【未経験向け】初心者からWebデザイン副業案件で収入を得る3ステップ・始め方

初心者からWebデザイン副業で収入を得る3ステップ【未経験から副業収入を得よう】

 

Webデザインの副業に興味があるけど、「どんな案件があるの?」「収入はどれくらい?」「そもそも未経験でもできるの?」と、わからなくて行動できずにいる方は多いのではないでしょうか?

 

そこで本記事では、Web系企業を経営している筆者が、Webデザイン副業の以下のことについて徹底解説します。

 

本記事でわかること
  • 初心者でもWebデザイン副業ができる3つの理由
  • 初心者からWebデザイン副業を始める3つのメリット
  • Webデザイン副業の収入相場・案件内容・必要スキルの解説
  • 初心者からWebデザイン副業を始める3つのステップ
  • Webデザイン副業でおすすめなクラウドソーシング・求人サイト

 

結論、この記事で書いているポイントを理解し、行動していけば、あなたが完全未経験でも、これからWebデザイン副業で収入を得ることは十分可能ですよ。

 

5分ほどで読める文量に、Webデザイン副業で押さえておくべきポイントを詰め込みました。Webデザイン副業に興味がある方は、ぜひ最後まで読んでみてくださいね。

 

目次

初心者でもWebデザイン副業ができる3つの理由

初心者でもWebデザイン副業ができる3つの理由

 

まずは初心者でもWebデザイン副業ができる3つの理由を解説します。

 

初心者でもWebデザイン副業ができる3つの理由
  1. Webデザインは初心者でも習得しやすいから
  2. Webデザイン副業の需要が伸びているから
  3. 未経験でもできる副業案件も多いから

 

1. Webデザインは初心者でも習得しやすいから

副業できるスキルは色々ありますが、中でもWebデザインは、初心者でも習得しやすいスキルです。

 

例えば、Webデザイン副業で人気の「バナー制作」は、Webデザインの基礎知識や、Photoshopなどのソフトが使えるようになれば、バナー制作をすることができます。

 

事実、私はWeb系企業を経営していますが、Webデザイナーになったばかりの駆け出しWebデザイナーの方も、初心者から身につけたデザインスキルを活かして副業していますよ。

 

もちろん、Webデザイナーとしてトップレベルを目指そうと思えば大変です。初心者からすぐにプロレベルのスキルを習得できるほど甘くはないです。

 

ですが、副業で月数万円の収入を得るくらいなら、Webデザイン分野は、初心者でも実現しやすいことは紛れもない事実です。

 

このように、Webデザインは初心者でも習得しやすいことが、Webデザイン副業を初心者におすすめする一つ目の理由です。

 

2. Webデザイン副業の需要が伸びているから

Webデザイン副業の需要自体が伸びていることも、初心者にWebデザイン副業をおすすめする理由です。

 

国内のラウドソーシング市場は4年で3倍成長を記録

「副業市場全体」の需要が伸びていることは、昨今の副業ブームからも、きっとあなたも感じていることでしょう。

 

事実、厚生労働省の出した統計によると、2016年に950億円だった国内クラウドソーシングの市場規模は、2020年に2,950億円と、わずか4年間で約3倍の成長を記録しています。

 

クラウドソーシングの活用の広がりと 課題認識

出典:クラウドソーシングの活用の広がりと課題認識| 厚生労働省

 

「Webデザイン副業」は副業市場の中でも特に需要が高い

副業全体の市場が伸びている中、Webデザインは需要が高まっている代表的な市場です。なぜなら、Webデザインの仕事は、企業側からすると外注しやすいからです。

 

私は転職支援の仕事も経験していますが、企業からすると「正社員にしか任せられない仕事」と「フリーランス・副業人材に任せられる仕事」の2つがあることがわかりました。

 

その中でもWebデザインの仕事は、外部のフリーランス・副業デザイナーに仕事を発注しやすいんですよね。

 

実際に私も、フリーランス・副業デザイナーに仕事を発注したことは何度もあります。

 

加えて、私自身がWeb企業を経営していて思いますが、Web企業は基本的に人手不足であり、副業デザイナーにお任せしたい仕事はたくさん抱えていることも多いです。

 

このような市場環境なので、Webデザイン副業は需要が高まっているんですよね。副業するなら、こういう需要が高い市場の方が成果につながりやすいですよ。

 

