【最終結論】外資系への転職と年齢の関係について【転職のプロが解説】

スポンサードリンク

【最終結論】外資系への転職と年齢の関係について【転職のプロが解説】

 

  • 外資系に転職したいんだけど、年齢の限界は何歳まだなんだろう?30代や40代、50代でも外資系へ転職することはできるのかな?

 

本記事では、上記の疑問に答えていきます。

 

これを書いている僕は、新卒で大手グローバル企業に就職。20代で海外駐在を経験しました。

 

その後、別の大手企業へ転職し、現在は転職支援の仕事をしています。外資系のクライアントも多く抱えており、外資系転職に成功する人、失敗する人を多く見て来ました。

 

経験をもとに「外資系転職と年齢の関係」について、解説します。

 

スポンサーリンク

外資系企業への転職の年齢に限界はあるのか?

結論、企業によります。なぜなら、転職は画一的に「こうである」と言えるものではないからです。

 

普通に考えればそうですよね。だって、企業ごとに採用要件を作り、それぞれが採用要件に沿って別の採用をしているからです。

 

つまり、世の中の全ての企業が、同じ物差しで、候補者の選考をしていることはあり得ません。なので、何歳だから転職はできない、ということは本来ありません。企業によります。

 

とはいえ、年齢が上がるほど、求められる要件は増える

上記の通りで、「何歳だと転職できない」ということはないですが、それでも全体傾向として、年齢が上がれば上がるほど、求められる要件は増えます。

 

つまり、年齢が上がるほど、一般的な難易度は上がります。

 

これは事実なので、受け入れる他なしです。受け入れた上で、行動あるのみですね。

 

年齢別、外資系転職で求められること【20代、30代、40代、50代】

ということで、一般的な傾向として、各年代で求められることを、僕が転職支援をしてきた経験から挙げます。

 

  1. 20代からの外資系転職
  2. 30代からの外資系転職
  3. 40〜50代からの外資系転職

 

この3つにわけて、各年齢で求められることを解説しますね。

 

【前提】外資系転職において、全年代に共通すること

その前に、前提、外資系転職で共通して求められる傾向にあるものは「専門性」です。

 

専門性というと難しく感じるかもしれませんが、例えば「職種」がそうですね。

 

営業職の場合、基本的には営業職として、キャリアアップを積んでいくことが、外資系企業ではキャリアルートとしては多いです。営業プレーヤー→営業課長→営業部長のようなキャリアルートです。

 

日本のように、営業から企画やって、企画から人事、みたいないわゆるジェネラリスト育成は少ないです。

 

という前提を踏まえて、それぞれの年代で求められることを挙げると以下の通りです。

 

1. 20代からの外資系転職のケース

20代は、ポテンシャルでも採用される年代です。

 

いまの仕事でどのような成果を残してきたは問われますが、それ以上にどんな考えやスタンスを持ち、仕事に取り組む人か、そういった面が見られるのが、20代転職の特徴です。

 

外資系転職の場合、20代でも「専門性」は求められるケースが多いです。ですが、それだけで判断されるわけではないことも事実です。

 

ですから、自分の仕事のプロセスや成果、考え方やスタンスを、自分の言葉で答えることができれば、20代の特に若いうちであれば、未経験の職種へ転職することも叶います。

 

いろいろ可能性があるのが、20代転職の特徴ですね。

 

2. 30代からの外資系転職のケース

30代の場合、ポテンシャルで採用されることは少なく「専門性」がより重要になってきます。

 

例えば、「営業職」として一貫して成果を残してステップアップして来た方や、「経理」として実力を積んできている方は、条件の良い外資系企業へ転職することは十分可能です。

 

また、特に30代後半になると、専門性に加え、「マネジメント経験」を語れると、より良い条件の外資系企業へ転職することができます。

 

ということで、30代は「専門性」x「マネジメント」ですね。

 

30代転職でキャリアアップする方法については、別で「30代からキャリアアップ転職で本当に成功する方法【必勝法】」の記事でも紹介しています。興味あればどうぞ。

 

 

3. 40〜50代からの外資系転職のケース

40〜50代であれば、専門性はもちろんのこと、それ以上に「マネジメント」が求められます。

 

自分一人で成果を出した経験ではなく、チームで成果を出した経験や、そのプロセスの中でどのようなことを思考し、実践してきたかが求められます。

 

この年代までいくと、プレーヤーとしての転職は門扉が狭くなります。40代以上であれば、マネジメント経験は積んでおきたいところですね。

 

ということで、40代はさらに高いレベルの「専門性」x「マネジメント」ですね。

 

これらはあくまで傾向に過ぎないことも事実

上記の通り、各年代で求められることは、あくまで「傾向に過ぎない」ことも事実です。

 

30代で未経験を採用する外資系もありますし、40代でプレーヤー採用をする外資系企業もあります。

 

ですから、あくまで大事なことは、「この条件に当てはまらないから、自分には無理だ」と思考停止し、無理だと決めつけないことです。

 

転職は1社と相思相愛になればOK

上記の通り、転職は1社と相思相愛になれれば、それでOKな世界です。別に99社に好かれなくたって良いんですよ。

 

もちろん、経験やスキルが足りないと、転職活動で落ちる期間が続いたり、苦労することは事実です。

 

ですが、それは仕方ないですよね。だって経験やスキルが足りてないわけですから。

 

悲しい事実ですが、そういった事実は事実として受け止めた上で、行動していきしょう。

 

何歳になっても可能性はある

何歳になったって人生やり直せますよ。

 

例えば、カーネルサンダースがKFCを創業したのは65歳ですね。

 

世界的な企業を作るわけでもない、自分一人の人生を変えるだけです。それくらいは何歳になっても大丈夫です。できます。

 

