動画編集を独学で学ぶ3つの勉強方法!何から始めるか完全ロードマップ

動画編集を独学で習得するには?3つの勉強法を紹介【完全ガイド】

 

副業やフリーランスに憧れる人が増える中、副業やフリーランスとして仕事をしやすい「動画編集」が人気となっています。

 

とはいえ、動画編集に興味を持った人が必ず迷うことの一つに「勉強法」があります。

 

特に「独学」で勉強を検討する場合、以下のような悩みを抱えている人がとても多いんですよね。

 

  • 初心者でも動画編集を独学できるの?
  • 動画編集を独学で学べば副業で稼げる?
  • 何からどう勉強すればいいの?

 

結論から言うと、動画編集は独学でも習得できますし、副業でも稼げます。

 

そこで本記事では、動画編集が初心者でもできる理由や、独学で稼げるようになるための独学方法、これから動画編集を独学で始めたい方が知っておくべきポイントや注意点までを、わかりやすくご紹介します。

 

私は現在転職支援の仕事をしながら、副業でWebマーケティング会社を経営しています。動画クリエイターの転職をサポートしたり、フリーランス動画クリエイターとも仕事で関わっているので、どんなスキルがあれば市場で求められるかを理解しています。

 

本記事を読めば、動画編集の独学で知っておくべきことは理解できますよ。

 

5分ほどで読めますので、ぜひ最後までチェックしてみてください。

 

初心者でも動画編集を独学で習得できる3つの理由

動画編集を独学で習得できる3つの理由

 

動画編集を独学で習得できる理由

1. 動画編集のスキルは難しくないから

2. 動画編集を独学で学ぶ環境が整っているから

3. 実際に独学で習得している人も多いから

 

理由は上記の通りです。それぞれ解説します。

 

1. 動画編集スキルは難しくないから

世の中には「Webマーケティング」「Webデザイン」「ITスキル」「語学」などいろんなスキルがありますが、それらと比べると、動画編集スキルはそこまで難しくありません。

 

特に「個人で月数万円の収入を得る」という観点なら、動画編集はかなり実現しやすいんですよね。

 

もちろん、動画編集者としてトップレベルを目指すなら、時間も相応にかかることは事実です。それでも、月数万円の収入を得るレベルなら、他のスキルと比べるとそこまで難しくないんですよね。

 

2. 動画編集を独学で学ぶ環境が整っているから

最近は動画編集もメジャーになってきたので「独学で学ぶ環境」も整っています。

 

後述しますが、例えば「書籍」で学ぶことはもちろん、最近は「良質なYoutube動画」も多くあります。

 

いろんな人が動画編集を学び始めていますので、学習環境も充実してきたんですよね。独学で学ぶ環境も充実していますから、動画編集を独学で学ぶことも十分可能ですよ。

 

3. 実際に独学で習得している人も多いから

一番の理由はこれです。動画編集は、独学で習得している人も結構多いんですよね。

 

動画編集を独学で学んだ人の声を紹介

具体的なイメージを持っていただくため、実際に独学で動画編集を学んだ方の声を集めてみました。

 

 

 

上記の通り、独学で学んでいる人は意外といるんですよね。

 

述べてきた通り、動画編集はスキル習得が難しくない上に、独学で学べる環境もあります。さらには独学で実際にスキル習得している方もいます。

 

このような事実からも、動画編集は独学でも習得は可能と言えるでしょう。

 

動画編集を独学で勉強するポイント

動画編集を独学で勉強する際のポイント

 

結論「良い教材や学習法を選び、集中的に学習すること」に尽きます。

 

独学のデメリットをお伝えしておくと、「最短ルートで学習できないこと」です。なぜなら、独学の最短ルートがわかるような人は、すでにプロの動画編集者と言えるからです。それがわからないから未経験なんですよね。

 

ですから独学の場合、できるだけ良い教材・学習法を選び、集中的に学習することに尽きます。良い教材・学習方法を選べないと、全体像がわからない初心者の場合、どうしても遠回りしてしまうからです。

 

ですから本記事では、独学で実際にスキル習得している人が多い教材・学習法に絞ってご紹介します。

 