3. 未経験でもできる副業案件も多いから

副業需要が増えても、未経験でできる案件がなければ副業はむずかしいですよね。

 

その点Webデザイン副業は、実務未経験でもできる副業案件があることが特徴です。必ずしも、会社員Webデザイナーとしての経験は必須ではないんですよね。

 

このように、Webデザインは初心者でも始めやすく、副業需要が高く、かつ未経験でもできる案件があります。ですから、Webデザイン副業は初心者におすすめです。

 

Webデザイン副業を始めるメリット3つ

Webデザイン副業を始めるメリット3つ

 

Webデザイン副業を始めるメリットを3つ紹介します。

 

Webデザイン副業を始める3つのメリット
  1. 頑張った分だけ収入が増える
  2. 在宅・リモートで仕事ができる
  3. 会社に依存しない手に職が身につく

 

1. 頑張った分だけ収入が増える

会社員として頑張って仕事をしても、収入はなかなか上がっていきませんよね。

 

その点Webデザイン副業であれば、頑張った分だけ収入が増えていくことがメリットです。

 

後述しますが、Webデザイン副業は、バナー制作1件あたり●万円という風に、案件を納品するごとに収入をもらえることが一般的です。

 

つまり、頑張ってたくさんの案件をこなせば、収入アップにそのまま直結します。

 

また、スキルを磨いて生産性を上げていけば、8時間で1件しかできなかった仕事を、8時間で2件、3件とできるようになっていきます。

 

そうすると、時給はどんどん上がっていきますよね。

 

会社員だと、残業して働く時間を伸ばすことはできますが、時給を伸ばすことは難しいです。

 

このように、頑張った分だけ収入がどんどん上がるのは、Webデザイン副業の大きなメリットです。

 

2. 在宅・リモートで仕事ができる

会社員の仕事を並行しながら副業する場合、働く場所は選びたいところですよね。

 

その点Webデザイン副業は「在宅・リモート可」の案件がたくさんあるので、今の仕事と両立しやすいメリットがあります。

 

  • 出勤する前の早朝に仕事をしたり
  • 会社から帰宅した後の夜に仕事をしたり
  • 休日の午前中に好きなカフェで仕事をしたり

 

といったことを実現しやすい点は、かなりのメリットではないでしょうか。

 

どこかに出勤する必要のある副業だと、会社が終わってから移動したり、休日にわざわざ遠出をしないといけなくなるでしょう。それだと、副業を継続することが難しくなってしまいますよね。

 

このように、在宅・リモートで場所にかかわらず副業できることは、Webデザイン副業のメリットです。

 

3. 会社に依存しない手に職が身につく

「Webデザイン副業がうまくいったら、将来は独立するんだ」と思ってはいるけど、会社から離れて収入を得る手に職もない。

 

そんな方にとって、Webデザイン副業はまさにおすすめです。なぜなら、Webデザイン副業を経験していけば、会社に依存しない手に職が身についていくからです。

 

何かあったときに、いざとなったら自分で収入を得られる手に職は貴重

独立する気持ちがなくても、なにかあった時に自分の手で収入を得られるスキルを持っておくことはかなりおすすめです。

 

これからの時代は、同じ会社に一生勤めあげられる時代ではないからです。

 

その点Webデザインなら、現時点の需要はもちろん、今後も需要は高くあり続けるでしょう。オンライン・Webで販路を広げたい企業はまだまだたくさん存在するからです。

 

まとめると、頑張った分だけ収入を得られて、在宅でストレスなく働けて、会社に依存しない手に職も身につく。

 

もちろん仕事ですので大変なこともありますが、こういう大きなメリットは、Webデザイン副業を始める動機として十分だと思いますよ。

 

Webデザイナーの副業案件は?実際の案件内容を3つ紹介

Webデザイナーの副業案件は?実際の案件内容を3つ紹介

 

Webデザイナー副業には実際どんな案件があるのか、実際の案件事例を3つ紹介しますね。

 

Webデザイン副業の案件内容で多いのは以下の3つです。

 

Webデザイン副業を始める3つのメリット
  1. Webサイトのデザイン案件
  2. バナー制作・デザイン案件
  3. ロゴ制作・デザイン案件

 

