動画編集を学ぶメリット・デメリットは?目的を具体的に解説

動画編集を学ぶメリット・デメリットは?目的を徹底解説

 

「動画編集に興味があるけど、初心者からわざわざチャレンジするほどのメリットはあるの?」

「逆に、動画編集者を目指す際に知っておくべきデメリットはある?」

「動画編集を学ぶ目的を整理したいな」

 

この記事では、動画編集に興味がある方や、動画編集をスタートするか悩んで一歩を踏み出せない方向けに、動画編集を学ぶメリット・デメリットをそれぞれ解説します。

 

これまで数多くの動画編集者の事例を見てきた経験から、あなたがこれから動画編集者を目指す目的整理に役立つ情報を解説します。

 

この記事を読めば、動画編集を始めるメリット・デメリットを理解できるだけでなく、どのような人に動画編集者が合っているか、合っていないかまで理解できますよ。

 

動画編集を学ぶ「目的」を整理する必要がある理由

動画編集を学ぶ目的の整理が必要な理由

 

最初にお伝えしたいことは、動画編集をこれから始めるなら「なぜ自分は動画編集を学ぶのか?」といった動画編集を学ぶ目的の整理が必要です。

 

なぜなら、目的がはっきりしていないと、途中で学習を挫折してしまったり、飽きて辞めてしまうケースもあるからです。

 

動画編集スキルはそこまで難しいものではありません。ですが、全く苦労がないかというとそうではなく、特に最初の頃はスキル習得で苦労することも多いです。

 

動画編集者を目指す目的がはっきりしていないと、ちょっとした壁にぶつかる度に、

 

  • 「なんでこんなに大変な思いをしてまで勉強しているんだろう?」
  • 「これを続けていて本当に報われる日が来るんだろうか?」

 

と不安になり、途中で辞めてしまう可能性が出てきます。

 

逆に、動画編集を学ぶ目的・動機が強ければ強いほど、動画編集の勉強を継続するパワーになり、結果として理想の人生・働き方を実現することにつながっていきます。

 

今回は7つのメリットを紹介しますが、その中であなたが動画編集を学ぶ目的に近いものがきっとあるはずです。その目的を忘れず学習や実践していくことが、動画編集者として人生を変える軸となります。

 

動画編集を学ぶメリット

動画編集を学ぶメリット

 

動画編集を学ぶメリットをまとめると大きく7つあります。

 

動画編集を学ぶメリット
  1. 圧倒的に伸びている市場に身を置ける
  2. 個人でも食べていける手に職が身につく
  3. 副業収入を得られるようになる
  4. フリーランスとして独立できる
  5. クリエイティブな仕事に就職・転職も目指せる
  6. 自由な働き方を実現できる
  7. 好きを仕事にできる

 

それぞれのメリットを深掘りながら解説しますね。

 

1. 圧倒的に伸びている市場に身を置ける

圧倒的に伸びている市場に身をおけることは、動画編集を学ぶ大きなメリットです。

 

「そもそもどのくらい伸びてるの?」という動画編集市場の成長性は「動画編集者・映像制作者の将来性や需要は?増えすぎ?【動画クリエイターのこれから】」の記事でまとめているので、引用して紹介しますね。

 

動画編集・映像制作の市場規模を図る別の指標に「動画広告の市場規模」のデータがあります。

 

動画広告の市場規模は、大手インターネット広告代理店のサイバーエージェント社が毎年調査結果を発表しています。以下は2021年時点の国内動画広告の市場調査の結果です。

 

動画業界 市場規模 動画編集 映像クリエイター

出展:2021年国内動画広告の市場調査を発表 | サイバーエージェント

 

これを見ると、2020年に2,954億円だった市場規模は、2025年には1兆465万円と、今後5年間で約4倍まで拡大が予想されています。

引用:動画編集者・映像制作者の将来性や需要は?増えすぎ?【動画クリエイターのこれから】

 

このように、2020年から2025年にかけて、動画市場は5年間で約4倍もの成長が予想されています。

 

少ない努力で大きな果実を得るためには、大きな波に乗ることが大切です。大きな波に乗ることで、同じ努力でもより遠くへいけるからです。

 

動画市場は5Gの恩恵により、今後ますます大きな成長が予想されます。いまこのタイミングで動画編集者として経験を積んでおけば、5年後には想像できる以上に遠くへ到達することも目指せる可能性が高いです。

 

2. 個人でも食べていける手に職が身につく

  • 終身雇用の崩壊や年金不安
  • 一向に上がらない給料に、これでもかと思うほどに上がり続ける税金と社会保険

 

いまの20〜40代など現役世代の方にとって、今の生活はかなり厳しく、今後はさらに不透明な時代が予想されます。

 

そんな時に強い武器になるのが、何かあった時に個人でも食べていける手に職です。会社に依存せずに食べていける手に職があれば、万が一会社を40歳のときにリストラされたとしても、自分や家族を養うことができます。