ですが、行動しないと人生変わるものも変わらないので、まずは行動することが必要ですね。

 

外資系転職を成功させるコツは「ゴールから逆算すること」

残念ながら、近道はないです。

 

ただ、効率的に進める方法はあり、それは「ゴールから逆算して行動すること」ですね。

 

ゴールと現在地の間にあるギャップを知り、ギャップを埋めるように努力する。これが最も効率的に、今より良い条件の外資系企業へ転職するコツです。

 

そして、ゴールと現在地のギャップを知るために一番良い方法は転職エージェントに相談することですね。

 

転職エージェントは専属のコンサルタントがあなたに付き、転職相談や求人紹介をしてくれます。彼らは様々な転職支援を通じて経験を積んでいるので、自分に足りないものを的確に教えてくれるんですよね。

 

ですから、興味ある外資系求人を紹介してもらい、その外資系企業に入るために足りないスキルや経験を、彼らから直接聞くと良いです。

 

そのスキルや経験を積んでいくことで、最短で希望の会社や、その会社、もしくは同等レベルの企業へ転職ができるようになります。

 

僕はこの方法で、外資系大手IT企業の内定を勝ち取った

ちなみに僕はこの方法を新卒の頃から利用しており、20代で世界時価総額ランキングでトップ10に入る外資系IT企業の内定を勝ち取りました。

 

僕の経験からも、この方法はオススメです。ゴールと現在地のギャップさえわかれば、行動に迷いがなくなり、無駄が省けますからね。

 

ギャップがわかっていないと、成果に繋がらないことに時間や労力をかけてしまいがちです。

 

例えば、TOEICが不要にも関わらず、TOEICスコアを伸ばすために時間を消費してしまったりです。無駄ですよね。

 

ですから、まずは外資系に強い転職者エージェントに登録し、コンサルタントに相談しましょう。登録・利用は無料ででき、登録は5分ほどです。

 

登録が面倒に感じるかもですが、長い人生を考えれば絶対に面倒くさがらない方が良いです。登録したからといって転職する必要もないですし、勧誘もありません。

 

求人紹介で電話やメールは来ますが、とはいえ、全部自分の可能性を知るために役立ちます。だからこそ、徹底的に使い倒すことが良いです。

 

なお、転職エージェントの効果的な活用法については「転職エージェントの”裏事情”と”活用方法”について【理解し、使い倒すことがおすすめ】」で解説しました。ネットで調べていると、業界の裏側を知らない一般人が書いている記事が多かったので、しっかり裏側まで書いた上で、オススメの活用方法を書きました。

 

 

僕が使って良かった外資系転職に強い転職エージェント

参考までに、僕が使って良かった外資系転職に強かった転職エージェントを挙げておきます。

 

外資系転職に強い転職エージェント

1. JACリクルートメント【ハイクラスのグローバル求人に圧倒的に強み】

2. リクルートエージェント【外資系・グローバル企業の求人数ならNo.1】

3. ロバート・ウォルターズ【全ての求人が英語を活かした求人】

 

上記の通り。中でも迷ったら、JACリクルートメントがおすすめです。日本で第3位の規模を持つエージェントで、中でも「外資系」や「グローバル」といった分野であれば、おそらく日本No.1の質です。

 

僕自身、前述した世界時価総額ランキングトップ10に入る外資系企業は、このJACリクルートメント経由で紹介してもらいました。選考でも面接対策や企業への推薦をしてくれ、非常に力になってくれました。信頼しているエージェントで、今も継続して使い続けています。

 

なお、JACリクルートメントの利用者の年齢層は「30〜50代」が中心です。また20代の若手ハイクラスでも良い転職を実現している人は多いので、まずは登録して相談してみることが、未来の自分のために吉ですね。

>>JACリクルートメント公式サイトへ

 

また、転職サイトであれば ビズリーチが良いです。こちらは転職サイトのため、担当コンサルタントはつきませんが、登録しておけば企業から「スカウト」が届くようになります。

 

ビズリーチは有料ですが、良い求人が届くことが多いです。そのため、本気で良い転職を実現したい方は、ビズリーチも利用しておくと、良い転職に近づくかと思います。

>>ビズリーチ公式サイトへ

 

外資系転職で年齢を気にする必要はない。行動しよう

最後に、今は転職市場が売り手市場のため、今までは転職できなかったような、現職よりも1ランク、2ランク上の企業へ転職する人も増えました。

 

例えば僕の友人でも、GoogleやAmazon、P&Gやユニリーバなどに転職を成功させた人も増えてます。

 

外資系企業は収入も高く、20代で年収800万円や、30代で年収1,000万円を稼ぐことも実現できます。

 

また、働き方も自由な会社も多く、外資系インターネット企業で働いている30代の僕の友人は、ほぼリモートワークで働きながら、年収900万円もらって、楽しく生活しています。

 

前述通り、転職に絶対的な基準はありません。年齢もまたそうで、目の前の面接担当者がどう判断するかで決まります。

 

転職活動はお金がかかるものでもなく、リスクは一切ありません。現職にバレることもないです。なので、最初から諦めるのではなく、まずは「3ヶ月」くらい期間を決めて、行動してみることが良いんじゃないかと思います。

 

ということで、まずは行動を起こしましょう。最初は転職エージェントに相談からスタートし、現在地とゴール、そのギャップを把握することが第一歩ですね。

 

外資系転職に強い転職エージェント

1. JACリクルートメント【ハイクラスのグローバル求人に圧倒的に強み】

2. リクルートエージェント【外資系・グローバル企業の求人数ならNo.1】

3. ロバート・ウォルターズ【全ての求人が英語を活かした求人】

 

 

RELATED