教育訓練給付金制度の動画編集スクール!助成金でお得に学ぼう

教育訓練給付金制度のある動画編集スクール!助成金でお得に学べる

 

動画編集スクールの中には、教育訓練給付金制度を利用し、国から助成金を受けて、お得に受講できるスクールがあります。

 

この記事では、教育訓練給付金制度のある動画編集スクールや、そもそも「教育訓練給付金制度ってどんなもの?」という方向けに、動画編集の給付金制度の詳細もわかりやすく解説します。

 

本記事を読めば、国からの給付金でお得に受講できる動画編集スクールが見つかりますよ。

 

なお、給付金はないものの、相場よりリーズナブルな価格でお得に受講できる動画編集スクールは以下記事でまとめています。

低価格でプロの動画クリエイターを目指す方は、本記事とあわせて参考にしてみてください。

 

教育訓練給付金制度のある動画編集スクール

教育訓練給付金制度のある動画編集スクール

 

教育訓練給付金制度のある動画編集スクールを紹介します。結論、動画編集で給付金を利用できるスクールはかなり限定されており、次の通りです。

 

教育訓練給付金制度のある動画編集スクール
  1. ヒューマンアカデミー動画クリエイター講座【国内最大級の大手動画クリエイタースクール。国の給付金で最大10万円の支給あり】

 

1. ヒューマンアカデミー動画クリエイター講座

教育訓練給付金制度のある動画編集スクール
コース1. Web動画クリエイター総合コース
2. 動画クリエイターコース
3. 動画クリエイター総合コース
受講期間6ヶ月、12ヶ月
受講費用【Web動画クリエイター総合コース】
月々9,900円から
【動画クリエイター総合コース】
月々7,600円から
【動画クリエイターコース】
月々4,800円から
カリキュラム(利用する編集ソフトや学べる内容)Adobe Premiere Pro
After Effects
Photoshop
Illustrator
Web動画広告
ポートフォリオ制作
ITビジネスエッセンシャルガイド
制作実践講座
受講スタイル選べる3つの受講スタイル
1. 通学(新宿、銀座、横浜、大阪、名古屋、福岡、札幌、京都、広島、神戸など全国に23の教室あり)
2. オンライン
3. 通学&オンラインのミックス
公式サイトヒューマンアカデミー動画クリエイター講座

 

ヒューマンアカデミー動画クリエイター講座は、国内最大級の大手動画クリエイタースクールです。

 

教育訓練給付金制度対象!国の給付金で最大10万円(受講料の最大20%)の支給あり

ヒューマンアカデミー動画クリエイター講座には大きく3つのコースがあります。

 

中でも「Web動画クリエイター総合コース」で教育訓練給付金制度が対象であり、国の給付金で最大10万円(受講料の最大20%)の支給を受けることができます。

 

未経験からプロの動画クリエイターを目指せる充実したカリキュラム

未経験からプロの動画クリエイターを目指せる充実したカリキュラムになっており、就職・転職・副業・フリーランスなど、あらゆる道を目指していけるコースです。

 

全国23校舎の通学&オンラインで自由に学べる

ヒューマンアカデミーは全国に23校舎あり、校舎へ通学して学べるスクールです。オンラインを自由に組み合わせて学んだり、オンライン完結で学習することも自由に選べる柔軟な受講スタイルも人気です。

 

キャリアサポートも充実

キャリアサポートも充実しており、専任のキャリアカウンセラーが受講前〜卒業後まで手厚くサポートしてくれます。未経験から動画クリエイターなどクリエイティブ職に就職・転職したい方にも特に選ばれているスクールです。

 

給付金対象コースだけでなく、リーズナブルなコースも複数あり

給付金の対象コースだけでなく、20万円台から受講できる、リーズナブルでコスパの良いコースも複数あります。

 

給付金制度の詳細や、あなたにあったコースは「無料説明会」に参加すると、無料で診断をしてもらえます。オンラインまたは教室で参加でき、無理な勧誘も一切ありません。

 

わかりづらい給付金制度を理解しやすい形で説明してもらえるため、まずは無料で話だけでも聞いてみてはいかがでしょうか?

