海外駐在・海外出張に必要なTOEICスコアは存在しない【元駐在員が実態を解説】

スポンサードリンク

海外駐在・海外出張に必要なTOEICスコアは存在しない【元駐在員が実態を解説】

 

  • 海外駐在や海外主張をするために、必要なTOEICのスコアってどれくらいなんだろう?

 

本記事では、このような疑問に対して、元駐在員の僕が答えていきます。

 

早速結論ですが、海外駐在や海外出張において、必要なTOEICスコアは存在しません。

 

僕のことを簡単にご紹介すると、新卒で大手グローバル企業に入社、20代半ばで海外駐在を経験しました。

 

その経験から言えることが、上記です。海外駐在や海外出張に行くために、TOEIC700点か必要とか、いやいや800点は必要とか、そういうものはありません。

 

本記事では、海外駐在や海外出張を目指す、あるいはすでに控えている方向けに、TOEICと海外出張、海外赴任の関係をお話ししていきます。

 

スポンサーリンク

海外駐在や海外出張に必要なTOEICスコアは存在しない理由

海外駐在や海外出張に必要なTOEICスコアは存在しない理由

 

結論、「TOEICスコア=本当の英語力ではないから」です。

 

なので、何点取らないと海外駐在や海外出張は難しいとか、本来そういうものはないんですよね。

 

事例:TOEICスコアが400点台でも、海外赴任している人はたくさんいる

20代半ばの頃、僕はアフリカに駐在をしていました。アフリカだけでなく、北米や南米、ヨーロッパやアジアと、世界中の人と一緒に仕事をしていましたが、どの国にも、英語ができないまま赴任している駐在員はいたんですよね。

 

実際、その中には、TOEIC700点どころか、TOEIC400点台でも赴任している人はいましたからね。まあ、そういう方は相応な苦労もしていましたが。。とはいえ、TOEICのスコアが低くても、駐在員になれるという事実は存在しています。

 

ですから、TOEICで何点あるから駐在員になれるという基準は、本当に存在しないんですよね。それは、僕自身が実際に海外赴任をして感じたことです。もちろん、海外出張も同様です。海外出張の場合、大抵は現地に駐在している人がいて、アテンドしてくれますからね。

 

駐在員と必要な英語力については、海外駐在員に必要な英語力とは?【元駐在員が勉強法と併せて解説】の記事でも解説しています。時間のある際に、こちらも併せて目を通しておくと良いと思います。

 

 

それでもTOEICで高スコアを取っておくと良い理由

それでもTOEICで高スコアを取っておくと良い理由

 

TOEICスコアがなくても、海外出張や海外駐在は可能です。とはいえ、それでも、TOEICで高スコアは取っておくことを、個人的にはおすすめしています。

 

なぜか?その理由は以下の2つからです。

 

  1. 企業によってはTOEICスコアで足切りをしているから
  2. 海外駐在や出張だけでなく、就職・転職で有利になることが多いから

 

この2つです。それぞれ理由を深掘りしますね。

 

1. 企業によってはTOEICスコアで足切りをしているから

前述通り、TOEIC400点台でも海外駐在している方は多くいます。ですが、企業によっては、TOEICスコアで足切りをし、グローバル人材と、そうでない人材を分けているところもあります。

 

もしあなたがこれから自社で海外駐在を目指す場合、まずは自分の企業が、どのようにグローバル人材を定義しているか、その実態を探ると良いですね。過去に駐在や出張を多く経験している人は、英語ができた人材か、それともそうでないか、少しヒアリングして調べれば、なんとなく傾向はわかることです。

 

一方、これから海外赴任や出張がある企業へ転職を考えている場合、基本的に外からその情報を判断することは難しいです。だからこそ、最低限足切りされないくらいのTOEICなり英語力はつけておくことが確実です。

 

2. 海外駐在や出張だけでなく、就職・転職で有利になることが多いから

また、TOEICスコア自体が海外駐在や海外出張で活かせなくとも、就職や転職で有利になることが多いです。

 

なので、自分のキャリアの選択肢を広げる意味でも、TOEICで少なくとも700点くらいは、実現しておくと良いですね。

 

TOEICなど英語力を求める企業は年収が高め

TOEICスコアで基準を設けている企業は、比較的年収も高レンジですし、メリットは大きいです。

 

  • 高年収の仕事に就きたい
  • グローバルに活躍できる企業に転職したい

 