1. Webサイトのデザイン

世の中に存在するWebサイトのデザインを考え、実際に実装する仕事は、Webデザイン副業でも人気の仕事です。

 

Webサイト案件は企業や個人からの需要が高く、案件単価も良いことが特徴です。

 

Webデザイナー副業でしっかり稼いでいきたい方は、Webサイト関連のデザイナー副業にチャレンジしてみると良いでしょう。

 

2. バナー制作・デザイン

バナー制作・デザインの副業も、ちょっとした副収入を得たいWebデザイナーに特に人気です。

 

バナーとは、Web上で出てくる画像広告です。インターネットで検索するとよく出てくるものですね。

 

バナー制作の副業はWebサイトのデザインと異なり、必要スキルが少ないことが特徴です。基本的なWebデザイン知識と、Photoshopなどの知識があればできます。

 

初心者でも始めやすい副業が多いので、「最初の副業」としてもおすすめできます。

 

3. ロゴ制作・デザイン

ロゴ制作・デザインの副業も、バナー制作と同じで、ちょっとした副収入を得たい方にぴったりです。

 

ロゴとは、会社名や商品名などの文字をデザインしたものです。

 

ロゴ制作は、バナー制作より単価が若干下がるものの、より手軽に副業しやすい分野です。

 

このように、Webデザイン副業はWebサイト・バナー・ロゴの3つがメインです。

 

Webデザイン副業の収入・月収は?案件相場を実例付きで紹介

Webデザイン副業の収入は?案件相場を実例付きで紹介

 

「実際、どのくらい収入を得られるの?」という方に向けて、Webデザイン副業の収入・案件相場をご紹介します。

 

Webデザイン副業の収入
  1. Webサイトのデザイン案件:10,000円〜300,000円/件
  2. バナー制作・デザイン案件:1,000円〜50,000円/件
  3. ロゴ制作・デザイン案件:500円〜10,000円/件

 

最も副業収入が良いのはWebサイト案件【月収20万円〜月収30万円以上も可能】

一番収入が良いのはWebサイトの案件です。

 

副業案件1件あたり1万円〜数十万円の収入が目安ですので、件数を重ねていけば、本業を超える収入も目指していけます。

 

月収20万円〜月収30万円以上を目指し、将来的にはフリーランスとして独立したい方は、Webサイトのデザイン案件をマスターすることがおすすめです。

 

バナー制作・ロゴ制作は隙間時間の副業に最適【月収5万円など、お小遣い稼ぎにぴったり】

バナー制作・ロゴ制作はWebサイト案件と比べると単価は落ちるものの、1案件を制作する時間はそこまでかかりません。

 

バナー制作やロゴ制作は、隙間時間で仕事しつつ、ちょっとした副収入・お小遣い稼ぎをするなら特におすすめです。初心者でも特に始めやすい副業ですね。

 

このように案件ごとに単価感は違うので、どれくらいの収入を、どれくらいの稼働時間で得たいかを考え、注力する分野を決めることをおすすめします。

 

もし迷うようであれば、一番単価が高く、需要も高いWebサイト案件にチャレンジしてみることをおすすめします。初心者でも本記事で紹介するステップを踏んでいけば副業で収入を得られますよ。

 

Webデザイン副業で必要なスキルは?具体的なスキルはこれ

Webデザイン副業で必要なスキルは?具体的なスキルはこれ

 

Webデザイン副業を始めたい初心者が身につけるべきスキルは、大きく3つあります。

 

Webデザイン副業で必要なスキル
  1. Photoshop
  2. Illustrator
  3. Webサイトのデザイン・制作スキル(HTMLやCSS、Javascriptなど)

 

Webデザイナー副業で必要なスキルは上記の通りです。

 

バナー制作やロゴ制作なら、1のPhotoshopや、2のIllustratorだけでもできますが、Webサイト案件を一人でできるようになりたいなら、上記1〜3の全てのスキルが必要です。

 

とはいえ、そこまで難しいものではなく、正しい方法で学べば、数ヶ月でも基礎から実践まで学ぶことができます。

 

具体的な方法は本記事でご紹介しますね。

 

未経験からWebデザイン副業で収入を得る3つのステップ・始め方

未経験からWebデザイン副業で収入を得る3つのステップ

 

