【体験談&評判】JACリクルートメントで外資系大手から内定をもらったので感想をまとめた

f:id:travewriter:20170806153316j:plain

 

今回はJACリクルートメントを実際に使って転職活動を行った僕が、体験談や評判をまとめていく。

 

僕は先日転職活動を行い転職したのだが、その時に使った転職エージェントの一つがJACリクルートメントだった。

 

結論からいうと、JACリクルートメントは素晴らしい転職エージェントだった。

 

今回は転職を考えているあなたの検討用として、僕自身がJAC Recruitment(JACリクルートメント)を使って転職活動をした時の体験談を書いていく。

 

某大手外資系企業からも内定をいただくことができたので、実際にどんな求人が紹介されるかについても、僕の体験談から正直なところをお話ししていきたい。

 

  • 転職活動を考えているが、どこの転職エージェントを使ったら良いかわからない・・
  • 「ハイクラス転職」「グローバル」「外資系」「英語」といった求人に興味がある・・
  • JACリクルートメントを使おうと思ってるがあと一歩が踏み出せない・・・

 

もしあなたがこれらのいずれか一つでも当てはまるなら、今回の記事を読んで行動を起こしてほしい。JACリクルートメントは、あなたの悩みや希望を叶えてくれる。

JACリクルートメント公式サイトはこちら

 

\ハイクラス案件で国内随一の実績/

登録後もお金はかかりません。

 

JACリクルートメントの特徴

内容ハイキャリア・外資系に強い転職エージェント
おすすめな人管理職・経営層などハイキャリアの方や、若手ハイキャリアの方(営業系、コンサル系、経営企画、商品開発、事業戦略、マーケティング、経営、金融専門職、品質管理、施工管理、意匠設計、デザイン)

 

まずはJACリクルートメントについて簡単に特徴を紹介する。

 

ハイキャリア・外資系案件が多い

JACリクルートメントは「ハイキャリア案件」「外資系」がとにかく多い。

 

JACリクルートメントは、1975年にイギリスで設立された転職エージェントだ。海外進出する日系企業の人材採用を支援する目的で生まれているため、日系ハイキャリア企業はもちろん、グローバルに活躍できる外資系企業など、数多くの転職支援実績を持っている。

 

現在はアジア10カ国に存在するグローバルネットワークを駆使し、ハイキャリア・グローバル思考を持つ方々が数多く利用しており、実際に良い転職を実現している。外資系はもともと高待遇の案件が多いが、日系企業の好待遇のハイキャリア案件も多数JACリクルートメントは保有していることが特徴だ。

 

実際に僕が紹介を受けた企業も、他のエージェントと比べるとハイクラス案件が特に多かった。

 

各企業のことを熟知しているコンサルタントが複数担当に付く

JACリクルートメントではあなた一人に対し、複数のコンサルタントが付く。

 

通常の転職エージェントはあなた一人に対して専属のキャリアコンサルタントが一人付くが、その点がJACリクルートメントは違う。

 

この理由は、JACリクルートメントのコンサルティング体制が他の転職エージェントとは違うからだ。

 

JAC Recruitmentのサポート体制が良い理由

通常の転職エージェントは、企業側をケアするコンサルタントと、求職者側をケアするコンサルタントの2名が存在する。

 

一方、JACリクルートメントはその役割が1人に集約されていて、企業のケアをしながらも、求職者のケアもするのだ。

 

つまり、JACリクルートメントのコンサルタントは、企業のことを熟知しているのだ。日々企業担当者と話し合い、その情報や温度感を持ったまま僕たちにアドバイスすることができる。これは普通の転職エージェントでは難しいだろう。

 

なぜなら、あなたの相談を聞いてくれるコンサルタントは、企業と直接やり取りはせず、社内の企業側を見てる別のコンサルタントに相談するのだから。だからこそ、JACリクルートメントのコンサルティング体制は質が高い。

 

そのため、JACリクルートメントは案件ごとにコンサルタントが変わる。この企業は◯◯さん、この企業は〜さんと、担当が違う。あなたがやり取りをするコンサルタントも、案件ごとに変わるのが特徴だ。

JACリクルートメント公式サイトはこちら

 

\ハイキャリアに強い/

登録後もお金はかかりません。

 

