本当におすすめなWebディレクター向けフリーランスエージェント5選比較【2022年】

Webディレクターにおすすめなフリーランスエージェント5選
今すぐ無料登録したい方へ

当記事から登録の多い、Webディレクター向けおすすめフリーランスエージェント3選(全て無料で登録・利用可能

  1. クラウドテック:業界大手のクラウドワークスが運営。リモート案件・週3勤務の案件など、柔軟な働き方ができるWebディレクター求人が多い。
  2. ITプロパートナーズ:実務経験3年以上のWebディレクター・マーケティング経験者におすすめ。週2日から始められる副業・フリーランス案件が豊富。高単価案件も豊富。
  3. フォスターフリーランス:Webディレクターの高単価案件に強いフリーランスエージェント。実務経験がある方におすすめ

 

「Webディレクター向けのフリーランスエージェントを探しているけど、数が多すぎて、どこが良いのかわからない」

「実際にエージェントを利用した人のおすすめを知りたい」

 

このように思っていませんか?

 

Webディレクター向けフリーランスエージェントと一言でいっても、エージェントの数はとても多いです。各エージェントによって得意分野は異なるため、あなたにあったエージェントを選ぶことが、フリーランスWebディレクターとして生計を立てていくためには特に重要です。

 

そこでこの記事では、Webディレクター向けエージェントを実際に利用した経験をもとに、本当におすすめできるWebディレクター向けフリーランスエージェントを5つ厳選しました。

 

結論から先にお伝えすると、以下5つのエージェントがおすすめです。

 

本当におすすめできるWebディレクター向けフリーランスエージェント5選
  1. クラウドテック:業界大手のクラウドワークスが運営。リモート案件・週3勤務の案件など、柔軟に働けるWebディレクター求人が豊富。
  2. ITプロパートナーズ:経験3年以上のWebディレクター・マーケティング経験者におすすめ!週2日からできる副業案件が豊富。高単価案件もかなり多い。
  3. フォスターフリーランス:Webディレクターの高単価案件に強いエージェント。実務経験がある方におすすめ
  4. Workship:リモート案件・週1日〜の案件が豊富。フリーランスだけでなく、副業からスタートする場合もおすすめ
  5. レバテッククリエイター:高単価のWebディレクター求人あり。実務経験が数年以上ある方は利用したい。

 

この記事で詳しく、各エージェントの特徴やおすすめな人を解説します。記事前半ではWebディレクターがフリーランスエージェントを選ぶポイントも解説しますね。

 

Webディレクターがフリーランスエージェントを選ぶポイント

Webディレクターがフリーランスエージェントを選ぶポイント

 

Webディレクターのフリーランスエージェントを選ぶ基準は大きく4つあります。

 

Webディレクターのフリーランスエージェントを選ぶポイント
  1. 案件数は十分あるか
  2. 希望するエリアに対応しているか
  3. 希望する働き方に合っているか
  4. 単価はどれくらいか

 

1. 案件数は十分あるか

フリーランスエージェントを利用する際には、希望する「案件数」がどのくらいあるかは、選ぶ上で重要な指標の一つです。

 

極論を言うと、Webディレクター向け案件が一切ない場合は、登録をしたところで、案件紹介を受けることができないからです。

 

Webディレクター向けエージェントの案件数を知る方法

案件数は日々増減を繰り返しているもので、その時点での案件数を正確に知るためには「一手間」かける必要があります。

 

一番確実な方法は、フリーランスエージェントの各Webサイト上から「Webディレクター向け求人」を検索することです。

 

Webディレクターのフリーランスエージェントによっては、Webサイト上から案件を検索し、案件数を調べられるエージェントがあります。利用する前は、そういった機能も活用しながら、最新の求人数を把握しておくことがおすすめです。

 

複数のエージェントを併用することで、紹介案件数を最大化することもできる

「案件数を見るのが面倒」という方は、複数のエージェントを併用することでも大丈夫です。

 

今回紹介しているWebディレクター向けエージェントはそれぞれ案件数は異なりますが、どこもWebディレクターに強いエージェントです。

 