ヒューマンアカデミー動画クリエイター講座 公式サイトはこちら

 

\国の給付金制度対象コースあり!説明会の予約は簡単30秒/

相談は無料でオンラインor校舎で実施。無理な勧誘もありません

 

 

動画編集の教育訓練給付金制度とは?わかりやすく解説

動画編集の教育訓練給付金制度とは?

 

「動画編集の教育訓練給付金ってどんな制度なの?」

「よくわからないけど、お得に受講できるの?」

「私が対象なのか判断がつかない」

 

このような方向けに、動画編集の教育訓練給付金制度のことをわかりやすく解説しますね。

 

動画編集の教育訓練給付金制度とは?条件を満たせば国から給付金をもらえる制度

動画編集の教育訓練給付金制度を一言で表すと、

  • 受給条件を満たす方は、スクールの受講費用の一部を、国から給付金として支給を受けられる制度

を指します

 

厚生労働省の公式サイトによると、教育訓練給付制度は次のように定義されています。

 

教育訓練給付制度とは、働く方々の主体的な能力開発やキャリア形成を支援し、雇用の安定と就職の促進を図ることを目的として、厚生労働大臣が指定する教育訓練を修了した際に、受講費用の一部が支給されるものです。

引用:厚生労働省

一定の受給要件を満たす方が、厚生労働大臣の指定を受けた教育訓練を受講・修了した場合に、その費用の一部が教育訓練給付金として支給されます。

引用:厚生労働省

 

教育訓練給付金制度の種類は3つある

実は教育訓練給付金制度といっても、種類が3つあります。

 

教育訓練給付金制度の3つの種類
  1. 専門実践教育訓練制度
  2. 特定一般教育訓練制度
  3. 一般教育訓練制度

 

違いが全くわからないという方向けに「何が違うのか」を端的にお伝えすると、教育訓練給付金の3つの種類によって、給付金の「給付率」や「対象講座」が異なります。

 

違いがわかる!教育訓練給付金の比較表

3つの給付金制度の違いを「比較表」でまとめると次の通りです。

 

種類給付率動画編集の対象スクール
①専門実践教育訓練制度最大で受講料の70%を支給
(年間上限56万円)
対象なし
②特定一般教育訓練制度最大で受講料の40%を支給
(年間上限20万円)
対象なし
③一般教育訓練制度最大で受講料の20%を支給
(年間上限10万円)
ヒューマンアカデミー動画クリエイター講座

 

このように、給付率や対象講座の違いがあります。

 

教育訓練給付金制度が対象のヒューマンアカデミー動画クリエイター講座は、③の一般教育訓練制度に該当するため、最大で受講料の20%(最大10万円)の支給を受けることができます。

 

給付金を利用できる人は?利用するための要件をまとめると

先ほどまとめた3つの教育訓練給付金を適用するためには、いずれの場合も「受給対象者」の要件を満たす必要があります。

 

「どんな人なら給付金を受けられるの?」という受給要件をまとめると次の通りです。

 

給付金の受給要件
  1. 受給開始時点で在職中で雇用保険に加入している+今までに教育訓練給付金を受けたことがない+雇用保険の加入期間が1年以上ある方
  2. 受給開始時点で在職中で雇用保険に加入している+今までに教育訓練給付金を受けたことがあるが、前回受給から雇用保険の加入期間が3年以上ある方
  3. 受給開始時点で在職中で雇用保険に加入していないが、離職してから1年以内である+今までに教育訓練給付金を受けたことがない+雇用保険の加入期間が1年以上ある方
  4. 受給開始時点で在職中で雇用保険に加入していないが、離職してから1年以内である+今までに教育訓練給付金を受けたことがあるが、前回受給から雇用保険の加入期間が3年以上ある方

 