独学という道を選ぶ時点で最短ルートではないですが、独学の中では近道になると思いますよ。

 

動画編集を独学で勉強する際の注意点

動画編集を独学で勉強する際の注意点

 

独学の注意点は「時間がかかり、挫折もしやすいこと」です。

 

前述通り、独学を選ぶ以上、最短ルートではありません。最短ルートは、すでに動画編集を習得しているプロから学ぶことだからです。

 

独学は相応に時間がかかりますし、途中で挫折する可能性もあります。

 

だからこそ、あとから理想と現実のギャップが生まれないよう、時間がかかること、挫折しやすいことを最初に認識した上で、学習に臨むことをおすすめします。

 

認識さえしておけば、独学はお金を多くかけることなく、動画編集を始められるメリットがありますよ。認識せずに学習を始めると挫折に繋がりやすいので、認識しておくことをおすすめします。

 

動画編集の独学で身につけるべきスキルや技術、能力

動画編集の独学で身につけるべきスキル

 

動画編集・映像制作を行う際は、以下スキルを習得する必要があります。

 

  1. 動画編集の基本スキル
  2. 動画編集ソフトの使い方

 

動画編集の基本スキル
・テロップ作成
・カット
・アニメーション
・カラーグレーディングなど

 

動画編集スキルは上記の通り、テロップ作成やカット、アニメーションなどの基礎技術です。

 

動画編集・映像制作を行う際、上記は必要スキルです。独学を通じて、各スキルを習得していく必要があります。

 

動画編集ソフト
・Adobe Premier Pro
・After effect
・Final Cut Pro

 

一方動画編集ソフトとは、Adobe Premier Pro(アドビプレミアプロ)のように、動画編集・映像制作で利用するソフトのことです。

 

各ソフトを使いながら動画編集・映像制作を進めていきますので、基本的な使い方を学ぶことも必要となります。

 

動画編集は何から始める?動画編集を独学で学ぶ3つの勉強法【無料あり】

動画編集を独学で習得する3つの勉強法

 

動画編集を独学で勉強する3つの方法

1. 動画編集の本で勉強する

2. Youtubeなどネットの動画編集情報で学習する

3. 有料の動画編集教材を購入して学習する【最もおすすめ!】

 

方法は上記3つです。

 

中でも最もおすすめは3番目の「有料の動画教材を購入して学習する」です。それぞれ解説しますね。

 

1. 動画編集の本で勉強する

「動画編集の本を購入して勉強すること」は、独学でも最もメジャーな方法です。

 

本を購入して勉強するメリット・デメリット

本のメリット✔︎ 体系的に学べる
✔︎ 値段が安い
本のデメリット✔︎ 映像で学ぶことはできない
✔︎ 著者に質問できない

 

本のメリットは、何と言っても「体系的に学べること」と「値段が安いこと」です。

 

動画編集の基礎から実践まで、順を追って安く学べるので、体系的に安く学びたいなら、書籍を使った独学は特におすすめです。

 

一方でデメリットは、映像で学べないことや、著者に質問できないことです。

 

動画編集は映像を編集しますので、目で見て学べる映像形式の方が学習効率は良いです。その点書籍は映像で学べませんので、デメリットはありますね。

 

とはいえ、書籍は体系的にまとまっているので、独学の方法としては無難な方法です。値段も安いですし、気軽に始めることができますよ。

 

本を購入して勉強する具体的な方法

評判の良い動画編集本を購入して、学習を始めましょう。

 

とはいえ、どの本が評判が良いかはわからないと思います。

 

ですので、動画編集分野で評判が良いおすすめ書籍を、以下3つのジャンルでまとめておきました。

 

  1. Adobe Premiere Proを使った動画編集が学べる本
  2. Final Cut Pro Xを使った動画編集が学べる本
  3. Youtubeの動画編集が学べる本

 

 

 

 

これらは実際に評判がよかった本です。口コミをチェックした上で、良さそうなものを購入し、学習を始めてみることをおすすめします。

 

