Webデザイナーの仕事がきつい、辛い、大変と言われる6つの理由【対策方法も解説】

Webデザイナーの仕事がきつい、辛い、大変と言われる5つの理由【対策方法も解説】

 

「Webデザイナーの仕事がきつい、大変すぎる…」

「こんなに辛い状態のまま、この先何年もWebデザイナーの仕事を続けるなんて想像できない」

 

このように、Webデザインの仕事をきつい、辛い、大変と感じて悩んでいませんか?

 

Webデザイナーというクリエイティブな仕事に憧れてWebデザイナーになったものの、仕事が想像以上にきつく、今後の身の振り方を悩んでいる方は多いです。

 

結論からお伝えすると、Webデザイナーの仕事がきつい、辛い、大変、しんどいという状態は、そう感じる理由と対策を知れば、乗り越えることができますよ。

 

そこでこの記事では、Webデザイナーの仕事がきつい、辛い、大変と感じている現役デザイナーの方や、これからWebデザイナーを目指す初心者向けに、次のことを解説します。

 

この記事でわかること
  1. Webデザイナーの仕事がきつい、辛い、大変な6つの理由
  2. Webデザイナーの仕事がきつい、辛い、大変と感じる状態を乗り越える3つの方法

 

この記事を読めば、Webデザイナーの仕事で大変と感じる理由がわかるだけでなく、対策方法まで整理できますよ。

 

今のきつい状態を脱したいWebデザイナーの方や、これからWebデザイナーを目指して豊かな人生を送りたい方は、ぜひ最後まで目を通してみてくださいね。

 

関連記事

逆に、現役Webデザイナーが仕事を楽しいと感じていることは「現役Webデザイナーが楽しい、やりがい、魅力を感じる8つのこと【なってよかった人の事例も紹介】」でまとめています。合わせてチェックしてみてください。

 

Webデザイナーの仕事がきつい、辛い、大変、しんどいと言われる理由

Webデザイナーの仕事がきつい、辛い、大変と言われる理由

 

Webデザイナーの仕事がきつい、辛い、大変を言われる理由をまとめると次の通りです。

 

Webデザイナーの仕事がきつい、辛い、大変と言われる理由
  1. 納期に常に追われるから
  2. 職場によっては残業も付きものだから
  3. 仕事量の割に安月給だから
  4. 職場の人間関係が合わないから
  5. 自身の望むデザインができないから
  6. 独立して仕事がないWebデザイナーもいるから

 

1. 納期に常に追われるから

Webデザイナーの仕事の多くは、クライアントからWebデザインの案件を依頼され、依頼に基づきデザイン制作を行っていきます。

 

クライアントからの依頼の中には、当然「いつまでに納品してほしい」という納期が設定されます。Webデザイナーとして仕事をしていると、いろんなクライアントの納期と向き合うことが必要になり、納期に常に追われる状態に陥りがちです。

 

一番大変なのは、複数のクライアント案件の納期が重なってしまったときです。納期は確実に守らないといけない一方で、Webデザイナーの仕事は修正が入ることも多いです。

 

納期ギリギリのタイミングで何度も修正対応に追われていると、Webデザイナーの仕事が大変だと感じても無理はありません。

 

2. 職場によっては残業も付きものだから

Webデザイナーの仕事は納期があるとお伝えしましたが、納期が迫った案件が多い時は、残業も多くなりがちです。

 

職場によっては、案件の量を事前にコントロールしてくれる会社もあります。そういう従業員思いの企業であれば、納期にゆとりを持ちながら、ワークライフバランスを充実させることもできます。

 

ですが、とにかく利益を最優先に案件をたくさん取ってきて「あとはこの日までに納品準備をお願い」といった形でWebデザイナーに仕事をひたすら投げてくる会社だと、毎日遅くまで残業することにもつながります。

 

納期のあるWebデザイナーは残業は割と多くなりがちですが、中でも職場環境によっては、残業が多すぎて疲弊しているWebデザイナーも存在します。

 

