40代50代未経験から動画編集者はまだ間に合う!収入を得る方法を解説

40代未経験から動画編集者はまだ間に合う!収入を得る方法を解説

 

この記事では「40代や50代未経験から動画編集スキルを習得し、動画編集者として収入を得るまでの流れ」を解説します。

 

5Gの恩恵や、Youtubeなど動画メディア人気の高まりにより、動画編集者の需要は大きく高まっています。

 

動画編集は未経験でも習得しやすい上に、未経験OKの案件も豊富にあります。未経験から動画編集をスタートし、開始数ヶ月で月数万円を稼ぐことも全く珍しい世界ではありません。

 

とはいえ、40代や50代という年齢からだと「さすがに今から動画編集を始めても、もう遅すぎるんじゃないか…」と、なかなか一歩を踏み出せずにいる方も多いのではないでしょうか?

 

結論、この記事で紹介する方法で行動すれば、40代や50代未経験から動画編集スキルを習得し、月数万円以上の収入を得ることは現実的です。

 

「40代や50代から人生を変えたい」と本気で願う方は、ぜひ最後までこの記事をチェックしてみてください。

 

40代や50代未経験から動画編集者がまだ間に合う3つの理由

40代未経験から動画編集者がまだ間に合う3つの理由

 

冒頭の通り、40代や50代未経験から動画編集はまだ間に合います。理由は大きく3つあります。

 

40代50代未経験から動画編集が間に合う理由
  1. 動画編集は未経験でも習得しやすいから
  2. 年齢問わず未経験でもチャレンジできる案件も豊富にあるから
  3. 動画編集のマーケット自体も伸びているから

 

1. 動画編集は未経験でも習得しやすいから

世の中にはいろんなスキルや知識がありますが、中には習得までに数年単位でかかる分野も多いです。

 

その点動画編集の良いところは、完全未経験でもスキル習得しやすいことです。

 

例えば、動画編集スクール・講座おすすめ人気10選比較でまとめているような「動画編集スクール」を活用すれば、未経験からわずか2〜3ヶ月程度でも、月数万円の副収入を得るための技術を習得できます。

 

動画編集スクールを活用すれば、動画編集スキルは早い人だと1ヶ月程度で習得している方もいます。2〜3ヶ月というのは、全く無理のないスケジュール感なんですよね。

 

もちろん年齢は関係ありません。動画編集で収入を得ていくためには以下のようなスキルが必要ですが、どれも年齢関係なく習得できるものです。

 

動画編集で必要なスキル
  1. 動画編集の基本スキル(カット・テロップ作成・アニメーション・カラーグレーディングなど)
  2. 動画編集ソフトの使い方(Adobe Premiere ProやAfter Effectsなど)

 

このように、動画編集は40代や50代未経験でもスキル習得しやすいです。これが40代未経験から動画編集者を目指せる理由の一つです。

 

2. 年齢問わず未経験でもチャレンジできる案件も豊富にあるから

「スキルが習得できても、40代50代未経験でできる案件なんてないんじゃないか」と、案件の面で不安に思う方もいると思います。

 

その点動画編集は、年齢問わず、未経験からチャレンジできる案件が豊富にあります。

 

例えば「クラウドソーシングサイト」を使えば、未経験OKの動画編集案件を見つけることができます。

 

クラウドソーシングとは「仕事を探している人」と「仕事とお願いしたい人」をマッチングするプラットフォームのことです。クラウドソーシングサイトには、未経験でもできる案件が豊富に存在しています。

 

案件獲得の詳細はこちら

クラウドソーシングサイトの活用含めて、未経験でもできる動画編集案件の取り方・探し方は「動画編集の仕事の取り方・探し方5選!案件獲得までの方法」を参考にしてみてください。

 

3. 動画編集のマーケット自体も伸びているから

40代や50代から新しいスキルを学んだとしても、そのスキルの需要が縮小していて、活かせる期間が短いと意味がないですよね。

 

その点、動画編集のマーケット(市場)自体が伸びていることも、動画編集が40代でもまだ間に合う大きな理由です。

 

動画市場の今後を見通す指標の一つに「動画広告市場」の統計データがあります。

 

動画広告の市場規模は、大手インターネット広告代理店のサイバーエージェント社が毎年調査結果を発表しています。以下は2021年時点の国内動画広告の市場調査の結果です。

 

動画業界 市場規模 動画編集 映像クリエイター

出展:2021年国内動画広告の市場調査を発表 | サイバーエージェント

 