2. Youtubeなどネットの動画編集情報で学習する

Youtubeなどネットの無料情報で学習することも、独学でよく用いられる方法です。

 

ネットの無料情報で勉強するメリット・デメリット

ネットの無料情報のメリット✔︎ 無料で学べる
ネットの無料情報のデメリット✔︎ 体系的にまとまっていないことが多い

 

ネットの無料情報の良いところは、なんといっても無料で学べることです。

 

例えばYoutubeには、現役動画クリエイターによる「無料の動画編集の学習動画」もあります。ネットで無料で学習できるのは、一番のメリットですよね。

 

一方でデメリットは、体系的に学びづらいことです。

 

ネットの無料情報は「情報が細切れ」になっていることが大半です。ですから「これを学んだら次はこれ」という風に、体系的に学ぶには弱いんですよね。そのため個人的には、ネットの無料情報だけで学習はおすすめしていません。

 

一方、書籍などで体系的に学んだ上で、強化したい項目をYoutubeの無料情報でピンポイントで学ぶ、この方法ならアリだと思いますよ。

 

うまく組み合わせて学習できると、安価に動画編集スキルを習得していけるはずです。

 

ネットの無料情報で勉強する具体的な方法

書籍同様で、評判の良いYoutube動画など無料情報を探し、学習していきましょう。

 

例えばYoutubeで学ぶ場合、「動画編集」と検索すれば、いろんなチャンネルが出てきます。

 

説明がわかりやすいものや、高評価の多いもの、見ていて楽しい、苦じゃない動画を選んで学習を始めてみることをおすすめします。

 

3. 有料の動画教材を購入して学習する

少しお金はかかりますが、「有料の動画教材」を購入して学習することは、最もおすすめな独学の方法です。

 

有料の動画教材で勉強するメリット・デメリット

有料の動画教材のメリット✔︎ 体系的に学べる
✔︎ 映像で視覚的に理解できる
✔︎ 講座によっては作者に質問できる
有料の動画教材のデメリット✔︎ 値段が他の方法より高め

 

メリットは「体系的に学べること」と「映像で理解できること」です。

 

よく考えられて作られた動画教材には、書籍の体系的な部分と、Youtubeの見て学べる両方の良さがあります。

 

また講座によっては、講座の作者に質問することもできます。この点も、書籍やネットの無料情報にはないメリットですね。

 

一方でデメリットは「値段が他の方法より高いこと」です。

 

有料の動画講座の場合、安くても2万円弱はしますし、中には6〜7万円の講座もあります。独学よりはお金がかかってしまいますね。

 

ですが、他の独学方法よりも「最短ルート」でスキル習得できる方法なので、とにかく最短でスキル習得したいなら、有料の動画教材を選ぶことをおすすめします。

 

動画編集者としてフリーランス・副業で収入を得られるようになれば、教材費用はすぐに元が取れます。未来への投資だと思って、動画教材で学習することは、賢い判断になると思いますよ。

 

有料の動画教材で勉強する具体的方法

動画講座と言っても種類がたくさんあり、どれを選んだらいいか悩むと思います。

 

参考までに、利用者の評判が良い講座をあげておくと、以下の通りです。

 

おすすめの動画教材

1. Udemy:〜24,000円で動画講座を可能。30日間は安心の返金保証あり

2. Movie Hacks:質問し放題の動画講座。69,800円で受講可能

 

迷ったらこの2つは、利用者の評判も良いものが多かったのでおすすめしたいです。

 

Udemyは全世界3,000万人以上が利用している、オンライン動画講座プラットフォームです。

 

動画編集はもちろん、様々な分野の専門家による動画講座が販売されています。プロの知見を動画講座で学んでいけますよ。

 

気になる費用は、1講座あたり最大24,000円前後で、安いものだと数千円で購入できます。

 

質が高い講座が多く、作者にメールで質問も可能です。30日間は返金保証もあるので、とりあえず購入して学んでみることもおすすめです。

>>Udemy公式サイトへ

 

一方で Movie Hacksも、人気の動画教材です。

 

Movie Hacksも動画講座で学ぶスタイルですが、現役動画クリエイター講師にLINEで質問し放題がセットになっていることが特徴です。

 

質問環境があるので、値段は少し上がり69,800円しますが、質問し放題の環境で挫折せず学習したいなら、Movie Hacksを検討されることをおすすめします。

 

動画編集を独学で勉強する3つの方法まとめ

1. 書籍を購入して勉強する

2. Youtubeなどネットの無料情報で学習する

3. 有料の動画教材を購入して学習する【最もおすすめ!】

 

以上が、動画編集を独学で勉強する3つの方法です。

 

動画編集を独学で覚える自信がない人はどうすればいい?

