Webディレクターにおすすめな転職エージェント・転職サイト8選

Webディレクターにおすすめな転職エージェント・転職サイト8選【専門家が厳選】

 

Webディレクターにおすすめな転職エージェント・転職サイトを探しているけど、どこが良いのかわからない」と悩んでいませんか?

 

厚生労働省によると、転職エージェント・転職サイトは、大手・中小含めると20,000を超える会社・事業所が存在しています。数が無数にある上に、Webディレクター向けとなると一体どこを選んだらいいかわからず、悩んでしまう人は多いです。

 

そこでこの記事では、これまで200社以上の転職支援に携わってきた経験から、Webディレクターにおすすめな転職エージェント・転職サイト8選を紹介します。

 

この記事がおすすめな人
  1. Webディレクターとして仕事をしている実務経験者
  2. Webディレクターにチャレンジしたい未経験の方

 

本記事で紹介している転職エージェント・転職サイトを活用すれば、Webディレクターがより良い条件で転職することも、これまでの経験を活かしてWebディレクターになることも、十分実現可能です。

 

記事の簡単なまとめ

【Webディレクター経験者向けの転職エージェント・転職サイト5選】

  1. マスメディアン【クリエイティブ・広告のWebディレクター職で高い実績】
  2. ワークポート【Webディレクターに強い代表的な転職エージェント】
  3. Geekly【手厚い転職サポートが充実】
  4. JAC Recruitment【厳選されたWebディレクター求人を探すならここ。年収600〜1,500万円のハイクラス層向け】
  5. ビズリーチ【ハイクラスのWebディレクター求人が豊富】

【Webディレクター未経験向け転職エージェント・転職サイト3選】

  1. ワークポート【Webディレクターに強い代表的な転職エージェント。実務経験者だけでなく、未経験にも親身な対応がGOOD】
  2. リクルートエージェント【業界最大手の転職エージェント。求人数は国内トップクラス】
  3. doda【大手のパーソルキャリアが運営】

 

Webディレクター向け転職エージェント・転職サイトを選ぶポイント

Webディレクター向け転職エージェント・転職サイトを選ぶポイント

 

Webディレクター向けの転職エージェント・転職サイトを選ぶポイントは次の通りです。

 

Webディレクター向けの転職サイト・転職エージェントを選ぶポイント・基準
    1. 経験者と未経験でおすすめサイト・エージェントは分かれる
  1. 求人数は豊富にあるか
  2. 求人の質は高いか
  3. 手厚い転職サポートを受けられるか

 

1. 実務経験者と未経験でおすすめ転職エージェント・転職サイトは異なる

まずはじめに知っておくべきことは、Webディレクターとして実務経験がある人と、実務経験がない人では、おすすめの転職エージェント・サイトは異なることです。

 

なぜなら、利用する転職エージェント・転職サイトによって、利用者層は異なるため、これまでのご経歴によっては求人紹介自体を受けられないこともあるからです。

 

Webディレクターとして実務経験がある方の選び方

これまでたくさんの転職支援を行ってきた経験からいうと、Webディレクターとして実務経験がある方は、基本的にどの転職エージェント・転職エージェントでも利用できます

 

ただし、利用する転職エージェントや転職サイトによって、ハイキャリア・高年収の求人に強いエージェントや、転職サポートが丁寧なエージェントなど、それぞれ特色が違います。

 

例えば、これまでのWebディレクターの実務経験を活かして年収アップを目指すなら、ハイキャリア・高年収に強い転職エージェント・サイトが向いています。

 

一方、転職活動が初めてで、わからないことだらけの場合、転職サポートが親身で丁寧なエージェントを選ぶと、初めての転職活動を手厚くサポートしてもらえます。

 

このように、あなたの希望に合う転職エージェントや転職サイトを探していくことが、実務経験者にはおすすめです。実務経験があれば、転職エージェント・転職サイトを選ぶ自由があるのです。

 

Webディレクターとして実務経験がない方の選び方

一方、Webディレクターとして実務経験が一切ない方は、実務経験者が利用者層の転職エージェント・転職サイトだと、求人紹介をそもそも受けられない可能性があります。

 