迷ったら今回紹介するエージェントの中から「2〜3つ」ほど無料登録して併用すれば、案件数の多い一つのエージェントを単発で利用するよりも多くの案件紹介を受け、あなたの希望に合う仕事を探せますよ。

 

2. 希望するエリアに対応しているか

Webディレクター向けフリーランスエージェントの中には、対応エリアが「全国」のエージェントもあれば、「東京」を中心とした首都圏のみのエージェントもあります。

 

特に定期的にオフィスに出向いたり、週1回、月1回程度など顔を合わせて仕事をする案件は、対応エリアが問題ないかもチェックしておくことが必要です。

 

一方で、最近はリモート案件が大半のエージェント「クラウドテック」のように、住んでいる場所にかかわらず「リモートOK」の案件も豊富にあります。地方にお住まいの方で近隣に案件がない方であれば、リモート案件から探すことがおすすめです。

 

3. 希望する働き方に合っているか

フリーランスとして独立を志す方の多くはは、何かしら「希望する働き方」があると思います。

 

Webディレクターのフリーランスエージェントを選んでいく際には、希望の働き方を実現できそうかもチェックしておくことが必要です。

 

フリーランスエージェントには、いろんな働き方の案件があります。例えば「働く場所」や「稼働の日数」「稼働の曜日」などで、次のような働き方があります。

 

働く場所オフィス常駐型完全リモート案件
稼働の日数週5日案件週1日〜週4日案件
稼働の曜日平日のみ土日もOK

 

このように、オフィス常駐型もあれば完全リモートもありますし、週5日フルタイムもあれば週1日〜週4日もありますし、平日のみもあれば土日OKな案件もあります。

 

例えばITプロパートナーズは週2日〜の案件に特に強いです。週5日フルタイムではなく、週2日〜程度でまずは参画したい方は、ITプロパートナーズのようなエージェントを利用することがおすすめです。

 

このように、案件によって選べる働き方は変わります。あなたの希望する働き方があるエージェントを優先的に選んでいきましょう。

 

4. 単価はどれくらいか

各フリーランスエージェントによって、実は「単価」も違います、なぜなら、利用するエージェントによって、案件の種類や商流、エージェントの取り分であるマージン(手数料)が変わるからです。

 

できるだけ高単価の案件に参画したい方は、高単価のWebディレクター案件に強いフリーランスエージェントを優先的に選ぶことがおすすめです。

 

例えばフォスターフリーランスは、フリーランスエージェントの中でも「高単価案件」が豊富です。

 

一般的なフリーランスエージェントは、間に「仲介会社」を挟んでおり、その分単価が低くなっているサービスもあります。

 

その点フォスターフリーランスは、間に仲介会社を挟まず、企業と直接契約を結んでいる案件が多いことが特徴です。企業と直接契約している案件の割合が多いため、業界トップクラスの高単価を実現できているのです。

 

このように、利用するエージェントによって単価は異なります。

 

なお、あなたが参画できそうな単価感は、各エージェントに登録すると、プロのアドバイザーが診断・提案までしてくれます。まずは無料で登録し、年収診断を受けてみることがおすすめです。

 

Webディレクター向けのおすすめフリーランスエージェント5選比較【ランキング・目的別で紹介】

Webディレクターにおすすめなフリーランスエージェント5選

 

ここからは、本当におすすめできるWebディレクター向けフリーランスエージェントを一つずつ紹介していきます。

 

本当におすすめできるWebディレクター向けフリーランスエージェント5選
  1. クラウドテック:業界大手のクラウドワークスが運営。リモート案件・週3勤務の案件など、柔軟に働けるWebディレクター求人が豊富。
  2. ITプロパートナーズ:経験3年以上のWebディレクター・マーケティング経験者におすすめ!週2日からできる副業案件が豊富。高単価案件もかなり多い。
  3. フォスターフリーランス:Webディレクターの高単価案件に強いエージェント。実務経験がある方におすすめ
  4. Workship:リモート案件・週1日〜の案件が豊富。フリーランスだけでなく、副業からスタートする場合もおすすめ
  5. レバテッククリエイター:高単価のWebディレクター求人あり。実務経験が数年以上ある方は利用したい。