これを見ると、2025年にかけて市場は右肩上がりの成長が予想されていることが見て取れます。

 

動画の需要自体が今後も伸びていくことから、動画編集の案件数もこの先さらに増えていくことも強く予想できます。

 

市場が伸びているため、身につけたスキルを活かせる場面も期間も増えることを想定できるでしょう。

 

動画編集市場の詳細はこちら

動画編集者の将来性は「動画編集者・映像制作者の将来性や需要は?増えすぎ?【動画クリエイターのこれから】」でまとめています。合わせてご覧ください。

 

40代50代未経験から動画編集を習得するメリット

40代未経験から動画編集を習得するメリット

 

40代や50代未経験から動画編集を習得するメリットは次の通りです。

 

40代50代未経験から動画編集を習得するメリット
  1. 需要の高い手に職が身につき、仕事に困らなくなる
  2. 老後のお金の問題を解消できる(副業で収入アップなど)
  3. いつでもどこでも自由に仕事ができる

 

1. 需要の高い手に職が身につき、仕事に困らなくなる

動画編集スキルは需要の高い手に職です。企業から求められるスキルのため、一度身につけておけば今後仕事に困らなくなることは、40代や50代から動画編集を学ぶ大きなメリットです。

 

前述通り、動画市場は今後さらに拡大していくことが各種統計からも予想されています。動画編集という需要の高い手に職を今のうちに習得すれば、今後あなた自身が求められる機会も自ずと増えていくでしょう。

 

2. 老後のお金の問題を解消できる(副業で収入アップなど)

40代や50代の方にとって、老後のお金・年金問題は不安を感じることですよね。老後資金で2,000万円を用意しないと、老後に普通の生活すらままならなくなる時代です。

 

その点動画編集の良いところは、副業等で収入アップしやすいことです。

 

例えば、動画編集で月100万円の収入を得ることは難易度が高いですが、動画編集の副業で月5万円の収入を得ることは決して難しくありません。月5万円くらいの案件であれば、たくさんの案件が存在しています。

 

月5万円の収入が得られるようになれば1年あたり60万円の収入アップです。これが10年続くと600万円になります。老後の年金問題の足しになる金額感です。

 

あるいは、もう少し頑張って月10万円得られるようになれば、1年あたり120万円の収入アップです。これが10年続くと1,200万円になります。老後のお金の心配を大きく減らせる金額になります。

 

このように、動画編集は副業等で収入を得やすいことから、老後のお金・年金不安を解消することにつながります。

 

動画編集者の収入詳細はこちら

動画編集の稼ぎ事情は「動画編集はもう稼げない、遅いは誤り【稼げる3つの理由と稼ぐ方法を解説】」でまとめているので、合わせてご覧ください。

 

3. いつでもどこでも自由に仕事もできる

世の中の多くの仕事は、決まったオフィスに出勤し、様々な人間関係のもとで働く必要があります。職場環境によっては、人間関係のストレスや、通勤のストレスが強く、精神的にきつい負担を強いられることもあります。

 

その点動画編集は、撮影素材さえクライアントからもらえれば、パソコンがあればいつでもどこでも自由に仕事ができます。

 

自宅で自分のペースで自由の働くも良し、好きなカフェで気分を上げながら働くも良しです。

 

いつでもどこでも自分のペースで働けることは、想像以上に幸福度が高いものです。動画編集を身につければ、そういった働き方に移行することもできます。

 

40代50代未経験から動画編集を習得するデメリット

40代未経験から動画編集を習得するデメリット

 

一方で、40代・50代未経験から動画編集を習得するデメリットもありますので、こちらもお伝えしますね。

 

40代・50代未経験から動画編集を習得するデメリット
  1. 選択する学習方法によってはスキル習得に時間がかかる

 

1. 選択する学習方法によってはスキル習得に時間がかかる

動画編集は未経験でも習得しやすいものの、選択する学習方法によっては、スキル習得までに時間がかかります

 

例えば「完全独学」で全部自分一人で学習する場合、時間は相応にかかる上に、途中で挫折しやすいです。

 

独学だと、わからないことは全部自分一人で解消しないといけません。わからないことを調べるだけでも30分、1時間とかかりますから、学習効率はどうしても落ちてしまいます。

 

このように、選択する学習方法によっては、時間がかかることは認識しておく必要があります。

 

