動画編集者・映像制作者の将来性や需要は?増えすぎ?動画クリエイターの今後

動画編集者・映像制作者などクリエイターの将来性や需要は?増えすぎ?【これからを語る】

 

「動画編集者って数が増えすぎて、もうオワコンなんじゃないかな?本当に食べていける?」

「動画編集者や映像制作者の需要って実際どうなの?」

「今後の将来性は?いまから動画クリエイターを目指すのはもう遅い?」

 

このように動画・映像業界の今後について不安を感じていませんか?

 

この記事では動画編集者・映像制作者などのクリエイターの現在の需要や将来性について、統計データもお出ししながら徹底解説します。

 

結論からお伝えすると、動画編集者や映像制作者など動画クリエイターの未来は明るいです。

 

記事で詳しく理由を解説します。この記事を読めば、動画編集者や映像制作者の現状や今後がわかりますよ。

 

動画編集者・映像制作者などクリエイターの現在の需要は?増えすぎ?

動画編集者・映像制作者などクリエイターの現在の需要は?増えすぎ?

 

まずは動画編集者や映像制作者の現在の需要を解説します。

 

動画業界(動画編集・映像制作)の市場規模は拡大している

結論からお伝えすると、動画編集・映像制作の市場規模はこれまで拡大してきており、現在でも需要が高いです。

 

動画市場の規模を図る指標の一つに「動画を視聴するユーザー数の推移」があります。

 

5Gの到来やYoutube人気の高まりにより、最近はスマートフォンで動画を視聴する人が増えています。総務省の統計によると、スマートフォンの利用率は年々右肩上がりで推移していることがわかります。

 

動画業界 市場規模

出展:平成30年度版 情報通信白書|総務省

 

加えて、スマートフォンからの動画視聴時間も、2015年から2019年までの5年間で約4倍までに成長しているデータが出ています。

 

動画市場規模

出典:ニールセン 2019年上半期のデジタルメディアの利用動向をまとめた「Digital Trends 2019上半期」を発表

 

このように、動画を視聴するユーザーの総時間数は年々増えています。動画視聴時間の総量が多くなることは、動画の消費スピードが速まっていることを意味します。

 

次々に動画の需要が高まっているため、動画市場は堅調に推移してきたと言えるでしょう。

 

動画編集者・映像制作者の需要も現時点で堅調

ここまで動画市場の過去から現在をお伝えしましたが、動画市場が何年も成長してきたため、過去から現在までの動画編集者・映像制作者の需要も高い状態が続いています。

 

例えば、最近はいろんな企業がYoutubeチャンネルを開設し、自社の集客チャネルの一つとしてYoutubeを始めています。

 

Youtubeチャンネルを開設した場合、毎日のように動画をアップロードする必要があります。その際に動画編集者や映像制作者が必要です。ですから最近は、動画編集者や映像制作者を採用する会社や、フリーランスに発注する企業も増えています。

 

このように、特にYoutubeを中心とした動画市場は、現時点では動画編集者・映像制作者の需要は堅調です。

 

実際にいまは、動画編集者の稼ぎ事情も潤っていますし、追い風の市場環境だと思いますよ。

 

 

動画編集者・映像制作者などクリエイターのこれからの将来性は?オワコン?もう遅い?

動画編集者・映像制作者などクリエイターのこれからの将来性は?オワコン?

 

ここまで過去から現在までの需要を中心にお伝えしました。

 

でも一番気になるところは「今後どうなるの?」という将来性ではないでしょうか?

 

冒頭でも結論をお伝えしましたが、動画編集者・映像制作者などクリエイターのこれからの将来性は明るいです。

 

動画編集・映像制作の市場規模は今後も拡大が予想されている

動画編集・映像制作の市場規模を図る別の指標に「動画広告の市場規模」のデータがあります。

 

動画広告の市場規模は、大手インターネット広告代理店のサイバーエージェント社が毎年調査結果を発表しています。以下は2021年時点の国内動画広告の市場調査の結果です。

 

動画業界 市場規模 動画編集 映像クリエイター

出展:2021年国内動画広告の市場調査を発表 | サイバーエージェント

 

