Rubyが学べるプログラミングスクール5社【Rubyスクール受講者が厳選】

f:id:travewriter:20180419084318j:plain

 

すぐに登録したい方へ

⇩当記事から登録の多いプログラミングスクールはこちらです

人気No.1 TechAcademy【オンライン最大手スクール】

人気No.2 DMM WEBCAMP エンジニア転職【Rubyを学んで希望通りの転職ができる】

人気No.3 テックキャンプ【30代に強い】

 

  • Rubyを勉強できるおすすめのプログラミングスクールってどこだろう?Rubyスクールはたくさんあるみたいだけど、イマイチ違いがわからないな…。実際にRubyスクールを複数受講した人に話を聞いてみたい。

 

今回はこういった疑問を持っている方に答えていきます。

 

簡単に僕のことをお話しすると、もともとプログラミング初心者でしたが、プログラミングスクールのTechAcademyやTECH::CAMPを受講し、Rubyを習得しました。今は当時培ったWeb周りのスキルを活かして副業をしています。

 

さて、そんな僕がプログラミングスクールで勉強した言語は、今回紹介するRubyです。Rubyを習得するためにプログラミングスクール選びについては、複数のスクールを受講している経緯がありますので、他の誰よりも詳しいと自負しています。

 

結論からいいますと、

 

Rubyが学べるおすすめプログラミングスクール
  • No.1 TechAcademy:オンラインをRubyを学びたい方向け※副業・フリーランスにも強い
  • No.2 DMM WEBCAMP エンジニア転職:Rubyを学び、優良企業へ希望通り転職したい20代の方向け※20代は全額返金保証あり
  • No.3 テックキャンプ:高年収で転職したい or 30代以上の方向け※30代まで転職保証あり
  • No.4 RUNTEQ:ハイレベルな環境でRubyを学び、自社開発企業に就職したい方向け

 

この4つの中から、あなたの条件に合うところを好きに選ぶことがおすすめです。

 

本記事では、それぞれのスクールを受けるべきおすすめの人もわかるようにまとめたので、5分だけでいいので、時間を取って読んでみてください。

 

今回の記事を読めば、Rubyを勉強するために、どこのプログラミングスクールを受けたらいいか、悩むことはもうなくなりますよ。

 

Rubyは初心者におすすめです。その2つの理由

プログラミングスクール ruby

まず初めに、僕はRubyという言語をプログラミング初心者におすすめしています。理由は2つです。

 

1. 初心者でも習得しやすい易しい言語だから

一つ目の理由は、Rubyが初心者でも簡単に学べる易しい言語だからです。以前【Ruby】プログラミング初心者が習得するなら適切な言語です【解説します】の記事で、その理由を書いていますので引用します。

 

そもそもなんで初心者にRubyは適しているのでしょうか?理由はシンプルで、Rubyがプログラミング言語の中でも易しい言語だからです。

 

Rubyは初心者向きのプログラミング言語です。理解しやすい文法で楽しくプログラミングを学ぶことができるので、初めての人でもスムーズに開発までできるのが特徴です。

 

Rubyを使えば、初心者でも素早くWebアプリケーションを作ることができます。それを可能にするのは、後述するRuby on Railsという優れたフレームワークの存在や、Rubyが日本生まれの言語であり、日本語の情報をネットや本などでも見つけやすい点があります。

 

プログラミング学習は多くのエラーやわからないことが五月雨のように出てくるので、特に初期段階は挫折しやすいです。その点Rubyであれば、内容もわかりやすく、素早くアプリケーションを作ることができます。その結果早くプログラミングに慣れることができるので、プログラミング学習の入り口としてRubyは適切なんですね。

 

ちなみに、最初にRubyを学んだからといって、他の言語を学べなくなるわけではないのでご安心を。Rubyを学んだ後にJavaを学ぶことはできますし、PHPを学ぶこともできます。言語間の壁もそんなにあるわけではないです。

 

JavaやPHPは案件が多いので個人的にはそちらもおすすめですが、Rubyよりはやはり難しい印象です。ですから、初心者がまずプログラミングに慣れるという意味ではRubyの方が良いと思います。挫折したら意味ないですからね。

 

このように、Rubyは初心者でも挫折せず取り組みやすい言語であることが特徴です。

 

