TOEIC900点を最速で取る勉強法!勉強時間や参考書も全て解説します

TOEIC900点を最速で取る勉強法!勉強時間や参考書も全て解説します

 

「TOEIC900点を超えたいけど、どうやって勉強すればTOEIC900点が取れるんだろう…?」

 

あなたはこのような悩みをお持ちではないでしょうか?

 

TOEIC900点、憧れますよね。TOEIC900点はTOEIC学習をしている全ての人にとって目標となる数字です。とはいえ、あまりにスコアが高いので、TOEIC900点を超えることを、自分ごとのように感じられないこともあると思います。

 

そこで本記事では、TOEIC900点を取る自信がない人でも、「TOEIC900点を最速で超えていく勉強法」を紹介します。

 

なお、今回は、単にTOEIC900点を取るだけでなく、「本当に使える実践的な英語力」も身につく勉強方法を紹介します。TOEIC900点を取れても、実際に英語を使えなかったら意味ないからです。

 

これを書いている僕は、TOEIC400点台から学習をスタートし、現在はTOEIC900点を超えるまでになりました。また、新卒では東証一部の大手貿易会社に新卒入社しており、世界中へ出張し、英語で仕事をしてきました。20代半ばでアフリカ海外駐在となり、日本人一人の環境の中、英語を使ってスタッフ数十人をマネジメントしてきた経験もあります。

 

TOEICだけでなく、実際に海外で英語を使ってきた立場から、TOEIC900点を取り、かつ実践で使える英語勉強法を解説します。本記事を最後まで読んで行動すれば、あなたもTOEIC900点を取ることができますよ。

 

TOEIC900点で得られる3つのメリット

TOEIC900点で得られる3つのメリット

 

まず初めに、TOEIC900点で得られるメリットを、最初にお伝えしておきます。

 

TOEIC900点を取るメリット

1. 実践で使える英語力の土台が身につく

2. 就職・転職などキャリア面で有利になる

3. 人生の選択肢が広がる

 

1. 実践で使える英語力の土台が身につく

TOEIC900点を達成すると、外国人相手に英語を話す、聞くなど、実践で使える英語力の土台が身につくことが一つ目のメリットです。

 

そもそもTOEICは、英語の「リスニング」「リーディング」で構成されており、どちらも実際の英語では必要なスキルです。

 

それらの能力を、目に見えるスコアで測れるのがTOEICであり、スコアアップしていくほど、英語の基礎力、土台はしっかり身についていきます。

 

TOEICで900点を取る過程で、「TOEICスコアアップに留まらない、実践につながるメリットがある」というのは、頑張る原動力になります。ですから、ぜひとも頭に入れておきたいことです。

 

2. 就職・転職などキャリア面で有利になる

TOEIC900点を取ると、就職や転職など、キャリア面で有利になります。

 

僕は現在別の大手企業へ転職し、大手企業やベンチャー向け転職支援の仕事をしていますが、実際にグローバル人材の転職支援にも携わっています。

 

その中で、TOEICスコアを英語力の指標として、選考段階で利用している企業もたくさん見てきました。

 

TOEIC900点は「英語力がある人材」として高評価につながる

特にTOEIC900点を超えてくると、英語力がある人材として、かなり高く評価されます。

 

TOEICスコア自体が、面接以外でアピールできる材料となるので、多少他でマイナスがあったとしても、英語力を評価してくれる企業もたくさんありますよ。

 

また英語ができる人材は「年収帯」も高いので、就職や転職を通じ、年収アップも実現できることもメリットですね。

 

このように、今より良い条件の企業や待遇を得られる、キャリア面が、TOEIC900点のメリットです。

 

3. 人生の選択肢が広がる

TOEIC900点という大きな節目を超えることで、人生の選択肢は目に見えて広がります。

 

TOEIC900点を取ると、英語の土台は身についていますので、

 

  • 海外就職する
  • 海外移住して現地のライフスタイルを楽しむ
  • 世界中を旅しながら生きる

 

