【最強スキル】普通の大学生こそWebマーケティングを学ぶべき理由と具体的手順

【最強スキル】普通の大学生こそWebマーケティングを学ぶべき理由と具体的手順

 

Webマーケティング/デジタルマーケティング会社を経営しているTravewriterです。

 

この記事では、普通の大学生こそWebマーケティングを学ぶべき理由や、大学生向けのWebマーケティング勉強方法を、Webマーケティングでたくさんのクライアントを支援してきた経験をもとに紹介します。

 

私は普通の大学生こそ、Webマーケティングスキルを学ぶことを強くおすすめしています。なぜならWebマーケティングには、それだけ大きな可能性があるからです。

 

とはいえ、Webマーケティングに触れたことがない大学生にとっては、

 

  • 「大学生がWebマーケティングを学ぶメリットってどんなもの?」
  • 「大学生はどうやってWebマーケティングを勉強すればいいの?」
  • 「大学生でもWebマーケティングで稼げる?具体的な方法はどんなものがあるの?」

 

このようにわからないことも多いのではないでしょうか?この記事を読めば、

 

この記事でわかること
  • 大学生がWebマーケティングを学ぶべき3つの理由
  • 大学生がWebマーケティングを学ぶメリット・デメリット
  • 大学生がWebマーケティングを学ぶ勉強方法
  • 大学生がWebマーケティングで収入を得る方法(副業など)

 

これらがすべてわかります。5分ほどで読める文量です。よければ続きをどうぞ。

 

普通の大学生こそWebマーケティングを学ぶべき3つの理由

なぜ普通の大学生こそWebマーケティングを学ぶべきなの?3つの理由

 

なぜ普通の大学生こそWebマーケティングを学ぶべきなのか?理由はたくさんありますが、中でも大きな理由は次の3つです。

 

大学生がWebマーケティングを学ぶべき3つの理由
  1. Webマーケティングは市場価値の高い最強スキルだから(就活も有利になる)
  2. 大学生のうちにWebマーケティングで個人で稼ぐこともできるから
  3. Webマーケティングのインターンやアルバイトにも採用されやすくなるから

 

1. Webマーケティングは市場価値の高い最強スキルだから(就活も有利になる)

世の中にはいろんなスキルがありますが、その中でもWebマーケティングスキルは、市場価値の高い最強スキルです。なぜなら、Webマーケティングはあらゆる業界になくてはならない、根幹的なスキルだからです。

 

いまの時代、どんな業界・会社も、Webを使ったマーケティングは必須です。Webマーケティング業界はもちろんのこと、アパレル業界、飲食業界、不動産業界、化粧品業界、旅行業界など、どんな業界も、Webを使ったマーケティングに力を入れています。

 

それを示す根拠として、Webマーケティング市場は拡大しています。Webマーケティング市場の大きさを測る指標に「インターネット広告の市場規模」の統計があります。統計をみると次の通りです。

 

Webマーケティング インターネット広告 市場規模

インターネット広告市場に関する調査を実施(2021年)| 矢野経済研究所

 

このように、市場は年々右肩上がりに成長しているんですよね。

 

市場が伸びている=企業からの需要が拡大しているということ。ですから、Webマーケティングを学ぶだけで、いろんな企業から必要とされる市場価値の高い人材になれるんですよね。

 

Webマーケティングを学べば大学生の就活も有利になる

もちろん、大学生の就活も有利になりますよ。私は転職支援の仕事も長年経験していますが、Webマーケティング人材の需要は企業からとても高いです。

 

普通の大学生にとって、就活でアピールできるスキルや経験はほとんどないと思います。Webマーケティングを学べば、就活を始め、これからの人生で有利になる場面が増えます。

 

この一点だけでも、大学生がWebマーケティングを学ぶ価値があると思いますよ。

 

2. 大学生のうちにWebマーケティングで個人で稼ぐこともできるから

最近は大学生のうちから個人で稼ぐ人が増えてきましたよね。

 

特にWebマーケティングは、個人で稼ぎやすい代表的なスキルです。例えばブログを運営して広告収益を得たり、SNSを使って収入を得ることも、Webマーケティングを学べば実現できます。

 

また、最近は大学生の副業としてWebマーケティングを始める方も増えています。Webマーケティングは時間や場所にしばられず、パソコン1台あればどこでもできます。ふkで始めるにもぴったりなんですよね。

