に、動画編集って大変」

「動画編集の仕事をしているけどきつい…」

 

このように感じている方も決して少なくありません。

 

そこでこの記事では、現役動画編集者や、動画編集をスタートした駆け出し動画編集者が「動画編集でしんどい・きつい・辛い・仕事大変・辞めたいと感じる、あるあるな瞬間」を挙げていきます。

 

この記事を読めば、動画編集者がどのようなシーンで仕事がきつい、大変と感じているか、リアリティを実感できますよ。

 

現在動画編集をしていて大変な感情を感じている方も、これから動画編集にチャレンジし、人生を変えていきたい方も、どちらにとっても参考になる内容だと思います。

 

合わせて読みたい

この記事では、動画編集の大変さやしんどさなど、主に「ネガティブな側面」を中心にまとめています。

動画編集の楽しさややりがい、魅力など「ポジティブな側面」も知りたい方は「動画編集者・映像制作者が楽しい・やりがい・魅力を感じる8つのこと」も合わせてご覧くださいませ。

 

動画編集の仕事がきつい、しんどい、大変、辛い、辞めたいと感じること

動画編集がしんどい、大変、辛い、仕事きついと感じること

 

冒頭の通り、動画編集をしていてしんどい、大変、辛い、仕事きつい、辞めたいと言った感情を感じることは多々あります。中でもしんどさや大変さを感じるシーンは次の通りです。

 

動画編集がしんどい、大変、辛い、仕事きつい、辞めたいと感じる瞬間
  1. 動画編集スキルの習得が思うように進まないとき
  2. 動画編集の作業に時間がかかり過ぎているとき
  3. 案件を受注できないとき
  4. 案件の契約が打ち切られたとき

 

1. 動画編集スキルの習得が思うように進まない時

動画編集を始めたばかりの初心者の頃は、動画編集スキルの習得に苦労している方が多いです。

 

本来、動画編集スキルは決して難しいものではなく、むしろ正しい方法で勉強すれば、多くの方が再現性高く習得できるものです。

 

例えば「動画編集スクール・講座おすすめ人気9選比較!ランキング・オンラインなど」で紹介している動画編集スクールを活用すれば、完全未経験から数ヶ月でもスキル習得できます。

 

とはいえ、中には「独学」で動画編集スキルを学んでいる方もいます。動画編集を独学で習得することは可能ではありますが、相応に時間もかかりますし、何より途中で挫折しやすいです。

 

選択した勉強方法によっては「動画編集スキルってこんなに難しくて大変なのか」と感じてしまうことはあるでしょう。

 

このように、動画編集スキルの習得が思うように進まない時は、動画編集がしんどいと感じる瞬間です。

 

関連記事

なお、動画編集スキル習得の難易度は「なぜ動画編集の難易度を難しいと感じるのか?【本当は難しくない3つの理由】」の記事で詳しくまとめています。あわせてチェックしてみてください。

 

2. 動画編集の作業に時間がかかりすぎている時

「動画編集の作業に時間がかかりすぎること」も、動画編集をしていて大変と感じることです。

 

動画編集は、その人の持つスキルレベルによって、一つの動画を編集する時間は変わってきます。ある人は1時間で編集できる動画も、別の人は3時間や4時間かかることもよくあります。

 

特に駆け出し動画編集者の場合、スキルがまだ未熟な分、動画編集はどうしても時間がかかります。カットに時間がかかったり、テロップ挿入に迷ったり、BGMや効果音の選択がわからなかったりと、迷う場面は多々あります。

 

加えて動画編集案件は「一つの動画を編集して●●●円」という風に、編集した動画本数によって収入が決まる条件が多いです。

 

そのため、たくさん稼いでいきたい動画編集者の場合、どうしても仕事量が多くなりがちです。「スキルを磨いて時短で効率的に」という道もスキルアップすれば目指せるものの、結局は労働集約です。たくさんの案件にチャレンジすればするほど「仕事が多すぎて地獄」と感じる方も中にはいるでしょう。

