【30代転職】30代に本当におすすめの転職エージェント・転職サイト6社【プロが比較】

スポンサードリンク

【30代転職】30代に本当におすすめの転職エージェント・転職サイト6社【プロが比較】

 

これまで多くの企業の転職面接を受けてきました。転職をまだ本格的に検討していない時期も、良い求人には積極的に応募し、自分の市場価値をチェックしてきました。

 

その過程では世界時価総額トップ10に入る外資系IT企業をはじめ、日系大手企業、IT系メガベンチャーなどの内定をもらうこともできました。その結果、これまで大手エージェント、中小エージェント含め、20社を超える転職エージェントを使ってきました。

 

一方、僕は現在キャリア支援の仕事をしており、 30代の転職者を数多くこの目で見てきました。実際に企業の代表取締役、取締役、人事部長から、「どんな30代が求められているか」、その生声を聞いてきました。

 

そこで本記事では、これまでの自身の転職経験と、キャリア支援の経験を元に、30代転職で本当におすすめの転職エージェント・転職サイトを厳選して6社、紹介します。

 

スポンサーリンク

30代転職で必ず意識しておきたいこと

30代転職で必ず意識しておきたいこと

結論、「役職」を意識して転職することが大事です。役職の条件は「管理職以上」です。

 

各社様々な採用要件を持っていますが、どの会社でも普遍的に求められるスキルは、「マネジメントスキル」です。

 

30代だと、日系企業でも早い人であれば、すでにマネジャー(課長)やゼネラルマネジャー(部長)もいます。こういう方は、いまと同等、ないしは一つ上の役職で転職することが、キャリアアップの観点ではおすすめです。

 

一方、今役職がない方であっても、できるだけ役職アップの状態で転職した方が、マネジメント経験も早く積めることとなり、市場価値も上がりやすいです。

 

もちろん、マネジメントの道ではなく、プレーヤーとしてキャリアアップしていくことも良い道です。その場合、その会社に転職したとき、自分の市場価値がどう上がっていくかまで見据えて転職することが、良い転職の秘訣です。

 

30代の異職種転職はキャリアアップの観点では良くない

30代の異職種転職はキャリアアップの観点では良くない

 

  • 営業職→マーケティング職
  • 商品開発→営業職
  • 経理→人事

 

このように、職種を変える転職は、30代の転職ではあまりおすすめではありません。というのも、職種を変えてしまうと、今までのキャリアがリセットされることが多いからです。

 

もちろん、職種を変える異職種転職であっても、評価されるケースはあります。今までの経験を次の仕事で活かせ、かつその根拠を定量・定性的に証明することができた場合ですね。とはいえ、やはり少数派です。

 

「同職種・異業種転職」は意外と気づかれていない穴場の転職

「同職種・異業種転職」は意外と気づかれていない穴場の転職

 

一方、職種はそのままで変えず、業種のみを変える異業種転職は、意外かもしれませんが、良い転職を実現できる可能性があります。

 

というのも、職種さえ変えなければ、今までの経験が評価されるケースが多いからです。

 

例えば営業職。営業の仕事はあらゆる業界でありますよね。不動産、金融、IT、人材、商社、メーカーなど、業種は様々です。

 

営業という軸をブラさずに、ほかの業界にスライド転職することで、年収アップを実現することもできます。

 

事例:年収アップが実現しやすい転職

事例:年収アップが実現しやすい転職

 

年収アップ転職がしやすい基本的には、年収水準が高い業界へ、同職種で転職することです。

 

年収水準が高い業界は、例えば以下のような業界です。

 

  • IT
  • 金融
  • 不動産
  • 広告
  • ・・・

 

このような業界は、例えば小売業界、印刷業界などの業界と比べ、年収は高めです。

 

ですので、例えばあなたが「営業職」の仕事をやっているなら、このような業界へ業種を変えて営業で転職することが、年収アップの知られざる秘訣です。

 

マネジメント経験は業種を超えて役に立つ

マネジメント経験は業種を超えて役に立つ

 

ここでもう一つ最大の武器となるのは、「マネジメント経験」です。

 

人を動かし、組織を動かす。こういったマネジメント能力は、業種を超えて重宝されるスキルです。

 

前述通り、マネジメント経験は30代転職において武器になります。

 

