Webマーケティングで独立してフリーランスになる方法【Webマーケターが手順解説】

Webマーケティングで独立してフリーランスになる方法【Webマーケターが手順解説】

 

「Webマーケティングで独立してフリーランスになりたいな。どの程度のスキルがあれば、フリーランスのWebマーケターとして独立できるんだろう?」

 

このような疑問をお持ちではないでしょうか?

 

結論から言うと、Webマーケティングの分野は、未経験からでもスキルを習得すれば、フリーランス独立が可能です。

 

その理由や、フリーランス独立に必要なスキル、フリーランスとして実現できる年収や、独立する具体的手順まで、記事を通じて全て解説します。

 

僕は現在、大手企業で転職支援の仕事をしながら、副業でWebマーケティングの個人会社を経営しています。法人の集客支援や、Webサイト運営を行っており、Webマーケティング領域では累計1億円以上の利益を個人で生み出してきました。

 

Webマーケティング分野で一定の実績を残してきた経験や、フリーランスのWebマーケターに仕事を発注することもあるので、フリーランスWebマーケターにはどのようなスキルが必要で、どの程度の収入を実現できるかも理解してきました。

 

そのような立場から、Webマーケティングで独立し、フリーランスになる手順などを解説します。

 

未経験からWebマーケティングを学び、独立することが可能な理由

未経験からWebマーケティングを学び、独立することが可能な理由

 

結論から言うと、Webマーケティングは需要が高く、案件が豊富だからです。

 

ですので、Webマーケターとして必要なスキルさえ身につければ、実務経験がなかったとしても、仕事は取れます。

 

事例を挙げると、僕は会社員としてWebマーケティングの経験はありませんでした。ではどのような経験があったかというと、個人でWebサイトを運営していた経験です。自身でWebサイト運営をしていく中で経験を積んでいき、法人企業のマーケティングなどを任されるようになっていきました。

 

これは僕だけの話ではなく、僕が過去に仕事を発注してきた方の中にも、企業でマーケターとしての経験はないものの、結果を残してくれる優秀なマーケターは存在しました。

 

このことから言えることは、Webマーケターとして独立して生きていくなら、実務経験でなく、「スキル」が何より重要ということです。

 

もちろん、最初の仕事を発注してもらうためには「実績」が求められることも多いですが、「最初は無料でやるので、結果で判断してください」くらいとでも言えば、案件発注くらいはもらえますよ。

 

一度認めてもらえば、そこからはスキルを使って結果を出していけばいいんです。

 

このように、Webマーケティング業界での経験がなくても、フリーランスのWebマーケターにはなることが可能です。

 

フリーランスWebマーケターに必要なスキル

フリーランスWebマーケターに必要なスキル

 

ではフリーランスWebマーケターとして独立するために「必要なスキル」はどのようなものがあるか。

 

これはWebマーケティングのどの分野で勝負するかによって変わりますが、端的に言えば、

 

  1. クライアントに売上を作るか
  2. クライアントのコストダウンを実現できるか

 

このどちらかできれば問題ないです。

 

特に法人企業を相手にする場合、法人の意思決定は多くが「利益につながるか」です。

 

「利益=売上-コスト」ですから、売上を上げられるマーケターや、コストを下げられるマーケターは、それだけで価値が大きく、企業からの需要も高いです。

 

例えば、SEOスキルを駆使して、Web上での問い合わせ数を高めることができるなら、その時点で売上UPの実益をクライアントに与えることができます。

 

また、クライアントが既存で利用しているフリーランスより低単価で、同品質の案件を受けられるなら、その時点でコストダウンの実益をクライアントに与えることができます。

 

このように、本質的に言えば、売上を上げること、あるいはコストを下げることができること。このどちらか、あるいは両方ができれば、フリーランスとして食べていくにはまず困りませんし、年収1,000万円くらいは十分実現できますよ。

 

SEOでタイトルをつける技術や、文章を書く技術はもちろん大事ですが、本質的にいえば売上を上げるか、コストを下げることができれば、仮にスキルがなくても、クライアントからは重宝されます。

 

フリーランスWebマーケターの年収

フリーランスWebマーケターの年収

 

これは正直ピンキリです。年収200万円くらいのWebマーケターもいれば、年収2,000万円〜年収3,000万円のWebマーケターもいます。

 

普通に法人案件を受注し、個人でこなしていくだけだと、年収1,500万円くらいが限度かなと思います。

 

一方、企業の中でも「高単価案件」を取ったり、あるいは「チーム」として仕事を受け、プロジェクトマネジャー(いわゆる案件のリーダー的な存在)の場合は、年収2,000万円〜年収3,000万円くらいの人もいます。

 

また、自分自身でWebサイトやサービスを運営しているマーケターの場合、年収100万円以下もいれば、年収5,000万円以上もいます。作ったサイトやサービスが当たらないと悲惨ですが、当たるとスケールします。

 

このように、フリーランスのWebマーケターの年収はピンキリです。とはいえ、収入は青天井に伸びていくので、夢がある仕事だなと、Webマーケティングの仕事をしていてそう思います。