 

1. クラウドテック

Webディレクターにおすすめなフリーランスエージェント5選
おすすめ度⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️
対応エリア全国(リモート案件も豊富)
公式サイトhttps://crowdtech.jp

 

クラウドテックは、クラウドソーシング大手の「クラウドワークス」が運営するフリーランスエージェントです。

 

「フリーランスの働き方をもっと自由に」というコンセプトのもと、リモート・週3勤務など、自由で柔軟な働き方ができるWebディレクター案件が豊富にあることが特徴です。

 

クラウドテックの案件の大半は「リモートOK」の案件であり、在宅でできる仕事がたくさん用意されています。東京圏にお住まいの方はもちろん、地方で近場に案件がない方も、クラウドテックならリモートOKのWebディレクター案件が見つかりやすいと思いますよ。

 

何より、クラウドソーシング最大級の「クラウドワークス社」が母体のため、クラウドテックには様々な企業の案件が集中しています。

 

Webディレクターのフリーランス・副業案件をお探しの方は、クラウドテックにはまず無料登録しておくことがおすすめです。

クラウドテック公式サイトはこちら

 

\リモート案件が豊富!大手クラウドワークスが運営/

 

2. ITプロパートナーズ

Webディレクターにおすすめなフリーランスエージェント5選
おすすめ度⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️
対応エリア現住所が東京・神奈川・埼玉・千葉のみ
公式サイトhttps://itpropartners.com

 

ITプロパートナーズも、Webディレクター案件に強い代表的なフリーランスエージェントです。

 

私自身も登録して活用していましたが、案件の質が良く、満足度が高いエージェントでした。

 

ITプロパートナーズは特に週2日からのWebディレクター案件に強く、フリーランスだけでなく「副業」でリスクを抑えて活動を始めたい方にも特に選ばれています。

 

WebディレクターやWebマーケターとして「実務経験が数年以上ある方」であれば、条件の良いWebディレクター案件を紹介してもらえる可能性が高いです。

ITプロパートナーズ公式サイトはこちら

 

\週2日からのWebディレクター案件が豊富/

 

3. フォスターフリーランス

Webディレクターにおすすめなフリーランスエージェント5選
おすすめ度⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️
対応エリア東京・神奈川・千葉・埼玉の4つ(リモート案件もあり)
公式サイトhttps://freelance.fosternet.jp

 

フォスターフリーランスは、高単価のWebディレクター案件に強いフリーランスエージェントです。

 

フォスターフリーランスは、間に仲介会社を挟まず「企業と直接契約」の案件が多いことから、業界トップクラスの高単価を実現しています。

 

フォスターフリーランスで募集されている求人を見てみると、月額60〜70万円の高単価案件をはじめ、中には「月額100万円」を超える高単価案件も募集されていました。

 

経験が浅いと案件紹介を受けられない可能性はありますが、実務経験が3年以上ある方は、フォスターフリーランスにまずは無料登録し、案件紹介を受けてみることがおすすめです。

フォスターフリーランス公式サイトへ

 

\高単価のWebディレクター案件あり/

 

4. Workship

Webディレクターにおすすめなフリーランスエージェント5選
おすすめ度⭐️⭐️⭐️⭐️
対応エリア全国
公式サイトhttps://goworkship.com

 

Workshipは、Webディレクターにおすすめなフリーランス・副業エージェントです。

 

私自身、Workship経由でWeb企業のWebディレクターとして参画したことがありますが、単価は申し分なく、かつ完全リモートで参画できたため、満足度がとても高かったです。

 

Webディレクターにおすすめなフリーランスエージェント5選

私が実際に利用している、Workship登録者だけが観れる「会員限定」の求人サイトのキャプチャ

 

Workshipには、リモート案件・週1〜3日OKなど、柔軟な案件が豊富にあります。実際に私が案件に参画した際は、初回面談だけ顔を合わせて実施し、それ以降は完全リモートOKでした。

 