なので、もし現職でマネジメント経験を積んでいるなら、業種を超えて幅広く選択肢を見てみることがおすすめです。

 

一方マネジメント経験がないなら、マネジメント経験が積める求人に応募し、経験を積むことも戦略の一つです。

 

30代の転職エージェント・転職サイトの活用方法

30代の転職エージェント・転職サイトの活用方法

 

ここからは30代の転職エージェント・転職サイトの活用方法について。

 

30代の場合、基本的には「転職エージェント」をメインに活用することがおすすめです。

 

転職サイトを見るとわかるかと思いますが、例えばリクナビNEXTやマイナビ転職といった転職サイトには、「課長」や「部長」の求人は少ないです。

 

「管理職候補」求人の罠

よく間違えやすいのは、「管理職候補」の求人ですね。あれはあくまで「候補」なだけであって、メンバークラスとして入社することがほとんどです。

 

もちろん、極めて優秀な人材が応募してきたら、半年で管理職に昇格、などは現実としてあります。ですが結局のところ、多くの方は通常のメンバー募集と変わらないことがほとんどなので、騙されないようにしましょう。

 

転職エージェントであれば、表に出てこないような、「課長」「部長」「役員」などの求人も存在します。そういう求人を、30代転職なら狙っていきましょう。

 

「年収例」表記の罠

もう一つ気をつけておくべきなのは、年収例の表記です。

 

求人を見ると「600万円〜900万円」といったように、年収に幅を持たせて年収が書かれている求人がほとんどですよね。

 

ここで注意は、その募集求人においては、どんなにMAXでも年収900万円が限界ということです。ですので、基本的にMAXの年収で転職が決まることはかなり稀です。

 

上記の例の場合、多くの人は600万円スタートで、経験やスキルが評価された人は、700万円スタートくらいはできる人もいるでしょう。

 

なので、上記のような年収例が書いてあるときは、基本的にミニマムの年収での転職と認識しておきましょう。ここは間違えやすいポイントなので、必ず覚えておきましょう。

 

【30代転職】30代に本当におすすめの転職エージェント・転職サイト6社

【30代転職】30代に本当におすすめの転職エージェント・転職サイト6社

 

前置きが長くなりましたが、「30代に本当におすすめの転職エージェント・転職サイト6社」をご紹介します。

 

1. ビズリーチ

【30代転職】30代に本当におすすめの転職エージェント・転職サイト6社
  • おすすめ度:⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️
  • 形態:転職サイト・転職エージェント
  • 対応地域:全国
  • 公式サイト:ビズリーチ

 

30代転職で絶対に使うべきなのはビズリーチです。僕はビズリーチ経由で大手日系企業、メガベンチャー企業などを紹介してもらいました。

 

ビズリーチは「ハイクラス転職」「即戦力」というコンセプトです。僕は20代から利用していましたが、利用の適正年齢は30代です。

 

ビズリーチはレジュメを登録しておくだけで、スカウトメールが届くようになります。僕は年収500万円を超えたあたりからスカウトメールが来るようになりました。また、年収700万円を超えた段階でさらに良い条件のスカウトが来るようになりました。

 

中には企業のトップである代表取締役からスカウトメールが来ることもあります。当然ながら役職付きの求人も多いので、30代なら登録必須です。

 

また、ビズリーチは中小の転職エージェントも多数利用しており、登録すると企業だけでなく、エージェントからもスカウトがかかります。

 

ビズリーチでコンタクトの取れる中小の転職エージェントには、大手にはないきめ細やかなサポートをしてくれる優良エージェントが多いです。僕も実際に5社以上コンタクトをして利用しており、内定につながった会社もありました。

 

30代転職であれば、登録必須なサービスです。

 

 

2. リクルートエージェント

【30代転職】30代に本当におすすめの転職エージェント・転職サイト7社

 

リクルートエージェントは転職エージェントの中でも最大手です。天下のリクルートが運営しており、転職したことがない人でも、一度は名前を聞いたことがあるかと思います。

 

僕はリクルートエージェント経由で過去に20社ほど紹介してもらいました。内訳は日系大手企業、国際貿易会社、大手外資系IT企業などでした。

 