動画編集の習得時間の詳細はこちら

動画編集の習得時間は「動画編集の勉強時間・習得期間は?稼げるようになるまでの期間も解説」で詳しくまとめているので参考にしてみてください。

 

40代50代未経験から動画編集者として収入を得る方法・流れ

40代未経験から動画編集者として収入を得る方法・流れ

 

40代・50代未経験から動画編集者として収入を得る流れをまとめると、次の3ステップです。

 

40代・50代未経験から動画編集で収入を得る流れ
  1. 動画編集スキルを身につける
  2. ポートフォリオを準備する
  3. 動画編集案件の開拓をする

 

1. 動画編集スキルを身につける

まずは動画編集スキルを習得することがファーストステップです。

 

動画編集の学習方法は大きく2つあります。

 

動画編集の習得方法
  1. 独学で勉強する
  2. 動画編集スクール・学校で学ぶ

 

おすすめは2の「動画編集スクール」で学ぶことです。

 

最近は、社会人でも隙間時間で受講できる動画編集スクールが増えてきました。こういったスクールを活用すれば、40代・50代未経験でも正しいスキルを習得し、動画編集を仕事にすることを目指していけます。

 

社会人に強い動画編集スクールは【社会人向け】働きながら学べる動画編集・映像制作スクール・専門学校5選でまとめているので、参考にしてみてください。

 

この記事で紹介している質の高い動画編集スクールを活用すれば、未経験から2〜3ヶ月程度で、月数万円の副収入を得るための技術を習得できます。

 

 

2. ポートフォリオを準備する

動画編集スクールでスキルを学んだら、次はポートフォリオを準備していきます。

 

ポートフォリオとは、クリエイターの世界でいう履歴書・経歴書のようなものです。自分自身のプロフィールや制作実績をまとめたものがポートフォリオと呼ばれます。

 

動画編集で個人で案件を受注する際には、ポートフォリオを準備することで、あなたにどのくらいのスキルがあるか、相手にアピールすることができます。

 

質の高いポートフォリオを準備すれば、その分案件の受注率も高まります。ですからこのフェーズでは、質の高いポートフォリオを準備することが肝となります。

 

とはいえ、質の高いポートフォリオを一人で準備する自信なんてほとんどの方はありません。

 

そのように不安な方は、前述した動画編集スクールを活用すれば、カリキュラム内でポートフォリオを準備できます。

 

例えばヒューマンアカデミー動画クリエイター講座というスクールは、カリキュラム内でポートフォリオ作成まで行います。ポートフォリオはプロの現役動画クリエイターが添削してくれるため、そのまま企業に出せる質の高いポートフォリオを準備できます。

 

ポートフォリオを一人で準備できるか不安な40代の方は、ヒューマンアカデミー動画クリエイター講座のようにサポートが手厚いスクールを選ぶことがおすすめです。

 

3. 動画編集案件の開拓をする

スキル習得とポートフォリオの準備ができたら、動画編集案件の開拓を進めていきます。

 

「案件獲得なんて、営業経験もないしできないよ」と不安に思った方もご安心ください。前述したクラウドソーシングサイトなど、未経験でも案件を受注できるプラットフォームが今はたくさん存在しています。

 

クラウドソーシングサイトの活用含めて、未経験でもできる動画編集案件の取り方・探し方は「動画編集の仕事の取り方・探し方5選!案件獲得までの方法」を参考にしてみてください。

 

以上が40代未経験から動画編集で収入を得る流れです。

 

まとめ

40代未経験から動画編集者として収入を得る方法・流れ

 

述べてきた通り、40代・50代未経験から動画編集スキルを習得して収入を得ることは現実的な目標です。

 

完全独学で学ぶとなるとハードルも大きいですが、最近は良質な動画編集スクールも増えてきました。質の高いスクールを活用すれば、40代や50代という年齢の壁を超えて、動画編集者として新たな一歩を踏み出すことができますよ。

 

40代・50代ならまだ間に合うとはいえ、20代や30代の方と比べると遅れていることは事実です。

 

これから先の人生を右肩下がりにするのではなく、右肩上がりの人生にしたいと考えるなら、動画編集スキルはその大きなきっかけになるでしょう。

 

何より、需要の高い動画編集スキルを習得することは、得することはたくさんあっても、損することはほとんどありません。

 

迷っている方も、まずは動画編集を学ぶことからスタートしてみてはいかがでしょうか?前述通り、いまは「動画編集スクール」のように、未経験から仕事で使えるスキルを学べる環境があります。人生が変わるきっかけになると思いますよ。