Workshipも実務経験者でないと案件紹介を受けられない可能性がありますが、Webディレクターとして柔軟な働き方を実現したい経験者の方は、Workshipの利用も特におすすめです。

Workship公式サイトへ

 

\リモート案件・週1〜3日案件が豊富/

 

 

5. レバテッククリエイター

Webディレクターにおすすめなフリーランスエージェント5選
おすすめ度⭐️⭐️⭐️⭐️
対応エリア首都圏、関西、愛知県、福岡県
公式サイトhttps://creator.levtech.jp

 

レバテッククリエイターも、Webディレクター向けでおすすめのフリーランスエージェントです。

 

クリエイティブ領域で代表的なフリーランスエージェントであり、高単価案件も豊富に抱えていることが特徴です。

 

しかも、単価交渉・商談対策・税務サポートなど「充実したフォロー体制」もあるため、初めてのフリーランスでも安心して独立を目指せます。

 

実務経験が数年ないと案件紹介を受けられない可能性があるものの、3年以上の実務経験者であれば、業界知識を持ったアドバイザーがあなたにあった案件を紹介してくれるでしょう。

レバテッククリエイター公式サイトはこちら

 

\高単価案件やサポートが充実/

 

Webディレクターがフリーランスエージェントを利用するメリット

Webディレクターがフリーランスエージェントを利用するメリット

 

Webディレクターがフリーランスエージェントを利用するメリットは大きく3つあります。

 

Webディレクターがフリーランスエージェントを利用するメリット
  1. 企業への営業・コミュニケーションを代行してくれる
  2. 細かい事務手続きも代行してくれる
  3. 案件に参画した後も業務サポートを受けられる

 

1. 企業への営業・コミュニケーションを代行してくれる

企業に対する営業やコミュニケーションを全て代行してもらえることは、Webディレクターがフリーランスエージェントを利用する大きなメリットです。

 

本来、独立したWebディレクターは自分自身で案件を取ってこないといけません。案件を取るためには日夜営業をかけたり、知人経由で紹介を受けることで、食べていくための案件を作っていく必要があります。

 

その点フリーランスエージェントに無料登録すれば、エージェントが保有する案件の紹介を受け早ければ即日〜数日以内に案件参画することもできます。

 

これができる理由は、フリーランスエージェントが日々企業に対して「Webディレクター向けの求人はありませんか?」と営業をかけているからです。

 

しかも営業で案件を取ってくるだけでなく、その後のコミュニケーションなどアフターフォロまで手厚くしてくれるため、Webディレクターは目の前の仕事に集中できるのです。

 

このように、企業への営業・コミュニケーションをエージェントに全て代行できるのは、エージェントを利用する大きなメリットです。

 

自身のやるべき仕事に集中できる分、仕事の結果にも繋がりやすくなりますので、さらなる単価アップも視野に入ってきます。

 

2. 細かい事務手続きも代行してくれる

営業面だけでなく、細かい事務手続きまで全て代行してくれる点も、フリーランスエージェントを利用する大きなメリットです。

 

例えば企業との「契約資料」や「請求書」の作成は、エージェント側が全て間に入って代行してくれることが一般的です。

 

エージェントを利用しないと、契約書や請求書はすべて自分自身で準備し、企業との事務手続きを行う必要があります。時間も工数もかかる上に、正直言うと、面倒くさいですよね…。

 

フリーランスWebディレクターとして活躍するためには、自分以外でもできる仕事は外注・アウトソースすることが大事です。事実、Webディレクターの仕事は、周囲の方をうまく活用しながら、成果を最大化することが仕事ですよね。

 

このように、フリーランスエージェントを活用すれば、細かい事務手続きも代行してもらえるため、本業に集中できるメリットがあります。

 

3. 案件に参画した後も業務サポートを受けられる

案件に参画した後に「業務サポート」を受けられる点も、Webディレクターのフリーランスエージェントを利用するメリットです。

 

「現在参画している案件に問題はない?」

「仕事で困ったことは?」

 

こういったことを、各エージェントのコンサルタントが定期的にチェックし、手厚くフォローもらえます。

 

