【未経験向け】初心者の動画編集副業の始め方や案件サイト!収入を得る3ステップ

【未経験向け】初心者の動画編集副業の始め方!収入を得る3ステップを徹底解説

「動画編集の副業を始めてみたいけど、未経験・初心者でもできるの?」

「動画編集の副業はもう稼げない?リアルな月収は?今からでも稼げるの?」

「動画編集の副業を始める勉強の手順・始め方や、案件サイトを知りたい」

 

こんな悩みを感じていませんか?

 

動画編集は、いま人気が急上昇しているスキルです。それもそのはず、動画領域は成長市場であり、今後さらなる拡大も強く期待できる分野です。

 

「動画編集の副業は稼げない?」と不安に思う方もいますが、未経験・初心者で今からでも、動画編集の副業は十分稼ぎやすいですよ。

 

実際のところ、動画編集スクールで技術を短期で習得し、未経験から数ヶ月で月5万円の副業収入を得ている人はまだまだ多いです。

 

そこでこの記事では、未経験から動画編集の副業を始めるすべてを、記事一つに詰め込みました。

 

この記事でわかること
  • なんで未経験でも稼げるの?動画編集の副業が未経験でもまだまだ稼げる理由や実態
  • どんな案件でいくらくらい稼げる?動画編集副業の案件や収入・単価相場
  • 何からどうやって始めればいい?動画編集の副業を始める始め方・手順から、仕事を獲得する方法まで

 

この記事を読んで行動すれば、未経験から動画編集を習得し、数ヶ月以内に月5万円の副業収入を得ることも十分可能ですよ。

 

5分ほどで読める文量です。動画編集の副業で本気で稼げるようになりたい方は、ぜひ最後まで読んでみてください。

 

目次

【稼げない?もう遅い?】動画編集の副業が未経験でも稼げる理由・実態

【稼げない?もう遅い?】動画編集の副業が未経験でも稼げる理由・実態

 

「動画編集は稼げるというけど、未経験だとさすがに稼げないのでは」

「もう飽和していて遅いんじゃないか」

 

このように不安に思う方もいます。ですがそれは誤りで、冒頭の通り、動画編集の副業は、未経験でもまだまだ稼げます

 

動画編集の副業が稼げる理由は次の2つです。

 

動画編集の副業が未経験でもできる理由
  1. 動画編集スキルは難易度が高くないから
  2. 動画市場が成長しており、未経験にもチャンスが多いから

 

1. 動画編集スキルは難易度が高くないから

一つ目の理由は「動画編集スキルは難易度が高くないから」です。

 

これは他の副業と比べるとイメージがつきやすいので、比べながら解説します。

 

例えば「ブログ」は、いま人気の副業ですよね。ただブログは人によって成果が出る人、出ない人が大きく分かれます。ある人は安定的に月10万円を稼げるのに対し、ある人は1円も稼げない、これがブログ副業の実態なんですよね。

 

なぜならブログなどのWebマーケティング分野は、スキルが体系化しづらく、初心者には難易度が高いものだからです。

 

その点「動画編集」は、正しい方法で学びさえすれば、1〜3ヶ月程度でも仕事で通用するスキルを習得できるんですよね。

 

例えば最近だと、プロの動画クリエイターから実践的スキルを直接学べる「動画編集スクール」もあります。

 

それこそ「動画編集スクール・講座おすすめ人気10選比較!ランキング・オンラインなど」で厳選している質の高いスクールを有効活用すれば、あなたが完全未経験でも、副業で収入を得ていくスキルは十分習得できます。

 

 

こういった動画編集スクール・講座を有効活用すれば、副業で月5万円以上を早期に得ることも可能なんですよね。

 

加えて、動画編集はスキル習得までの「再現性」も高いです。そのため、一定レベルの副業収入であれば、多くの方が同じように目指せることも特徴です。

 

例えるなら、ブログは10人いれば1人が収入を得られるかどうかの世界に対し、動画編集は10人いれば5人以上が収入を得られる世界です。

 

