Webマーケティングを独学し、稼ぐことや転職はできる?【現役Webマーケターが解説】

Webマーケティングを独学し、稼ぐことや転職はできる?【現役Webマーケターが解説】

 

「Webマーケティングを独学で習得して稼ぐことや、転職はできるのかな?」

 

このような悩みをお持ちではないでしょうか?

 

早速結論からお伝えすると、

 

  • Webマーケティングを独学で習得し、稼ぐことや転職はできる
  • ただし簡単ではなく、挫折する可能性も高い

 

これが事実です。そこで本記事では、Webマーケティングと独学について、現役マーケターの筆者が解説します。

 

僕は現在大手企業で転職支援の仕事をしながら、副業でWebマーケティングの一人会社を経営しています。法人の集客支援やWebサイトの運営を行っており、Webマーケティングでは累計1億円以上の利益を生み出しています。

 

Webマーケティング分野で一定の実績を残してきた経験から、独学でスキル習得した方や、逆にできなかった方も多く見てきました。

 

そのような立場から、Webマーケティングは独学で習得できるかどうかについて、解説していきます。

 

Webマーケティングを独学で習得し、稼ぐことは可能

Webマーケティングを独学で習得し、稼ぐことは可能

 

Webマーケティングを独学で習得し、稼ぐことは可能です。なぜなら、Webマーケティングを独学で習得し、稼げるようになった人は世の中たくさん存在するからです。

 

例えば僕も、その一人です。僕は何も経験がない状態でWebサイトを立ち上げ、SEOなど、サイト運営に必要なスキルを独学で学んできました。

 

紆余曲折がありながらも、Webマーケティングをスタートして3年たった頃には、毎月300万円以上の利益が出るようになっていました。

 

もちろん、かなり苦労はしましたよ。でも、誰かに教わったことは一度もないですし、全て自分自身でPDCAを回しながら習得してきました。僕のように、完全独学でWebマーケティングを習得した人は、僕の周囲でも何人もいます。

 

このようにWebマーケティングは、独学で習得し、個人で稼げるようになっている人も多い分野です。ですから、独学が無理かというとそうではなく、独学は可能です。

 

Webマーケティングを独学して転職も可能

Webマーケティングを独学して転職も可能

 

また、Webマーケティングを独学で勉強し、Webマーケティング会社へマーケター転職することも可能です。

 

僕自身、大手企業で転職支援の仕事をしており実態を把握していますが、Webマーケターは未経験OKの求人も多いので、実務経験がなくても採用される可能性があります。

 

特に20代前半など若い方であれば、年齢を武器に、ポテンシャル採用として転職できる可能性があります。若い方で未経験からマーケター転職している方は多くいますよ。

 

一方、Webマーケティングの実務経験がない場合、転職を希望する以上は、事前にWebマーケティングの学習をしているなど、アピール材料は必要です。

 

その点で、独学でWebマーケティングを学んでおり、企業側が教育コストを削減できると判断してくれれば、転職成功確率はその分高まります。

 

ですから、Webマーケター転職したいなら、事前にWebマーケティングを学習しておくなど、プラスになることはやっておくことがおすすめです。

 

ただしWebマーケティング独学は簡単ではない

Webマーケティングを独学して転職も可能

 

ここまでは朗報でしたが、ここからは少し悲報を。

 

Webマーケティングは独学で習得できるとはいえ、Webマーケティング独学は簡単ではないことも事実です。むしろ、かなり難しいと思います。

 

実際のところ、僕も何度も諦めそうになりました。考えて行動してもうまくいかず、「こんな状態なら、もうやらない方が良いんじゃないか…?」と思ったことは何度もあります。

 

これは僕だけでなく、僕の周囲でWebマーケティングを学んでいた人も、同じような感情を感じていました。

 

これは僕の体感値ですが、Webマーケティングを独学で勉強する人の90%くらいは、途中で挫折しています。

 