このように、いろんなワークスタイル、ライフスタイルを実現できるようになります。

 

今では遠い、憧れのようなものかもしれませんが、TOEIC900点を超える頃には、海外がずっと身近に感じれるようになります。

 

僕もそうでした。最初は海外というとハードルが高く感じましたが、あれは言葉の壁が大きいんですよね。実際に英語ができるようになってからは、自分の居場所は日本だけじゃない、海外にもあると、強く実感できるようになりました。世界が広がった瞬間です。

 

これからの時代、多くの日本人は海外に出ていくことになると思いますが、その点でTOEIC900点を取っていれば、言葉の壁を感じることなく、フットワーク軽く海外と接点を持つことができますよ。

 

TOEIC900点の割合と難易度(レベル感)

TOEIC900点の割合と難易度(レベル感)

 

遠く感じるTOEIC900点ですが、実際のところどれくらいの割合の人が900点以上で、難易度・レベルはどうなのか、結論以下の通りです。

 

TOEIC900点の割合レベル

TOEIC900点の割合:上位約3.5%

TOEIC900点のレベル:ネイティブスピーカーと比較すると差があるとはいえ、語彙、文法、構文いずれも正確に使え、流暢に英語でコミュニケーションができるレベル

 

TOEIC900点の割合

TOEIC900点の割合は正式開示されていないですが、TOEIC公式サイトによると、「TOEIC895点以上」の割合は以下の通りになっています。

 

TOEIC 900点 割合

出典:TOEIC公式サイト

 

上記オレンジで囲っている部分がTOEIC895点以上の人数、割合です。「96.5%」とありますが、これは上位3.5%以上を意味しています。

 

つまり、895点以上の場合、100人中3.5位以内というのが割合です。900点の場合もほぼこれと近しい割合になるでしょう。

 

TOEIC900点の難易度・レベル

こちらもTOEIC900点は厳密な定義はありませんが、TOEIC公式サイトによると「TOEICスコア860点以上」は以下の通り、「Non-Natveとして十分なコミュニケーションができるレベル」と定義されています。

 


TOEIC 900点 割合 レベル

出典:TOEIC公式サイト

 

ちょっとわかりづらい表現ですが、要は「ネイティブスピーカーと比較すると差があるとはいえ、語彙、文法、構文いずれも正確に使え、流暢に英語でコミュニケーションができるレベル」と捉えてOKです。

 

上記はTOEIC860点以上なので、TOEIC900点はもう少し高いレベル感というイメージです。

 

TOEIC900点に必要な勉強時間

TOEIC900点に必要な勉強時間

 

TOEIC900点に必要な勉強時間ですが、あなたの現在の点数によって必要時間は変わります。

 

目安として、TOEIC100点UPに必要な学習時間は、だいたい次の通り、200〜300時間と言われています。

 

必要な勉強時間

必要な勉強時間:200〜300時間でTOEIC100点アップ

 

ですから、仮にあなたがTOEIC600点の場合、必要な勉強時間は600〜900時間が目安となります。

 

TOEIC勉強時間はあくまで目安(もっと早くTOEIC900点も取れる)

一方、上記はあくまで目安の勉強時間であることも事実です。なぜなら、正しい勉強方法で学習すれば、その分勉強時間を短縮できるからです。

 

一方、間違った勉強方法をやってしまうと、もっと多くの時間を要することにもなるので、正しい勉強方法にこだわり切ることがとても重要です。

 

本記事で勉強方法は解説しますのでご安心ください。

 

TOEIC900点を取る勉強法やおすすめ参考書

TOEIC900点を取る勉強法やおすすめ参考書

 

ここからはTOEIC900点を取る勉強法や、おすすめ参考書を紹介していきます。

 

  1. リーディング対策
  2. リスニング対策
  3. 実践練習

 

この3点で勉強法や参考書を紹介しますね。

 

1. リーディング対策

まずはリーディング対策ですが、

 