このように、動画編集はスキル習得の難易度が高くなく、再現性も高いため、副業収入を得やすいです。これが未経験でも動画編集の副業ができる一つ目の理由です。

 

動画編集が難しくない理由は「なぜ動画編集の難易度を難しいと感じるのか?【本当は難しくない3つの理由】」で詳しくまとめています。動画編集を学ぶ自信がない方は、合わせてチェックしてみてください。

 

 

2. 動画市場が成長しており、未経験にもチャンスが多いから

もう一つ、未経験でも始めやすい理由は「動画市場が成長しており、未経験にもチャンスが多いから」です。

 

市場の成長については統計が出ているので、お見せしますね。以下はサイバーエージェントが出した「動画広告の市場規模」の推計です。

動画編集 副業 未経験

出典:サイバーエージェント、2019年国内動画広告の市場調査を実施

 

これを見ると、2019年から2024にかけて、動画広告市場は「右肩上がり」に成長することが見て取れると思います。

 

このように動画市場が成長すると、企業からの動画編集の案件数も増えます。結果、経験者だけだと人が足りず、未経験者にもチャンスが回って来やすくなる構造です。

 

今は動画編集者の数が増えるスピードより、案件需要の方が優っています。ですから今のタイミングなら、未経験でも副業案件にチャレンジしやすいんですよね。

 

このように、

 

  1. 動画編集スキルは難易度が高くない
  2. 動画市場が成長しており、未経験にもチャンスが多い

 

この2つが、動画編集の副業は未経験でも始めやすい理由であり、動画編集の副業が今からでも稼げる理由です。

 

初心者が動画編集の副業を始める4つのメリット

初心者が動画編集の副業を始める4つのメリット

 

初心者が動画編集の副業を始めるメリットは大きいです。特に大きなメリットは次の4つです。

 

動画編集の副業を始めるメリット
  1. 本業以外の収入が増える
  2. 会社に依存しないスキル・経験が得られる
  3. 場所に縛られず自由に仕事ができる
  4. 将来的には独立の選択肢も生まれる

 

1. 本業以外の収入が増える

「本業以外の収入が増えること」は、シンプルかつ明確なメリットです。

 

前述通り、動画編集の副業はそこまで難易度が高くないです。そのため、正しい学習方法でスキル習得すれば、個人で月5万円程度の収入は十分実現できます。

 

会社員の給料で月5万円上げるのは、かなり大変ですよね。人によっては、5年、10年と働いても上がらない金額です。

 

でも動画編集の副業であれば、着実にスキル・経験を積み上げていけば、早ければ数ヶ月、遅くとも1年あれば、月5万円の収入アップは十分到達できる水準です。

 

このように「本業以外で収入が増える」というのは、動画編集の副業を始めるメリットです。

 

2. 会社に依存しないスキル・経験が得られる

「会社に依存しないスキル・経験が得られること」も、動画編集の副業のメリットです。

 

そもそもこれからの時代、一社に勤め上げることはもはや一般的ではありません。ですから、会社に依存しないスキルや経験を積んでいくことは、どんなビジネスパーソンにとっても必要不可欠です。

 

その点、動画編集は「手に職」です。会社という看板ではなく、自分の知恵や腕一つで生きていくことができます。

 

このような「会社に依存しないスキル・経験が得られること」は、動画編集の副業を始めるメリットの一つです。

 

3. 場所に縛られず自由に仕事ができる

「場所に縛られず自由に仕事ができること」も、動画編集の副業のメリットです。

 

今は副業を始める人が増えていますが、副業の中には、どこかに通う必要がある仕事も多いですよね。

 

その点動画編集は、リモートワークがしやすい仕事です。ですから場所に縛られることなく、自分の好きな場所で、人間関係のストレスを感じず働くこともできます。

 

人間関係でストレスを感じる方は今の時代すごく多いです。働く場所が自由になるだけでも、あなたの今の悩みは解消するかもしれません。

 