 

Webマーケティングで独立し、フリーランスになる方法

Webマーケティングで独立し、フリーランスになる方法

 

ではどのような手順でWebマーケティンで独立すればいいか、手順は以下の3つです。

 

  1. Webマーケティングの実践スキルをまず習得する
  2. スキルや実績をもとに営業をかける
  3. 案件を受注し、安定してきたらフリーランス独立する

 

ステップは上記の通りです。それぞれ解説します。

 

1. Webマーケティングの実践スキルをまず習得する

これがないと話になりません。まずはWebマーケティングの実践スキルを身につけましょう。

 

じゃあどうやって習得すればいいの?という点については、基本的には実践あるのみです。SEOをやるなら自分でサイトを作ってみる、広告運用をするならお金をかけて広告を出してみる。このような実践です。

 

実践をする中で、わからないことは本で調べたり、あるいはプロに相談することで、最短最速で実践スキルが身についていきます。

 

この点については「Webマーケティングを独学し、稼ぐことや転職はできる?【現役Webマーケターが解説】」でも解説しているので参考にしてみてください。いずれにしても実践が一番早いです。

 

2. スキルや実績をもとに営業をかける

実践練習を通じてスキルまたは実績、あるいは両方ができたら、営業をかけていきましょう。

 

「営業って難しそう」「営業なんて絶対無理」と感じたかもしれませんが、営業と言っても、別に難しいことではありません。

 

例えば最近はWorkshipなどの案件サイトやクラウドソーシングもありますし、フリーランスを束ねてチームを作っているコミュニティもあります。

 

そのような案件が集まりやすいところにポジションを取り、自分のスキルや実績をアピールするだけでも、一つの営業の形ですし、1案件目は十分獲得できるはずです。最初は無料や、成果報酬でトライアルとして仕事を引き受ければ、相手方にもリスクはありません。

 

1件目を無事獲得できたら、本気でその案件を成功させるために、全身全霊をかけて取り組みましょう。なぜなら、1件目の出来によって、継続発注となるか、契約打ち切りになるかが分かれるからです。

 

僕自身、案件を発注する立場として、「ずっとお願いしたいマーケター」と「そうでないマーケター」、この違いは、1案件目が終わった頃には結論がもう出ています。これは他の発注者に聞いても同じです。

 

だからこそ、1案件目でしっかり成果を出せれば、継続発注に繋げることが期待できます。

 

1案件目で成果を出すためには「スキル」が必要ですから、やっぱりスキルこそが重要なんですよね。

 

3. 案件を受注し、安定してきたらフリーランス独立する

継続発注で安定してきた段階で、フリーランスとして独立することをおすすめします。

 

案件がないままフリーランス独立し、うまくいく人も世の中にはいますが、それはもともとスキルがある人ですし、スキルがない人の場合、いきなり独立してうまくいく人は少数派です。

 

僕はまさに凡人でしたので、副業でスキルや経験を積みながら、徐々に案件を広げていきました。僕のように才能のない普通の人の場合は、副業という形で仕事を受けつつ、安定した段階でフリーランス独立すると良いですね。

 

以上述べたステップが、Webマーケティングでフリーランス独立する手順です。

 

合わせて読みたい

なお、すでにWebマーケターとして実務経験や実績がある場合、Workshipに登録し、仕事経験を積むことが一番早いです。

Workshipは実務経験や実績があれば利用できる、フリーランス・副業向け案件サイトです。特にWebマーケティング案件が多く、僕も副業で利用していました。使っていて満足度が高かったので、気になる場合は無料登録してみることをおすすめします。

 

まとめ

Webマーケティングで独立し、フリーランスになる方法

 

記事に内容をまとめます。

 

本記事のまとめ

・未経験からでもWebマーケティングで独立し、フリーランスになれる

・フリーランスWebマーケターには、売上を上げるか、コストを下げるスキルが必要

・フリーランスWebマーケターの年収はピンキリ(下は年収100万円以下、上は年収5,000万円以上)

・Webマーケティングで独立するなら、まずスキルや実績をつけ、1案件目を成功させ、継続発注に繋げる。その後独立がリスク低くて良いステップ

 

まとめると上記の通りです。

 

文中の述べましたが、Webマーケティング未経験からでも、フリーランス独立は可能です。

 

もちろん、フリーランスなので、案件が取れなければ収入が入ってこないリスクもあります。ですが、いきなりフリーランスではなく「副業」でスタートし、実績を積んでいけば、リスクを負うことなく、安定したフリーランスを目指すこともできます。

 

Webマーケティング分野はとにかく収入が良いので、個人で年収1,000万円〜2,000万円といった収入を得ながら、リモートで自由に働くこともできます。

 

世の中のあらゆるスキルを見渡しても、これだけスケールするスキルはなかなかないです。

 

だからこそ、Webマーケティング分野でフリーランスとして仕事をすることは、今後の時代を考えても、良い道・キャリアだと思いますよ。