未経験からWebデザイン副業で収入を得る3つのステップをご紹介します。

 

Webデザイン副業で収入を得る3ステップ
  1. Webデザイン副業に必要なスキルを勉強する
  2. 簡単な制作実績を自分で作ってみる
  3. 制作実績をもとに、実際のWebデザイン副業案件にチャレンジする

 

1. Webデザイン副業に必要なスキルを勉強する

まずはWebデザイン副業に必要なスキルを勉強しましょう。

 

方法は大きく2つです。

 

Webデザイン副業の学習法2つ
  1. 独学で学習する
  2. Webデザインスクールで学習する

 

副業で収入を得るならWebデザインスクール一択

副業で収入を得ることを目指すなら、おすすめは「Webデザインスクールで学習すること」です。

 

なぜなら独学の場合、簡単なデザインはできるようになるものの、仕事で通用するレベルに到達するのはかなり大変な道だからです。

 

もちろん、独学でスキルを習得している方も中にはいますが、全体から見れば少数派です。10人独学したら、1人が副業で収入を得られるかどうかといったところです。

 

その点Webデザインスクールなら、プロの現役Webデザイナーから、実践で必要なスキルに絞って学んでいけます。

 

加えてWebデザインスクールの場合、副業スキルだけでなく、副業案件をどのように受注していくか、実績の準備の仕方まで丁寧に指導してくれますよ。

 

スクールはお金がかかるデメリットはあるものの、10〜20万円台の低コストで受講できるスクールもあります。

 

副業で月5万円得られるようになれば、数ヶ月で回収できます。その後、5年、10年、20年と収入を得られるスキルを手にすることを考えれば、安すぎると思いますよ。

 

適当にスクールを選ぶことはNG【中には質が悪いスクールもある】

Webデザインスクールが良いとはいえ、どんなスクールでも良いかというと、そうではありませbえん。

 

質の良いスクールもあれば、中には質の悪いスクールもあるからです。僕はプログラミングをスクールで学んだことがありますが、スクールによって質はマチマチなんですよね…。

 

だからこそ、スクールで学習する方は「質の高いWebデザインスクール」を受講することにこだわりましょう。入口を間違えてしまうと、Webデザイン副業で収入を得る未来が遠のいてしまうからです。

 

副業に強いWebデザインスクールはここ

ではどこのWebデザインスクールが副業に強いかというと、おすすめは『【徹底比較】Webデザインスクールおすすめ5選!オンライン・社会人向けなど目的別で紹介』でご紹介しています。

 

「このWebデザインスクールなら間違いない」と断言できるスクールのみ厳選しました。Webデザイン副業に必要なスキルを最短で習得したい方は、あわせてチェックしてみてくださいね。

 

 

2. 簡単な制作実績を自分で作ってみる

Webデザインスクールで学習したら、次は簡単な制作実績を作りましょう。

 

「えっ?制作実績なんて作れないよ??」と思ってしまったかもしれませんが、安心してください。前述したWebデザインスクールで数ヶ月学習すれば、その時点で簡単な制作物を作るだけのスキルは身についていますよ。

 

Webデザイン副業に必要な制作実績ってどんなもの?

とはいえ、どんなものを作ればいいかわからないですよね。

 

その場合、Webサイト案件の副業がしたいなら「Webサイト」を、バナー案件の副業がしたいなら「バナー」を、という風に、副業したい案件に合わせて制作物を作ってみることをおすすめします。

 

【朗報】副業に必要な制作実績・ポートフォリオ制作まで支援してくれるスクールもある

もし一人でできるか不安なら、Webデザインスクールの中には、制作物やポートフォリオ(Webデザインの世界の履歴書のようなもの)の作り方までサポートしてくれるスクールもあります。

 

例えば、実績豊富な大手スクール「ヒューマンアカデミーWebデザイン講座」は、現役デザイナー講師のサポートのもと、カリキュラムの中でポートフォリオを作成まで全て行います。

 

もし不安なら、Webデザイン学習だけでなく、副業で使える実績作り・ポートフォリオ作りまで支援してくれるヒューマンアカデミーを検討してみることをおすすめします。

 