リクルートエージェントの特徴は、何といっても保有する求人数の多さが断トツであることです。人材業界で長年トップに君臨してきたリクルートということもあり、企業とのコネクションの多さは光ります。

 

リクルートエージェントのコンサルタントは企業側を担当するコンサルタント(通称:RA/リクルーティングアドバイザー)と、僕たち求職者側を担当するコンサルタント(通称:CA/カスタマーアドバイザー)が分かれています。このうち後者のCAが、求職者のサポートをしてくれます。

 

圧倒的な求人保有数が魅力のリクルートエージェントですが、大手企業ということもあり、担当コンサルタントの質にはバラツキがあります。とはいえ、基本的には優秀な方が多く、頭の回転も早いので、安心して利用することができました。

 

リクルートエージェントは30代だけでなく、20代や40代、あらゆる年代で使える万能エージェントですが、30代転職であっても、外せないエージェントですね。

 

 

3. JACリクルートメント

20代 転職エージェント 転職サイト
  • おすすめ度:⭐️⭐️⭐️⭐️
  • 形態:転職エージェント
  • 対応地域:全国
  • 公式サイト:JACリクルートメント

 

JACリクルートメントはイギリスに本社がある外資系転職エージェントです。僕はJACリクルートメント経由で、時価総額世界トップ10に入る外資系大手IT企業の内定をもらいました。

 

JACリクルートメントの特徴は、企業側を担当するコンサルタントと、求職者側を担当するコンサルタントがリクルートエージェントのように分かれておらず、一人のコンサルタントが企業側・求職者側の両方を担当する点です。

 

そのため、企業が求めている人材要件を始め、残業や給料などの実態、現場の雰囲気といったところまで、理解しているコンサルタントが直接相談に乗ってくれます。

 

直接企業にコンタクトが取れるコンサルタントなので、ちょっとした要望も通りやすかったりします。僕が外資系大手IT企業に内定をもらった時も、担当コンサルタントから推薦をしてもらったことが大きかったです。

 

JACリクルートメントは30〜50代といった管理職クラスをメインにしたサービスなので、前述したビズリーチと似た位置付けですね。ですが保有求人は違いました。

 

JACリクルートメントに登録して要望さえ伝えておけば、Web上であなた専用のマイページが作成され、そこにどんどんおすすめ求人が蓄積されていきます。

 

僕もそうでしたが、自分では知らなかったような優良求人の紹介が来たりしますので、まずは登録してざっくりとした要望だけでも伝えておくことが良いかなと思います。

 

 

4. クライス&カンパニー

【30代転職】30代に本当におすすめの転職エージェント・転職サイト6社
  • おすすめ度:⭐️⭐️⭐️⭐️
  • 形態:転職エージェント
  • 対応地域:首都圏エリアのま
  • 公式サイト:クライス&カンパニー

 

クライス&カンパニーは30歳前後のマネージャー層から、40代の経営幹部職といった方向けの転職エージェントです。僕はここで、大手日系メーカー、大手日系IT企業などを紹介してもらえました。

 

クライス&カンパニーの特徴は、何と言ってもコンサルタントの質の高さです。

 

クライス&カンパニーのコンサルタント数は18人(2018年10月現在)と、他の転職エージェントと比較してもかなり少ないですが、一人ひとりの教育に時間をかけていることから、適切なマーケット感覚を持つ優秀なコンサルタントで構成されています。

 

クライス&カンパニーは前述通り少数精鋭で運営しているため、現在は東京を中心とした首都圏のみの対応となっています。なので、首都圏以外の地域で転職を希望される方は、使うことはできません。

 

ですが、東京周辺で仕事を探しているなら、クライス&カンパニーであれば、良い転職を実現できる可能性は高いです。

 

 

5. ロバートウォルターズ

【30代転職】30代に本当におすすめの転職エージェント・転職サイト6社

 

ロバート・ウォルターズはJACリクルートメント同様、イギリスに本社のある外資系転職エージェントです。僕はここで、大手外資系メーカー、大手外資系IT企業などを紹介してもらいました。

 

ロバートウォルターズの特徴は、「英語を使った求人」「グローバル人材の求人」に特化していることです。リクルートエージェントやJACリクルートメントも英語求人、グローバル求人はありますが、ロバートウォルターズはそれらに「特化」しているところが大きな違いです。