ですから未経験の場合は、未経験でも求人紹介をしてもらえる転職エージェント・転職サイトを利用することが必要です。

 

今回は未経験向けの転職エージェント・転職サイトを分けて紹介します。未経験であれば、未経験向けのエージェント・サイトの中から、希望に合いそうなサービスを利用してみてください。

 

2. 求人数は豊富にあるか

Webディレクター転職を目指すにあたって、Webディレクター求人が豊富にある転職エージェント・転職サイトを利用することが必要です。

 

転職エージェント・転職サイトと言っても、求人数は大きく異なります。企業側への営業やマーケティングを積極的に行っているサービスほど、求人数は多い傾向があります。

 

「Webディレクターの求人数が多い=転職先の選択肢が増える」ということです。だからこそ、Webディレクターの求人数が多い転職エージェントや転職サイトを利用するようにしましょう。

 

この記事では、Webディレクター求人が豊富な転職サイト・転職エージェントのみ厳選しています。迷ったらこの中から選んでいくと間違いないでしょう。

 

なお、Webディレクターの求人数が少ない転職エージェント・転職サイトであっても、2〜3社など複数の転職エージェントを併用することで、そのデメリットをカバーできます。

転職エージェントの中には、求人数は多くないものの、優良求人を抱えているJAC Recruitmentのようなハイクラス向けエージェントがあります。

JAC Recruitmentのように、厳選された優良求人を紹介してもらえるエージェントを利用することも、特に実務経験者が良い転職を実現するなら外せないポイントです。

 

3. 求人の質は高いか

求人数と同じくらいチェックしておきたいポイントは「求人の質」です。

 

転職サイト・転職エージェントの中には、求人の質に徹底的にこだわったエージェント・サイトもあれば、求人の質はあまり重視せず、とにかくたくさんの求人を集めることに特化したエージェント・サイトもあります。

 

Webディレクター転職を目指すあなたは、「転職すること」が目的ではなく、「転職した後に理想の人生や働き方を実現すること」が目的だと思います。

 

ですから、あなたが本当に求める働き方・仕事・年収・条件を実現できる質の高い求人があるかも、Webディレクターの転職サイト・エージェント選びで外せないポイントです。

 

4. 手厚い転職サポートを受けられるか

手厚い転職サポートを受けられるかどうかも、Webディレクターとして良い転職を実現するために重要な要素です。

 

特に「転職エージェント」を利用する場合は、採用企業とあなたの間に「キャリアアドバイザー」や「キャリアコンサルタント」という人が入り、転職活動のサポートや、細かい手続きの代行をしてもらえます。

 

「転職サイト」の場合、転職サイト上から求人を自ら探して応募し、自身で企業とやりとりを全て行います。間にキャリアコンサルタント(人)が入らないことが、転職エージェントと転職サイトの大きな違いです。

 

Webディレクター向けの転職エージェントでは、求人紹介を受けられるだけでなく、以下のような手厚い転職サポートを受けることも可能です。

 

Webディレクター向け転職エージェントで受けられる転職サポート
  • キャリア相談
  • 書類選考対策
  • 面接対策
  • 年収交渉など

 

とはいえ、転職エージェントによって、転職サポートをどこまで丁寧にやってくれるかは変わってきます。中には、書類選考対策や面接対策をほとんどしてくれない転職エージェントも存在します。

 

良い転職・就職を実現したい方は、転職サポートを手厚くしてくれる転職エージェントを選ぶことも、Webディレクター転職成功の重要なポイントとなります。

 

Webディレクター経験者におすすめな転職サイト・転職エージェント5選

Webディレクター経験者におすすめな転職サイト・転職エージェント5選

 

ここでは、Webディレクターとして実務経験がある方が、より良い条件(年収アップ・キャリアアップ・スキルアップ・働き方改善など)を実現する際におすすめな転職エージェント・転職サイトを紹介します。

 

Webディレクター経験者向けの転職エージェント・転職サイト
  1. マスメディアン【クリエイティブ・広告のWebディレクター職で高い実績】
  2. ワークポート【Webディレクターに強い代表的な転職エージェント】
  3. Geekly【手厚い転職サポートが充実】
  4. JAC Recruitment【厳選されたWebディレクター求人を探すならここ。年収600〜1,500万円のハイクラス層向け】
  5. ビズリーチ【ハイクラスのWebディレクター求人が豊富】