ちなみにヒューマンアカデミーでは「無料説明会」をオンライン・電話・全国の教室で毎日開催しています。無料説明会では、未経験のあなたがこれからWebデザイン副業を目指すにあたり、どのような学習をしていくことが一番の近道か、プロのカウンセラーが無料で相談することが可能です。

 

もちろん、受講を一切考えていない方でも、相談は完全無料でできます。無理な勧誘も一切ないため、Webデザイナー副業に興味のある方は、一度話を聞いてみるだけでも得るものは間違いなく大きいです。

ヒューマンアカデミーWebデザイン講座公式サイトを見る

 

3. 制作実績をもとに、実際のWebデザイン副業案件にチャレンジする

制作実績まで準備できたら、あとは実際の副業案件にチャレンジするのみです。

 

「案件の営業ってどうやってやるの?営業なんて自信ないんだけど・・」と思ってしまった方も大丈夫です。後述するクラウドソーシングサイト・求人サイトに登録すれば、Webデザイン副業案件にすぐにチャレンジすることができますよ。

 

クラウドソーシングや求人サイトを使えば、面倒で大変な営業をすることなく、クラウドソーシング会社・求人会社が営業して取ってきた案件に応募できますよ。おすすめサイトは次の項目でまとめてご紹介しますね。

 

以上がWebデザイン副業で収入を得る3ステップです。

 

Webデザイン副業でおすすめなクラウドソーシングサイト・求人サイト

Webデザイン副業でおすすめなクラウドソーシングサイト・求人サイト

 

Webデザイン副業で使えるおすすめクラウドソーシングサイト・求人サイトをご紹介します。

 

  1. クラウドワークス:未経験者向け。はじめての副業ならここ
  2. クラウドテック:ある程度経験を積んだ方向け。クラウドワークスの上位版
  3. Workship:経験者向け。Webデザイナー経験者におすすめな高単価案件も豊富

 

迷ったらこれらがおすすめです。

 

初心者向け案件が豊富なのはクラウドワークスです。単価は低いですが、最初の実績作りで活用すると良いでしょう。

 

一方で、ある程度経験を積んだ方は、クラウドワークスの上位版であるクラウドテック、Webデザイナー経験者の方は、Workshipを活用することをおすすめします。Workshipは私自身も過去に使っていましたが、良質な副業案件が豊富でした。

 

これらの求人サイト・クラウドソーシングサイトを活用すれば、副業で月5万円はもちろん、経験を積んでいけば月20万円〜月30万円以上など、本業に匹敵する以上の収入を得ていけますよ。

 

Webデザイン副業のQ&A

Webデザイン副業のQ&A

 

ここまでご紹介したこととは別で、Webデザイン副業でよく持たれがちな疑問に、Q&A形式で回答していきます。

 

Q:Webデザイン副業は独学でもできる?

結論、独学でもできないことはないですが、時間がかかるので一番良い選択ではありません。

 

独学のメリットは、なんといっても「お金が多くかからないこと」です。Webデザインの本などを活用すれば、安くWebデザインを学ぶことができます。

 

一方、独学のデメリットは「とにかく時間がかかること」です。わからないことも全部自分一人で解決しないといけないため、副業で月5万円を得るまでに、少なくとも1年以上はかかることを覚悟しておく必要があります。

 

それでも独学で学びたい方は、独学にチャレンジしてみると良いでしょう。お金をかけない分、金銭的なリスクは小さくなります。

 

一方、いち早く副業で稼げるようになり、今の人生を変えたい方は、Webデザインスクール一択でしょう。プロから直接、仕事に直結するスキルやノウハウを学んだ方が、副業は圧倒的にしやすくなります。

 

最近は最短4週間〜8週間で学べるリーズナブルなWebデザインスクールもあるので、一度検討してみることも悪くないでしょう。おすすめのWebデザインスクールは以下で詳しくまとめているので、よければ参考にしてみてくださいね。

 

 

Q:Webデザイン副業は在宅だと難しい?

結論、Webデザインで在宅副業は、未経験からでも実現できます。

 

前述通り、Webデザイナー副業は在宅・リモートOKの仕事が、他の仕事と比べても多いです。案件によっては最初の面談だけ対面もありますが、その後は在宅・リモートOKにしてくれる案件も実際多いです。

 

「未経験からWebデザインの在宅副業は難しいんじゃないか」と思っている方は、不安にならなくて大丈夫ですよ。

 

Q:Webデザイン副業で在宅する方法は?

