30代未経験からでも動画編集者になれる!3つの理由と具体的3ステップを解説

30代未経験からでも動画編集者になれる!3つの理由と具体的3ステップも解説

 

「30代から動画編集で稼げるようになりたいけど、30代だとさすがにもう遅いのかな」

「30代から動画編集者になって収入を得られるか知りたい」

 

あなたはいま、このように悩んでいませんか?

 

働いても上がらない給料。増え続ける税金に、減り続ける手取り。老後2,000万円問題など。いまの30代は将来の不安を数多く抱える世代です。

 

そのような中、個人で稼げるスキルとして、動画編集に興味を持つ30代の方は爆発的に増えています。とはいえ、30代という年齢だと、

 

  • 今からでも間に合うのか…
  • さすがにもう遅いんじゃないか?
  • 本当に自分の年齢からでもできるのか…

 

…と、不安を感じてしまいますよね。

 

結論からお伝えすると、30代未経験からでも動画編集者になることは可能です。動画編集を今から学び、個人で月5〜10万円以上を稼ぐことも現実的な水準ですよ。

 

そこでこの記事では、30代未経験からでも動画編集になれる3つの理由と、30代から動画編集を始める3つのステップを解説します。

 

この記事を読めば、30代からでも動画編集者になれる理由がわかり、これからどう行動していけばいいか、具体的ステップまで理解できますよ。3分ほどで読めるため、30代から動画編集者を本気で目指す方はぜひチェックしてみてください。

 

30代未経験からでも動画編集者になれる3つの理由

30代未経験からでも動画編集者になれる3つの理由

 

冒頭の通り、30代からでも動画編集者になることは可能です。理由は3つあります。

 

  1. 動画編集は初めてでもスキル習得しやすいから
  2. 動画編集は30代未経験でもできる案件が豊富にあるから
  3. 30代未経験から動画編集者になった方も多くいるから

 

1. 動画編集は初めてでもスキル習得しやすいから

世の中にはいろんなスキルがありますが、中にはスキル習得までに1年以上の時間がかかったり、途中で挫折しやすいスキルもあります。

 

いろんなスキルがある中でも、動画編集は初めてでも習得しやすいスキルです。そのため、30代でも始めやすいんですよね。

 

動画編集は正しい方法で学べば、完全未経験からでも、数ヶ月もあれば仕事で使える実践スキルを習得できます。

(参考記事:【事例あり】動画編集の勉強時間・習得期間は?稼げるようになるまでの期間も解説

 

1年間も努力を継続することは大変です。でも数ヶ月であれば、頑張れる気がしませんか?

 

このように、スキル習得のハードルが高くないからこそ、30代という年齢からでも、スキル習得し、人生を挽回することができるんですよね。

 

なお、動画編集の難しさは「なぜ動画編集の難易度を難しいと感じるのか?【本当は難しくない3つの理由】」の記事で詳しくまとまっているので、こちらも参考にしてみてください。

 

2. 動画編集は30代未経験でもできる案件が豊富にあるから

例えスキルを習得できたとしても、実際に仕事に活かせなければ意味がないですよね。

 

その点動画編集は、身につけたスキルを仕事に活かしやすいです。なぜなら動画編集は、30代未経験でもできる案件が豊富にあるからです。

 

例えば「Youtubeに関する動画編集の副業」は、30代未経験でも、案件を受注して仕事を始めやすいです。

 

といまは5Gの恩恵やYoutube人気の高まりにより、人々の動画の消費スピードは年々高まっています。実際にあなたも、Youtubeなどの動画を観る機会は、昔と比べて多くなっていませんか?

