Webマーケティングでしんどい・きつい・辛い・辞めたいと感じること

Webマーケティングを辞めたい・しんどい・きつい・辛いと感じること

 

「Webマーケティングに興味があるけど、しんどいことや辛いことって実際あるの?」

「Webマーケティングの仕事をしているけどきつい辞めたい…

 

このように悩んでいませんか?

 

Webマーケティングは企業からの需要が高く、個人でも稼ぎやすい分野です。副業フリーランスで自由に働き、高年収を得ている方も多いです。そのため多くの人が、Webマーケティングの魅力に興味を持っています。

 

一方で、Webマーケティングの仕事はきつい、しんどい、辛いこともあります。マイナス面を知っておかないと「Webマーケティングがイメージと違った」ということにもなりかねません。

 

そこでこの記事では、Webマーケティングを辞めたい・辛い・しんどい・きついと感じることを、現役マーケターの筆者が実体験をもとに紹介します。

 

筆者はWebマーケティング歴5年以上、これまで国内大手のWeb企業で正社員として勤めた経験があります。Webマーケティング業界の転職支援にも長年携わってきたので、自身だけでなく、Webマーケティング業界のさまざまな仕事事情にも精通している立場です。

 

結論、Webマーケティングはきついこともありますが、それ以上に大きなメリットがあります

 

本記事を読み、しんどい部分に耐えられると感じた方は、需要も将来性も高く、高年収や自由な働き方も実現していけるWebマーケティングにぜひチャレンジしてみてください。

 

関連:Webマーケティングは「やめとけ」「後悔する」と言われる6つの理由

 

Webマーケティングをしんどい・きつい・辛い・辞めたいと感じること

Webマーケティングを辞めたい・しんどい・辛い・きついと感じること

 

まず先に、Webマーケティングの仕事をしていて「しんどい」「辛い」「きつい」「もう辞めたい」と感じることから紹介しますね。

 

結論、辞めたい・辛い・しんどい・きついと感じることは次の通りです。

 

Webマーケティングを辞めたい、きつい、しんどいと感じること
  1. なかなか思うような成果が出ないとき
  2. 成果が出ない理由自体がわからないとき
  3. クライアントの期待水準が、自身の実力よりも高いとき
  4. 地味な作業を愚直にやり続ける必要があること

 

1. なかなか思うような成果が出ないとき

Webマーケティングの仕事をしていると、思うように結果が出ないことがあります。そういうときはしんどい気持ちを感じますね。

 

そもそもWebマーケティングの世界は正解がないです。ですから、様々な情報・データを分析して「こうじゃないか?」と仮説を立て、施策実行・検証をぐるぐる回していく必要があります。

 

そのため、特に経験の浅い初心者の頃は、頑張って施策をやっても空振りしてしまい、全く効果が出ない、そういった日々が続くことも往々にあるんですよね。

 

実際に私も、過去には思うように結果が出ないこともありました。とある企業のマーケティング支援をしている中、なかなかサービスが売れなかったんですよね。

 

多くのWebマーケターは、同じように「苦労」を経験した上で、スキル・実績・年月を積み重ねているんですよね。

 

このように、頑張っても頑張っても成果につながらないときは、Webマーケティングの仕事はしんどいと感じる場面です。

 

2. 成果が出ない理由自体がわからないとき

Webマーケティングで成果が出ないとき、なぜ成果が出ないのか「理由」がわからない場合は、余計にきつく感じる瞬間です。

 

成果が出ない理由がわからない以上、闇雲に施策を打っても、全て空振りする可能性があります。つまり、成果が出るかどうかは、完全に「運次第」になってしまうんですよね。

 

運次第である以上、行動量ばかり増えて残業が続き、気力も体力も持たなくなる。そういうマーケターを私自身も数多く見てきました。

 

特に、経験が浅い新米マーケターの場合、どのようなプロセスで問題特定するか、具体的な手法も何もわからないと思います。

 

その状態で成果が出ないトンネルにハマってしまうと、残業が続いて激務になってしまったりと、Webマーケティングの仕事は、想像以上にしんどいと感じてしまうと思います。

 

3. クライアントの期待水準が、自身の実力よりも高いとき

Webマーケティングで「受託」「コンサル」「代理店」などの仕事をしている場合、クライアントの期待通り、または期待以上の仕事をすることが、Webマーケターとして求められます。

 

このとき、クライアントの期待水準が、自身の実力値より高くなってしまうと、仕事はかなりきつく、大変なものになります。

 

当然ながらクライアントとしては、期待している水準は必ずクリアしてほしいし、どうせなら期待以上の効果を出してほしいと思っています。

 

その時に、期待以下の効果しか提供できないと、クライアントからお叱りを受けることもあれば、最悪の場合、クライアントがスッと離れていってしまうこともあります。

 

このようなクライアントワークを行う以上、自身の提供価値がクライアントの期待価値を超えていることが必要不可欠なんですよね。

 

同じく経験が浅いころは、自身の提供価値がクライアントの期待価値を下回りやすいので、きついと感じる場面は自然と多くなります。

 

4. 地味な作業を愚直にやり続ける必要があること

Webマーケティングの仕事は華やかなイメージも持たれるかもですが、実際はかなり地味です。

 