 

このように、大学生のうちにWebマーケティングスキルで個人で稼げる点も、Webマーケティングを学ぶ大きなメリットです。

 

未経験でもできるWebマーケティング副業は【未経験向け】Webマーケティング副業の始め方【現役マーケターが解説】でまとめているので、あわせて読んでみてください。もちろん大学生でもできる内容です。

 

3. Webマーケティングのインターンやアルバイトにも採用されやすくなるから

大学生にとってインターンやアルバイトは貴重な経験になります。

 

その点、Webマーケティングを事前に学んでおくと、Webマーケティング系のインターンやアルバイトに採用されやすくなります。

 

普通のインターンやアルバイトと違い、Webマーケティング系のインターン・アルバイトは「専門スキル」が身につくことが大きな特徴です。

 

お金をもらいながら専門スキルを磨けるのは、Webマーケティングのインターン・アルバイトならではです。

 

とはいえ、Webマーケティングのインターンは人気ですから、全くの未経験だと採用されない可能性もあります。

 

だからこそ、Webマーケティングを事前に学んでおくことが必要です。そうすれば、希望のWebマーケティング会社のインターンやアルバイトにも採用されやすくなります。

 

大学生がWebマーケティングを学ぶメリット・デメリット

大学生がWebマーケティングを学ぶメリット・デメリット

 

先ほどと重複する部分もありますが、大学生がWebマーケティングを学ぶメリット・デメリットを一覧でまとめると、次の通りです。

 

大学生がWebマーケティングを学ぶメリット
  • 就活が有利になる
  • Webマーケティングのインターンやアルバイトができる
  • 大学生のうちに個人で稼ぐ経験も積める
  • 需要が高いスキルのため、会社に依存する必要がなくなる
  • 大学卒業後、フリーランスとしてすぐ活動もできる
  • 新卒で入社した会社が万が一合わなくても、スキルがあるからすぐ辞められる
  • パソコン1台でいつでもどこでも仕事ができるようになる
大学生がWebマーケティングを学ぶデメリット
  • 大学生活のうち、一定時間を勉強に投資する必要あり
  • 勉強方法によってはお金がかかることも(例:Webマーケティングスクールを使う場合)

 

メリット・デメリットを見比べてみると、圧倒的にメリットの方が多いことがわかると思います。

 

唯一デメリットは、Webマーケティングを勉強するのに一定時間を投資する必要があることと、勉強方法によってはお金がかかることです。

 

とはいえ、時間やお金がかかっても、Webマーケティングは学ぶ価値があります。

 

例えば、Webマーケティングの世界は、年収1,000万円は決してトップ層ではありません。中には年収2,000万円〜3,000万円以上の方や、年収5,000万円〜年収1億円以上の方もいる世界がWebマーケティングだからです。

 

会社員の平均年収が400万円を切るような時代です。そう考えると、大学生のうちの時間とお金を投資することは、全く無駄ではなく、むしろリターンがものすごく大きいと言えるでしょう。

 

大学生がWebマーケティングを学ぶ3つの手順・勉強方法

大学生がWebマーケティングを学ぶ3つの手順・勉強方法

 

ここからは大学生がWebマーケティングを学ぶ手順・勉強方法を、Webマーケティング業界で長年仕事をしてきた経験から解説します。結論、次の3ステップで勉強を進めます。

 

大学生のWebマーケティング勉強法
  1. Webマーケティングの全体像を掴む
  2. Webマーケティングのどの分野を学ぶか決める
  3. Webマーケティングを実際に実践してみる

 

1. Webマーケティングの全体像を掴む

Webマーケティングと一言で言っても、Webマーケティングにもいろんな種類があります。

 

ですから、まずはWebマーケティング全体がどうなっているのか、Webマーケティングの全体像を掴む必要があります。

 

Webマーケティングの全体像を手っ取り早く掴むためには、Webマーケティングは学べる本を活用することがおすすめです。

 

現役マーケター厳選Webマーケティングが学べるおすすめ本【目的別で紹介】」で紹介している本を活用すれば、Webマーケティングの全体像を大枠理解できるので、参考にしてみてください。

 