ですから、Webマーケティング独学は可能ではあるものの、決して簡単ではないと思います。

 

ではその中で、どうすればWebマーケティングを独学で習得できるのか、具体的な方法を解説していきます。

 

Webマーケティングを独学で習得する方法

Webマーケティングを独学で習得する方法

 

Webマーケティング独学の方法はシンプルです。

 

「実践する」これに尽きます。

 

Webマーケティング独学は「実践あるのみ」

実践するとは、実際に自分でやってみるということです。

 

では実際に、どのように実践するのか、Webマーケティングを「SEO」と「広告運用」に分けて、ポイントを絞って解説します。

 

簡単にSEOと広告運用の違いを説明しておくと次の通りです。

 

  • SEO:良質な記事を作成し、サイトにアクセスを集め、売上UPを実現する手法
  • 広告運用:Google/Yahoo/各種SNS広告(Twitter、facebook、LINE等)へ有料で広告出稿し、売上UPを実現する方法

 

こんなイメージです。それぞれポイントを絞って解説します。

 

例①:SEOで実践するなら

SEOを学ぶなら、自分でWebサイトを立ち上げ、記事を書き、修正することを繰り返すことが実践です。

 

SEOの実践方法

・Webサイトを立ち上げる(サーバーとドメインを取得)

・WordPressをインストールする

・各種分析ツールをインストールする(Google Search ConsoleやGoogleアナリティクス)

・ASP(Affiliate Searvice Provider)に登録する

・Webサイトのジャンルやカテゴリーを決める

・記事を書いていく

・商品・サービスをサイト上で販売する

・データを分析し、改善していく

 

上記のように、Webサイトをゼロから立ち上げ、記事を書き、分析し、SEOでサイトを伸ばしていくことを、一から全部自分で実践でやっていくことです。

 

こういったことを一通り実践するからこそ、実践で本当に必要なスキルが身についていきます。

 

逆に、実践をしないまま、Webマーケティングの情報ばかりをネットや本で理解した気になっても、全く意味ありません。

 

知識として知っているのと、実践して知っているのでは、「知見の質」が全く異なるんですよね。

 

このように、SEOを習得するなら、実際にWebサイトを立ち上げ、SEO施策で伸ばす経験をする。このステップこそが、自身の経験や、周囲の事例を見ても、Webマーケティングの中でもSEOを独学で習得するなら最短の道だと、確信しています。

 

例②:広告運用で実践するなら

一方、広告運用に関しても同様で、自分のサイトを立ち上げて、実践で学んでいくことがおすすめです。

 

広告運用の場合も、ASP(Affiliate Searvice Provider)に登録すれば、他人のサービスを広告運用で扱うことができます。

 

広告運用の実践方法

・ASP(Affiliate Searvice Provider)に登録する

・ASP内で広告運用OKの案件を探す

・予算を投下して運用してみる(月20〜30万円など)

 

上記のような手順でやれば、広告運用も個人で実践できます。

 

一方、上記をみるとわかるように、広告運用はお金がかかります。ですので、資金が全くない個人だと難しいです。

 

なので、広告運用をしたいけどお金がない場合は、広告代理店に転職し、現場で実践経験を積んでいくことが良いと思います。

 

SEOと広告運用は奥が深く、独学方法を細かく解説すると長くなるので割愛しますが、どちらにしてもWebマーケティングスキルを習得するなら、実践あるのみです。

 

実践していく中で、わからないことを都度学んでいくことが最短

さて、実践していく中では、わからないことには都度ぶつかります。

 

そのような「わからないこと」にぶつかった際に、プロに相談するなどを行い、学んでいくことが個人的にはおすすめです。

 

というのも、僕はこの点で失敗した経験があるからです。これは僕の反省点ですが、僕はわからないことがあっても、全部自分で解決しようとしていました。

 