  • ターゲットとなるユーザー理解をするためアンケートや取材を行う
  • 各種分析ツールを使って競合差分を分析する
  • 統計や解析結果をもとに施策をひたすら打つ

 

など、やっていることは全然華やかなことではありません。むしろ、数字を細かく分析したり、答えのない思考を張り巡らせることが多いので、実務は大変です。

 

実態はまあ地味なんですよね。ですから、理想と現実に乖離がある状態でWebマーケティング世界に入った場合、仕事は想像以上に辛いに感じてしまうかもしれません。

 

関連記事

「Webマーケティングでその他にしんどいシーン」や「Webマーケティングはやめとけ言われる理由」は【経験談】Webマーケティングはやめとけ、後悔すると言われる6つの理由で詳しくまとめています。こちらもぜひご覧ください。

 

それでもWebマーケティングにチャレンジすべき、続けるべき理由

それでもWebマーケティングにチャレンジすべき、続けるべき理由

 

Webマーケティングはきついこと、辛いこともありますが、それでもWebマーケティングにチャレンジすべき、続けるべきです。そう考える理由は大きく3つあります。

 

それでもWebマーケティングにチャレンジすべき・続けるべき理由
  1. Webマーケティングは今後も伸びていく分野だから
  2. Webマーケティングスキルがあると人生の選択肢が広がるから
  3. 会社に依存しない状態になれるから

 

1. Webマーケティングは今後も伸びていく分野だから

日本は人口減少や少子高齢化により、多くの業界は「停滞」あるいは「衰退」しています。その中で、Webマーケティングは日本では数少ない成長市場です。

 

毎年業界の市場規模が力強く成長しており、Webマーケターの需要も日に日に高まっています。

 

衰退市場で頑張るのは、川の流れに逆らって泳いでいくようなものです。逆に、Webマーケティングのような成長市場で頑張るのは、川の流れに沿って泳いでいくようなものです。同じ努力でも遥か遠くまで到達できるのです。

 

関連:Webマーケティング業界の将来性、今後の需要は?なくなる?【未来は明るい】

 

2. Webマーケティングスキルがあると人生の選択肢が広がるから

Webマーケティングスキルがあると、控えめに言っても人生で選べる選択肢は広がります。

 

Webマーケティングスキルは需要が高いため、企業に就職・転職し、Web担当者やWebマーケターとして求められる存在になることができます。

 

加えて、Webマーケティングは個人でも稼ぎやすいため、月5万円の副業収入を得たり、会社を辞めてフリーランスとして独立することもできます。

 

このように、Webマーケティングはいろんな生き方・働き方の選択肢を得ることができます。しんどいことがあっても、頑張る理由になるでしょう。

 

関連:【未経験向け】Webマーケティング副業の始め方【現役マーケターが解説】

 

3. 会社に依存しない状態になれるから

転職や副業、フリーランスに今は興味がなくても、これからの時代、どんな会社も安定はありません。トヨタ自動車が「終身雇用を守れない」と公言したように、どんな会社もこの先は不透明なのです。

 

その点、Webマーケティングでスキルや経験を積んでおけば、前述通り、企業に就職・転職はしやすいですし、副業・フリーランスで個人で稼ぐことも実現しやすいです。

 

会社に依存しない状態を作れるのは、企業からの需要が高く、個人でも働きやすいWebマーケティングならではです。

 

関連:Webマーケティングでフリーランス独立する方法や年収事情

 

こんな人は自信を持ってWebマーケティングに挑戦すべき

こんな人は自信を持ってWebマーケティングに挑戦すべき

 

ここまでお伝えしたことを踏まえて、次のような人はWebマーケティングに挑戦すべき・続けるべきです。

 

こんな人はWebマーケティングにチャレンジすべき
  1. 副業で収入を得たい
  2. フリーランスとして独立したい
  3. 需要の高い業界で将来性の高い仕事がしたい
  4. 個人でも食べていける、会社に依存しないスキルを身につけたい

 

Webマーケティング業界で働く方をたくさん見てきましたが、このような方は、Webマーケティングは特に向いていると言えます。

 

  • これからWebマーケティングにチャレンジしたい未経験の方
  • すでにWebマーケティング業界で仕事をしていて、仕事を辞めようか悩んでいる方

 

あなたがこのどちらであっても、Webマーケティングにチャレンジすべき・続けるべきです。それだけの大きな見返りが、Webマーケティングにはあるからです。

 

まとめ

述べてきた通り、Webマーケティングはきついこと、しんどいこともありますが、それ以上に大きな見返りがある分野です。

 

これからWebマーケティングにチャレンジしたい方は、迷うことなく、Webマーケティングのチャレンジすることがおすすめです。

 

「何から行動すればいいかわからない」という方は、最近はWebマーケティングスクールを利用することで、未経験からWebマーケティング業界に入った方が増えています。

 

本当におすすめのWebマーケティングスクール8選で、未経験向けのスクールや選び方をまとめているので、よければチェックしてみてください。

 

一方、すでにWebマーケティングの仕事をしていて「やっぱり向いていないから辞めたい」と感じる方は、Webマーケティング経験者の転職に強い転職エージェントに相談してみると、今後取れる選択肢がわかります。

 

Webマーケティングに強い転職サイト・転職エージェント14選で選び方や活用方法を含めてまとめているので、もうWebマーケティングを辞めたい方は、こちらをチェックしてみてください。