このような気持ちがあるなら、TOEICは就職、転職で活きるので、学んでおくことが良いですね。

 

僕自身もTOEICは有利に働いた

参考までに、僕自身、グローバル企業への転職活動をしましたが、TOEICは有利に働きました。その当時は、確かギリギリ900点くらいだったかと思います。その当時から英語力はだいぶ伸びたので、今ならもっと高いスコアは行けると思います。

 

ですが、このレベルまで来ると、書類で足切りされることもほぼないので、最近はTOEIC受けることはしていません。僕の場合、駐在経験があるので、そちらの方が英語力アピールできた事実もありますので、少し例外かもしれませんが。

 

いずれにしても、TOEICスコアで有利になる企業があるので、ハイスコアを取っておくことに越したことはありません。正しい方法で勉強すれば、3ヶ月で200点UPくらいはできてしまいますからね。

 

ただし、TOEICが「有利に働く企業」「有利に働かない企業」には明確な違いもあります。その具体的な違いについては【外資系・グローバル転職】本当に役立ったおすすめ転職エージェント・転職サイト5選で解説をしています。こちらも参考にどうぞ。

 

▼詳細はこちら

 

海外赴任、海外出張に向けて。TOEICを勉強する際のポイント

海外駐在、海外出張に向けて。TOEICを勉強する際のポイント

 

先ほど少し触れましたが、TOEICスコアアップだけでなく、実際の英語力も同時に身につくような勉強が望ましいです。

 

TOEICだけできても、本質的には意味ない

TOEICだけできて、全く英語が使えないのはかっこ悪いですよね。それこそ企業からの印象も、「あれ?こんなはずじゃないと思ったんだけどな・・」と思われてしまうかもしれません。それだと、ちょっと嫌ですし、本質的ではありません。

 

なので、これからTOEICを勉強するなら、一緒に実践的な英語力も身につく方法で勉強すると良いですね。そうすることで、キャリアの選択肢も広がりますし、現地でコミュニケーションも取れます。

 

じゃあどうやって勉強していけばいいか?TOEICも日常英会話も両方伸ばせる勉強法を、実体験からご紹介しますね。

 

【TOEIC】海外駐在、海外出張に向けたTOEICの勉強法【元駐在員が解説】

【TOEIC】海外駐在、海外出張に向けたTOEICの勉強法【元駐在員が解説】

 

  1. まずは・・・スタディサプリEnglish TOEIC対策コースで勉強する
  2. 加えて・・・パーソナルジム形式で、短期でスコアアップを目指す

 

結論、上記の方法です。

 

もっと詳細に分ける方法もありますが、この方法はシンプルに実力がつきます。TOEICでハイスコアを取り、実践でも使える英語力が身につくかと思います。

 

それぞれ詳細を解説しますね!

 

ステップ1:スタディサプリEnglish TOEIC対策コースで勉強する

まずは、スタディサプリEnglish TOEIC対策コースで勉強することが第一歩です。

 

企業によってはTOEICスコアで足切りをしているから 海外駐在や出張だけでなく、就職・転職で有利になることが多いから

 

スタディサプリEnglishは、リクルートが運営している英語アプリです。APPストアで人気No.1、これまで累計100万ダウンロードを突破している、超人気アプリです。使ったことがある方も、多いのではないでしょうか。僕自身、かれこれ2年近く使い続けています。

 

スタディサプリEnglishの簡単な概要

スタディサプリEnglishは日常英会話コースと、TOEIC対策コースの2つがあります。このうち、「TOEIC対策コース」を受講すると、日常英会話コースも無料で受講できるんですよね。

 

TOEIC対策コースと日常英会話コース。この2つをやれば、TOEICだけでなく、実践的に使える英会話力も身につけることができます。

 

TOEIC対策コースは月額2,980円(税抜)です。飲み会1回分を我慢すれば、捻出できる価格です。人生を変える金額と考えれば、安すぎる投資ですよね。

 

前述通り、TOEICだけできて、実際の英語が全然使えないような人材だと、正直あまり市場価値はないです。だからこそ、スタディサプリEnglishでTOEIC、日常英会話の両方をやることに、大きな価値がありますね。

 

なお、TOEIC対策コースは「7日間の無料体験」をやってます。無料で使うためには一度有料会員登録をする必要がありますが、もし使って気に入らなければ、7日経つ前に解約すれば、お金は1円もかかりません。

 

