なぜ動画編集の難易度を難しいと感じるのか?【本当は難しくない3つの理由】

なぜ動画編集の難易度を難しいと感じるのか?【本当は難しくない3つの理由】

「動画編集を始めたいけど、未経験だとやっぱり難しいのかな…?」

「Youtubeの動画編集をいま勉強しているけど、なかなかうまくいかない」

動画編集の難易度って実際どの程度なの?」

 

このように、動画編集の難しさについて悩んでいませんか?

 

動画編集は『動画編集スクールおすすめ10選』で取り上げている質の高いスクールを活用すれば、短期で月5〜10万円といった収入を稼ぐことが可能です。そのため、未経験から副業フリーランスを目指す方に人気のスキルとなっています。

 

5Gの恩恵やYoutube人気の高まりもあり、動画編集者には追い風の市況感であることも、人気を集めている理由の一つですね。

 

とはいえ中には「動画編集はやめとけ」「動画編集は難しい」と言う方もいるため、これから動画編集を始めるべきか、いま勉強している方はこのまま続けるべきか、迷ってしまいますよね。

 

結論、動画編集は難しいは”誤り”です。Youtubeの動画編集スキルを始め、動画編集はむしろ、いろんなスキルの中でも「最も習得しやすいスキル」と言っても過言ではありません。将来性も高いスキルですし、迷うくらいなら確実に頑張ったほうがよいです。

 

そこでこの記事では、

 

この記事でわかること
  1. 難しい?動画編集の難易度(動画編集全般やYoutubeの動画編集)
  2. なぜ動画編集の難易度を難しく感じるのか?3つの理由
  3. 動画編集が本当は難しくない3つの理由

 

これらについて、これまでたくさんの動画編集者をみてきた経験から解説します。

 

この記事を読めば、動画編集の正しい難易度、難しさを理解できますよ。3分ほどで読めるので、動画編集をこれから始めたい方や、現在動画編集でつまづいている方は、読んでみませんか?

 

関連:動画編集者は増えすぎてオワコン?将来性や需要は?動画クリエイターの今後

関連:【やめとけ?】動画編集で仕事きつい・しんどい・地獄・辛い・辞めたいと感じること

 

動画編集は難しいのか?動画編集の難易度を解説

難しい?動画編集の難易度

 

まずは「動画編集は難しいのか?」と感じている方向けに、動画編集の難易度を以下2つに分けて解説します。

 

  1. 動画編集は難しい?動画編集全般の難易度
  2. Youtubeの動画編集は難しい?Youtube編集の難易度

 

1. 動画編集は難しい?動画編集全般の難易度

結論、動画編集全般は難しくなく、難易度は低いです。

 

未経験から動画編集を始めるためには、次のようなスキルが必要となります。

 

動画編集に必要なスキル
  1. 動画編集の基本スキル(テロップ作成、カット、アニメーション、カラーグレーディング、BGM・効果音挿入など)
  2. 動画編集ソフトの使い方(Adobe Premiere Pro、Adobe After Effectsなどの使い方)

 

これらは決して難しくなく、それこそ「動画編集スクール・講座おすすめ人気10選比較!ランキング・オンラインなど目的別で厳選」でまとめているような質の高い動画編集スクールを活用すれば、2〜3ヶ月でスキルを習得できます。

 

加えて、動画編集は案件もたくさんあります(企業のプロモーション動画の編集制作、サービス・商品の広告動画の編集制作、後述するYoutubeの動画編集案件など)。ですから、身につけたスキルを活かして仕事も始めやすいです。

 

動画編集スクール・講座おすすめ人気10選比較!ランキング・オンラインなど目的別で厳選

 

2. Youtubeの動画編集は難しい?Youtube編集の難易度

「Youtubeの動画編集」は、動画編集の中でも難しくなく、初心者でも始めやすい難易度となっています。

 

Youtubeの動画編集の良いところは、個人でもできる案件がたくさんあることです。それこそ動画編集の副業でできる案件も、Youtubeは数多くあります。

 