4. 将来的には独立の選択肢も生まれる

副業で経験を積んでいけば「独立」の選択肢が生まれることも、動画編集の副業のメリットです。

 

前述通り、動画編集は手に職です。そのため、会社以外に自由に持ち運びができるポータブルスキルです。

 

ですから、ずっと会社員として働くことがイメージできない場合も、動画編集で経験を積んでいき、月10〜20万円ほど収入を得られるようになれば、徐々に独立の選択肢も視野に見えてきます。

 

以上が動画編集を副業で始めるメリットです。

 

動画編集の副業の案件事例【求人募集の事例】

動画編集の副業の案件事例【求人募集の事例】

 

「動画編集の副業案件」には、次のような募集の求人があります。

 

動画編集の副業案件
  • Youtube動画の編集
  • 企業のプロモーション動画の編集
  • サービス・商品の広告動画の編集
  • 結婚式のムービーの編集など

 

このように、Youtubeの動画編集や、企業のプロモーション動画の編集、結婚式のムービーの編集まで、動画編集と一言で言っても様々な案件があります。

 

初心者が始めやすいのはYoutubeの動画編集

中でも、副業初心者でも始めやすく、おすすめなのは「Youtube動画の編集」です。

 

そnの理由は次の通りです。

 

Youtubeの動画編集副業がおすすめな理由
  • Youtube動画の編集は難易度が低めだから
  • インターネット動画市場が成長しており、動画編集者の数が足りていないから
  • インターネット動画市場は今後の将来性も高いから

 

このように、Youtubeの動画編集は、初心者にとって始めやすく、かつ市場が伸びているため、努力が無駄になりにくいんですよね。

 

一方、企業のプロモーション動画や広告動画は、求められるスキルも高くなりがちです。そのため、ある程度経験を積んだ後に、これらの副業に移っていくことが、ステップとしては望ましいです。

 

このように、動画編集の副業と言っても、案件は多岐に渡ります。中でも、これから動画編集の副業を始めるなら、市場が伸びており、需要も高い「Youtube動画編集」が特におすすめです。

 

動画編集の副業はいくら稼げる?リアルな案件単価【収入・月収相場】

動画編集の副業の案件単価・収入相場は次の通りです。

 

動画編集の案件相場
  • 1つの動画案件で約5,000円が相場
  • 5分以内の短い動画だと3,000円程度、10分以上の長い動画だと10,000円以上もある

 

あくまで目安ですが、動画編集の副業の相場は上記の通りです。

 

動画編集の副業は大きく稼げない?【十分稼げる副業】

「動画編集の副業は大きく稼げないんじゃないか?」と、副業を始める前に心配される方は多いですが、動画編集の副業は十分稼ぎやすいですよ。

 

例えば1件5,000円の動画案件を月に10件やれば、その時点で月5万円の収入になります。副業で月5万円稼げるだけでも、人生大きく変わりますよね。

 

もちろん、最初の頃は編集作業に慣れていないため、1案件をこなすのに1日かかることもあるでしょう。

 

ですが経験していくと編集作業は慣れていくものです。そうやって経験を積んでいけば、1日に1案件ではなく、2〜3案件をこなすこともできるようになります。

 

経験を積んでいけば、単価自体を6,000円、7,000円とあげていくこともできます。単価が上がれば、少ない案件数でも、多くの収入を得ることが可能です。

 

このように、動画編集で経験を積んでいけば、自身の生産性と単価を高めることで、より高収入を目指せるようになります。

 

そう考えると、動画編集の副業で月5万円はかなり現実的ですし「動画編集の副業は十分稼げるし、行動していけば大きく稼ぐことも可能」と言えるでしょう。

 

関連記事

動画編集の稼ぎ・収入事情は「「動画編集はもう稼げない」は誤り。稼げる3つの理由と稼ぐ方法を解説」で詳しく解説しているので、こちらも参考にしてみてください。

 

動画編集の副業で必要なスキルや経験

動画編集の副業で必要なスキルや経験

 

動画編集の副業で必要なスキル・経験は次の通りです。

 