3. 仕事量の割に安月給だから

仕事量が多くても、その分給料が高ければ我慢できる人も多いはず。Webデザイナーがきついところは、仕事量の割に安月給の会社が多いことです。

 

転職サイト大手dodaが調査した「平均年収ランキング」によると、Webデザイナーの平均年収は「年収356万円」となっています↓

 

Webデザイナー 平均年収

出典:平均年収ランキング

 

一方で、日本の会社員全体の平均年収は「年収403万円」です。

 

平均年収

出典:平均年収ランキング

 

  1. Webデザイナーの会社員の平均年収:年収356万円
  2. 日本の会社員全体の平均年収:年収403万円

 

このように、Webデザイナーは全体平均年収よりも低くなっています。

 

納期に追われて残業も多い上に給料も安月給だと「Webデザイナーの仕事がきつすぎる」と感じても無理はありません。

 

4. 職場の人間関係が合わないから

これはWebデザイナーに限った話ではありませんが、Webデザイナーの仕事にも「職場の人間関係」の問題があります。

 

特にWebデザイナーが働くクリエイティブ・制作職場は、会社によっては「個性が強い方」が集まっていることも多いです。

 

癖のある同僚や先輩と仕事をしていると、時にはイラつくことや悲しいこと、理不尽なこともあります。そういう環境で仕事をしていると、Webデザイナーの仕事がきついと感じ、悩む方も出てきます。

 

5. 自身の望むデザインができないから

「自分のセンスを活かして、好きなデザインを作りたい」という気持ちでWebデザイナーを目指した方も決して少なくないはず。

 

ですが、Webデザイナーの仕事の多くはクライアントワークであり、クライアントの望むものを作る必要があります。

 

良かれと思ってデザインの提案をしたものの、クライアントや上司からデザインの修正を受けてしまい、一向に自分の望むデザインに携われないと悩むWebデザイナーは多いです。

 

6. 独立して仕事がないWebデザイナーもいるから

Webデザイナーは手に職を持つ専門職のため、フリーランスとして独立される方も多い職種です。

 

Webデザイン案件の需要はいまとても高く、案件も豊富にありますが、独立して仕事がないWebデザイナーも一定数います。

 

そういう事例を見ている人からすると「Webデザイナーなんて仕事がないからおすすめしない」と思ってしまうでしょう。

 

以上がWebデザイナーの仕事がきつい、辛い、大変と感じる理由です。

 

Webデザイナーの仕事がきつい、辛い、大変を乗り越える方法

Webデザイナーの仕事がきつい、辛い、大変を乗り越える方法

 

Webデザイナーには特有のきつさや大変さがありますが、これらは正しく行動すればどれも乗り越えられることばかりです。

 

Webデザイナーの仕事がきつい、辛い状態を乗り越える対策方法をまとめると、大きく3つあります。

 

Webデザイナーの仕事がきつい、辛い、大変を乗り越える方法
  1. スキルや経験を磨いて生産性を高める
  2. 副業を始めてみる
  3. 思い切って働き方を変えてみる

 

1. スキルや経験を磨いて生産性を高める

仕事がうまく進まず常に納期に追われている方や、残業が多すぎてしんどくなっている方の中には、Webデザイナーとしてのスキルや経験が浅い方も多いです。

 

そのような経験がまだ浅いWebデザイナーは、スキルや経験を磨いて生産性を高めることで、いまの仕事に追われる状態から抜け出せる可能性が高いです。

 

例えば、まだWebデザイナーとしてデビューしたばかりの新人であれば、大変な現状に嘆くのではなく、仕事中の時間に一つでも多くのことを吸収できないかに集中することがおすすめです。

 

せっかくWebデザイナーとしての仕事につき、お金をいただきながらスキルアップ・経験作りができる環境にいるのです。その環境は徹底的に活かさないともったいないです。

 

もっと頑張れそうな方は、仕事外もWebデザインの知識やスキルを学習する習慣を作ることもおすすめです。

 