そもそも「Webマーケティングとは?」が全くわからない方は「Webマーケティング独学の勉強法!稼ぐ方法・転職方法も解説」でWebマーケティングの種類をまとめているので、合わせてチェックしてみてください。

 

2. Webマーケティングのどの分野を学ぶか決める

Webマーケティングの全体像がなんとなく掴めてきたら、次はWebマーケティングのどの分野を学ぶか決めましょう。

 

Webマーケティングといってもいろんな分野があります。中でも、特に需要が高いおすすめのWebマーケティング分野は次の2つです。

 

  1. 広告運用
  2. SEO

 

「広告運用とSEOの違いはなに?」という方向けに、それぞれの概要をまとめると次の通りです。

 

Web広告運用広告運用とは、いろんな媒体に出る広告をリアルタイムに運用することで、販売促進などを達成すること。広告運用の種類には、リスティング広告、ディスプレイ広告、facebook広告、Instagram広告、Twitter広告、Youtube広告、LINE広告などがある。
SEOSEO(Search Engine Optimization)とは検索エンジン最適化のこと。Webサイトが上位表示されるよう、内部対策・外部対策などを行うことをSEO対策という。

 

大学生がWebマーケティングを学び、人生の選択肢を広げるなら「広告運用」か「SEO」を学ぶことをおすすめします。

 

この2つは私がWebマーケティング会社を経営している中でも、企業から需要が高い2大分野です。大学生のうちに身につけておくと、就活はもちろん有利になりますし、個人で稼ぐことも十分できるスキルです。

 

広告運用とSEO、それぞれのメリットは次の通りです。

 

メリットデメリット
広告運用
  • 再現性が高いスキルのため、就活でも有利になりやすい
  • 正しく学習すれば短期で身になる(数ヶ月など)
  • 独学で学ぶにはお金がかかる(実際に広告を出すとお金がかかるため)
SEO
  • お金をかけず学べる
  • 再現性が低いスキルのため、就活でアピールするには工夫や実績が必要
  • 身になるまでに時間がかかる(最低1年以上は見ておく必要あり)

 

このような違いがあります。わかりやすくいうと、

 

  • 広告運用は、独学ではお金がかかるため学びづらいが、再現性が高いスキルのため、学んでおけば就活等でも有利になりやすい
  • SEOは、お金をかけずに学べるが、再現性が低いスキルのため、就活等で企業へアピールするには工夫や実績が必要

 

ということです。

 

どっちを学べばいいかわからない方は、現在のトレンドでは「広告運用」の方が需要が高く、再現性も高いです。そのため、迷ったら「広告運用」から学んでみることをおすすめします。

 

広告運用とSEO、どちらも基本的な知識に関しては、Webマーケティングの本を使って学習できます。大枠を理解するために、最初は本などを使って独学も良いと思いますよ。

 

3. Webマーケティングを実際に実践してみる

特に重要なステップはここです。広告運用やSEOなど特定分野を決めたら、次はWebマーケティングを実践していきましょう。

 

「えっ?いきなり実践なんて早すぎない?できる気がしないんだけど」と思ったかもしれませんが、大丈夫です。むしろ、Webマーケティングは早いうちから実践するからこそ、短期間でスキルを習得できるものです。

 

逆に、ただ本を使って学習しても、Webマーケティングは仕事で使えるレベルには一向になりません。実際に実践するからこそ、仕事で活用できるレベルに到達できるんですよね。

 

ですのでここでは、広告運用とSEO、それぞれの「実践方法」をわかりやすく解説しますね。

 

大学生が広告運用の実践をする方法

まずは広告運用ですが、結論、大学生が広告運用を独学で実践するのはかなりハードルが高いです。なぜなら、広告運用を実践する場合、実際に広告を有料で出さないといけないからです。

 

広告運用を実践すると、平気で毎月数十万円単位でお金が飛んで行きます。大学生にとってはかなりハードルが高いですよね。。

 

ですから、広告運用を学ぶ場合は、最近は「Webマーケティングスクール」を使って学習するケースがほとんどです。

 

Webマーケティングスクールは受講費用こそかかりますが、カリキュラム内で実際に広告運用を経験できることが大きなメリットです。

 

最近は大学生でも受講している方がかなり多く、Webマーケティングの道に進めるようになった方も多いルートです。

 

大学生向けのWebマーケティングスクール

ではどこのスクールが良いか?一番良いのは、Webマーケティングスクール受講者数No,1の実績を持つ「デジプロ」というスクールです。

 