動画編集の副業で必要なスキル
  • 動画編集の基本的なスキル
  • 動画編集ソフトを使うスキル

 

動画編集の基本的なスキル

動画編集の副業をする場合「基本的な編集技術」を身につける必要があります。

 

基本的な編集技術とは次のようなものです。

 

動画編集の基本的なスキル
  • テロップ作成
  • カット
  • アニメーション
  • カラーグレーディングなど

 

こういったスキルです。どれもプロレベルを目指そうと思えば、相応に時間はかかります。

 

ですが、副業で簡単な案件をこなしつつ、月数万円程度の収入を得るレベルなら、そこまで難しくありません。

 

今回紹介する正しい方法で学習すれば、数ヶ月程度でも、これらのスキルは十分習得可能です。

 

関連記事

動画編集スキル習得に必要な勉強時間を詳しく知りたい方は【事例あり】動画編集の勉強時間・習得期間は?稼げるようになるまでの期間も解説」の記事でまとめているので、ぜひチェックしてみてください。

 

動画編集ソフトを使うスキル

動画編集をする際には「動画編集ソフト」というものを使います。ですから「動画編集ソフトを使うスキル」も必要です。

 

「動画編集ソフトってどんなもの?代表的なソフトは?」に答えると、業界でよく使われる代表的な編集ソフトは次の通りです。

 

よく使う動画編集ソフト
  • Adobe Premier Pro
  • After effect

 

Adobe Premiere ProやAfter Effectは、業界でよく使われる代表的な編集ソフトです。多くの動画編集スクールでも、上記の編集ソフトの使い方を学んでいくことが一般的です。

 

このように

 

  1. 動画編集の基本スキル
  2. 動画編集ソフトを使うスキル

 

この2つのスキルを身につければ、動画編集の副業を始める準備はOKです。

 

動画編集の副業は独学でもできる?

動画編集の副業は独学でもできる?

 

ここまで紹介した動画編集のスキルがあれば副業はできますが、中には「独学」でスキルを習得したいと考える方も多いはず。

 

結論、独学でも動画編集の副業に必要なスキルは習得できますが、相応に時間がかかる上に、挫折しやすいことは認識しておく必要があります。

 

最短で動画編集の副業を始めるなら、動画編集スクールを数ヶ月でも使った方が早いですスクールであれば、一般的に3ヶ月〜半年程度、早い人だと1ヶ月弱でも、副業で月数万円を稼げるようになっている方は多いです。

 

動画編集スクール・講座おすすめ人気10選比較!ランキング・オンラインなど」の記事で、卒業生が実際に稼げるようになっている実績豊富な良いスクールを厳選しています。あわせて参考にしてみてください。

 

動画編集の副業で必要なもの【パソコンや動画編集ソフト】

動画編集の副業で必要なもの【パソコンや動画編集ソフト】

 

動画編集の副業で必要なソフトやものは、大きく以下の2つです。

 

  1. ある程度のスペックを持つパソコン
  2. 動画編集ソフト(Adobe Premiere Proなど)

 

それぞれ詳細を解説しますね。

 

動画編集の副業に必要なパソコン

動画編集・映像制作は比較的重たい作業になるため「ある程度のスペックのパソコン」が必要となります。

 

具体的にどの程度のスペックが必要かというと、目安は次の通りです。

 

動画編集で必要なパソコンのスペック
  • CPU:Core i7
  • メモリ:16GB
  • SSD:256GB以上

 

すでにあるなら問題ないですが、もしない場合、パソコンを用意する必要があります。

 

上記パソコンの費用には、だいたい10〜20万円ほどが相場ですね。

 

動画編集の副業に必要なソフト

動画編集を始めるなら、前述した「動画編集ソフトも必要」です。

 

例えば「Adobe Premier Pro」は月額制になっており、月額2,180円がかかります。

 

PC購入費用と動画編集ソフト代が、動画編集・映像制作を始める際にはかかってきます。この点はデメリットかもしれません。

 

