【結論】動画編集者にセンスや才能が必要ない3つの理由

【結論】動画編集者にセンスや才能が必要ない3つの理由

「動画編集に興味があるけど、センスがある自信がない…」

「動画編集者として食べていくには、才能はやっぱり必要不可欠だよね…?」

 

このように、動画編集に興味はあるものの、自分には才能やセンスがないと悩んでいませんか?

 

動画編集者と一言で言っても、中には月100万円以上を稼ぐ敏腕動画編集者もいれば、長い期間活動しているのに月1万円も稼げない動画編集者も存在します。

 

動画編集が上手い人と下手な人の違いは、センス・才能の差なのでしょうか?

 

結論からお伝えすると、動画編集者にセンスや才能は確かに存在しますが、動画編集者として活動していくためにセンスや才能はなくても問題ありません。

 

そこでこの記事では、動画編集者として食べていきたいものの、センスや才能があるかわからず自信を持てない方向けに、次のことを解説します。

 

この記事でわかること
  • 動画編集者におけるセンスや才能とは?
  • 動画編集者にセンスや才能が必要ない3つの理由
  • 動画編集でセンスよりも重要なこと

 

この記事を読めば、動画編集者として中長期的に食べていくために「センス以上に重要なこと」がわかりますよ。

 

3分ほどで読める文量に要点をまとめています。ぜひ最後までチェックしてみてください。

 

関連記事

動画編集に向いている人の特徴は動画編集者に向いている人・向いていない人の特徴【向き不向き・適性】の記事で詳しくまとめているので、興味があれば合わせてご覧くださいませ。

 

動画編集者におけるセンスや才能とは?

【結論】動画編集者にセンスや才能が必要ない3つの理由

動画編集におけるセンスや才能の必要性を考える前に、そもそも動画編集者におけるセンスや才能が何かを理解する必要があります。

 

動画編集者におけるセンスや才能とは、普通の人と全く同じ時間を動画編集に費やしているにも関わらず、

 

  • 動画編集スキルの上達スピードが速い
  • 動画編集の作業自体も速い
  • 制作物の品質も高い

 

など、他の人と比べて「技術の飲み込み・上達の速さ」や「仕事のクオリティ・スピード」が優れているのが、センスが高い動画編集者の特徴です。

 

例えば、ある人は動画編集スキルの習得までに3ヶ月かかったところ、全く同じ勉強時間・同じ勉強法にも関わらず1ヶ月で習得していたら、その人はセンスがあると言えるでしょう。

 

このように、動画編集におけるセンスや才能とは、他の人と全く同条件にも関わらず、他の人よりも成果が優れていることを言います。

 

動画編集者にセンスや才能が必要ない3つの理由

動画編集者にセンスや才能が必要ない3つの理由

 

大前提、動画編集者を目指す上で、センスや才能はないよりもあった方が良いことは事実です。

 

ですが、動画編集者として食べていくことを目標にするのであれば、センスや才能は必要はありません。理由は以下3つです。

 

動画編集者にセンスや才能が必要ない理由
  1. 動画編集はスキルが体系化されているから
  2. 特別な才能がなくても生計を立てている動画編集者は数多くいるから
  3. 動画編集で重要なことはセンス以外にあるから

 

1. 動画編集はスキルが体系化されているから

動画編集はクリエイティブな仕事として位置づけられますが、実はスキル自体は体系化されています。

 

スキルが体系化されているため、正しい方法で学習すれば、再現性高く動画編集で仕事ができるようになります。

 

動画編集は経験を積めば「後天的」に身につくもの

加えて、動画編集の技術は生まれ持った才能ではなく、後天的に後から習得できるものです。

 

例えば、動画編集の仕事では、動画で使うBGMを編集者が選んでいきます。

 

この時にどんなBGMを用いるのが良いかは、経験を積んでいくことで、選択が徐々にうまくなっていきます。「このパターンならこのBGMがウケが良い」というのが、経験を通じてわかってくるくるんですよね。

 

これと同じで、その他の作業においても、経験を積んでいけば勘所がよくなっていきます。逆に言えば、経験がまだない初心者の頃は、センスがなくて当たり前なのです。

 

このように、動画編集のスキルは体系化されており、後から後天的に身につくものばかりです。ですからセンスがなくても、自身の努力次第で、後からいくらでも技術を伸ばしていけます。

 

2. 特別な才能がなくても生計を立てている動画編集者は数多くいるから

「いま動画編集者として活躍している方は、きっとみんなセンスがあるんだろうな」と思っていませんか?

 

確かに業界トップレベルの動画クリエイターであれば、生まれ持った才能があるかもしれません。

 

ですが、フリーランスの動画編集者として生計を立てることや、副業で月数万円の収入を得るくらいであれば、特別な才能はほとんど必要はありません。

 

事実、現在フリーランスの動画編集者として月数十万円を得ている方や、動画編集の副業で月5万円の収入を得ている方は、特別な才能がなくても実現できている人ばかりです。

 

もちろんあなたが今から動画クリエイターとして国内のトップを目指しにいくなら、才能やセンスは必要でしょう。いま業界トップにいるクリエイターは高いセンスに加えて、膨大な時間を動画に費やしてきています。今から追いつき追い越すなら、高いセンスが必要です。

 

ですが、あなたの目標がフリーランスとして生計を立てることや、副業収入で人生にゆとりを持たせることなら、才能やセンスがなくても十分戦えることが現実です。

 

3. 動画編集で重要なことはセンス以外にあるから

何より、動画編集で重要なことはセンス以外にあります。

 

センスや才能がなくても、他の重要な部分さえあれば、余裕でカバーできるんですよね。

 

以上が動画編集者にセンスや才能が必要ない3つの理由です。

 

動画編集でセンスや才能より重要なこと【3つのスキル】

動画編集でセンスや才能よりも重要なこと

 

では、動画編集でセンスや才能よりも重要なことは何か?