デジプロでは、Google広告、Facebook広告、Instagram広告、Twitter広告、Youtube広告など、あらゆる種類の広告を、実際に管理画面を使って運用しながら学べます。

 

独学でやるととんでもなくお金がかかる内容を、すべてスクール内で経験できます。そのため、大学生でも仕事で使えるレベルのスキルを身につけられるんですよね。しかもデジプロは学割もあるため、大学生でもお得に受講できます。

 

デジプロのようなWebマーケティングスクールで得た実践経験を活かして「Webマーケティングのインターンやアルバイトに応募し、企業の予算を使って広告運用の実践をする」これが一番確実な道です。

 

Webマーケティングのインターンやアルバイトは、前述通り、Webマーケティングを事前に学んでおくと採用されやすくなります。

 

また、インターンやアルバイトをせずとも、Webマーケティングスクールで広告運用の実践経験を積んでおけば、就活時にWebマーケティング会社に採用されやすくなります。

 

この道なら、企業に就職してから、企業の予算で広告運用の実践もできます。これも良い選択ですね。

 

このように、Webマーケティングの中でも広告運用の実践をするなら、

 

  1. Webマーケティングスクールで広告運用を実際に経験する
  2. インターンやアルバイト、または就職先で広告運用の実践をどんどん積む

 

このルートが一番確実です。

 

このルートを検討したい方は、先ほど紹介したWebマーケティングスクール「デジプロ」が毎日開催しているオンライン無料説明会に参加してみると良いでしょう。

 

無料説明会では、デジプロのコース詳細を始め、Webマーケティングのキャリア相談を無料でしてくれますよ。

デジプロ公式サイトはこちら

 

デジプロ含めたおすすめWebマーケティングスクールは「Webマーケティングスクール・講座おすすめ8選比較【評判も紹介】」でまとめています。合わせてチェックしてみてください。

 

Webマーケティングスクールおすすめ比較

 

大学生がSEOの実践をする方法

一方でSEOの実践方法は、個人で独学もできます。

 

独学で一番始めやすいのは、ブログなどの「Webサイト」を自分で作り、運用してみることです。

 

Webサイトを作り、記事を書き、Googleなどの検索エンジンで上位を目指していく。こうやって上位表示を目指す過程で、SEOに必要ないろんなスキルを学べます。

 

具体的な実践方法をステップでまとめると次の通りです。

 

SEOの実践方法
  1. Webサイトを立ち上げる(サーバーとドメインを取得。サーバーのおすすめはエックスサーバー、ドメインのおすすめはお名前.com
  2. WebサイトにWordPressをインストールする
  3. 分析ツールをインストールする(Google Search ConsoleやGoogleアナリティクス)
  4. ASP(Affiliate Service Provider)に登録する(おすすめはA8もしもアフィリエイトバリューコマース
  5. Webサイトのジャンルやカテゴリーを決める
  6. 記事を書く
  7. ASP上に掲載されている商品・サービスを、Webサイト上に掲載する
  8. アクセスデータ等を分析・解析し、改善していく

 

「やること多すぎて無理…」と感じたかもしれませんが、慣れてくれば、1時間程度でも、Webサイトやブログの立ち上げまではできます。

 

調べながらでも実際にWebサイトを作り、記事を書いていけば、徐々にWebサイト上の「ユーザーの行動データ」が溜まっていきます。

 

例えば「Googleアナリティクス」という、無料で使えるアクセス解析ツールを利用すると、どんな性別・年代のユーザーがサイトを訪れているか、データを集計できます。以下はGoogleアナリティクスの管理画面です。

 

Googleアナリティクス 分析

 

上記は若年層の男性をターゲットにしたメディアのデータですが、25〜34歳の男性の割合が実際に多くなっていることがわかります。

 

Webマーケティングには、Googleアナリティクスを始め、いろんな分析ツールがあります。そのため、Webサイトやブログを自分で運営すると、SEOに必要な様々なデータや知見が溜まっていきます。

 

このようなデータをもとに「今度はどんな記事コンテンツを作ろうか」と施策を練っていくと、SEOスキルも上達していきます。

 

このように、SEOを習得するなら、実際にWebサイトを立ち上げて運用する。このステップこそが、SEOを独学で実践するなら最短の道ですよ。

 