例えば最近は「Webデザインスクール」や「UI/UXデザインスクール」もあります。Webデザインスキルをもっと磨きたい新人デザイナーの方や、WebデザインだけでなくUI/UXの知見も身につけたい現役デザイナーの方は、こういったスクールや専門学校を利用することも一つの方法です。

 

 

スキルや経験を積んでいけば、生産性は着実に高まっていき、仕事の大変さも徐々に薄れていくはずです。いまの自分のスキルや経験に自信がない方は、このアプローチを取ってみることがおすすめです。

 

2. 副業を始めてみる

給料が安くて不満な方や、今の職場環境に不満を持っている方は、収入アップや将来の選択肢を広げるために「副業」を始めてみることもおすすめです。

 

一般的に副業を始めるとなると「スキルが何もないから..」という理由で、副業を始めたくても始められない方がほとんどです。

 

その点Webデザイナーは恵まれており、Webデザイナーの経験を活かした副業案件は豊富に存在しています。

 

Webデザイナーの副業案件の事例
  • バナー作成の副業
  • ロゴ作成の副業
  • アイコン作成の副業
  • Webサイトのデザイン制作の副業

 

など、Webデザイナーのスキルを活かした副業案件はたくさんあるんですよね。

 

「そうは言っても営業もしたことないし、自分で副業案件を取れる自信がない」と不安に思ってしまいますよね。

 

そういう不安な方でも、最近は以下のようなWebデザイナー向けの副業エージェントに登録すれば、案件を無料で探せたり、あなたができる案件を向こうから紹介してもらえます。

 

Webデザイナー向けの副業エージェント
  1. クラウドテック【Webデザイナー向けのエージェント。無料登録すると副業・在宅OKのWebデザイン案件を紹介してもらえる】
  2. ITプロパートナーズ【同じくWebデザイナー向けのエージェント。副業で始めやすい週2〜3日案件が豊富】

 

すでにWebデザイナーとして一定の経験がある方は、上記のようなエージェントを利用するだけで、エージェントが営業して取ってきた案件を紹介してもらえます。

 

Webデザイナーなら副業で月10万円の収入アップも決して難しくありません。月10万円の収入アップが実現できれば、年収120万円アップです。本業と副業の収入を合わせれば、日本の会社員の平均年収も大きく超えていきます。

 

また、副業で経験を積んでいけば、近い将来フリーランスとして独立も目指せます。

 

フリーランスになれば、在宅ワークで人間関係のストレスなく働くこともできます。今の職場環境に悩んでいる方にとっても、副業は現状を変える大きな一歩になり得ます。

 

関連記事

Webデザインの副業を始める方法は「【未経験向け】初心者がWebデザイン副業案件で収入を得る3ステップ・始め方」でまとめています。合わせてご覧ください。

 

3. 思い切って働き方を変えてみる

とにかく今の環境がきつすぎるなら、働き方を思い切って変えてみることもおすすめです。

 

  1. Webデザイナーとして他の会社に転職する
  2. フリーランスのWebデザイナーとして独立する

 

Webデザイナーとして他の会社に「転職」することは、今すぐにでもできる選択肢です。

 

今の会社が従業員のことを一切考えておらず、会社の利益ばかり優先して現場が疲弊しているなら、転職して環境を変えることは有効な選択肢です。

 

その場合は、Webデザイナーの転職支援に強い転職エージェントを利用することがおすすめです。Webデザイナー向けのおすすめ転職エージェントは次の通りです。

 

Webデザイナー向けの転職エージェント
  1. ワークポート【Webデザイナー向けの代表的な転職エージェント】
  2. リクルートエージェント【業界最大手の転職エージェント。経験の浅いWebデザイナーにもおすすめ】
  3. JAC Recruitment【経験3年以上のWebデザイナーにおすすめ。ハイクラスのWebデザイナー求人に強い】

 

まずはこの3つから、気になるエージェントに登録し、どんな会社に転職できそうか相談してみることがおすすめです。転職を決めていなくても、気軽な登録・キャリア相談ともに完全無料でできます。今の会社にバレることもないため、働き方を変えたい方は相談してみると気持ちがスッと楽になると思いますよ。