一方、後述する「動画編集スクール」で学習する場合、必要な動画編集ソフトを無償で借りられたりと、お得に学習を開始できます。

 

実際に学習してから、本格的に動画編集で副業したい場合、その時点で契約することでも十分OKです。

 

業界スタンダートでなければ、「無料」で使えるAviUtlのような動画編集ソフトもあります。

 

どうしても無料で始めたい場合、そういう選択肢もあります。

 

Adobe Premiere Proを購入するならデジハリAdobeマスター講座がおすすめ

なお、Adobe Premiere Proを購入し、使い方まで学ぶなら、「デジハリオンラインAdobeマスター講座」がおすすめです。

 

デジハリのAdobeマスター講座は、39,800円で一回購入するだけで、3ヶ月間に渡るAdobe製品の使い方講座(Premiere Proを始め、PhotoshopやIllustratorなど)をまとめて学べる上に、Premiere Proを含めたAdobe製品が1年間無料で使えるようになります。

 

普通にPremiere Proを契約することも一つですが、こちらの講座でまとめて買った方がお得です。中でも「デジハリオンラインAdobeマスター講座」が最安値レベルですので、こちらを選べばOKです。

 

このように「動画編集の基本技術」「動画編集ソフトの技術」を身につければ、動画編集の副業を始める土台は整います。

 

【未経験向け】動画編集の副業の始め方!初心者から始める3ステップ

【未経験向け】動画編集の副業の始め方!初心者から始める3ステップ

 

ここからは「未経験から動画編集の副業を始める方法」を、順番にステップ形式で紹介します。

 

結論、以下の3ステップとなります。

 

未経験から動画編集の副業を始める方法
  • ステップ1:動画編集スキルを習得する
  • ステップ2:簡単な制作実績・ポートフォリオを自分で作ってみる
  • ステップ3:副業案件を獲得する

 

それぞれのステップでやることを、具体的に解説します。

 

ステップ1:動画編集スキルを習得する

最初に「動画編集スキル」を習得していきます

 

動画編集スキルとは、前述した「動画編集のスキル」や「動画編集ソフトの使い方」を覚えることです。

 

ではどうやってスキルを習得すればいいかというと、方向性は大きく2つあります。

 

動画編集のスキルを学習する方法
  1. 独学で学ぶ
  2. 動画編集スクールで学ぶ

 

このうち、副業する目的なら「動画編集スクール」で学ぶことがおすすめです。なぜならスクールの方が、仕事で通用するスキルを、最短で習得していけるからです。

 

前述通り、動画編集は独学で学べないことはないものの、時間が相応にかかる上に、挫折しやすいことも事実です。

 

一方「動画編集スクール」であれば、プロの動画クリエイターから、実践で必要なスキルを集中的に学ぶことができます。

 

独学だと遠回りしがちな学習を、最短ルートで学んでいけるのが、スクールの大きなメリットです。一人だと30分、1時間かかるようなことも、プロにいつでも相談できるスクールなら5分程度で解決しながら、どんどん学習を進めていけます。

 

もちろん、独学で学習することもできますよ。例えばネットで調べるだけでも、以下のような独学方法が出てきます。こういった方法で学べば、独学でも習得は可能です。

 

 

とはいえ、独学はやはり時間がかかる上に、身につくスキルも我流になりがちです。ですから、ちゃんと市場で評価される技術を身につけ、真っ当に副業収入を得た場合、プロから正しい技術が学べる「動画編集スクール」が確実です。

 

最近は安価に受講できるスクールもありますから、迷ったら動画編集スクールで学習することがおすすめです。

 

副業に強い動画編集スクール

動画編集スクールで学ぶこと良いとはいえ、どんなスクールでも受ければいいというものではありません。

 

なぜなら、質の良いスクールがある一方、残念ながら質の悪いスクールも存在するからです。

 

ではどのスクールが良いかというと、評判・内容ともに良いのは以下のスクールです。

 