以上が広告運用とSEOの実践方法ですが、前述通り、SEOの実践は初心者だとかなり時間がかかることは難点です。

 

最短でWebマーケティングを学ぶなら「広告運用」をWebマーケティングスクールで学び、インターンやアルバイト、就職先で、企業の予算を使って実践することが一番現実的だと思いますよ。

 

 

大学生がWebマーケティングで収入を得る3つの方法

大学生がWebマーケティングで収入を得る3つの方法

 

ここからは、大学生が身につけたWebマーケティングスキルを使って稼ぐ方法を3つまとめます。

 

  1. フリーランスとして個人で稼ぐ
  2. インターンで収入を得る
  3. アルバイトで収入を得る

 

1. フリーランスとして個人で稼ぐ

大学生のうちにWebマーケティングを学んだら、フリーランス・副業として個人で稼げます。

 

例えば、企業の広告運用やWebライティングを代行したり、身につけたスキルで自分でブログやWebサイトを運営し、広告収益を得ることもできるでしょう。

 

Webマーケティングを地に足つけて学んでおけば、上記のような分野で、大学生のうちに社会人の初任給(月20万円くらい)を得ることも十分目指せます。

 

大学生のうちにそのくらいの収入を得られるようになると、その後の人生の難易度はかなり下がりますよ。学業をこなしつつ、副業で稼ぐ経験を積めると、今後の選択肢も大きく広がります。

 

Webマーケティングを学んでフリーランスになる方法は「Webマーケティングでフリーランス独立する方法や年収事情【Webマーケターが解説】」で、副業で収入を得る方法は「【未経験向け】Webマーケティング副業の始め方【現役マーケターが解説】」で詳しく解説しています。詳しくはこちらを参考にしてみてください。

 

2. インターンで収入を得る

前述通り、Webマーケティング会社のインターンに参加することは、大学生がWebマーケティングで稼ぐおすすめな道です。

 

Webマーケティング会社でインターンをすることで、企業の予算を使って、広告運用などの実務経験を積めます。お金をもらいながら実践学習できる点で、大学生にとってメリットの大きい稼ぎ方です。

 

加えて、Webマーケティング会社でのインターン経験は、当然就活でも有利になります。Webマーケティング会社への就職を検討している方は、是非とも検討したい稼ぎ方です。

 

そもそもWebマーケティングのインターンで良い企業に採用されるためには、Webマーケティングを事前に学習することが必要です。前述した方法で、まずはWebマーケティング学習を始めましょう。

 

3. アルバイトで収入を得る

Webマーケティング関連のアルバイトで収入を得ることも、大学生にとって始めやすいやり方です。

 

Webマーケティング系のアルバイトは、インターンよりも数は減りますが、アルバイト採用をしているWebマーケティング会社もあります。

 

専門スキルが身につかない飲食店等でアルバイトするより、Webマーケティング学習しながらお金をもらえるため、貴重なバイト経験になると思いますよ。

 

その他、Webマーケティングの稼ぎ方はWebマーケティングは稼げない?本当は稼げる3つの理由と稼ぐ方法・稼ぎ方を解説」でも詳しく解説しているので、参考にしてみてください。

 

まとめ

【最強スキル】普通の大学生こそWebマーケティングを学ぶべき理由と具体的手順

 

最後に、大学生活はあっという間に過ぎていきます。

 

一生に一度の大学生活を、プライベートに全力で充てることも一つの良い道です。ですが、人生はこの先長く、社会人になってから40年以上も仕事は続いていきます。

 

厳しい現実ですが、一足先に社会人になった方にはスキルが何もないために、嫌で嫌でしかたない会社を何十年と続けざるを得ない方も数多くいます。

 

たった一度きりの人生。年々右肩下がりの人生より、年々右肩上がりの人生を送りたいと思うことは、決して贅沢なことではありません。

 

人生のピークを大学生活にするのではなく、毎年人生のピークを迎えるためには、自分自身を守るスキルが必要です。その点Webマーケティングスキルは、あなたを守る最強のスキルです。

 

社会人になると仕事が忙しく、新しいことを学ぶ意欲は普通は出てきません。だからこそ、大学生活の貴重な時間を使ってでも、Webマーケティングを学んでおくことをおすすめします。