解約もWeb上で簡単にできるので、まずは気軽にトライしてみましょう。以下リンクから、スマホかPCで3分後にはお試し可能です。

>>スタディサプリEnglish 7日間無料体験の詳細はこちら

 

▼詳細はこちら

 

ステップ2:パーソナルジム形式で短期でスコアアップを目指す

上記のTOEIC対策コースで総合力をつけたら、次はパーソナルジム的に、TOEICの勉強をすることが良いです。

 

最近はオンライン型、教室型問わず、専属のコーチをつけて英語を学べるようになりました。このようにリードしてくれるプロをつけて英語を学ぶと、英語の習得スピードは当然ながら早くなります。

 

僕自身はあまり英会話スクールは好きではなかったので独学で勉強してきましたが(コスパが悪かったから)、最近はコスパの良い、本当に質の高いスクールも出てきました。そういうサービスであれば、実力を早期でつけるためにも、活用することはおすすめです。

 

おすすめのパーソナルコーチサービス

いろいろサービスはありますが、初心者であれば、以下のサービスがおすすめですね。

 

  1. スタディサプリEnglishパーソナルコーチプラン【手軽にオンライン完結で学びたい人向け】
  2. プログリット【本格的な教室型でTOEICスコアを上げたい人向け】

 

上記の通りです。

 

スタディサプリEnglishパーソナルコーチプランは、前述したTOEIC対策コースに専属コーチがついたプランです。オンライン完結で、コーチと学習計画を練りながら、短期間でTOEICのスコアアップを目指します。

 

非常に質が高く、3ヶ月で200点以上UP者は割と続々出ています。迷ったら、こちらを選べばOKです。

 

一方、「いや、私は教室型で本格的に勉強したい」と思うなら、プログリットが良いですね。こちらはサッカーの本田圭佑選手も利用していたスクールです。質が高く、世界で戦いたいビジネスパーソンであれば、本格的なプログリットが合っているでしょう。

 

前述したスタディサプリEnglish TOEIC対策コース同様、両者ともTOEICだけでなく、実践的な英語力も身につきます。どちらも無料体験・無料カウンセリングができるので、まずは公式サイトからチェックの上、試してみることが良いです。

 

  1. >>パーソナルコーチプランの詳細はこちら【7日間の無料体験あり】
  2. >>プログリットの詳細はこちら【英語力診断ができる無料カウンセリングあり】

 

まとめ

海外駐在・海外出張に必要なTOEICスコアは存在しない【元駐在員が実態を解説】

 

まとめます。

 

  • 海外駐在、海外出張に必要なTOEICスコアは存在しない
  • それでも、TOEICは就職や転職でも有利になるので、700点くらいは取っておくと良い
  • TOEICスコアだけでなく、実践的な英語力も一緒に身につけることが一番大切

 

上記の通りです。

 

最後に、海外駐在や海外出張は本当に楽しいです。僕自身、幸いなことに20代半ばでで海外駐在を経験できましたが、日本では経験できないような日々を過ごすことができました。

 

外国人と一緒に仕事をすることは本当に刺激になります。また、海外に慣れてきた今となっても、仕事でフライトに乗る前の高揚感は、未だに感じます。

 

海外赴任や海外出張の要因に選ばれば、純粋に待遇も上がります。僕自身、海外駐在に行っていた時は、現地の家や車は無料で支給され、ガソリン代も全て会社払い、家事のお手伝いがついていて、さらには日本と現地の給料が両方とも支給されていました。しかも、給料の額も上がってました。

 

控えめに言っても、サラリーマンの中では、間違いなくグローバル人材は待遇・やりがいの面でも高いです。

 

そういった海外駐在、海外出張のチャンスを掴めるかどうかも、まずは「英語」からです。近い将来、海外駐在や海外出張で活躍するために、TOEICと英語力は今のうちから、どちらも身につけておくことが吉ですね。

 

今日から始めれば、3ヶ月後には何かしらの成果が出ていると思います。人生は短い。あっという間に過ぎていきます。まずは行動を起こすことが、後悔のない人生を生きるために必要不可欠なアクションですね。応援しています!

 

  1. スタディサプリEnglish TOEIC対策コース【まずはコレから/7日間無料体験あり】
  2. スタディサプリEnglishパーソナルコーチプラン【手軽にオンライン完結で学びたい人向け】
  3. プログリット【本格的な教室型でTOEICスコアを上げたい人向け】

 

▼TOEIC対策コースの詳細はこちら

 

RELATED