プログラミング学習で一番重要なのは挫折しないことでして、その観点でRubyは適しています。

 

挫折したら本当に意味ないですよ。【無理】プログラミングを独学で学び挫折。でもそこから大逆転した方法 の記事でも書きましたが、僕はプログラミング独学で一回挫折しています。

 

挫折するくらいなら時間の無駄なのでやらない方が良いですし、逆にやるなら、挫折しない方法を選ばないといけません。

 

そんな挫折した僕が、挫折経験から学んだ「挫折しないための2つのコツ」が、

 

  1. プログラミングスクールを活用すること
  2. 挫折しにくい言語を選ぶこと

 

この2つでした。

 

その点、Rubyをプログラミングスクールで勉強するという選択肢は、挫折しない王道のようなものです。

 

だからこそプログラミング初心者には、Rubyをプログラミングスクールで勉強することを、最初の一歩としておすすめしています。

 

2. Web系言語として需要や将来性が高いから

もう一つの理由が、RubyがWeb系言語として需要や将来性が高いからです。

 

今、Web系のプログラマーはとても人気の仕事でして、20代でも年収1,000万円プレイヤーは割りと多く存在します。

 

Rubyは開発が素早くできる言語でして、ITベンチャーやスタートアップなど、スピード感を持ってサービスローンチまでする企業に特に好まれて使われている言語です。

 

ですからそういった企業は、Rubyが使えるWeb系プログラマーを必要としていて、結果需要とともに待遇もうなぎ登りに上がっています。

 

しかもRubyのようなWeb系の場合、収入が多いだけでなく、リモートワークや週3勤務といった働き方もしやすいです。

 

その観点で見ても、Rubyを学んでおくと、人生の選択肢は圧倒的に広がりますよ。

 

Ruby(Ruby on Rails)が学べるおすすめのプログラミングスクール 5社

プログラミングスクール ruby

 

Rubyが学べるおすすめプログラミングスクール
  • No.1 TechAcademy:オンラインをRubyを学びたい方向け※副業・フリーランスにも強い
  • No.2 DMM WEBCAMP エンジニア転職:Rubyを学び、優良企業へ希望通り転職したい20代の方向け※20代は全額返金保証あり
  • No.3 テックキャンプ:高年収で転職したい or 30代以上の方向け※30代まで転職保証あり
  • No.4 RUNTEQ:ハイレベルな環境でRubyを学び、自社開発企業に就職したい方向け
  • No.5 GEEK JOB:無料で就職したい20代の方向け※入会停止中

 

この5社に関して、それぞれ簡単に特徴を、他のスクールと比較しながら解説していきます。

 

1. TechAcademy(テックアカデミー)

Rubyが学べるプログラミングスクール5社【Rubyスクール受講者が厳選】
コース内容20種類以上のコースあり
受講期間最短4週間から
受講費用4週間で185,900円
受講スタイルオンライン完結
キャリア支援無料の転職支援あり
無料の案件紹介・案件保証あり

 

TechAcademyは初心者向けのプログラミングスクールです。僕が受講したスクールで、Rubyのスキルがしっかり身につきました。

 

HTMLやCSSの基本知識から始め、Rubyの基礎やRuby On Railsでアプリケーション開発を行うまでの過程を自分の手を動かしながらしっかり学べたことが印象的でした。

 

僕がTechAcademyを受講した時に使ったオンラインカリキュラム

 

また講師は「プロのエンジニア陣」で構成されていて、とても優秀です。僕の時も実務に必要なスキルをピンポイントで教えてくれたので、無駄が一切なかったです。

 

TechAcademyは「Webアプリケーションコース」でRubyを学ぶことが可能です。当コースの受講は最短1ヶ月185,900円からと、他のスクールと比較してかなり安いにも関わらず、得られる質や効果は高いです。

 

オンライン完結で学べますので、オンラインで安く、質の高いRuby学習をしたいならTechAcademyですね。

 

TechAcademyは就職支援はセットになっていないですが、受講後に希望すれば、受講者限定のTechAcademyキャリアという就職支援を無料で利用可能です。

 

なので、今はエンジニア就職は考えていないけど、受講後に就職・転職の道も残しておきたいなら、TechAcademyなら柔軟に対応できますよ。

 