 

その点動画編集は、個人でも食べていける手に職です。20代など若い方はもちろん、30代の方や、40代の方も、動画編集をいまのうちに学んでおけば、この先の人生で何かあった時のリスクヘッジができます。

 

このような手に職という側面は、いま本業で満足している方にとっても、動画編集を学んでおく大きなメリットとなります。

 

3. 副業収入を得られるようになる

給料が上がらず、税金や社会保険が上がり続ける現代は、手取り収入は年々右肩下がりになることが予想されます。そのような現代では、本業以外の収入源の確保が急務です。

 

その点動画編集のメリットは、個人でも副業収入を得やすいことです。

 

動画編集は正しい方法で学習すれば、学習開始後3ヶ月で副業収入を月数万円得ることも目指せます。

 

月数万円を給料で昇給しようと思っても、簡単に上がるものではありません。人によっては5年、10年経っても上がらない金額です。

 

それが動画編集なら、わずか数ヶ月でも実現できる現実的な目標です。個人で副業収入を得やすいことは、未経験から動画編集を始める方が急増している大きな理由でもあります。

 

関連記事

なお、動画編集の副業の始め方は「【未経験向け】初心者の動画編集副業の始め方!収入を得る3ステップを徹底解説」でまとめています。副業に興味がある方は合わせてご覧ください。

 

4. フリーランスとして独立しやすい

フリーランスとして独立しやすいことも、未経験から動画編集者を目指す大きなメリットです。

 

未経験からフリーランスとして独立するためには、少なくとも次のような要素が必要です。

 

  • フリーランス案件がたくさんある市場か?
  • フリーランス案件数は今後も増えていくか?
  • 未経験でもチャレンジできる案件も豊富にあるか?

 

動画編集の場合、上記すべて基準をクリアします。

 

例えば、動画編集はYoutubeの動画編集を始め、フリーランス案件がたくさんある市場です。

 

また前述通り、動画市場は今後も急速に伸びていくことが予想されているため、案件数も今後さらに増えていくでしょう。

 

さらに、動画編集は未経験でもチャレンジできる案件が豊富にあります。前述したYoutubeの動画編集などは、初心者OKの案件もたくさんあります。個人で生計を立てていくくらいなら、再現性高く目指せるのが動画編集の良いところです。

 

何もスキルがない個人にとって、フリーランス独立は夢のような話かもしれません。ですが動画編集の場合、フリーランスとして独立して食べていくのは、そこまで難しいものではないです。

 

関連記事

動画編集で未経験からフリーランス独立を目指すステップは「フリーランスの動画編集者として独立する方法や年収・収入事情【未経験OK】」でまとめています。フリーランスの動画クリエイターに興味がある方は、合わせてご覧ください。

 

5. クリエイティブな仕事に就職・転職も目指せる

動画編集というと「副業」「フリーランス」の目的で目指す方が多いです。ですが、動画編集や映像制作を学ぶと、副業・フリーランス だけでなく、クリエイティブな仕事に就職・転職も目指せます。

 

例えば映像制作会社に動画クリエイターとして就職・転職することは、クリエイティブなキャリアとしておすすめです。映像制作会社であれば、様々な動画・映像のクリエイティブ案件に携わることができます。

 

給料をもらいながら、自身の動画編集・映像制作スキルを磨いていけます。プロの動画クリエイターとして経験を積んでいけば、より大きな案件にもチャレンジし、やりがいを実感していけます。

 

クリエイティブな仕事に未経験からチャレンジするのは一般的には難しいです。ですが動画編集や映像制作であれば、市場が伸びていて採用も活発なため、未経験にも門扉が開かれています。

 

6. 自由な働き方を実現できる

自由な働き方を実現できることも、動画編集者を目指すメリットです。

 

動画編集者は自分自身で撮影まで巻き取る場合を除き、基本的にはクライアントから用意された撮影素材を編集していきます。

 

編集自体はパソコンとAdobeの動画編集ソフトさえあればできるため、どこかの場所に毎日出勤する必要はありません。

 

  • 在宅ワークで自宅から自分のペースで働く
  • 自然豊かで物価の安い田舎に移住し、東京の高単価案件をリモートで請ける
  • 世界中を旅して転々としながら仕事をする

 

こういった働き方ができるのも、パソコン1台で仕事が完結する動画編集者のメリットです。

 

7. 好きを仕事にできる

動画や映像が好きな方にとっては「好きを仕事にできること」も動画編集者を目指すメリットになります。

 

最近は動画編集を趣味として始める方も増えています。動画編集・映像制作自体がクリエイティブな分野ですから、仕事自体の楽しさもたくさんあります。

 

極論、ここまで挙げたメリットのどれもピンとこない方であっても、好きなことを仕事にできることの幸福度さえあれば、動画編集の学習はもちろん、その先の壁も越えていけるでしょう。