動画編集を独学で習得する自信がない人はどうすればいい?

 

ここまで読んできて、「一人で独学だとできる気がしない」と感じてしまった場合は、動画編集スクールを1ヶ月など短期集中で利用されることもおすすめです。

 

動画編集スクールは、プロの動画クリエイター講師のサポートのもと、体系的にプロの技術を習得していけます。期間も最短1ヶ月受講できるスクールが多いので、短期間で一気にスキルを伸ばせる環境です。

 

費用は独学よりもかかりますが、1ヶ月10万円台で受講できるスクールも存在します。

 

副業で月5〜10万円を早期に稼げるようになるにはぴったりなので、こちらも受講費用の元はすぐに回収できるはずです。

 

また、プロから学べるスクールの場合、基本的なスキルはもちろん、動画編集者の副業で仕事を獲得する方法も、現役クリエイターからノウハウを学べたりします。

 

独学だと、スキル習得はできても、どのようにクライアントから案件を引っ張ってくるか、営業の部分は学べません。そういう部分も含めて、スクールなら丸ごと学べるので、受講メリットは大きいです。

 

参考までに、おすすめの動画編集スクールは「動画編集・映像制作スクールおすすめ7選比較【オンライン・社会人向けなど】」でご紹介しています。もし独学以外も検討したい場合は、ぜひチェックしてみてください。

 

動画編集の独学に関するQ&A

動画編集の独学に関して、よくある質問に答えました。

 

動画編集を独学して副業したいんだけど、本当にできる?

結論、可能です。もちろん確実にとは言いませんが、他の副業よりは高確率でできると思いますよ。

 

なぜなら、実際に動画編集を独学で始め、副業収入を得ている人はたくさんいるからです。

 

動画編集で副業する具体的方法や手順は「未経験から動画編集の副業を始める手順【完全マップ】」でご紹介しているので、こちらもぜひチェックしてみてください。

 

独学の場合、動画編集ソフトってどうすればいい?

結論、動画編集ソフトを契約する必要があります。

 

代表的な動画編集ソフトはAdobe Premiere Proですが、Adobe公式サイトで契約するか、あるいはAdobe製品を全て定額で使えるAdobe CCを契約することが一般的です。

 

一方、前述した「動画編集スクール」を利用する場合、受講とセットでAdobe Premiere Proを無料使用できることも多いです。

 

最初はあまり追加費用をかけず、お得に利用したい場合、動画編集スクール受講も検討してみることも良いと思いますよ。

 

まとめ

動画編集を独学で習得するには?3つの勉強法を紹介【完全ガイド】

 

最後に、フリーランスや副業など、個人で収入を得ていく働き方に憧れる方は多いものの、なかなか結果が出ていない方も多いです。

 

その点「動画編集」なら、プロのスキルを体系的に学べば、最短1ヶ月など早い段階でも個人で案件を受注し、月数万円の収入を得ることは十分実現できます。実際にそういう人もたくさんいますよ。

 

動画編集で収入を得られるようになれば、会社に依存せずとも、個人で食べていくことができます。もちろん、必ず独立する必要はないですが、いざとなったら自分で食べていける「安心感」を手に入れることは、今後の人生を支える大きな武器になりますよ。

 

だからこそ、独学で学習する自信があるなら独学で、独学がやっぱり自信がない場合はスクールを活用しながら、スキル習得してみることをおすすめします。

 

自分で食べていける手に職さえ身につけておけば、人生における悩みの多くは、実は意外と簡単に解消されるものですよ。