 

1. マスメディアン

Webディレクター経験者におすすめな転職サイト・転職エージェント5選
おすすめ度⭐️⭐️⭐️⭐️
種類転職エージェント
公式サイトマスメディアン

 

マスメディアンは、宣伝会議グループが運営する、クリエイティブ業種・職種に特化した転職エージェントです。

 

Web業界や広告業界のWebディレクター求人にめっぽう強く、豊富なWebディレクター求人を抱えています。

 

有名な大手広告会社、人気のWebメディア・サービスの事業会社のWebディレクター求人も、マスメディアンには集まっています。

 

Webディレクターとして実務経験がある方なら、良い求人を特に紹介してもらいやすいエージェントです。実務経験者は確実に登録を済ませておきましょう。

マスメディアン公式サイトはこちら

 

\Web業界や広告業界のWebディレクター求人に強い/

無料登録後もお金は一切かかりません。

 

2. ワークポート

Webディレクター未経験者におすすめな転職エージェント・転職サイト
おすすめ度⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️
種類転職エージェント
公式サイトワークポート

 

ワークポートは、Webディレクターとして実務経験がある方に最もおすすめの転職エージェントです。

 

ワークポートには「転職コンシェルジュ」と呼ばれる、Webディレクターの仕事に精通したキャリアコンサルタントが多数在籍しています。業界事情に詳しいコンシェルジュから、手厚い転職サポートを受けることができます。

 

私は人材業界に長いこと携わっていますが、ワークポートのキャリアコンサルタントの対応は業界内でも評判が高まってきています。Webディレクターの実務経験者が更なるキャリアアップ・より良い職場を目指すなら、ワークポートは特におすすめできるエージェントです。

 

求人も大手企業・メガベンチャーなどが多いため、あなたの希望に合う会社が見つかるでしょう。

ワークポート公式サイトはこちら

 

\Webディレクターに強い代表的な転職エージェント/

無料登録後もお金は一切かかりません。

 

3. Geekly

Webディレクター経験者におすすめな転職サイト・転職エージェント
おすすめ度⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️
種類転職エージェント
公式サイトGeekly

 

Geeklyは、Webディレクターとして実務経験がある方におすすめの転職エージェントです。

 

Webディレクターの求人数が豊富にあることに加えて、手厚い転職サポートを受けられる点がGeeklyの魅力です。

 

Geeklyは転職サポートに非常に力を入れており、書類選考対策や面接対策を、Webディレクターの転職事情に精通したコンサルタント陣から直接受けることができます。

 

初めての転職はもちろん、2回目以降の転職であっても、Geeklyの転職サポートは必ず役立つでしょう。

Geekly公式サイトはこちら

 

\手厚い転職サポートで納得いく/

無料登録後もお金は一切かかりません。

 

4. JAC Recruitment

Webディレクター経験者におすすめな転職サイト・転職エージェント
おすすめ度⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️
種類転職エージェント(ハイクラス特化型)
公式サイトJAC Recruitment

 

JAC Recruitmentは、ハイクラスのWebディレクター求人に強い転職エージェントです。

 

JAC Recruimentは、私自身も長いこと利用し続けていますが、大手企業、Web系メガベンチャー、スタートアップなど、様々な企業規模の求人を抱えていました。

 

個人的にリアルの友人から「どこの転職エージェント・転職サイトがおすすめ?」と聞かれたら、一番最初におすすめしているエージェントがJAC Recruitmentです。

 

【転職おすすめ】使って最も良かった転職エージェント・転職サイト4社

私が実際に使っているJACリクルートメント登録者限定の管理画面

 

JAC Recruitmentは、Webディレクターをはじめとしたリエイティブ職種の高年収・ハイクラス求人を抱えています。実務経験を活かしてキャリアアップ・年収アップ・スキルアップしたいWebディレクターは登録価値が大きいです。

 

イギリス発祥のエージェントでもあるため、大手外資系企業の求人もたくさんあります。外資系のWebディレクター職に転職したい方も、JAC Recruitmentなら力になってくれるでしょう。