これを見ると、2020年に2,954億円だった市場規模は、2025年には1兆465万円と、今後5年間で約4倍まで拡大が予想されています。

 

動画広告市場が拡大するということは、企業が動画市場にたくさんのお金を投資することを意味します。その過程ではたくさんの動画がクリエイターによって生産され、ユーザーによって消費されていきます。

 

つまり、少なくとも今後5年間は、動画・映像クリエイターの仕事の総量は拡大するということです。

 

このように、国内の市場規模の統計から考えると、動画編集者や映像制作者の仕事が減る可能性は考えにくいです。仕事の需要観点でいうと、将来性は高いと言って間違いないでしょう。

 

動画編集者・映像制作者などクリエイターの仕事がなくなる可能性は?

動画編集者・映像制作者などクリエイターの仕事がなくなる可能性は?

 

動画市場はこれまで拡大してきており、少なくとも今後5年間は拡大することが統計からわかりました。そこで次に気になるのは、

 

  • 市場の拡大以上に、動画編集者や映像制作者の数が増えたら飽和してしまうのでは?
  • AIによって動画編集・映像制作の仕事が代替される可能性は?

 

この辺りではないでしょうか。この点についても解説していきます。

 

動画編集者が増えすぎて市場が飽和する可能性は?

結論から言うと、動画編集社が増えすぎて、市場が飽和する可能性は確かにあるでしょう。

 

ですが、市場が飽和するのは「スキルがない動画編集者や映像制作者」に限った話です。

 

これから起こると想定されるのは、動画市場の高まりにより、未経験から動画クリエイターを目指す人がさらに増えることです。実際に今も、駆け出し動画編集者と言われる方々は増えてきています。

 

一方、動画編集者として一定のスキルを持つ人材は、現時点ではまだまだ足りていないことが実情です。実際に多くの企業の経営者は、スキルのある動画クリエイターを欲しています。

 

ですから、動画編集者が増えすぎて飽和する可能性は確かにあるものの、それは初心者クラスの話にすぎません。

 

ある程度スキルを身につけてしまえば、市場が拡大していて仕事が溢れている以上、仕事に困ることは少なくとも5年間はないと思いますよ。

 

特に動画編集の副業で月5〜10万円を得るくらいであれば、市場の飽和を心配する必要はまずありません。

 

動画編集がAIに淘汰される可能性は?

次にAIに淘汰される可能性ですが、これも一部の仕事では起こるでしょう。

 

例えば動画編集の中でも単純作業である、カットやテロップ挿入などは、今後AIによって代替される可能性はあるでしょう。

 

一方で、動画編集や映像制作の仕事は属人性が高い部分も多いです。例えば、動画の間の使い方や、笑いどころ。こういったポイントは人間の感性が必要な部分であり、AIが苦手とする部分です。

 

ですから、AIによって代替される仕事がある一方で、AIが得意なことはAIに任せて、AIにできないことは人間が行う。そういう棲み分けになると思いますよ。

 

むしろ、人間が本来やる必要がないことをAIが代わりにやってくれるのは、動画編集者にとってもメリットが大きいです。

 

浮いた時間を使ってもっと価値あること注力できますし、動画業界全体の生産性も増していきます。市場が効率化すればするほど、動画市場に参入してくる企業もお金も増えていきます。

 

このように、AIの進化は、懸念されるものではなく、むしろ喜ばしいことなのです。

 

動画・映像の仕事がなくなる未来は考えにくい

ここまでの統計や推測から考えると、動画や映像の仕事がなくなる未来は考えにくいです。

 

市場が大きくなることは強く想定されていますし、その過程でクリエイターの需要も高まり続けることが予想できます。

 

唯一、初心者からクリエイターを目指す人口ボリュームは増えるため、初心者ゾーンは競争が激しくなると言えるでしょう。

 

ですがスキルと実績さえ今のうちに身につけておけば、あとから参入してくる方が追いつけない立ち位置までいくことも十分可能でしょう。

 

動画・映像クリエイター業界で今後も活躍し続ける3つの方法

動画・映像クリエイター業界で今後も活躍し続ける3つの方法

 

ここからは、動画・映像クリエイターとして今後活躍し続けるための方法を提案します。

 