  1. 読解力の向上(方法:洋書の多読)
  2. 単語力の向上(方法:TOEIC用の単語帳)
  3. 文法力の向上(方法:文法用の参考書)

 

結論、この3つを重点的にやっていくことがおすすめです。

 

1. 読解力の向上(方法:洋書の多読)

まずは読解力の向上です。

 

TOEICのリーディングパートはとにかく時間がありません。ゆっくり文章を読んでいると、あっという間に試験は終わってしまいます。

 

だからこそ、早く、正確に英文を読む読解力をつけることは、TOEIC900点を超えるには必ず必要です。

 

方法はいろいろありますが、個人的にやってよかったのは、「洋書の多読」です。要所の多読をするポイントは次の3つです。

 

  1. 内容が難しすぎないものを選ぶ
  2. 自分の興味がある本を読む
  3. わからない単語は飛ばしてどんどん読み進める

 

1. 内容が難しすぎないものを選ぶ

洋書を選ぶポイントは、内容が難しすぎないものを選ぶことがおすすめです。

 

洋書多読の目的は「英文を素早く読み込み、意味を理解する頭を作るため」にやるので、読むたびにいちいち立ち止まってしまうのは目的に反するからです。

 

自分の実力値にあった洋書を選ぶことで、読むスピードもだんだんと早くなります。そうやって段階を踏みながら難易度の高い本へ移行していくと、難解な洋書も、いつしかスムーズに多読できるようになっていきますよ。

 

2. 自分の興味がある本を選ぶ

TOEIC勉強も楽しくやらないと続きません。ですので、本は自分の興味がある分野を選ぶことが個人的にはおすすめです。

 

どうせ英語にたくさん触れるなら、自分の興味がある本を読んだ方が、本の内容とともに、単語や例文も覚えていけます。

 

3.  わからない単語は飛ばしてどんどん読み進める

わからない単語は飛ばして読んで問題ありません。なぜなら、洋書の単語=TOEICの単語とは限らないですし、むしろTOEICに出ない単語も多いからです。

 

TOEICの単語は後述する方法で、TOEIC専門の単語帳で学べばOKです。ですから洋書の多読では、多少英語の単語がわからなくても、前後の文章から意味を理解できるような訓練が望ましいです。

 

そのためにはいろんな洋書を読み慣れていく必要がありますし、そもそも一般的な英単語や文法は知っておく必要があります。それらのスキルについては、後述する方法でしっかり学んでいけます。

 

☆自分のレベルにあった洋書の選び方

自分のレベルにあった洋書の選び方ですが「Lexile指数」に応じて選ぶことがおすすめです。

 

Lexile指数とは、アメリカのMetaMetrics社が開発した「読解力」と「文章の難易度」を示す指標です。世界165カ国以上で用いられている指標であり、洋書にはLexile指数がレベルに応じて設けられているため、この数値を参考にすると良いですよ。

 

Lexile指数のレベル感は、AmazonのHPに具体的な説明と、レベル別の文章参考事例が載っているので、参考にしてみてください。

Amazon.co.jp: Lexile

 

2. 単語力の向上(方法:TOEIC用の単語帳)

TOEICで900点を取るためには、単語力は必要不可欠です。

 

でも、ここでいう単語力は、どれだけたくさんの単語を知っているか、という意味ではありません。

 

多くの単語を知っていることが大切なのではなく、「TOEICで出される単語をどれだけ知っているか」が何より大切です。

 

だからこそ、TOEIC専門の単語帳を利用し、それをこれでもかというほど、徹底的にやりこむことが一番学習効果がありますし、結果に繋がりやすいです。

 

TOEIC900点を狙う単語帳なら「TOEICテスト英単語 出るのはこれ!」が使ってよかったです。TOEIC高得点を取るために作られたTOEIC単語帳であり、これ一冊でも大丈夫です。

 