そんなTechAcademyですが、今なら7日間の無料体験もあるので、気になるなら一度試してからみると良いと思います。無料体験もパソコンとネット環境さえあれば自宅で一人でできますので、お気軽にどうぞ〜。

>>TechAcademy公式サイトはこちら

 

▼今すぐ登録したい方はこちら。無料体験もこちらからできます▼

 

 

2. DMM WEBCAMP エンジニア転職

【これで決定です】Rubyが学べるプログラミングスクールを5社厳選【経験者が語る】
コース内容短期集中コース(3ヶ月)
専門技術コース(4ヶ月)
就業両立コース(6ヶ月)
受講期間3ヶ月 or 4ヶ月 or 6ヶ月
受講費用短期集中コース:690,800円
専門技術コース:910,800円→国の補助金で最大385,880円で受講可能(レビュー記事はこちら)
就業両立コース:889,350円
受講スタイルオンライン or 通学(東京・大阪)
転職支援20代まで転職保証あり

 

大手DMMグループが運営するDMM WEBCAMP エンジニア転職は、Rubyを学んでエンジニア転職まで実現できる、転職保証付きのプログラミングスクールです。

 

特筆点は「98%」という圧倒的な就職決定率です。受講生の95%は完全未経験の方ですが、98%の方がRubyを学び、Webベンチャーを中心とした優良企業へ、転職を成功させています。

 

また、就職後の離職率が低いことも、DMM WEBCAMPの特徴です。先日DMM WEBCAMPの担当者にヒアリングしたところ、1年以内の離職率はたったの1%でした。

 

IT業界の平均離職率は20〜30%くらいです。いかにDMM WEBCAMP卒業生の離職率が低いことが、比較するとわかると思います。離職率が低いということは、転職した方が満足して働けている何よりの証拠です。

 

なぜこのような離職率を実現できるのか、DMM WEBCAMP担当者に聞いてみたところ、

 

  1. 転職先の質が高いこと
  2. 受講生一人一人の希望が叶うよう、丁寧なキャリアサポートを実施している

 

この2つが主な理由でした。

 

まず「転職先の質が高いこと」ですが、転職先を担当者に聞いたところ、

 

  • 福利厚生が整った会社
  • 家賃補助がある会社
  • 縛りがなく、自由度が高い会社
  • 新しいことを日々学んでいける会社

 

など、シンプルに転職先の質が高かったです。DMMグループのネットワークがあるので、この辺りは本当に強いですね。

 

そしてもう一つ「丁寧なキャリアサポート」ですが、DMM WEBCAMP エンジニア転職では転職でミスマッチが起きないよう、他スクールよりも時間をじっくりかけて、キャリアサポートを進めていることが特徴でした。

 

受講生一人一人、希望通りの転職が叶うよう、向き合ってサポートしてくれるからこそ、ミスマッチのない転職に繋がるんですよね。

 

このような万全の転職サポートがあるにも関わらず、万が一転職できなかった場合は全額返金保証もあります。

 

保証は20代のみとなりますが、Rubyを学んでエンジニア転職したい20代なら、DMM WEBCAMP エンジニア転職を選ばない理由はないと思います。

 

DMM WEBCAMPは無料カウンセリングを毎日朝から夜まで開催しているため、まずは相談に行ってみると、Rubyを学んでどんな企業に就職できそうか、具体的なことも教えてもらうことができます。

>>DMM WEBCAMP公式サイトはこちら

 

▼無料カウンセリングはこちらから申し込み可能です▼

 

 

3. テックキャンプ

Rubyが学べるプログラミングスクール5社【Rubyスクール受講者が厳選】
コース内容短期集中スタイル(10週間)
夜間・休日スタイル(6ヶ月)
受講期間10週間 or 6ヶ月
受講費用短期集中スタイル:657,800円
夜間・休日スタイル:877,800円
厚生労働省指定の専門実践教育訓練給付制度により「最大56万円OFF」で受講可能
受講スタイルオンライン or 通学(東京、大阪、名古屋、福岡)
転職支援30代まで転職保証あり

 

テックキャンプは転職支援付きプログラミングスクール最大手の1社です。Rubyを中心に学び、Web系企業へ転職が目指せます。

 