 

関連記事:Webデザイナー向けの転職サイト・転職エージェントおすすめ8選

 

一方で、すでに経験があるWebデザイナーであれば、フリーランスとして独立することもおすすめです

 

フリーランスとして独立すれば、いつ、どこで、どんな案件で仕事をしていくかもあなたの自由です。会社や上司の理不尽な依頼に対応する必要もなくなります。

 

フリーランスとして独立したい場合は、案件を先に受注しておくと、リスクなく独立が目指せます。その場合も前述した以下のエージェントであれば、事前にどんな案件に参画できるか診断してもらえます。先に副業から始めて経験を積んでおくとより望ましいですね。

 

Webデザイナー向けの副業・フリーランスエージェント
  1. クラウドテック【Webデザイナー向けのエージェント。無料登録すると副業・在宅OKのWebデザイン案件を紹介してもらえる】
  2. ITプロパートナーズ【同じくWebデザイナー向けのエージェント。副業で始めやすい週2〜3日案件が豊富】

 

合わせて読みたい

Webデザイナーに合っている人・合っていないの特徴は「Webデザイナーに向いている人と向いていない人の特徴は?向き不向き・適性を徹底解説」でまとめています。合わせてチェックしてみてください。

 

まとめ:Webデザインの仕事がきつい、辛いは乗り越えられる

まとめ:Webデザインの仕事がきつい、辛いは乗り越えられる

 

Webデザイナーの仕事がきつい、辛い、大変と言われる理由
  1. 納期に常に追われるから
  2. 職場によっては残業も付きものだから
  3. 仕事量の割に安月給だから
  4. 職場の人間関係が合わないから
  5. 自身の望むデザインができないから
  6. 独立して仕事がないWebデザイナーもいるから
Webデザイナーの仕事がきつい、辛い、大変を乗り越える方法
  1. スキルや経験を磨いて生産性を高める
  2. 副業を始めてみる
  3. 思い切って働き方を変えてみる(転職やフリーランス)

 

Webデザイナーの仕事はきつい、大変と感じることもあります。ですがいずれも自分次第で克服できるものばかりです。

 

何より、Webデザイナーの仕事は、大変なこと以上に魅力も多いです。

 

Webデザインは需要の高い手に職です。一度スキルを身につけておけば、転職やフリーランス、在宅ワークなどいろんな働き方の選択肢を得ることができます。

 

個人で副業もしやすいため、本業+副業で収入アップし、将来のお金の不安を軽減することもできます。

 

このようにメリットが多い仕事だからこそ、Webデザイナー自体をやめるのではなく、今の状態をWebデザイナーのまま改善できないかトライしてみることがおすすめです。その場合はこの記事でお伝えしたポイントを参考にしてみてください。

 

この記事がWebデザイナーの仕事がきついと感じているデザイナーや、これからWebデザイナーを目指している方の参考になれば幸いです。

 

Webデザイナー向けの副業・フリーランスエージェント
  1. クラウドテック【Webデザイナー向けのエージェント。無料登録すると副業・在宅OKのWebデザイン案件を紹介してもらえる】
  2. ITプロパートナーズ【同じくWebデザイナー向けのエージェント。副業で始めやすい週2〜3日案件が豊富】
Webデザイナー向けの転職エージェント
  1. ワークポート【Webデザイナー向けの代表的な転職エージェント】
  2. リクルートエージェント【業界最大手の転職エージェント。経験の浅いWebデザイナーにもおすすめ】
  3. JAC Recruitment【経験3年以上のWebデザイナーにおすすめ。ハイクラスのWebデザイナー求人に強い】

 

ABOUT US

travewriter
新卒で大手グローバル企業→20代で海外赴任→現在は本業で転職支援、副業で会社経営。『Travewriter』は、IT・Web・グローバルを中心としたスキル習得やキャリア・転職情報について、実際に経験した体験談をベースに発信しているメディアです。