 

このように、動画編集の作業に時間がかかり過ぎてしまう、時間を多く取られてしまっている時は、動画編集の仕事がしんどいと感じるよくある場面です。

 

3. 案件を受注できない時

動画編集を勉強し、いざ案件獲得を目指す初心者によくあるのは「案件を受注できないこと」です。

 

動画編集案件を受注するためには、クラウドソーシングサイトと言われる、動画編集案件がたくさん掲載されたサイト等に登録し、案件に応募する必要があります。

 

最近は動画編集者を目指す方も増えていますから、クラウドソーシングの案件に応募した際は、他の候補者とコンペを行い、勝ち抜く必要があります。

 

1案件ならまだしも、5案件、10案件、20案件と応募しても受注できない時は、

 

「案件を受注するのってこんなに大変なのか」

「動画編集を始めて本当に正解だったんだろうか」

 

…と、辛い思いを感じてしまうこともあります。このように、案件を受注できない時は、動画編集の仕事が大変と感じるよくある場面です。

 

関連記事

動画編集の案件獲得の方法は「動画編集の仕事の取り方・探し方5選!案件獲得までの方法を徹底解説」で詳しくまとめています。あわせて参考にしてみてください。

 

4. 案件の契約が打ち切られた時

「動画編集案件を無事に受注し、クライアントも増えてきた。順調に行っていると感じていたものの、突然案件の契約を打ち切られてしまった」

 

こんな瞬間も、現役動画編集者がしんどいと感じるシーンです。

 

動画編集案件は、クライアントが動画事業から撤退 or クライアントと良好な関係が続く限り、基本的に案件は継続しやすいです。

 

つまり、クライアントが動画事業から撤退しないにもかかわらず、案件の契約を打ち切られてしまったときは、クライアントがその動画編集者に満足していなかった可能性が高いです。

 

このように、クライアントとの関係がうまく行っていて、継続契約も大丈夫だろうと思っていた矢先、急に案件が打ち切られてしまったときは、動画編集者がしんどいと感じる瞬間です。

 

動画編集の仕事がきつい、しんどい、大変、辛い、辞めたい状態を乗り越える方法

動画編集がしんどい、大変、辛い、仕事きつい状態を乗り越える方法

 

ここまで述べてきた通り、動画編集はしんどい、大変、辛い、辞めたいと感じることはあります。

 

でも安心してください。動画編集がしんどい、大変、辛いと感じる状態は、正しく行動すれば乗り越えることができます。

 

動画編集がしんどい、大変、辛い、仕事きつい状態を乗り越える方法は次の通りです。

 

動画編集がしんどい、大変、辛い、仕事きつい、辞めたい状態を乗り越える方法
  1. 動画編集スキルや案件獲得技術を正しい方法で習得する
  2. ゆくゆくはプレーヤーではなく、ディレクターのポジションを目指す
  3. クライアントワークは一戦必勝で臨む覚悟を持つ

 

1. 動画編集スキルや案件獲得技術を正しい方法で習得する

動画編集スキルの習得や、動画編集の案件獲得で悩んでいる方は、動画編集スキルや案件獲得技術を正しい方法で学ぶことで、今の悩みを解消できます。

 

例えば「動画編集スクール」を有効活用すれば、仕事で実際に使える動画編集スキルはもちろん、動画編集案件を受注するノウハウまで、プロの動画編集者から教えてもらえます。

 

 

動画編集は、上記で紹介している動画編集スクールのような「正しい環境」で学べば、どのようにスキルを身につければいいかも、身につけたスキルをどのように仕事に活かしていくかも、どちらも学べます。

 

現時点では、プロから学べる動画編集スクールでスキルや案件獲得技術を学ぶことが、一番現実的な選択肢です。

 

2. ゆくゆくはプレーヤーではなく、ディレクターのポジションを目指す

動画編集作業に時間がかかりすぎている人は、全部自分一人で動画編集を行う、いわば「プレーヤー」として仕事をしていると思います。

 