特筆点は、30歳以上でも転職支援を受け、エンジニアを目指せる点です。

 

そもそも転職支援付きプログラミングスクールの多くは「20代限定」となっています。前述したDMM WEBCAMPは20代でないと転職保証は受けられないですし、後述するGEEK JOBは30代は転職支援を受けられません。

 

その中でテックキャンプは30歳を超えても受け入れを行っているんですよね。事実、受講者の約30%は30代となっています。

 

ではなぜ30歳以上でも利用できるかというと、一言で言えばカリキュラムの質が高く、実際に転職成功させてきた実績があるからです。

 

カリキュラムの質が高い根拠は「卒業生の転職決定年収」にも出ています。テックキャンプのカリキュラムをやり切った人と、そうでない人では、

 

  • やり切った人:年収426万円
  • やり切ってない人:年収331万円

 

上記のように、転職決定年収に「約100万円」の差があるんですよね。つまり、企業から高く評価される実力が、カリキュラムを通じて身につくということです。

 

もちろんその分学習は大変です。600時間という学習量をこなす必要があるからです。

 

でもだからこそ、テックキャンプは未経験からでも実力が身につき、高年収転職や、30歳を超えてもエンジニアを目指せるんですよね。

 

もちろん、20代の利用もおすすめです。前述通り、高年収転職を目指せるスクールなので、「いまの年収を落とさないだけでなく、今よりも高年収でエンジニアにキャリアチェンジしたい人」にも、テックキャンプは最適です。

 

プログラミングスクール おすすめ

テックキャンプの教室です。おしゃれな空間でプログラミングを学べます

 

Rubyを学んでエンジニア転職したい20代や30代の方は、テックキャンプを検討してみると、理想の未来がグッと近づきますよ。

 

テックキャンプを検討してみたい場合、次のステップは無料カウンセリングへの参加です。カウンセリングは毎日開催しており、具体的な就職先や目指せる年収、働き方のアドバイスもしてくれます。

 

人気スクールでなので、早めに予約しておくことがおすすめです。以下公式サイトから30秒で簡単に予約できます。もちろん、カウンセリングで強引な勧誘は一切ないのでご安心を。

>>無料カウンセリングを予約する【簡単30秒】

 

今すぐ登録したい方はこちら👇【自宅から無料でキャリア相談可能】

 

 

4. RUNTEQ

Rubyが学べるおすすめのプログラミングスクール 5社
コース内容Webマスターコース
受講期間9ヶ月
受講費用437,800円
受講スタイルオンライン
転職支援転職支援あり

 

RUNTEQは「Ruby学習」と「Webエンジニアへの就職・転職支援」がセットになったプログラミングスクールです。

 

特徴は、とにかくハイレベルな環境であることです。RUNTEQのカリキュラムは、他スクールよりも実践的かつ深い内容となっています。そのため、仕事で使えるスキルが高いレベルで身につくことが特徴です。

 

あまりのカリキュラムの質の高さに、現役エンジニアからも評判が特に高いスクールとなっています。知名度こそ高くないものの、数あるプログラミングスクールの中でも特に「本格派」と言えるスクールですね。

 

また、カリキュラムや講師の質が高い分、しっかり実力をつけて、Webエンジニアとして就職・転職も目指せます。

 

RUNTEQが強いのは「Web系自社開発企業」への就職・転職です。自社開発に1社目から就職・転職することは初心者だとハードルが高いのですが、RUNTEQは確かな技術が身につく分、1社目から自社開発企業へ転職している卒業生が多いです。

 

一方デメリットとしては、レベルが高い分、他スクールよりも挫折する可能性があることです。本気で取り組む覚悟や意志は必要不可欠です。

 

でもその意志があるなら、RUNTEQであれば市場価値の高いスキルを身につけ、自社開発企業へWebエンジニアとして就職が目指せますよ。

RUNTEQ公式サイトはこちら

 

▼今すぐ登録したい方はこちら。無料説明会開催中▼

 

 

5. GEEK JOB

Rubyが学べるおすすめのプログラミングスクール 5社
コース内容スピード転職コース
受講期間最短1ヶ月
受講費用無料
受講スタイルオンライン or 通学(東京)
転職支援20代かつ審査に通った方のみ、無料で利用可能
お知らせ