 

求人の質がトップクラスに高いにもかかわらず、Webディレクターに特化していない分、Webディレクター職種の方にとっては穴場のエージェントです。

 

今のうちに登録しておけば、良いWebディレクター求人を優先的に紹介してもらえる確率も高いと思いますよ。

JAC Recruitment公式サイトはこちら

 

\ハイクラスのWebディレクター求人なら/

無料登録後もお金は一切かかりません。

 

5. ビズリーチ

Webディレクター経験者におすすめな転職サイト・転職エージェント
おすすめ度⭐️⭐️⭐️⭐️
種類転職サイト(ハイキャリア向け)
公式サイトビズリーチ

 

ビズリーチは、ハイクラス向けの会員制転職サイトです。Webディレクターとして年収アップ・キャリアアップしたい方におすすめなサイトです。

 

ビズリーチも私は長いこと使っていますが、本当に役立っている転職サイトです。

 

【転職おすすめ】使って最も良かった転職エージェント・転職サイト4社

私が長年使い続けている実際に使っているビズリーチの管理画面

 

ビズリーチは「ハイクラス転職」「即戦力」がコンセプトの転職サイトです。一見敷居が高そうに感じますが、Webディレクターとして何かしらの実務経験があれば、良いWebディレクター求人に出会いやすいです。

 

ビズリーチはレジュメを登録しておくだけで、企業からスカウトメールが届くようになります。私は年収500万円を超えた頃からスカウトメールが届くようになり、年収700万円を超えた頃からは、秘匿性の高いハイクラス求人も届くようになりました。

 

Webディレクターとして実務経験がある方で、ハイキャリア転職を実現したい方には特におすすめできる転職サイトです。

 

\Webディレクターのハイキャリア求人なら/

 

Webディレクター経験者向けの転職エージェント・転職サイト
  1. マスメディアン【クリエイティブ・広告のWebディレクター職で高い実績】
  2. ワークポート【Webディレクターに強い代表的な転職エージェント】
  3. Geekly【手厚い転職サポートが充実】
  4. JAC Recruitment【厳選されたWebディレクター求人を探すならここ。年収600〜1,500万円のハイクラス層向け】
  5. ビズリーチ【ハイクラスのWebディレクター求人が豊富】

 

Webディレクター未経験者におすすめな転職エージェント・転職サイト3選

Webディレクター未経験者におすすめな転職エージェント・転職サイト3選

 

ここからは、Webディレクター未経験者におすすめの転職サイト・転職エージェント3選を紹介します。

 

Webディレクター未経験向けの転職エージェント・転職サイト3選
  1. ワークポート【Webディレクターに強い代表的な転職エージェント。実務経験者だけでなく、未経験にも親身な対応がGOOD】
  2. リクルートエージェント【業界最大手の転職エージェント。求人数は国内トップクラス】
  3. doda【大手のパーソルキャリアが運営】

 

1. ワークポート

Webディレクター未経験者におすすめな転職エージェント・転職サイト
おすすめ度⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️
種類転職エージェント
公式サイトワークポート

 

ワークポートは、Webディレクターとして実務経験がある方だけでなく、これからWebディレクターを目指す未経験にもおすすめできる転職エージェントです。

 

後述するリクルートエージェントほどの求人数はありませんが、ワークポートには「転職コンシェルジュ」と呼ばれる、Webディレクターの仕事事情に精通したキャリアコンサルタントによる手厚い転職サポートがあります。

 

私自身、転職業界に長いこと携わっていますが、ワークポートのキャリアコンサルタントの対応は業界内でも評判が高まってきています。経験者はもちろん、未経験の方にも親身な対応をしてくれるため、Webディレクターとして良いキャリアを目指していけます。

 

求人も大手企業・メガベンチャーなどが多く、LINEや楽天、サイバーエージェントなどの求人がありました。

 

Webディレクター経験者・未経験者、どちらも必ず登録しておきたいエージェントがワークポートです。

ワークポート公式サイトはこちら

 

\Webディレクターに強い代表的な転職エージェント/

無料登録後もお金は一切かかりません。

 