本来フリーランスになると、当然上司はいなくなりますので、どんな課題や悩みに対してもすべて自分一人で立ち向かっていかないといけません。

 

その点フリーランスエージェントを活用すれば、業界を把握したプロが手厚くサポートしてくれるため、安心を感じることができますよ。

 

 

Webディレクターがフリーランスエージェントを利用するデメリット

Webディレクターがフリーランスエージェントを利用するデメリット

 

メリットとは反対に、Webディレクターがフリーランスエージェントを利用するデメリットは一つあります。

 

1. 企業と直接契約するより単価は下がる

企業と直接契約する場合と比べると、単価が下がることはデメリットです。

 

とはいえ、単価が下がったとしても月単価50〜60万円以上は十分実現していけますし、中には月単価100万円以上の案件もあります。

 

面倒な営業活動と事務作業を全て代行してもらえることを考えれば、多少単価が下がったところで、得られるメリットの方が大きいと思いますよ。少なくとも私はそう考えており、フリーランスエージェントを活用していました。

 

Webディレクターが効果的にフリーランスエージェントを活用する方法

Webディレクターが効果的にフリーランスエージェントを活用する方法

 

Webディレクターのフリーランスエージェントを効果的に活用する方法は次の通りです。

 

Webディレクターのフリーランスエージェントの効果的な活用方法
  1. 複数のフリーランスエージェントを併用する
  2. 新規案件を定期的にチェックし、常にアンテナを張っておく

 

1. 複数のフリーランスエージェントを併用する

複数のフリーランスエージェントを併用することは、エージェントを効果的に活用するおすすめの方法です。なぜなら、複数のエージェントを併用することで、選べる案件数がダイレクトに広がるからです。

 

前述通り、各エージェントによって保有する案件の種類は変わります。あるエージェントにはない案件が、他のエージェントには存在する可能性があるのがフリーランスエージェントです。

 

あなたの希望にあった案件を確実に探すためには、最低でも「3つ」の大手フリーランスエージェントに無料登録し、案件を探すことがおすすめです。

 

3つほど実績あるエージェントを併用すれば、あなたの希望する案件もグッと見つかりやすくなりますよ。

 

2. 新規案件を定期的にチェックし、常にアンテナを張っておく

晴れて希望する案件に参画できた後も、エージェントから定期的に送られてくる新規案件には目を通しておくことがおすすめです。

 

なぜなら、フリーランスエージェントは日々企業に対して「営業活動」をしており、今よりも「良い条件」の案件が出てくる可能性もかなり高いからです。

 

フリーランスエージェントの案件に参画してスキルと実績を積んでいけば、次回はより「高単価案件」にもチャレンジできるようになります。

 

年収も働き方もスキルも実績も、全て伸ばしていける場所が「フリーランスエージェント」です。

 

チャンスを逃さないためにも、常にアンテナを張り続けることがおすすめです。

 

まとめ

最後に、今回紹介したWebディレクター向けのフリーランスエージェントを活用すれば、フリーランスとして独立し、希望の年収や働き方も十分実現できるはずです。

 

「いきなりフリーランスとしてやっていく自信がない」という方も、各エージェントに無料登録すると、独立後に実現できそうな「年収・案件・働き方」を無料で診断してもらえます。

 

残された可能性を知るためにも、まずは無料登録し、情報収集からスタートしてみることがおすすめです。

 

本当におすすめできるWebディレクター向けフリーランスエージェント5選
  1. クラウドテック:業界大手のクラウドワークスが運営。リモート案件・週3勤務の案件など、柔軟に働けるWebディレクター求人が豊富。
  2. ITプロパートナーズ:経験3年以上のWebディレクター・マーケティング経験者におすすめ!週2日からできる副業案件が豊富。高単価案件もかなり多い。
  3. フォスターフリーランス:Webディレクターの高単価案件に強いエージェント。実務経験がある方におすすめ
  4. Workship:リモート案件・週1日〜の案件が豊富。フリーランスだけでなく、副業からスタートする場合もおすすめ
  5. レバテッククリエイター:高単価のWebディレクター求人あり。実務経験が数年以上ある方は利用したい。