 

どのような要素があれば「動画編集がしんどい」という状態や、「動画編集はオワコン」というネガティブな気持ちにならず、動画編集者として楽しく活動していけるでしょうか?

 

結論次の3つのスキルこそが、動画編集者にとってセンスや才能よりも重要で、楽しく長期的に活動するために必要なことです。

 

動画編集でセンスや才能より重要な3つのスキル
  1. 動画編集の基本的なスキル
  2. 営業スキル
  3. ディレクションスキル

 

1. 動画編集の基本的なスキル

動画編集者として仕事をしていく上では、動画編集の基本的なスキルが必要不可欠です。

 

動画編集の基本的なスキルとは、具体的には次の通りです。

 

動画編集の基本的なスキル
  • カット
  • テロップ挿入
  • BGM挿入
  • 色調補正
  • 画像挿入
  • エフェクト挿入など

 

このような基本的な編集スキルを一つずつ学ぶ必要があります。

 

なお、どのスキルも習得は難しくありません。正しい方法で学べば数ヶ月あれば仕事で使えるレベルに到達可能です。

 

2. 営業スキル

動画編集者としてフリーランス・副業で稼いでいきたいなら「営業スキル」が重要です。

 

ここでいう営業スキルとは、以下ようなスキルを指します。

 

動画編集における営業スキルの具体例
  1. クライアントから案件を獲得するスキル
  2. クライアントと良好な信頼関係を築くスキル

 

フリーランスや副業の動画編集者として仕事をしていくには、案件を獲得する必要があります。

 

その際に、いかにしてクライアントから案件を発注してもらうか「案件獲得スキル」が必要です。

 

また、一度獲得した案件と長期案件にしていくためには、クライアントと良好な信頼関係を築くスキルが必要です。

 

クライアントと良好な信頼関係を築くためには、クライアント目線で物事を考えられる「クライアント目線の視点」や、クライアントの目的や課題感を聞き出す「ヒアリングスキル」など、いろんな要素が必要です。

 

そういうものをひっくるめて営業スキルとここでは言いますが、このようなスキルも動画編集者として長期的に稼ぎ続けるなら身につけたいです。

 

関連記事

動画編集で案件を獲得する方法は「動画編集の仕事の取り方・探し方5選!案件獲得までの方法を徹底解説」の記事で詳しくまとめています。

 

3. ディレクションスキル

動画編集者として軌道に乗ってくると、一人では処理しきれないほどの案件が依頼されることもよくあります。

 

その時に自分一人で案件を抱えるのではなく、他の動画編集者を束ねるディレクションの立場になることで、よりたくさんの案件を受けられるようになり、より大きな金額を稼げるようになります。

 

動画編集者をディレクションするためには、ディレクションスキルが求められます。いかにメンバーに生産的に仕事をしてもらい、クライアント・メンバー・自分自身が三方良しの成果を作れるかは、ディレクションスキルにかかっています。

 

このようなディレクションスキルを身につけることで、動画編集者として一段上のステージへたどりつけます。駆け出しの動画編集者にいきなり求められるスキルではありませんが、将来を見据えて早めに身につけたいスキルです。

 

このように、動画編集者にはセンスや才能よりも重要なことがあります。

 

memo

また、ここまで挙げたスキル以外で言うと「動画編集をしていて楽しい」「動画が好き」という方も、動画編集が向いている可能性が高いです。

現役動画編集者が楽しいと感じる瞬間は「動画編集者・映像制作者が楽しい・やりがい・魅力を感じる8つのこと」でまとめているので、よければこちらもご覧ください。

 

動画編集のセンスがない方が効率的にスキルを身につける方法

動画編集のセンスがない方が効率的にスキルを身につける方法

 

一番良いのは「動画編集スクール」で学習することです。

 

動画編集スクールの良いところは、動画編集者に求められる「動画編集の基本的なスキル」だけでなく、スクールによっては「案件獲得などの営業スキル」まで学べることです。

 

例えばSTUDIO USという未経験からプロの動画クリエイターを目指すオンライン動画編集スクールでは、動画編集の基本スキルだけでなく、案件獲得の方法まで学べます。

 

STUDIO USは月々4,584円から受講できます。最近はSTUDIO USのように、お金に余裕がない方でも受講できるスクールも増えてきました。自信がない方ほど、最初のうちは動画編集スクールのような環境を頼ることは賢い選択肢となります。

STUDIO US公式サイトはこちら

 

関連記事

STUDIO USを始め、動画編集を効率的に学べるスクールは「動画編集スクール・講座おすすめ人気10選比較!ランキング・オンラインなど目的別で厳選」でまとめています。よければチェックしてみてください。

 

まとめ

【結論】動画編集者にセンスや才能が必要ない3つの理由

 

述べてきた通り、動画編集者にセンスや才能はないよりあった方が良いですが、フリーランスや副業で生計を立てるくらいであれば、センスや才能はなくても問題ありません。

 

むしろ、動画編集者にとってはセンスや才能よりも、動画編集スキルや営業スキル、ディレクションスキルなど後天的に身につくスキルの方がよほど重要です。

 

動画編集スキルや案件獲得などの営業スキルは、月額4,584円からオンラインで受講できるSTUDIO USのような動画編集スクールを利用すれば未経験でも習得できます。

 

センスや才能がないと感じて不安な方は、このようなスクールを利用することで確固たる自信をつけられると思いますよ。