2. リクルートエージェント

Webディレクター未経験者におすすめな転職エージェント・転職サイト
おすすめ度⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️
種類転職エージェント
公式サイトリクルートエージェント

 

リクルートエージェントは、業界最大手の株式会社リクルートが運営する、国内最大級の転職エージェントです。

 

私も一番最初に登録した転職エージェントでしたが、20社ほどの求人を紹介してもらえました。

 

未経験にも求人紹介をしてくれるエージェントであり、未経験からWebディレクターを目指す方にももちろん強いです。というよりも、弱い分野がほとんどないエージェントです。リクルートが長年培ってきた企業とのコネクション、転職ノウハウ、頭の回転の速いコンサルタント陣など、あらゆる面で優れているエージェントです。

 

特にWebディレクター求人の多さは圧倒的です。迷ったらリクルートエージェントは必ず登録しておきたいエージェントです。

リクルートエージェント公式サイトはこちら

 

\業界最大手の転職エージェント/

無料登録後もお金は一切かかりません。

 

3. doda

Webディレクター未経験者におすすめな転職エージェント・転職サイト
おすすめ度⭐️⭐️⭐️⭐️
種類転職エージェント
公式サイトdoda

 

dodaは、リクルートと並んで大手のパーソルキャリアが運営している、Webディレクターをこれから目指す方向けの転職エージェントです。

 

母体が超大手であり、たくさんの大手企業・ベンチャー・スタートアップとコネクションを抱えています。Webディレクターを目指す方向けの求人もたくさん抱えているため、希望の求人が見つかりやすいです。

 

リクルートエージェントと特徴が近しいため、両方とも併用してたくさんの求人を探すか、あるいは片方だけでも登録しておくことがおすすめです。

 

\大手パーソルキャリアが運営/

無料登録後もお金は一切かかりません。

 

Webディレクター未経験向けの転職エージェント・転職サイト3選
  1. ワークポート【Webディレクターに強い代表的な転職エージェント。実務経験者だけでなく、未経験にも親身な対応がGOOD】
  2. リクルートエージェント【業界最大手の転職エージェント。求人数は国内トップクラス】
  3. doda【大手のパーソルキャリアが運営】

 

Webディレクター向け転職エージェント・転職サイト選びで迷ったら?おすすめの選び方

迷った時におすすめのWebディレクター向け転職エージェント・転職サイト

 

Webディレクター向け転職エージェント・転職サイトで迷ったら、おすすめの選び方は次の通りです。

 

迷ったときの選び方
  1. Webディレクターして実務経験がある方:マスメディアンがおすすめ
  2. これからWebディレクターを目指す未経験の方:ワークポートリクルートエージェントがおすすめ

 

実務経験者であれば「マスメディアン」を選ぶと間違いありません。マスメディアンは実務経験者向けのエージェントであり、経験を活かして良い転職を実現しやすいです。

 

一方、これからWebディレクターを目指すなら「ワークポート」と「リクルートエージェント」がおすすめです。どちらも実務経験者にもおすすめできますが、未経験でも親身な転職サポートを受けられるエージェントです。

 

いずれも完全無料で登録・相談できるため、まずは無料登録に進みましょう。

 

Webディレクター経験者が転職エージェント・転職サイトで良い転職を実現するコツ

Webディレクター経験者が転職エージェント・転職サイトで良い転職を実現するコツ

 

Webディレクター経験者が転職エージェント・転職サイトを活用し、良い転職を実現するコツを紹介します。

 

転職エージェント・転職サイトを複数併用すること

最大のコツは「転職エージェント・転職サイトを複数併用すること」です・

 

転職エージェント・サイトを複数併用するメリットは、次の通りです。

 

転職エージェントを複数併用するメリット
  1. たくさんの求人に出会える
  2. 複数併用すると、キャリアアドバイザーがさらに頑張ってくれる

 

利用する転職エージェントによって、保有する求人は違います。複数の転職エージェント・サイトを利用すると、あなたが選べる選択肢・出会える求人の幅が広がるメリットがあります。

 

加えて、転職エージェントに1社しか登録しない場合と、2社以上登録する場合だと、後者の方が、転職エージェントのキャリアアドバイザーが頑張って転職サポートをしてくれる可能性が高くなります。