 

 

動画編集を学ぶデメリット

動画編集を学ぶデメリット

 

一方で、動画編集を学ぶ際のデメリットもあります。こちらもお伝えすると次の通りです。

 

動画編集を学ぶデメリット
  1. 学習方法によってはスキル習得まで時間がかかる

 

1. 学習方法によってはスキル習得まで時間がかかる

動画編集は他の分野のあらゆるスキルと比べても、スキル習得までに時間を要しません。

 

ですが、例えば「完全独学」で勉強するとなると、一定の時間は必要になります。

 

特にスキル習得だけでなく、実際に個人で稼げる状態を目指すとなると、人によっては1年以上かかる可能性もあります。

 

とはいえ、最近は安価に利用でき、最短数ヶ月で副業収入を得ていけるような動画編集スクールもあります。

 

例えば、20校以上を取材や調査して厳選した「動画編集スクール・講座おすすめ人気10選比較!ランキング・オンラインなど」のスクールには、20万円以下の低価格、かつ2ヶ月など短期間で受講できる良質な動画編集スクールもあります。

 

  • 「学習に時間をかけたくない」
  • 「最短で動画編集者として稼げるようになりたい」

 

このような方は、質の高い動画編集スクールを知り、活用することも良い選択になるでしょう。

 

 

動画編集者が合っているのはこんな人

動画編集者が合っているのはこんな人

 

ここまでのメリットやデメリットを踏まえて、動画編集者が合っている人(動画編集者を目指した方が良い人)をまとめると、次のような方は特におすすめです。

 

動画編集者に合っている人
  • 成長市場に身を置き、市場の恩恵を受けたい人
  • 会社に依存せず個人で食べていける手に職を身につけたい人
  • 副業で稼ぎたい人
  • フリーランスとして独立したい人
  • クリエイティブな仕事に就職・転職したい人
  • 自由な働き方を実現したい人
  • 動画や映像がとにかく好きな人

 

このような方は、動画編集者は特に合っています。未経験から目指す価値は十分大きいですよ。

 

逆に動画編集者が合っていないのはこんな人

逆に動画編集者が合っていないのはこんな人

 

一方で、以下のような方には動画編集者は合っていないかもしれません。

 

動画編集に合っていない可能性がある人
  • 勉強時間を一切確保できない人
  • 副業やフリーランス、クリエイティブな仕事への就職などに興味がない人

 

動画編集を習得するためには一定の学習時間が必要です。学習時間を全く確保できない方は、中途半端な結果になってしまう可能性があります。

 

また、動画編集を学ぶと副業やフリーランス、クリエイティブ系職種への就職・転職を実現しやすくなります。ですが、そういった働き方にそもそも興味がないとなると、動画や映像がよほど好きでない限り、動画編集者を目指す意味はそこまでないかもしれません。

 

とはいえ、動画編集スキルは需要の高い手に職です。一度身につけておけば、何か不測の事態があったときに、個人で食べていくことも可能です。

 

前述通り、最近は短期間で効率的に学べる「動画編集スクール」もあります。

 

特に20校以上のスクールを取材や調査して厳選した「動画編集スクール・講座おすすめ人気10選比較!ランキング・オンラインなど」の記事で取り上げているスクールには、20万円以下の低価格、かつ2ヶ月など短期間で受講できる良質な動画編集スクールもあります。

 

勉強時間をなかなか確保できない方は、このような動画編集スクールを活用することは賢い選択になりますよ。

 

動画編集を学ぶメリット・デメリット・目的のまとめ

動画編集を学ぶ目的のまとめ

 

動画編集を学ぶメリット
  1. 圧倒的に伸びている市場に身を置ける
  2. 個人でも食べていける手に職が身につく
  3. 副業収入を得られるようになる
  4. フリーランスとして独立できる
  5. クリエイティブな仕事に就職・転職も目指せる
  6. 自由な働き方を実現できる
  7. 好きを仕事にできる
動画編集を学ぶデメリット
  1. 学習方法によってはスキル習得まで時間がかかる

 

これから動画編集を始める方は「なんで動画編集を学ぶのか?」「なぜ動画編集者を目指すのか?」といった目的を自身の中で固めておくことが重要です。目的がはっきりしているほど、途中で挫折したり、辞めてしまうこともなくなりますよ。

 

あるいは強制力を出すために、お金を払って動画編集スクールを利用することも良い方法です。お金を払う以上「何としても元を取らねば」という強いモチベーションも自然と生まれやすくなるからです。

 

前述通り、自信を持っておすすめできる動画編集スクールは「動画編集スクール・講座おすすめ人気10選比較!ランキング・オンラインなど」でまとめています。入口のスクール選びで失敗したらスキルが身につかないだけでなく、お金を無駄にしてしまう可能性もあります。失敗しないためにも、よければ続けて目を通してみてください。