Webデザインで在宅副業をする場合も、今回ご紹介した3つのステップで行動すれば、在宅副業で収入を得ることが可能です(記事内の該当箇所”3つのステップ”はこちらから飛べます)

 

Webデザイン副業は「Webサイトのデザイン制作案件」「バナー作成」「ロゴ作成」が多いですが、どれも在宅OKの案件がたくさん存在します。例えば以下の副業案件サイトには、在宅でできるWebデザイン案件が豊富にあります。

 

  1. クラウドワークス:未経験者向け。はじめての副業ならここ
  2. クラウドテック:ある程度経験を積んだ方向け。クラウドワークスの上位版
  3. Workship:経験者向け。Webデザイナー経験者におすすめな高単価案件も豊富

 

こういった在宅案件に強いサイトを活用すれば、自分から企業に営業をしなくても、案件を受注することができます。

 

Q:Webデザイン副業したいけど、今の会社が副業禁止の場合どうすればいい?

社内規定を確認した上で、リスクを負えるなら副業する、リスクを負えないなら副業しないで良いと思います。

 

ただ、副業は正しくやれば、本業の会社にバレず、副業はできますよ。

 

Webデザイン副業が本業にバレる原因とは?住民税が原因

そもそも副業がバレてしまうのは、大半が「住民税」が原因です。

 

本来住民税というのは、税務署が住民税を計算し、本業給料にかかる住民税は「本業の会社」に、副業収入にかかる住民税は「あなた自身」に、税務署から通知が来ます。

 

ではなぜバレてしまうかというと「副業の住民税」の通知が、誤って本業の会社に行ってしまった時にバレます。

 

本業と副業の住民税額が合算され、本業の住民税が、本来よりも上がってしまうからです。ここで本業の会社の担当者が「あれ?おかしい」と気づくんですよね。

 

住民税でWebデザイン副業がバレないための対策

  1. 確定申告書類で「住民税を自分で納付する」にチェックを入れる
  2. 上記にプラスして、4〜5月頃に税務署に対して電話をし「住民税を自分で納付する」できちんと処理されているか、念押しで確認する

 

この2つをやればほぼバレませんよ。

 

Webデザイン副業が本業バレする住民税以外の原因

住民税の原因以外では、自分で周囲に副業をしていることを公言しない限り、副業バレは心配ないでしょう。

 

副業がバレたくない方は、同僚や知人にも、副業していることを自分から言わないことを徹底することをおすすめします。

 

ただそもそもでいうと、副業を容認する企業が増えている中、副業禁止の会社は時の変化にあまりついていけてない印象です。

 

どうしても副業したい場合、副業できる会社に転職することも検討されてみてはいかがでしょうか?

 

副業がバレるかどうか不安を感じながらやるより、堂々と副業した方が気持ちが良いですよ。

 

Q:Webデザイナー副業は確定申告が必要?

基本的に給与所得が一箇所のみで、副業の所得(収入から経費を引いた金額)が年間20万円以下なら、確定申告は不要です。

 

この点は税制が変わる可能性もありますので、最新情報をチェックしてみてください。

 

まとめ

初心者からWebデザイン副業で収入を得る3ステップ【未経験から副業収入を得る完全ガイド】

 

本記事でご紹介したステップで行動すれば、Webデザイン副業で収入を得ることは可能です。

 

副業で月5万円の収入を得られるだけでも、人生大きく変わりますよ。

 

自分の力で得た収入は自信にも繋がりますし、会社に対して依存する気持ちもなくなっていくでしょう。

 

何より、副業で一歩目を踏み出せれば、その先の可能性は本当に広がります。

 

頑張った分だけ収入を上げることもできますし、副業で本業以上の収入を得ることだって、Webデザインなら実現できます。

 

将来的にはフリーランスとして独立し、会社に縛られることなく、自由で、自分らしい毎日を送ることだって可能です。

 

そんな未来も、まずはWebデザインを学ぶことからです。

 

前述通り、副業を目的とするなら、独学ではなく、短期集中でも良いのでWebデザインスクールを有効活用することをおすすめします。

 

今日から行動すれば、2〜3ヶ月後には人生大きく変わりますよ。