 

なぜなら、転職エージェントは「成功報酬」で仕事をしており、転職希望者が自社経由で転職してくれない限り、どれだけ頑張っても売り上げは「0円」だからです。

 

つまり、複数の転職エージェントを利用することで、転職エージェントのキャリアアドバイザーは「他の転職エージェントに負けてられない」という気持ちが自然と湧いてくる構造となっています。

 

この構造を利用し、良い意味で転職エージェント同士を競わせた方が、利用する私たち側にもメリットが大きいのです。

 

このように、良いWebディレクター転職を実現するためには、転職エージェントに複数登録することが、もっとも手軽にできて、特に効果の高い転職のコツです。

 

Webディレクター未経験者が就職・転職を実現するポイント

Webディレクター未経験者が就職・転職を実現するポイント

 

もしあなたがWebディレクターの職種は未経験であれば、まずはWebディレクターの知識・技術・スキルを習得することがおすすめです。

 

なぜなら、Webディレクターとして活躍するためには、以下のような「スキルセット」は事前に学んでおく必要があるからです。

 

  • Web業界に関する知識
  • Webディレクターが押さえておきたいWeb/ディレクション/デザインの知識
  • 企画立案スキル

 

「こんなにたくさんのスキルを身につけられる自信がない…」という方もご安心ください。最近はWebディレクターに求められるスキルを未経験から学べる「Webディレクタースクール」もあります。

 

例えば、以下のWebディレクタースクールを利用すれば、社会人・学生・主婦の方でも、今からWebディレクタースキルを身につけることができます。

 

Webディレクタースクール3選
  1. インターネット・アカデミー Webディレクターコース【世界的な大手Web制作会社の本場のスキルを学べる】

 

インターネット・アカデミー Webディレクターコースでは、Webディレクターとして仕事をしていく技術や知識を、未経験から一貫して学ぶことができます。

 

母体が世界的な大手Web制作会社なので、現場で通用する本場の技術を学べることが特徴です。しかも、手厚い転職サポートもついているため、学んだことを活かして転職も実現しやすいです。

 

未経験の方であれば、インターネット・アカデミーのような転職支援がついたWebディレクタースクールを利用すると、転職できる確率は大きく高まるでしょう。

 

転職エージェントと同様、Webディレクタースクールも無料説明会やカウンセリングで「キャリア相談」を受け付けています。受講を決めていない方でも気軽に参加し、話を聞けるため、気軽に話だけでもきいてみてはいかがでしょうか?

 

 

まとめ

今回ご紹介した転職サイト・転職エージェントを有効活用すれば、Webディレクターとして良い転職を実現していけるでしょう。

 

前述通り、転職エージェントは複数併用することで、メリットを最大限引き出せます。だからこそ、まずは気になった転職エージェント・サイトに2〜3つほど無料登録し、求人紹介を受けてみることからスタートしてみてはいかがでしょうか?

 

最後に、転職することにはリスクはありますが、転職活動をすることにはリスクはありません。

 

理想の未来や働き方を手にするためにも、まずは一歩、小さく始められる行動からスタートしていくことがおすすめです。情報収集を始めるだけでも、今後の未来の見え方は大きく変わってきますよ。

 

Webディレクター向け転職エージェント・転職サイトまとめ

【Webディレクター経験者向けの転職エージェント・転職サイト5選】

  1. マスメディアン【クリエイティブ・広告のWebディレクター職で高い実績】
  2. ワークポート【Webディレクターに強い代表的な転職エージェント】
  3. Geekly【手厚い転職サポートが充実】
  4. JAC Recruitment【厳選されたWebディレクター求人を探すならここ。年収600〜1,500万円のハイクラス層向け】
  5. ビズリーチ【ハイクラスのWebディレクター求人が豊富】

【Webディレクター未経験向け転職エージェント・転職サイト3選】

  1. ワークポート【Webディレクターに強い代表的な転職エージェント。実務経験者だけでなく、未経験にも親身な対応がGOOD】
  2. リクルートエージェント【業界最大手の転職エージェント。求人数は国内トップクラス】
  3. doda【大手のパーソルキャリアが運営】