 

基本的にグローバル求人は年収が高めで、ロバートウォルターズは年収1,000万円どころか、年収2,000万円以上の求人も多かったことが印象的でした。

 

僕は20代で海外駐在を経験しましたが、経験を活かした求人を多く紹介してもらえました。駐在経験や留学経験がある方は、ロバート・ウォルターズは登録して自分の可能性を調べることがおすすめです。

 

 

6. 転機

【30代転職】30代に本当におすすめの転職エージェント・転職サイト6社

 

ハイクラス転職サイト「転機」は、これまでご紹介してきた転職エージェントとは異なり、転職サイトの位置付けです。コンサルタントを挟むことなく、ネット上から自分で求人を探して応募します。

 

転機は他の転職サイトと異なり、求人の質が高く、他の転職サイトにない独自案件が多いです。また、課長や部長、取締役など役職付きの求人が多いため、役職アップの転職も狙えます。

 

コンセプトはハイクラス転職サイト。ビズリーチと似た位置付けですね。ただ、ビズリーチになくて、転機にしかない独自案件もたくさんあったので、両方使ってみることがおすすめです。

 

転機の場合、無料会員登録をしないと求人詳細を見ることができません。なので、詳しい求人情報(会社名や年収など)を見たいなら、まずは登録だけ済ませることが必要です。

 

 

転職エージェント・転職サイトには複数登録しておくべき

転職エージェント・転職サイトには複数登録しておくべき

 

転職エージェント・転職サイトには必ず複数登録をしておくことをおすすめします。

 

転職エージェント・転職サイトによって持っている求人数は違います。求人の中身も違います。リクルートエージェントにしかない求人もあれば、ビズリーチにしかない求人も存在します。

 

また、仮に複数の転職エージェントが同じ求人を保有していたとしても、転職エージェントによって、企業とのコネクションの強さは異なります。

 

JACリクルートメントで僕の実体験でも書きましたが、担当コンサルタントの人推しで、選考を有利に進めることもできます。

 

転職エージェントや転職サイトにレジュメ登録することは数分もあればできます。ですが、登録することが少し面倒に感じるかもしれません。登録するとエージェントから電話やメールが来たりもするので、人によっては、たくさん登録すること自体にも気が引けることもあるかもしれません。

 

ですが、デメリット以上の大きなメリットが、転職エージェントや転職サイトにはあることを、決して忘れてはいけません。

 

30代の転職は、社会人としても中盤に差し掛かってきていますので、キャリアの観点でも重要です。ですから、できる限り多くの選択肢を手元に持ち、納得いく転職をすることが大切です。

 

転職エージェントや転職サイトを複数使いこなしながら、多くの選択肢を手元に持つ。無駄ではないこの「一手間」をかけられるだけで、この先何十年の未来が大きく変わってきます。ですので、決して妥協しないことが必要です。

 

「とはいえ、まだ転職するとは決めていないし」という状態の場合もあるかと思います。

 

これに関してお答えすると、転職エージェントや転職サイトに関しては、まだ転職する意思が全く固まっていなくても、無料で登録・相談・スカウト受信をすることができます。

 

はじめに登録するレジュメは後からいくらでも修正・更新ができます。なので、まずはいま書ける情報だけで埋めておき、いち早く求人や転職情報が入ってくる環境を作っておくことが、何より重要です。

 

30代転職は「良い準備」が全て

30代転職は「良い準備」が全て

 

30代で良い転職を実現している人は、実はたくさん存在します。

 

少し前までは転職は一般的ではなく、「30代だともう遅い」「ずっといまの会社で働かないといけない」そういう時代でした。

 

ですが、今は30代だからこそできる転職があります。30代にとっては、本当にキャリアの選択肢が増えましたね。

 

ただ当然ながら、簡単ではありません。何も経歴や実績がなければ選択肢は少なくなります。それは仕方のないことです。

 

でもそんな方でも、転職サイトや転職エージェントを複数利用し、選択肢をかき集めることで、転職成功確率を高めることは十分可能です。

 

30代転職の成功は、良い準備こそが全てです。40代に笑っていられるよう、理想のライフスタイル、ワークスタイルを実現していられるよう、30代のいま、行動を起こしましょう。

 

スポンサードリンク