対象者になり得る方をすごくわかりやすくまとめると、

  1. いま仕事をしていて雇用保険に加入している方(どこかの会社の会社員として働いている方など)
  2. いまは仕事はしていないものの、過去にどこかで勤務経験があり、雇用保険に加入していた方

このいずれかであれば、給付金を適用できる可能性があります。

 

細かい受給要件では「過去に給付金制度を利用したことがあるか」「雇用保険の加入期間」「離職してからの期間」などがあります。

 

よくわからなければ、最寄りのハローワークや、給付金制度を適用できるヒューマンアカデミー動画クリエイター講座の無料説明会で無料で診断をしてもらえます。

 

以上が動画編集の教育訓練給付金制度です。

 

給付金の動画編集スクールとあわせて検討したい関連スクール

給付金の動画編集スクールとあわせて検討したい関連スクール

 

ここまで読んできて、

  • 「教育訓練給付金制度のスクールがそもそも少ないし、私には合っていないかも」
  • 「他の選択肢も検討してみたい

このように感じる方は、リーズナブルな料金で受講できる安い動画編集スクールも、検討してみてはいかがでしょうか?

 

選ぶスクールさえ間違えなければ、スクールによっては、給付金を利用するよりもずっと安い金額で、高品質なサービスを受けることができます。

 

ヒューマンアカデミー動画クリエイター講座の給付金対象ではないコースも特に推奨できますが、ヒューマンアカデミー以外で高コスパのスクールをまとめると次の通りです。

 

高コスパの動画編集スクール3選
  1. STUDIO US【月々4,584円〜。未経験からプロの動画クリエイターを目指すオンラインスクール】
  2. DMM WEBCAMP 動画クリエイターコース【最短1ヶ月で動画クリエイターを目指す】
  3. デジハク【最短で動画編集を仕事にするオンラインスクール。月6,200円から】

 

この3校は、いずれも10万円台で受講できるコースがあり、実績や品質も高いです。

 

3校ともヒューマンアカデミーと同様で「無料相談」「無料説明会」を実施しているので、並行して参加すると両者の違いを比較できます。

 

関連記事

studio USなど、それぞれの詳細は以下記事でまとめているので、参考にしてみてください。

  1. 総合的に選びたい方向け:動画編集スクールおすすめ人気ランキング10選
  2. 安さ重視:安いけど質が高い動画編集スクール6選
  3. 社会人向け:社会人が働きながら学べる動画編集スクール・映像制作学校5選

 

まとめ

未経験から動画編集をスクールで学ぶなら、今回紹介した教育訓練給付金制度を使えるスクールは賢い選択です。

 

ただ、現状だと対象スクールが少なく、ヒューマンアカデミー動画クリエイター講座一択となります。検討してみたい方は、まずはヒューマンアカデミーの無料説明会に参加し、詳しい話だけでも聞いてみると良いでしょう。

ヒューマンアカデミー動画クリエイター講座 公式サイトはこちら

 

教育訓練給付金制度のある動画編集スクール
  1. ヒューマンアカデミー動画クリエイター講座【国内最大級の大手動画クリエイタースクール。国の給付金で最大10万円の支給あり】

 

一方、もう少し幅広い選択肢を検討したい方は、給付金はないものの、受講料がリーズナブルでコスパの良い動画編集スクールを検討してみましょう。その場合、以下3つの動画編集スクールは実績豊富で間違いない選択です。

 

  1. STUDIO US【月々4,584円〜。未経験からプロの動画クリエイターを目指すオンラインスクール】
  2. DMM WEBCAMP 動画クリエイターコース【最短1ヶ月で動画クリエイターを目指す】
  3. デジハク【最短で動画編集を仕事にするオンラインスクール。月6,200円から】

 

関連記事

ヒューマンアカデミーやstudio USの比較は以下記事でまとめているので、参考にしてみてください。

  1. 総合的に選びたい方向け:動画編集スクールおすすめ人気ランキング10選
  2. 安さ重視:安いけど質が高い動画編集スクール6選
  3. 社会人向け:社会人が働きながら学べる動画編集スクール・映像制作学校5選