Youtubeの動画編集では「Adobe Premiere Pro」が一番利用されていますが、 Adobe Premiere Proは他の動画編集ソフトと比べると難易度が低く、初心者向きのソフトです。

例えば、同じくAdobeソフトの「Adobe After Effects」は、Adobe Premiere Proと比べるとエフェクト(動画に特殊効果をつける機能)などの種類がたくさん存在するため、全て覚えるには相応に時間がかかります。

その点、Youtubeの動画編集で利用されるAdobe Premiere Proは、覚えることが多くないため、初心者でも習得しやすいのです。

このようなソフトごとの難易度も、Youtubeの動画編集の難易度が低い理由となっています。

 

このように、未経験から動画編集にチャレンジするなら「Youtubeの動画編集」からスタートすることが、難易度が低い上に収入まで結びつきやすいのでおすすめルートです。

 

 

なぜ動画編集の難易度を難しく感じるのか?3つの原因

なぜ動画編集の難易度を難しく感じるのか?3つの理由

 

ここまで動画編集が難しくない理由をお伝えしましたが、中にはそれでも「動画編集は難しい」と感じてしまう方が一定数存在します。

 

動画編集の難易度が難しいと感じる原因は大きくこの3つです。

 

動画編集が難しいと感じる3つの原因
  1. 動画編集の正しいスキルが身についていない
  2. いきなりプロレベルの編集を目指しすぎている
  3. 仕事を受注する方法がわからない

 

それぞれ解説しますね。

 

1. 動画編集の正しいスキルが身についていない

動画編集が難しいと感じる方に多いのは、そもそも動画編集の正しいスキルが身についていないことです。

 

動画編集の正しいスキルとは?

Youtubeを始め、動画編集を正しく行うためには、前述した次のスキルが必要です。

 

動画編集に必要なスキル
  1. 動画編集の基本スキル(テロップ作成、カット、アニメーション、カラーグレーディング、BGM・効果音挿入など)
  2. 動画編集ソフトの使い方(Adobe Premiere Pro、After Effectsの使い方)

 

例えば1本のYoutubeの動画編集を行うためには、テロップ作成やカットなど基本的なスキルはもちろん、Adobe Premiere Proなど、利用する動画編集ソフトの使い方もしっかりマスターしないといけません。

 

にもかかわらず、肝心の基本がおろそかになっており、なかなか思うように編集作業が進まないケースが多いんですよね。

 

動画編集を独学で勉強している場合、特に難しく感じる

特に、動画編集を動画編集スクールではなく「独学」で勉強している方は、スキルがどうしても我流になってしまったり、そもそも自分にどのスキルが足りていないか、全体像が見えていないことが多いです。

 

  • 「動画素材はどうやって取り込めばいいの?」
  • 「テロップ作成ってどうやるの?」
  • 「BGMや効果音をどうやって選べばいいかわからない…」

 

このように動画編集の各作業でつまづき、思うように編集作業が進まないことになります。当然時間もかかるため、本来1時間でできるような作業も、平気で4時間、5時間とかかることになるのです。

 

このように、動画編集の正しいスキルが身についていないと、動画編集は難しく感じてしまうものです。これが動画編集を難しく感じる一つ目の原因です。

 

2. いきなりプロレベルの編集を目指しすぎている

「未経験からプロの動画編集者を最速で目指そう」と意気込んでいる人ほど、動画編集を難しく感じることが多いです。

 

例えばYoutubeの動画編集であれば、Youtubeを眺めると、トップYoutuberの動画がたくさん出てきますよね。出てきた動画を参考にしつつ、自身で編集したことがある方なら「動画編集難しすぎる…」と感じたことはありませんか?