副業に強い動画編集・映像制作スクール
  • No.1 ヒューマンアカデミー動画クリエイター講座【全国規模の大手スクール。副業・転職など卒業生の実績多数。オンライン&通学で安く学べる】オンライン&通学で、安く副業スキルを身につけるならここがおすすめ
  • No.2 STUDIO US【未経験からプロの動画クリエイターを目指すオンラインスクール。月4,584円から】
  • No.3 デジタルハリウッドSTUDIO by LIG【大手制作会社が運営。最前線の動画スキルを学ぶならここ】

 

この3つがおすすめです。

 

中でもヒューマンアカデミー動画クリエイター講座は、最も実績がある全国規模の大手動画クリエイタースクールで、卒業生の実績も多いです。副業の実績はもちろん、副業よりも難易度の高い「動画クリエイターへの就職や転職」の実績にも長けているスクールとなっています。

 

「無料カウンセリング」にオンラインまたは電話で参加すると、卒業生の副業事例を聞くことができます。無料でちょっと話を聞いてみるだけでも、副業に役立つヒントを得ることができるので、気軽に話を聞いてみてはいかがでしょうか?

ヒューマンアカデミー動画クリエイター講座公式サイトを見る

 

上記3社含む、質の高い動画編集スクールを比較したい場合は「動画編集スクール・講座おすすめ人気10選比較!ランキング・オンラインなど」で詳しく紹介しているので、こちらも参考にしてみてくださいね。

 

動画編集スクール・講座おすすめ人気10選比較!ランキング・オンラインなど目的別で厳選

 

ステップ2:簡単な制作実績・ポートフォリオを自分で作ってみる

動画編集スクールでスキルを身につけたら、次は「簡単な制作実績・ポートフォリオ」を作りましょう。

 

「えっ、制作実績やポートフォリオなんて作れない…」と不安に思った場合も大丈夫です。

 

動画編集スクールで実践的なスキルを学んでいけば、その時点で制作実績を作るだけの実力は付いています。

 

加えて、前述したヒューマンアカデミー動画クリエイター講座STUDIO US、 デジタルハリウッドSTUDIO by LIGの3社は、カリキュラムの中でオリジナル動画作成まで行います。つまり、作ったもの自体が実績になりますし、制作スキルも学習過程で理解できていますよ。

 

特にデジタルハリウッドは、ポートフォリオ作成支援までがカリキュラムに含まれています。不安であれば、こういったサポートの手厚いスクールを利用すると、初めてのポートフォリオ制作も安心です。

 

ステップ3:副業案件を獲得する

制作実績・ポートフォリオが用意できたら、実績・ポートフォリオをもとに、副業案件を獲得するために動きましょう。

 

動画編集で実際に副業案件を獲得する方法は大きく「3つ」あります。

 

動画編集の副業で案件を獲得する方法
  1. クラウドソーシングを使う
  2. 知人から紹介を受ける
  3. SNSやブログ経由で受注する

 

1. クラウドソーシングを使う

一番代表的な方法は「クラウドソーシングを使うこと」です。

 

クラウドソーシングとは「仕事を探している人」と「仕事を依頼したい人」をつなげるプラットフォームです。

 

おすすめのクラウドソーシングサイトは後述しますが、中でも代表的なサービスはクラウドワークスです。登録さえすれば、仕事を依頼したい企業や個人と繋がれるので、副業初心者に最適なサービスです。

 

クラウドソーシングのメリットは「実務経験がなくてもできる案件がたくさん存在すること」です。

 

実際に案件を眺めてみるとわかりますが、実務経験を必要としている案件もあれば、そうでない案件もあります。例えば以下は、クラウドソーシングで実際に募集されている動画編集案件です。

 

動画編集、副業、クラウドソーシング

 

必要なスキルは「動画編集、Adobe Premiere、Adobe After Effect」とあります。これらは動画編集スクールで学ぶ一般的なスキルです。ポートフォリオがあれば問題ないレベルです。

 

このように、動画領域での実務経験がない場合は、実務経験が必要ない、上記のようなクラウドソーシング案件で、徐々に実績を積んでいくことが正攻法です。

 