 

動画の消費スピードが高まる一方、肝心の動画編集者の数はまだまだ足りていません。ですから、最近は年齢や経験関係なく、30代でもチャレンジできる動画編集案件もたくさん出てきています。

 

もちろん、未経験から案件受注するためにはスキルは必要不可欠です。ですが前述通り、動画編集はスキル習得のハードルが高くありません。ですから、30代未経験からでも始めやすいんですよね。

 

このように、動画編集は30代未経験でもチャレンジできる案件が豊富にあります。このことも、30代からでも動画編集者になれる理由です。

 

なお、動画編集の副業は【未経験向け】初心者が動画編集で副業収入を得る3ステップ!始め方を徹底解説でも詳しくまとまっているため、動画編集の副業で稼げるようになりたい方は、本記事と合わせて参考にしてみてください。

 

3. 30代未経験から動画編集者になった方も多くいるから

「動画編集はスキル習得しやすく、30代未経験でもできる案件が豊富とはいえ、本当に稼げるようになっている方なんているの??」と思ってしまいますよね。

 

安心してください。30代未経験から動画編集者になり、稼げるようになった方はたくさん存在しています。

 

百聞は一見にしかず、30代未経験から動画編集を始め、稼げるようになった方々のリアルな声を紹介しますね。

 

 

このように、30代から動画編集者になっている方は多くいます。実際に30代からチャレンジし、人生を変えている人がいるのは、勇気が出る事実ではないでしょうか?

 

30代から動画編集者を目指す3ステップ

30代から動画編集者を目指す3ステップ

 

ここからは、30代から動画編集者を目指す具体的なステップ、稼げるようになるまでの手順を解説します。

 

結論、ステップは全く複雑ではなく、以下3つだけです。

 

  1. 動画編集の実践スキルを身につける
  2. ポートフォリオを準備する
  3. 動画編集の実案件にチャレンジする

 

1. 動画編集の実践スキルを身につける

まずは動画編集の実践スキルを身につけることが最初のステップです。動画編集の実践スキルを学ぶ方法は大きく2つあります。

 

  1. 独学する
  2. 動画編集スクールで学ぶ

 

中でも、おすすめは「動画編集スクールで学ぶこと」です。

 

なぜなら、動画編集の実践スキルを最短で身につけるなら「プロから正しい実践スキルを学ぶこと」が一番近道であり、かつ、プロから正しい実践スキルを学ぶ一番簡単な方法は「動画編集スクールを使うこと」だからです。

 

そもそも動画編集は独学でも習得はできます。ですが、独学だと時間がかかる上に、挫折もしやすいんですよね。人によっては半年〜1年以上かかることも多いです。

 

一方、動画編集スクールを有効活用すれば、時間にして150〜250時間、期間にして約1ヶ月〜3ヶ月あれば、動画編集の実践スキルは十分習得できます。動画編集スクールの方が、スキル習得までの速さも、確実性も、圧倒的に優れているのです。

 

加えて、動画編集を「趣味」ではなく「仕事」にするなら、ただスキルを学ぶのではなく、実際に仕事で実践できるスキルが必要不可欠です。

 

その点動画編集スキルを独学で学ぶことはできるものの、実際に仕事で活用する「実践レベル」まで到達するのは大変なんですよね。

 

だからこそ、最初の数ヶ月間だけでも動画編集スクールを活用し、動画編集の実践スキルを習得することがおすすめです。最初にプロから正しく学んでおくことで、学んだ後が圧倒的に楽になります。

 

ではどの動画編集スクールが良いかというと、おすすめは「動画編集スクール・講座おすすめ人気7選比較!オンライン・社会人向けなど」の記事で紹介しています。

 

20以上の動画クリエイタースクールの取材や調査をしてきた経験から「ここなら間違いない」と断言できるスクールを厳選しています。こちらも合わせて参考にしてみてください。

 

 

2. ポートフォリオを準備する

動画編集の実践スキルを身につけても、すぐに仕事ができるわけではありません。なぜなら、あなたにどの程度のスキルがあるか、誰も知らないからです。

 

そこで必要なのが、あなたのスキルを発注者にアピールするための「ポートフォリオ」です。

 

ポートフォリオとは、自身のスキルや制作実績をまとめた、動画編集の世界でいう履歴書のようなもの。ポートフォリオを作ることで、あなたの持つスキルや実績を相手にしっかり伝えることが可能になります。

 

逆に、ポートフォリオがないと、どれだけあなたにスキルがあったとしても、仕事を発注してくれる人は出てきません。ですからスキルを身につけた後は、ポートフォリオを準備する必要があります。

 