 

それもそのはず、トップYoutuberの動画は「プロの動画編集者」が担当していて、そもそもレベルが高いからです。

 

ハイレベルなプロの編集動画を参考にし、まだ経験の浅い自分自分の作品の出来と比べてしまうと、動画編集が難しいと感じることは無理ありません。

 

このように、いきなりプロレベルの編集を目指しすぎていることも、動画編集を難しく、しんどいものだと感じてしまう原因の一つです。

 

関連:【やめとけ?】動画編集で仕事きつい・しんどい・地獄・辛い・辞めたいと感じること

 

3. 仕事を受注する方法がわからない

動画編集のスキルを身につけたとしても、多くの方にとって目標は「実際に稼ぐこと」ですよね。

 

でも、肝心の仕事の受注で苦労している方は意外と多いです。なぜ受注できないのか?その理由はシンプルで「仕事を受注する方法がわからないから」です

 

仕事を受注するためには、前述したスキル習得はもちろん、動画編集の仕事の取り方・案件の探し方を理解したり、提案量を増やすなど、正しい行動パターンがあります。

 

仕事を取る上でどのように行動すればいいかわからないと、動画編集で稼ぐことが難しいと感じてしまうでしょう。

 

本来動画編集は、正しく行動すれば動画編集は稼げるものです(動画編集で稼げない人の特徴や、稼ぐための方法は「動画編集はもう稼げない」は誤り。稼げる3つの理由と稼ぐ方法の記事で解説しています。合わせてチェックしてみてください)

 

ですが、仕事を受注する方法がわからないと、動画編集を難しいとやはり感じてしまいます。

 

ここまでのまとめ(動画編集を難しく感じる3つの原因)
  1. 動画編集の正しいスキルが身についていない
  2. いきなりプロレベルの編集を目指しすぎている
  3. 仕事を受注する方法がわからない

 

動画編集が本当は難しくない3つの理由

動画編集が本当は難しくない3つの理由

 

ここまで動画編集が難しい理由をお伝えしましたが、前述通り、動画編集は本当は難しくないです。動画編集が実際は難しくない理由は大きく3つです。

 

動画編集が本当は難しくない3つの理由
  1. 動画編集スキルは難しくなく、むしろ簡単だから
  2. プロのような動画編集を目指す必要はないから
  3. 動画編集案件は豊富にあり、正しく行動すれば受注できるから

 

1. 動画編集スキルは難しくなく、むしろ簡単だから

世の中にはいろんなスキルがありますが、その中でも動画編集は難しくなく、むしろ習得が簡単な部類に入るスキルです。

 

例えば『動画編集スクール・講座おすすめ人気10選比較!ランキング・オンラインなど目的別で厳選』で紹介している動画編集スクールを使えば、一般的には数ヶ月〜半年以内、早い人だと1ヶ月でも、動画編集スキルは習得できます。

 

動画編集は独学だと相応に時間はかかるものの、プロから正しいスキルを学べる動画編集スクールを使えば、完全未経験からでも短期で習得できます。

 

「動画編集が難しい」と思って悩むくらいなら、短期集中でスクールを使うこともアリだと思いますよ。

 

独学で1年かけて時間を無駄にするよりも、短期的にはお金はかかるものの、数ヶ月短期でスキルさえ身につければ、その後の人生は毎月5〜10万円以上の収入を安定的に稼ぐことも目指せます。

 

中には「コスパよく受講できるスクール」もあるので、興味がある方は以下記事をチェックしてみてください↓

>>動画編集スクール・講座おすすめ人気7選比較!ランキング・オンラインなど

 

動画編集スクール・講座おすすめ人気10選比較!ランキング・オンラインなど目的別で厳選

 

2. プロのような動画編集を目指す必要はないから

そもそも、最初からプロレベルの編集を目指す必要はありません。なぜなら、

 

  • 未経験だとプロレベルの編集はそもそもできないから
  • プロレベルの編集でなくても、個人で稼ぐことは十分できるから

 

これが理由です。

 

トップレベルのプロの動画編集を目指すことは、言ってみれば「まだ野球を始めたばかりだけど、イチローを目標に頑張っているようなもの」です。もちろん目標は高い方が良いですが、いきなりイチローの技術と自分を比べて一喜一憂するのはさすがに目標が高すぎでしょう。

 

動画編集もこれと考え方は全く同じで、まずは自身のちょっと先を行く人、例えば月10万円を動画編集で稼いでいる人を目標にすることがポイントです。少し前を行っている人がどんな動画編集をしているか、よく観察し、そこを目標に頑張ることがおすすめです。