そんな方におすすめなのは、プレーヤーではなく、動画編集者を束ねる「ディレクター」のポジションを目指すことです。

 

ディレクターとは、わかりやすくいうと、自分自身はクライアントの前に立ち、実際の編集作業は他の動画編集者の任せ、ディレクションを取る仕事です。

 

ディレクターとしていろんな動画編集者を束ねてチームで案件を受注できるようになれば、自分自身で動画編集をやる必要がなくなります。動画編集の作業に時間がかかりすぎて辛いという状態は、ディレクターになることで克服できます。

 

また、チームで案件受注できるようになる分、自分一人では到底できない量の編集も対応できます。ですから、より多くのクライアントに価値を提供し、より大きな報酬を得ることも目指せます。

 

動画編集者のプレーヤーとしてある程度経験を積んだら、次のステップとして、動画編集者を束ねるディレクターポジションを目指すことはおすすめのルートです。

 

3. クライアントワークは一戦必勝で臨む覚悟を持つ

最後に「案件を受注できたものの、案件がなかなか継続しない方」は、クライアントワーク(クライアントとの仕事)を全て一戦必勝臨む覚悟を持つことが必要です。

 

動画編集者の仕事は、自身でYoutubeチャンネル等の自社サービスを展開しない限り、案件を発注してくれるクライアントがあってこそ成り立ちます。

 

クライアントワークを始める動画編集者の中には、アルバイト感覚で臨んでいる人も意外と多くいます。クライアントは当然、あなたの仕事に満足しなければ、次回以降は発注してくれません。つまり、一戦必勝が常に求められる仕事なのです。

 

逆に言えば、多くの動画編集者はこの覚悟が足りていません。ですから「必ずクライアントの期待を超える仕事をするんだ」という気持ちで臨むだけでも、アウトプットの質は変わってきますよ。

 

覚悟が決まっていれば、クライアントとのやりとりも即レスを意識するようになりますし、納期よりも前倒しで納品する気持ちも湧いてきます。

 

そういう小さな積み重ねが、クライアントの信頼を作っていき、結果として継続発注も自然とできるようになっていきます。

 

高い技術がなくても、クライアントファーストで真剣に取り組めば、案件を継続発注してくれる会社や個人はたくさん存在します。案件が継続せずに悩んでいる方は、一戦必勝を心がけてみてはいかがでしょうか?

 

まとめ

動画編集がしんどい、大変、辛い、仕事きつい状態を乗り越える方法

 

動画編集がしんどい、大変、辛い、仕事きつい、辞めたいと感じる瞬間
  1. 動画編集スキルの習得が思うように進まないとき
  2. 動画編集の作業に時間がかかり過ぎているとき
  3. 案件を受注できないとき
  4. 案件の契約が打ち切られたとき
動画編集がしんどい、大変、辛い、仕事きつい状態を乗り越える方法
  1. 動画編集スキルや案件獲得技術を正しい方法で習得する
  2. ゆくゆくはプレーヤーではなく、ディレクターのポジションを目指す
  3. クライアントワークは一戦必勝で臨む覚悟を持つ

 

述べてきた通り、動画編集はしんどい、大変、仕事きついと感じることはあります。ですがそれはどんな仕事だって同じこと。しんどいと感じない仕事なんて一つもありません。大事なことは、大変さやしんどさ以上に、やりがいや達成感、満足感を得られることではないでしょうか?

 

その点で動画編集は、未経験の個人でも動画編集スクールを使えば数ヶ月でスキル習得まで可能ですし、副業フリーランスとして収入も得やすい分野です。

 

しかも、Youtube人気の高まりや5Gの到来により、動画市場は今後ますます拡大していくことも強く予想されています。

 

今の仕事に満足していない、これから人生をもっと自分のために使っていきたいと感じる方には、需要も将来性も自由度も高い「動画編集」は特におすすめです。