JACリクルートメントで転職活動した僕の体験談【面談・紹介された求人など】

JACリクルートメントにイメージができたところで、それでは早速、僕自身の実際の体験談から書いていきたい。

 

JACリクルートメントに登録した経緯

まずは僕の簡単な経歴から。僕はもともと大手の貿易企業に新卒で入っており、そこでしばらく働いていた。

 

その企業では海外赴任なども経験させてもらい満足していたが、新しいチャレンジと夢のため、転職活動を始めた。

 

そこで利用した転職エージェントの一つが、JACリクルートメントだった。

 

JAC Recruitment(JACリクルートメント)はイギリス系の外資系転職エージェントだ。外資系エージェントという特性もあり「外資系」「英語」「グローバル企業」などの求人を多く扱っているエージェントだ。

 

もともとの僕の経歴とも相関性があったたため、真っ先に登録した転職エージェントだ。

 

JACリクルートメントで転職活動した実際の結果

JAC Recruitment(JACリクルートメント)で転職活動をした結果としては次の通りだ。

 

  • 紹介してもらった求人数⇨10社
  • 選考に進んだ企業⇨3社
  • 内定をもらった企業⇨1社

 

結果としては上記の通りだ。

 

エージェントから紹介してもらった求人は10社、その内3社で選考に進み、外資系大手1社で内定をもらうことができた。

 

選考に進んだもう2社は他の選考とバッティングしてしまったため選考辞退という形をとった。

 

最終的にはJAC Recruitmentではない他のエージェント経由で決まった企業と悩んだ末、そちらの企業に入社を決めたが、結果としては上記の通りだ。

 

紹介してもらった求人について

JACリクルートメントで紹介してもらった求人について説明する。

 

社名を出してしまうのはNGなので簡単にグルーピングだけ紹介するが、外資系企業が3社、日系企業が7社で、日系企業の内、5社が海外関連のビジネスを展開していた企業だ。

 

僕自身がもともと海外や英語のバックグラウンドがあったことを考慮し紹介いただいたこともあるが、JAC Recruitmentはやはり「外資系」「グローバル」「英語」といった求人を持っていることを、実体験として強く実感した。

 

しかもその中には、僕の経歴ではまず無理だろうと思っていた外資系企業の求人も存在した。結果的にそこから内定をもらうことができたわけだが、JAC Recruitmentならではのコネクションや立ち回り、情報戦があってこそ、内定を取ることができたのだと思う。

 

ちなみに僕はリクルートエージェントなどにも登録をしていたが、そちらにはない求人も、JAC Recruitmentには豊富にあった。

 

「ハイクラス転職」を実現したい人にとって、JAC Recruitment(JACリクルートメント)は必ず登録すべき転職エージェントと言えるだろう。

 

面談でのJACリクルートメントのエージェントの対応に関して

JACリクルートメントのエージェントの対応で、その他の転職エージェントとはっきり異なると感じた点があった。

 

それはJAC Recruitment(JACリクルートメント)は「たくさんの求人をまとめて紹介するのではなく、一人ひとりにあった質の高い求人をピンポイントで紹介してくれる」ということだ。

 

ここは、他の転職エージェントとスタンスが完全に違っていたので、JAC Recruitment(ジェイエイシーリクルートメント)の特徴だと思う。

 

一般的な転職エージェントは、比較的選考が厳しそうな案件も紹介求人に入れてくることが多い。「とりあえずたくさんの候補の中から、あなたに合いそうな求人を探してみてください」というスタンスだ。これはこれでいろんな選択肢を知れるメリットがある一方、人によっては「希望と合わない」と感じる求人も含まれてくるだろう。

 

一方、JAC Recruitmentは「この人の希望・経歴・スキルであれば、この求人が特に合っているだろう」と見越して求人を紹介いただくことがほとんどだった。

 

その結果だからかもしれないが、JAC Recruitmentでは希望にあった求人を紹介してもらえる確率が高く、かつ書類選考段階で落ちるということがなかった。

 

これは僕の周囲でJAC Recruitment(JACリクルートメント)を使った転職者にも似た傾向が見られたので、事前応募段階からかなり絞り込んで求人を紹介してもらえてるのだと思う。

 