このステップを踏むには、前述した動画編集スクールで実践的な学習を行い、制作実績・ポートフォリオを用意すればOKです。

 

特にポートフォリオは、依頼側が発注するかどうかを決める材料になるので、必ず用意しておく必要があります

 

前述通り、動画編集スクールでポートフォリオ制作の支援は受けられるので、あまり難しく捉える必要はありません。

 

2. 知人から紹介を受ける

「知人から紹介を受けること」も、動画編集の副業案件を獲得する一つの方法です。

 

例えば、知人にYoutubeチャンネルを運営している人がいたり、そういった方と繋がりがある方がいれば、動画編集ができることを積極的にアピールしましょう。

 

特にYoutubeチャンネルの場合、チャンネルを中期的に運用することも多いです。一度仕事を受注し、そこで信頼獲得できれば、単発ではなく「固定客」にもなりやすいです。

 

3. SNSやブログ経由で受注する

「Twitter、YoutubeなどのSNSやブログ経由で案件受注すること」も、おすすめの方法です。

 

メリットは、一度SNSやブログが育てば、SNS・ブログ自体があなたの代わりに営業してくれることです。あなたが一切動かなくても、SNSやブログが24時間365日、顧客を連れてきてくれます。

 

一方デメリットは、SNSやブログは育つまでに時間がかかることです。1日、1週間、1ヶ月という単位ではなく、半年や1年といったスパンが必要です。加えて、運用自体がうまくないと、いつまでも案件受注できない可能性もあります。

 

とはいえ、SNSやブログは初期投資もかかりませんので、長期的に動画領域で副業していくなら、他の方法と並行して、運営しておくと良いですよ。

 

なお、本業の会社にバレたくない場合でも、SNSやブログは匿名で運営できます。ですので、自分自身で明かさない限り、アカウントがバレるリスクもかなり限定的です。

 

動画編集の副業を始める方法まとめ

ステップ1:動画編集スキルを習得する

ステップ2:簡単な制作実績・ポートフォリオを自分で作ってみる

ステップ3:副業案件を獲得する

 

まとめると以上が、動画編集の副業で収入を得る3ステップです。

 

動画編集の副業におすすめな案件サイト・クラウドソーシング【クラウドワークスなど】

動画編集初心者の副業におすすめなクラウドソーシングサイト【クラウドワークスなど】

 

先ほど少し紹介しましたが、初心者が動画編集の副業をするにあたり、おすすめなクラウドソーシングサイトをまとめると次の通りです。

 

  1. クラウドワークス:初心者向けの案件が豊富な代表的クラウドソーシングサイト
  2. クラウドテック:クラウドワークスの上位版。クラウドワークスで経験を積んだら活用したい

 

初心者におすすめなのはこの2つです。

 

どちらも無料で登録して使えるので、初めの一歩はこれらで実績を作りつつ、徐々に直案件などを獲得していくと、高単価の動画編集者を目指していけますよ。

 

なお、後者のクラウドテックはクラウドワークスよりも経験者向けですが、今のうちから無料登録することで、案件をチェックすることができます。どちらも早めに登録しつつ、近い将来高単価を実現できるよう動いていきましょう。

 

動画編集の副業でよくある質問

動画編集の副業は在宅でもできる?

結論、動画編集の副業は在宅でも問題なくできます。

 

例えば、Youtubeの動画編集案件は、基本的に在宅でできるものばかりです。副業として、自宅から案件受注している方もたくさんいますよ。

 

動画編集の副業をしたら確定申告が必要?