結論、おすすめの方法は3つです。

 

  1. 動画編集・映像制作スキルを高め続け、プレーヤーとして活躍する
  2. 動画編集者を束ねるディレクターを目指し、組織として案件を取れるようになる
  3. 動画編集の周辺スキルも身につけ、仕事の幅を広げる

 

1. 動画編集・映像制作スキルを高め続け、プレーヤーとして活躍する

動画編集者や映像制作者として今後も活躍していきたい方は、スキルを高め続け、プレーヤーとしていきていくことが一つの方法です。

 

例えば動画編集が未経験の方なら、プロから仕事で使えるスキルを学べる「動画編集スクール」を活用すれば、1ヶ月〜3ヶ月程度でもスキル習得できます。

 

今後動画クリエイターのプレーヤーはさらに増えていくと思いますが、今のうちにスクール等を使ってスキル習得し、実績を積み重ねていけば、後発では追いつけない立ち位置まで到達可能です。

 

いろんな案件を今のうちにこなし、スキルを実績を積み上げていきましょう。そうすれば単価も生産性も上がり、簡単には代替できない需要の高いクリエイターを目指していけますよ。

 

人気記事

卒業生実績の優れた動画編集スクールは動画編集スクール・講座おすすめ人気9選比較!ランキング・オンラインなどでまとめています。未経験の方や、今後プレーヤーとして技術を磨きたい方はチェックしてみてください。

 

2. 動画編集者を束ねるディレクターを目指し、組織として案件を取れるようになる

スキルを磨き続けることが現実的ではないと考える方は、動画編集者を束ねるディレクターを目指し、組織として案件を取れるようになることもおすすめです。

 

特に、プレーヤーとして活躍し続けるのは、30代、40代と年齢が上がれば上がるほど大変になります。若くて優秀な才能がどんどん押し寄せてくるからです。

 

逆にいうと、人生経験が豊富な30代や40代の方は、人をディレクションしたり、マネジメントをすることに長けているケースもあります。

 

組織として動画編集や映像制作案件を受注できれば、会社を立ち上げて組織として本格的に活動も目指せます。

 

動画編集者をディレクション・マネジメントする上流に行けば、30代や40代でも問題なく活躍できると思いますよ。

 

3. 動画編集の周辺スキルも身につけ、仕事の幅を広げる

動画編集だけでなく、他のスキルも組み合わせることで、仕事の幅を広げることもおすすめの方法です。なぜなら、スキルを組み合わせることで、他の動画編集者と差別化できるからです。

 

例えば次のようなスキルの組み合わせがあります。

 

  1. 動画編集スキルとマーケティングスキル
  2. 動画編集スキルとデザインスキル

 

ただ動画を作れるだけの動画編集者より、クライアントを儲けさせられる動画編集者の方が需要は圧倒的に高いです。

 

クライアントを儲けさせるためには、いかに商品やサービスの購入を動画からつなげるかといった「マーケティングスキル」や、人が自然と購入したくなる動画の「デザインスキル」が重要です。

 

ただ動画編集スキルを磨くのではなく、マーケティングやデザインまでできるようになると、仕事の幅は間違いなく増えます。

 

このように、動画編集スキルの周辺スキルも身につけると、需要の高い人材でいられると思いますよ。

 

まとめ:動画編集者・映像制作者などクリエイターの将来性は明るい

まとめ:動画編集者・映像制作者などクリエイターの将来性は明るい

 

述べてきた通り、動画市場は年々拡大しており、今後も強い成長が予想されています。動画クリエイターの仕事は今後も増えていくことが期待できるため、将来性は高いと考えて問題ありません。

 

一方で、将来性のある動画市場を目指す人は、今後ますます増えてくることも予想されます。

 

いまのうちに行動して先に経験を積んでおくのと、3年後に行動して経験を積むのでは、難易度は後者の方が圧倒的に高くなるでしょう。

 

だからこそ、動画編集者や映像制作者などクリエイターを目指すなら、今この瞬間に行動することがおすすめです。

 

そうすれば、市場が強く拡大する少なくともこの先5年間は、美味しい果実を得ることができると思いますよ。