感じた印象として「自分にあった質の高い求人をピンポイントで紹介してもらいたい」という方は、JAC Recruitmentは特におすすめだ。

JACリクルートメント公式サイトはこちら

 

\国内トップクラスの求人の質/

登録後もお金はかかりません。

 

こんな人はJACリクルートメントに登録すべき

前述通り、JAC Recruitmentは人によっては合う・合わないが分かれる転職エージェントだと思う。

 

ある人には合わないだろうし、別の人には最高の転職エージェントだ。僕の場合は後者だったが、体感値として、JAC Recruitmentを使うべき人は次のような方だろう。

 

  • 今まで仕事で実績を残してきた人(規模はどんな会社でもOK。自分の言葉で語れるものがあれば)
  • 英語能力や海外経験がある人
  • 有名企業や大手企業出身の人

 

今まで仕事を通じて優秀な実績を残してきた方、英語力が高い方や海外経験のある方、もしくは新卒で有名企業に入り転職市場で使える会社ブランドがある方、これらのいずれか一つでも当てはまる方は、JAC Recruitmentを使えば満足のいく転職活動ができるだろう。

 

上記に当てはまる方は、転職エージェントの利用自体は無料なので、とりあえず登録してみて、どんな求人が紹介してもらえそうか確認するだけでも良いと思う。

 

JAC Recruitmentは良質な求人を揃えているので、1%でもチャンスがあるなら、そのチャンスを掴みに行動は起こしておいた方が良い。

JACリクルートメント公式サイトはこちら

 

\国内トップクラスの求人の質/

登録後もお金はかかりません。

 

JACリクルートメントの口コミ、評判

ここまで僕自身の実体験を元に、JACリクルートメントの特徴を述べてきた。

 

より客観的な判断をするため、JAC Recruitmentの口コミや評判も合わせて紹介する。

 

迅速な対応、案件数は多くないけれども質は悪くないと思います。

クチコミ投稿者 :30代、社内ITさん

Q:JACリクルートメントに登録したきっかけは何でしたか?
A:非公開求人の発掘のため

Q:キャリアコンサルタントの対応やアドバイスはいかがでしたか?
A:特に参考になるアドバイスは無かった。

Q:求人の紹介は納得のいくものでしたか?
A:業界ごとに担当が分かれており、各担当から直接案件の紹介がある。
  長期的に案件紹介が継続される点が非常に心強い。
  案件の質は悪くないが、量的にはさほど多くない。

Q:面接対策、職務経歴書添削などのサポートはいかがでしたか?
A:特にサポートは無かった。

Q:スピーディな対応で迅速に動いてくれましたか?
A:迅速な対応だったと思う

 

JAC Recruitmentの特徴として、業界ごとに担当者が分かれるという面がある。

 

業界ごとに担当がいるということは、その業界に長けた方が担当するということなので、その点はJAC Recruitmentの利用メリットの一つになっていると思う。(総合エージェントの中には、自分の希望する業界に全く精通していないエージェントもいるので)

 

営業も兼務しているコンサルの方で、求人の深くを知り、人事ともコネクションがあり面談の後押しをしてくれました

投稿者:RG 営業さん

転職エージェントを複数社使って転職をしました。その中の1つがJACリクルートメントで、先輩からオススメの転職エージェントって聞いて登録をしました。

担当してくれた転職エージェントの方は、クライアントへの営業窓口も行っているとの事で求人に関する知識の深さを感じました。大手どころは分業制で、求人票にある情報+ちょろちょろって感じの情報だけしかくれませんが、JACリクルートメントの場合には担当の人事と直接やりとりしているので、本当に深い情報を提供してくれます。

さらに、人事へのネゴもしっかりと取ってくれておりましたし、面談後にアピール不足だった部分をカバーする電話を人事に入れてくれて、面談OKへと導いてくれました。

私の場合はたまたま求人を担当する方が転職エージェントとして付いてくれたので良かったのかと思っていましたが、後々聞いたら最初の経歴書を送った段階でJACのコンサルチームで合うエージェントをチョイスしていたとの事でした。

それを内定後に聞いて、とても用意周到な素晴らしい会社だなと感じました。

 

リクルートエージェントなどの一般的な大手の転職エージェントは、求職者をサポートするキャリアアドバイザーと、企業側に営業を行うリクルーティングアドバイザーをそれぞれ分業でやることが一般的だ。