あとは王道ですが「TOEIC L & R TEST 出る単特急 金のフレーズ」もTOEIC対策としておすすめです。

 

どちらか一つかを徹底的にやっておけば、TOEICの単語対策としては十分です。この単語帳を網羅してから、他の単語も覚えたい場合は、そちらに移行することをおすすめします。

 

 

単語を効率的に覚えるコツ

単語を効率的に覚えたいなら、「エビングハウスの忘却曲線」に基づいて、復習を繰り返すのが効率的です。

 

エビングハウスの忘却曲線とは、人が一度覚えた物事を忘れるまでの時間や、パーセンテージを表す曲線のことです。

 

エビングハウスの忘却曲線によると、人は覚えたことを20分後には42%忘れ、1日後には74%忘れ、1週間後には79%を忘れてしまうという。せっかく貴重な時間を割いて覚えた単語やフレーズも、何もしなければ1週間後にはその内80%近くは忘れてしまうのだ。一生に一度の人生、こんなにもったいない時間の使い方はない。

一方、定期的に復習を設けることで忘却曲線は上記の通りにはならない。復習をすることで覚えた単語やフレーズを1週間後に80%忘れることはなくなり、着実かつ確実に勉強した内容が積み重なっていく。つまり、自分が勉強に投資した貴重な時間を”意味あるモノ”にするためには復習をするしか道はないのだ。復習というのは一度やったことを繰り返すことなので最も億劫になるポイントだが、一方で”最も大切なコト”であると認識しよう。
効果的な復習のタイミングに関しては、カナダを代表する大学であるウォータールー大学の研究結果から考えよう。研究結果によると、一定のタイミングで復習を挟むことにより、忘却曲線の動きに逆らい記憶は定着するようになる。

f:id:travewriter:20161127083557g:plain

Curve of Forgetting | Counselling Services | University of Waterloo

 

縦軸が記憶の定着率、横線が日数である。そして黒線が忘却曲線であり、オレンジ線が復習を行った場合の記憶の忘却曲線となる。この図より、一定の期間に復習をすることで記憶が定着していることがわかるだろう。これを基に復習のタイミングを考えると次のようになる。

 

  1. 1日後  ⇨10分間復習
  2. 1週間後 ⇨5分間復習
  3. 1ヶ月後 ⇨2-4分間復習

 

英単語やフレーズを覚えたら、上記3ポイントで復習を挟もう。見て気づくと思うが、回数を重ねるほど復習に要する時間は減っていく。これが最も効率的な復習のタイミングである。

引用:【英語勉強法】ネイティブレベルの英語を最短かつ効率的に習得する方法をまとめた の記事で取り上げたが、

 

このように、英単語を効率的に覚えるためには、効率的な復習のタイミングがあります。

 

その点でいうと、

 

  • 寝る前に英単語を詰め込み
  • 翌朝起きたら10分間復習し、
  • 一週間後に5分間復習し、
  • 1ヶ月後に2-4分間復習する。

 

このスケジュールで単語を覚えていくと、最も労力少なく、英単語を覚えることができますよ。

 

3. 文法力の向上(方法:文法用の参考書)

TOEIC900点を取るためには、文法力も必要です。

 

とはいえ、求められるレベルはとてつもなく高いと言われるとそうではなく、基本的な内容をしっかりと理解するレベルで十分です。

 

文法を効率よく習得していきたいなら、良質な参考書を一冊、徹底的にやることをおすすめします。その点で使ってよかったのは一億人の英文法です。

 

この本の良かったところは、TOEIC対策に限らず、「話すための英文法」を学べた点です。

 

TOEICの勉強となると、TOEICでしか通用しない勉強法も多くありますが、冒頭の通り、英語は実践で使えて初めて意味を持つものです。

 

単語は量が多すぎるので、TOEIC以外を学ぶとさすがに非効率ですが、文法に関しては、TOEIC学習と実践的英語力、2つの目的のために、一緒に学んでいくことがおすすめです。

 