結果としてそれが身にはなったのですが、「もう少し周りに聞いたり頼っていれば、正しい方法がすぐわかり、結果が出るまでのスピードは早かっただろうな」とも感じています。

 

ですから、実践を行っていく中でわからないことがあれば、その際はプロの力を借りながら学習する。このステップが、個人的にはおすすめです。

 

Webマーケティング独学の自信がない人の学習方法

Webマーケティング独学の自信がない人の学習方法

 

一方で、Webマーケティングを一人で実践できるような人は、実際のところ一握りです。

 

では、どんな人でもWebマーケティングの基礎を身につけ、自走できる状態になるならどうすればいいかというと、「やらざるを得ない環境に身をおくこと」ですね。

 

例えば、マーケターとして実績を持つ、信頼できるプロのお金を払い、顧問をお願いすることは一つの手だと思います。

 

最近はSNSで評判の良いマーケターもいるので、もし募集していれば、そういう方にお金を払い、視点を借りることも良いと思います。

 

お金を払う以上、「元を取り返さなきゃ」という感情が湧くのが人間なので、やらざるを得ない環境を作るなら手軽な方法です。

 

また最近だと、Webマーケティングスクールも充実しています。頼れそうなプロが身近にいない場合、Webマーケティングスクールにお金を先行投資することも、最短でWebマーケティングに慣れていく上では良い道と思います。

 

WebマーケティングスクールではWebマーケティングの基礎から実践まで、体系的なスキルを学んでいけます。こういう環境で土台をまず作っていけば、より効率的に、より高いレベルのマーケターも目指せます。

 

加えて最近は「転職支援がついたWebマーケティングスクール」も存在します。そのようなスクールを利用することで、より高い確率で、Webマーケター転職も目指せます。

 

このように、完全独学で、自分一人で実践する自信がない場合は、プロの力を借りたり、スクールに投資することで、やらざるを得ない環境を作り、学習していくと良いと思いますよ。

 

なお、Webマーケティングスクールは特に「広告運用」のスクールが多く、広告運用の基礎から実践まで学べるところが多いです。ですから、広告代理店にマーケター転職する前の準備としても、スクール利用はおすすめです。

 

Webマーケティングスクールおすすめはこちら

参考までに、現役マーケター目線でおすすめのWebマーケティングスクールは「Webマーケティングスクールおすすめ4選を比較【現役マーケター厳選】」で紹介しています。

独学でやる自信がない場合や、手厚いマーケター転職支援を受けたい場合は、ここで紹介しているようなスクールを頼ることも一つの手です。

 

まとめ

Webマーケティングを独学し、稼ぐことや転職はできる?【現役Webマーケターが解説】

 

結論をまとめます。

 

本記事のまとめ

Webマーケティングは独学でも習得できる(実際に独学で習得している人もいる)

Webマーケティングは独学して転職もできる(実際に転職している人もいる)

一方、Webマーケティング独学は簡単じゃない(10人いれば9人は挫折する)

Webマーケティング独学で重要なのは「実践」。実践あるのみ

実践の中でプロの力を借りることも、目的達成に向けた一つの手段(実績にあるマーケターに相談する、スクールを利用するなど)

 

上記の通り、Webマーケティング独学は簡単ではありませんが、習得可能なことも事実です。

 

最後に、終身雇用の崩壊、年金不安など、これからの時代、会社に依存することはもうできません。

 

特に20〜30代の方は、「自分の力でどこへいっても生きていける力」を身につけておく必要は、全ての人にあると言っても過言ではありません。

 

その点、Webマーケティングは企業からの需要が高く、個人でも副業や独立で稼ぎやすいスキルです。加えて、Webマーケティングは「成長市場」なので、今のうちに身につけておけば、この先の人生を豊かに生きることにも直接繋がります。

 

このように、Webマーケティングは習得するメリットが大きいスキルだからこそ、今のうちから学んでおくことで、この先の未来がずっと生きやすくなると思いますよ。