 

一方、JAC Recruitmentは、このキャリアアドバイザーとリクルーティングアドバイザーの双方の役目を一人のコンサルタントで担っているため、企業からの生の声や深い情報が得られたりする。

 

上記の方もそのメリットを感じているが、人が介するビジネスが故に、エージェントの担当者次第で優先的に面接に進めたり、そういうことは頻繁に起こるのが転職市場だ。

 

その点、企業側、求職者側の双方を一人が担当するJACリクルートメントは、融通が利く場面も必然的に多くなるのだろう。

 

\国内トップクラスの求人の質/

登録後もお金はかかりません。

 

よくある質問

JACリクルートメントを実際に使うイメージはできただろうか?早速無料で登録し、コンサルタントに相談をしてみてほしいが、それでもあなたはまだどこかで悩んでいるかもしれない。

 

そこでここでは、JACリクルートメントでよくある質問をまとめた。

 

参考にして、すっきりした状態で利用をスタートしてほしい。

 

利用は無料?

JACリクルートメントの利用は無料だ。一切お金はかからない。

 

キャリアの相談を聞いてもらったときも、求人を紹介してもらうときも、筆記や面接対策をしてもらうときも、一切お金はかからない。

 

だからお金のことは安心してほしい。経済的なことが理由で使えないということはない。

 

登録したら電話とかメールの催促が多いのでは?

僕も最初懸念していたが、JACリクルートメントには良い意味で驚かされた。

 

登録をしてから、しつこくメールや電話が来ることは全くなかったし、むしろ「もっと来ても良いんだけどな??」と思うほどだった。

 

JACリクルートメントは管理画面が付与され、そこで案件の調整をすることができる。あらかじめ自分の希望を伝えておけば、そこに自分に合った新しい求人が追加されていく。

 

忙しい社会人のあなたは、ひっきりなしにメールや電話が来ることは避けたいだろう。その点、JACリクルートメントはしつこさが一切なく、管理画面で案件の進捗をみれたことが個人的にとても良かった。

 

JACリクルートメントの登録方法

情報がいろいろとわかった時点で、JACリクルートメントのHPにアクセスしよう。「転職サポートへ申し込む」をクリックだ。

 

すると、基本情報や職務経歴を書く画面に移る。数分で入力を終わらせると登録完了だ。

 

登録を完了すると、JAC Recruitmentのエージェントから連絡が来るので、希望の仕事条件、待遇などを伝えることで、求人の紹介をしてもらえる。全体的な内定までの流れは以下の図の通りだ。

 

以上が登録や全体の流れだ。

 

 

JACリクルートメントを使って良い転職を実現しよう

終身雇用が崩壊した今、一社に勤め上げる時代はもう終わった。どんな人も自分自身の市場価値を正確に把握し、自分自身でキャリアを作っていくことが必要な時代だ。

 

もし今の会社に不満を感じていたり、転職に少しでも興味がある場合は、まず転職エージェントに登録して、いまの自分の市場価値、転職できそうな企業をエージェントに聞いてみることをおすすめする。

 

その中でも「グローバル」「英語」「外資系」「ハイクラス転職」といったことに興味があるなら、早速、JACリクルートメントのHPから無料登録を済ませ、自分に入社の可能性がある優良企業を知ると良いだろう。

 

「年収がもっと高ければ・・」と悩んでいる人は、実は年収100万円UPが期待できる企業に入れるかもしれない。それを知らずに時間を消費し、タイミングを逃してしまうことほど勿体無いことはないと個人的には思うので。

 

少なくとも、「実はこんな企業に入って、今とは違うこんな生活を自分でも実現できるんだ」という可能性は、実際に転職をせずとも、数分で無料登録さえすれば、無料で覗くことができるだろう。

 

\転職で更なるキャリアアップを/

登録後もお金はかかりません。

 

ABOUT US
travewriter
新卒で大手グローバル企業→20代で海外赴任→現在は本業で転職支援、副業で会社経営。『Travewriter』は、IT・Web・グローバルを中心としたスキル習得やキャリア・転職情報について、実際に経験した体験談をベースに発信している学習・キャリアの情報メディアです。