ポートフォリオなんて作る自信がない

と、思ってしまったかもしれません。そんな方は、前述した動画編集スクールを活用することがおすすめです。なぜなら、動画編集スクールの中には、カリキュラムの中でポートフォリオを準備できるスクールがあるからです。

 

カリキュラム内でポートフォリオ制作を行うスクールを使えば、企業にそのまま提出できるクオリティのポートフォリオを、現役動画クリエイター講師によるサポートのもと準備できます。

 

例えば、動画編集スクール最大手の「ヒューマンアカデミー動画クリエイター講座は、カリキュラムの中で「ポートフォリオ作成」が含まれています。ヒューマンアカデミーを活用すれば、あなたが完全未経験でも、プロの現役クリエイターによる添削を受け、企業にそのまま提出できるポートフォリオを準備できます。

 

ポートフォリオは、人によってクオリティに大きな差が出てくるポイントです。だからこそ、一人で準備できるか不安な方は、ヒューマンアカデミーのようなスクールを活用することが一番近道です。

 

3. 動画編集の実案件にチャレンジする

実践スキルとポートフォリオを準備できたら、動画編集の実案件にチャレンジしてみましょう。

 

「えっ?もう実案件にチャレンジできるの??」と不安に思ってしまったかもしれませんが、動画編集は企業での実務経験がなくても、受注できる案件が豊富にあります。実践スキルとポートフォリオさえ準備すれば、30代未経験でも案件受注できますよ。

 

個人で稼ぐというと「案件を全部自分で獲得しないといけない」と思う方が多いです。ですが最近は「クラウドソーシング」や「フリーランス・副業向けエージェント」など、案件を探している人と、案件を依頼したい企業をつなぐ案件サイトがあります。

 

こういったサイトは無料で登録・利用でき、自ら企業に営業せずとも、案件を受注できるんですよね。例えば以下のようなサイトが有名です。

 

  1. クラウドワークス【未経験OKの案件が豊富な最大級のクラウドソーシングサイト】
  2. クラウドテック【クラウドワークスの上位版。フリーランス・副業向けのエージェント】

 

こういったサイトに登録すれば、未経験でもチャレンジできる案件を一度にまとめて探せます。2つのうちクラウドテックは経験者向けですが、クラウドワークスであれば、未経験でもできる案件が見つかりますよ。

 

このようなサイトで良さそうな案件を探し、気になる案件があればどんどん応募しましょう。その際に、ステップ2で準備したポートフォリオを提出することで、受注率を高めることができます。

 

  1. 動画編集の実践スキルを身につける
  2. ポートフォリオを準備する
  3. 動画編集の実案件にチャレンジする

 

以上の3つのステップで、30代からでも動画編集者になり、個人で稼ぐことができます。

 

仕事の取り方・探し方は「動画編集の仕事の取り方・探し方5選!案件獲得までの方法を徹底解説」で詳しくまとまっているため、こちらも参考にしてみてください。

 

まとめ

30代未経験からでも動画編集者になれる!3つの理由と具体的3ステップも解説

 

最後に、30代という年齢は、人によっては家庭を持ったり、仕事も責任あるポジションを任されます。そのため、リスクを取って新しいことにもチャレンジはしづらくなります。

 

その点動画編集であれば、副業等でリスクを取らずに小さく始められるため、30代のようにリスクが取れない年齢にもぴったりな仕事です。

 

加えて動画編集は、短期でも月5〜10万円といった収入も目指せる可能性も高いです。会社員の給料で月5〜10万円の昇給をするのは大変です。人によっては5年、10年かかっても上がらない金額です。

 

その点動画編集なら、正しいステップで行動すれば3ヶ月〜半年程度、早い人なら3ヶ月未満でも実現できます。

 

このような事実を考えると、動画編集という仕事は、30代にもかなり向いているんですよね。

 

人生は行動しないと一向に変わらない厳しいものです。ですが、行動を起こす人には、人生は優しいことも事実です。

 

諦めず行動さえ起こせば、30代未経験からでも人生は変えられますよ。動画編集であれば報われるまでの時間も短いです。今日から行動すれば、3ヶ月後には人生が変わったことをきっと実感できますよ。