その点で一億人の英文法は、TOEIC対策に向けた文法のベースだけでなく、実際の英語力向上でも使えるので、最もおすすめの選択肢です。

 

文法の勉強は、助動詞、前置詞、冠詞、時制の一致など基本的なことは確実に抑えることが大切です。それらもすべて学べます。

 

 

2. リスニング対策

次はリスニング対策です。

 

ここでやるべきことはシンプルで、ディクテーション・オーバーラッピング・シャドウイングの3つです。

 

リスニング力向上(方法:ディクテーション・オーバーラッピング・シャドウイングのトレーニング)

ディクテーションとは、聞いた英語をそのまま書き取るトレーニングです。

 

英語の音を丁寧に理解するリスニング力が身につく学習方法であり、個人的に最もおすすめです。

 

例えば、TEDのような良質な音源を使ってディクテーションを大量にこなすことで、英語のリスニングは着実に上達していきます。

 

その上で、オーバーラッピングとシャドウイングのトレーニングを加えることがおすすめです。ディクテーションは流れた音に対して「書き取り」を行う練習ですが、オーバーラッピングとシャドウイングは「発音する」練習です。

 

それぞれ違いは次の通りです。

 

  • オーバーラッピング⇨流れる音に合わせて発音すること
  • シャドウイング⇨流れる音に少し遅れて発音すること

 

この2つをディクテーションの勉強に加えると、あなたの英語力はより高まっていきます。

 

自分で発音できる音は聞き取れる

語学学習の基本的な考え方として、「自分で発音できる音は聞き取れる」ようになります。

 

つまり、英語の発音を勉強すれば、必然的に英語のリスニング力も向上するんですよね。この法則を利用したのが、前述したオーバーラッピング・シャドウイングのトレーニングです。

 

ここまでをまとめると、「ディクテーション⇨オーバーラッピング⇨シャドウイング」とこなすことで、英語のリスニング力は確実に向上していきます。

 

なお、ある程度発音を聞き取れるようになったけど、そこからリスニング力の伸びを感じなくなってしまった人は、英語耳を使って、「英語発音の基本」から学び直すことをおすすめです。

 

英語耳は「英語の発音」を体系的に学べる本として、あらゆる本の中で最もおすすめできる名著です。英語耳を使えば、停滞していた英語のリスニング力を大きく高めることが可能です。

 

僕自身も、英語の音が聞き取れなかった中で英語耳を使ったところ、それまで聞き取れなかった音が、はっきりと聞き取れるようになりました。効果は保証できます。

 

 

3. 実践練習(TOEIC本番想定)

TOEICで900点を取るためには、本番を想定した実践練習が必要です。

 

TOEICにはパートごとの出題形式の特徴があり、時間配分もしっかりと考えないといけません。そのような対策をするには、本番と全く同じ時間制限や環境のもと、公式問題集を解く訓練を積む必要があります。

 

 

以上述べてきた勉強法が、TOEIC900点を越えるための勉強法です。読解力や単語力、文法、そしてリスニングと、実力がしっかり身につく参考書を、徹底的にこなしていくことが、スコアアップの秘訣です。

 

TOEIC900点を確実に取りたい人向け英会話スクール

TOEIC900点を確実に取りたい人向け英会話スクール

 

ここまでTOEIC900点を超える勉強法を紹介しましたが、

 

「そもそも一人だと続けられる気がしない…」

「途中で挫折しそう…」

 

このように、一人で学習する自信を感じられない場合もあるかもしれないですよね。

 

その場合は「英語コーチング」という選択肢もあります。

 

TOEIC900点を実現できる英語コーチングスクールとは?