結論、確定申告をしないといけない場面があります。具体的には「年間20万円を超える所得が発生したとき」は、確定申告をする必要があります。

 

所得とは「収入−経費」で計算できます。例えば動画編集の副業で年間50万円を稼ぎ、経費で年間20万円を使った場合、所得は年間30万円(50万円-20万円)です。この場合、所得が20万円を超えるため、確定申告が必要となります。

 

「確定申告が必要となると大変そう」と不安に感じてしまったかもしれませんよね。ですが、確定申告は実際にやってみると全く複雑なものではなく誰でもできますよ。

 

どんなことも一度経験すれば簡単になります。そもそも稼げないと確定申告すらできないですから。確定申告の心配は、実際に稼げるようになってからすれば大丈夫ですよ。

 

会社が副業禁止だから、動画編集の副業がばれるのはマズイ

会社が副業OK・あるいはNGかは、会社の社内規定を確認するとわかります。禁止となっている方の場合は、バレるリスクを負えるなら副業する、バレるリスクを負えないなら副業しないで良いと思います。

 

ただ、副業は正しい手続きでやれば、実は本業の会社にバレることなくできます。

 

動画編集の副業が会社にばれる理由は?住民税が原因

動画編集に限らず、副業が会社にバレるのは、多くが「住民税」が原因です。

 

住民税は、本来税務署が計算し、本業の給料にかかる住民税は「本業の会社」に、副業の収入にかかる住民税は「あなた自身」に、2つが分かれて税務署から通知が届きます。

 

ではなんで会社に副業がバレてしまうのか?「副業に関する住民税」の通知が、誤って本業の会社に行ってしまった時にバレるのです。

 

本業の会社に副業の住民税の通知が届くと、本業と副業の住民税額が合算されて計算されます。すると、本業の住民税が本来よりも上がってしまうため、本業の会社の担当者が「あれ?この社員の住民税がおかしいな??」と気づくんですよね。

 

動画編集の副業を会社にばれないためには?

逆にいうと、副業に関する住民税の通知が、本業の会社に行かないようにすれば、バレることは基本ありません。具体的には以下手順を行うと、副業に関する住民税の通知が会社に行かないようになります。

 

  1. 確定申告の際に「住民税を自分で納付する」にチェックを入れる
  2. 毎年4〜5月頃に税務署に電話をかけ「住民税を自分で納付する」で正しく処理されているか、念押しで確認する

 

1だけでも基本は大丈夫ですが、心配な方は、2で税務署に電話をし、正しく処理がされているか確認すると良いでしょう。ここでステータスが正しく処理されていれば、あなたが自分から副業のことを周囲に言わない限り、会社にバレることはほぼありません。

 

以上がバレないための方法ですが、もし仮に会社に副業がバレても、そのときは副業収入が十分生まれています。

 

副業で稼げる状態までなれれば、他の会社に転職したり、フリーランスとして独立する余裕もあるはず。今の会社に固執することもないと思いますよ。

 

まとめ

最後に、現在は一向に上がらない給料、増え続ける税金や社会保険など、問題が山積みです。

 

これまでは、時間が経つほど”豊か”になれる時代でしたが、今は時間が経つほど”貧しく”なる時代です。

 

そんな厳しい時代においては、どんな会社員であっても、自分の力で稼ぐ力は必要不可欠です。

 

その点動画編集は、初心者でもスキル習得しやすく、副業収入も得やすい副業です。

 

加えて動画領域は、成熟市場や衰退市場が多い日本では、数少ない「成長市場」です。

 

せっかく同じ努力をするなら、川の流れに逆流して進むより、川の流れに沿っていった方が、目的地には早く到達しやすいですよ。その点動画編集は「後者」です。

 

国や企業にはもう頼れません。「食いっぱぐれない手に職」として動画編集を身につけることで、年々貧しくなる未来ではなく、年々豊かになる未来を必ず勝ち取りましょう。

 

副業に強い動画編集・映像制作スクール
  • No.1 ヒューマンアカデミー動画クリエイター講座【全国規模の大手スクール。副業・転職など卒業生の実績多数。オンライン&通学で安く学べる】オンライン&通学で、安く副業スキルを身につけるならここがおすすめ
  • No.2 STUDIO US【未経験からプロの動画クリエイターを目指すオンラインスクール。月4,584円から】
  • No.3 デジタルハリウッドSTUDIO by LIG【大手制作会社が運営。最前線の動画スキルを学ぶならここ】