※GEEK JOBは現在、無料カウンセリング・新規入会の受付を停止中です。他のスクールを検討してみてください。

 

GEEK JOB は転職支援付きプログラミングスクールです。

 

GEEK JOBの特筆点は、前述したプログラミング学習と転職サポートを「無料」で受けることが可能な点です。

 

そもそも今回ご紹介しているスクールは、GEEK JOB以外は「有料」です。その点GEEK JOBなら、Rubyを学べるだけでなく、実際にエンジニアやプログラマーとして転職するまでの全てを、無料でサポートしてくれるんですよね。

 

じゃあなんで無料かというと、GEEK JOBの母体が転職エージェントであり、育てたエンジニアの卵を企業に紹介することで、報酬をもらっているからです。

 

余談ですが、その紹介料の金額は年収の約30%が相場です。なので、仮に年収450万円で転職に成功すると、約150万円がGEEK JOBの利益となります。かなり多いですよね。

 

このような理由があるので、無料だからといって、質が低いようなことは一切ないので安心してください。事実、GEEK JOBの講師はプロのエンジニアです。多くの未経験者がRubyを習得し、エンジニアやプログラマーとして転職しています。

 

一点留意点は、GEEK JOBは「無料受講」にあたり、20代限定という縛りや、審査があることです。そのため、30歳以上の方や、審査落ちしてしまった方は、残りのスクールの中から検討する必要があります。

 

でもこれは裏を返せば、20代で審査に通れば、無料でRubyを学び、転職まで実現できるということです。

 

GEEK JOBは無料体験会、無料説明会、無料相談など、要望に合わせて無料体験プログラムを開催しています。まずはいずれかに参加し、スクールの詳細を知ることが第一歩です。

※GEEK JOBは現在、新規入会の受付を停止中です。

 

 

Rubyのプログラミングスクールで未来を切り拓こう

 

今回はRubyが習得できるおすすめのプログラミングスクールを紹介しました。どこもRubyを最短で習得できるスクールですが、他の言語も学べたり、全額返金保証があったり、格安だったりと、それぞれ特徴があります。

 

僕も初めてプログラミングスクールを受けようと思った時は、こうやってネットの情報を見ながら悩んでいました。でも結局あまりわからなかったので、実際に無料体験や無料カウンセリングを使ってみたんですね。

 

無料体験やカウンセリングの中で、現役エンジニアから的確なキャリアアドバイスをもらう中で、どのスクールが自分の夢を実現するのに一番近いかがわかるようになりました。

 

ですから僕が言いたいことは、まずは「行動してみること」です。

 

初めてプログラミングを触る人にとっては、プログラミングスクールは未知だと思います。だからこそ、一人で悩まず、現役エンジニアに相談をしたり、実際に自分の手でプログラミングに触れてみることが大事です。

 

最後に、いまエンジニアは人手不足で、多くの方がエンジニアになることができます。スキルを身につけてフリーランスエンジニアになれば、20代で年収1,000万円の人はたくさんいますし、リモートワークや週3勤務など、会社にしばられない自由な働き方も実現しやすいです。

 

エンジニアやプログラミングの世界は、年齢が上がれば上がるほど門扉は狭くなりますし、30歳を過ぎると受講自体できないプログラミングスクールも増えてきています。

 

今なら行動すればエンジニアを目指せます。今の生活に不満があり、人生を変えたいなら、今こそ行動を起こすことをおすすめします。

 

Rubyが学べるおすすめプログラミングスクール

No.1 TechAcademy:オンラインをRubyを学びたい方向け※副業・フリーランスにも強い

No.2 DMM WEBCAMP エンジニア転職:Rubyを学び、優良企業へ希望通り転職したい20代の方向け※20代は全額返金保証あり

No.3 テックキャンプ:高年収で転職したい or 30代以上の方向け※30代まで転職保証あり

No.4 RUNTEQ:ハイレベルな環境でRubyを学び、自社開発企業に就職したい方向け

 

ABOUT US
travewriter
新卒で大手グローバル企業→20代で海外赴任→現在は本業で転職支援、副業で会社経営。『Travewriter』は、IT・Web・グローバルを中心としたスキル習得やキャリア・転職情報について、実際に経験した体験談をベースに発信している学習・キャリアの情報メディアです。