英語コーチングとは、わかりやすく言えばダイエットのライザップのようなものです。

 

2〜3ヶ月などの短期間で、専属パーソナルトレーナーに夜徹底サポートのもと、爆速で英語力を高めていけるスクールです。

 

一人で挫折しがちなTOEIC学習ですが、英語コーチングならパーソナルトレーナーがマンツーマンで支えてくれるので、途中で挫折することなく、最速でTOEIC900点を取ることも可能なんですよね。

 

TOEICで900点を最速で目指せる英語コーチングスクール

英語コーチングスクールにも多くのスクールがありますが、最もおすすめはプログリット(PROGRIT)です。

 

プログリット(PROGRIT)

 

PROGRITは英語コーチングの中で最大手のスクールで、多くの受講者に選ばれているスクールです。

 

世界で活躍する著名人も数多く利用しており、サッカーの本田圭佑選手も、数あるスクールの中からPROGRITを選んでいることで有名です。

 

PROGRITはTOEICに強い

PROGRITは特に「TOEIC学習」に強く、2ヶ月でTOEIC200点UP、3ヶ月でTOEIC400点UPなど、大幅スコアアップも実現している受講生が多いです。

 

以下は、プログリット担当者から共有してもらった「プログリット受講生のTOEICスコアアップ実績」のデータです。

 

 

上記をご覧いただくとわかりますが、PROGRITでは多くの受講生が2〜3ヶ月でTOEICスコアアップを実現しています。

 

TOEIC700点から3ヶ月でTOEIC905点になっている受講生や、TOEIC640点から2ヶ月で915点もいますね。どちらも短期間でTOEIC900点を超えています。

 

このように、TOEICスコアアップならとにかく強く、TOEIC900点を目指す方も多く利用しています。

 

カウンセリングでTOEIC勉強法を「無料」で設計してもらえる

もし少しでも気になる場合、プログリットは無料カウンセリングをやっているので、相談してみることをおすすめします。

 

というのも、PROGRITの無料カウンセリングには「特徴」があり、あなたのこれまでの英語学習方法の問題点や、今後どうやって学習していけば最短でTOEICスコアアップができるか、TOEIC900点を超える勉強法を、プロのアドバイザーがすべて無料で診断・設計してくれるからです。

 

これから独学でTOEIC学習をする場合も、正しい学習方法を知っておくことは重要です。

 

今回紹介した方法も持ちおrおん良いですが、より多くのTOEIC900点達成者を輩出しているプログリットであれば、万人向けの正しい学習方法も知ることができます。仮に受講しなくても、その後のTOEIC学習には間違いなく役立ちますよ。

 

もちろん、無料カウンセリングを受けたからといって、本受講する必要は一切ありません。先日プログリット担当者に取材をしましたが、まずは気軽に相談くださいと言っていたので、ちょっと相談してみるだけでも得られるものは大きいと思います。

>>PROGRIT公式サイトはこちら(今なら無料であなたの英語力を診断!)

 

まとめ

TOEIC900点を確実に取りたい人向け英会話スクール

 

最後に、TOEIC900点を超えると、人生の選択肢は圧倒的に広がります。

 

TOEIC900点を超える頃には、英語の土台はしっかりと身についているので、英語を武器に、良い企業へ就職・転職することはもちろん可能です。英語ができる人は年収も高いので、年収100万円、200万円UPも現実的に実現できます。

 

また英語ができれば、日本だけでなく、海外で生活・仕事をすることも選べるようになります。言葉の壁がなくなるので、学生さんなら留学、社会人なら海外就職にチャレンジしても良いですし、海外移住を通じて、豊かなライフスタイルを実現することもできます。

 

もちろん、日本に住みながら、海外と接点を持つこともできます。旅行に行けば世界中の人とコミュニケーションを取れますので、世界中に友達を作ることもできます。

 

このように、TOEIC900点を超えると、人生で選べる選択肢の数は圧倒的に広がりますよ。

 

そして今回紹介した方法であれば、2〜3ヶ月など短期間で、TOEIC200点、300点UPも可能です。

 

TOEIC900点は夢のスコアではありません。正しく勉強すれば誰でも取れます。

 

だからこそ、正しい勉強法に徹底的にこだわり、TOEIC900点を通過点にしていきましょう。