 

特にあなたが「まずは動画編集で月5万円稼ぎたい」というような目標であれば、プロレベルの高い動画編集技術はほぼ必要ありません。それこそ基本を押さえた上で行動すれば、月5万円なら短期間でも達成できるからです。

 

このように、いきなりプロレベルの動画編集を目指していると、動画編集は難しく、きつく感じてしまいます。

 

関連:【やめとけ?】動画編集で仕事きつい・しんどい・地獄・辛い・辞めたいと感じること

 

3. 動画編集案件は豊富にあり、正しく行動すれば受注できるから

「動画編集案件を受注するなんて、普通の人にはできないことだ」と思っている方も多いかもしれませんが、動画編集は普通の人でも受注できる案件が豊富にあります。

 

例えば「Youtube動画の編集案件」は、未経験の個人でも受注しやすいです。なぜなら、現在は5Gの恩恵やYoutube人気の高まりが味方し、Youtubeの動画編集案件はとにかく増え続けているからです。

 

一方、肝心の動画編集者は不足している状況です。ですから、正しく行動さえすれば、Youtubeの動画編集案件を未経験から受注し、個人で月5〜10万円を稼ぐことは難しいことではありません。

 

とはいえ、どのように案件を取ればいいかわからないはず。そういった案件獲得のノウハウも、前述した『動画編集スクール・講座おすすめ人気10選比較!ランキング・オンラインなど目的別で厳選』を利用すると学ぶことができます。

 

  • 仕事で通用する正しい動画編集スキルとは?
  • 受注率を高めるポートフォリオ制作のコツとは?
  • クライアントと円滑にコミュニケーションを取る方法とは?

 

こういったことをまとめて学べるのが『動画編集スクール』です。ただスキルだけ学ぶ環境ではないんですよね。

 

動画編集の稼ぎについては「「動画編集はもう稼げない」は誤り。稼げる3つの理由と稼ぐ方法を解説」で解説しているので、こちらもぜひチェックしてみてください。

 

関連:初心者の動画編集案件の取り方・仕事の探し方5選!案件獲得までの方法を解説

 

まとめ:「動画編集は難しい、やめとけ」は気にする必要なし

なぜ動画編集の難易度を難しいと感じるのか?本当は難しくない3つの理由
動画編集を難しく感じる3つの理由
  1. 動画編集の正しいスキルが身についていない
  2. いきなりプロレベルの編集を目指しすぎている
  3. 仕事を受注する方法がわからない
動画編集が本当は難しくない3つの理由
  1. 動画編集スキルは難しくなく、むしろ簡単だから
  2. プロのような動画編集を目指す必要はないから
  3. 動画編集案件は豊富にあり、正しく行動すれば受注できるから

 

述べてきた通り、動画編集を難しく感じるのは理由・原因があります。実際はどれも乗り越えられるものばかりです。

 

何より、動画編集は市場が成長しており、正しく行動すればそもそも難しくなく、むしろ他のスキル・仕事と比べれば圧倒的に簡単です。

 

もちろん「努力なしに月5万円稼げる」というのは不可能です。努力は必ず必要です。ですが、動画編集は”努力が報われやすい分野”であることは間違いありません。実際に多くの初心者が、ゼロから動画編集を始め、人生を変えているからです。

 

  • 「動画編集を始めたいけど、やっぱり未経験だと難しいのかな…?」
  • 「動画編集をいま勉強しているけど、なかなかうまくいかない」

 

こういった理由で諦めてしまうのは、あまりにもったいないスキルです。いまは動画編集スクールのように、スキル習得から案件獲得まで学べる環境もありますし、動画編集を本気を学ぶなら恵まれた時代ですよ。

 

何より、動画編集を身につけて得することはたくさんあっても、損することは一つもありません。難しいと感じている方も、3ヶ月など期間を決めて、もう一度頑張ってみることをおすすめします。そうすれば、半年後・1年後は笑っていられると思いますよ。