英会話教室は効果ない?メリットやデメリットをバイリンガルが解説

スポンサードリンク

英会話教室は効果ない?メリットやデメリットをバイリンガルが解説

 

  • 英会話教室に通おうか悩んでいるんだけど、実際通ったら話せるようになるのかな?英会話スクールの効果が知りたい

 

本記事では上記のような疑問に対して応えていきます。

 

結論から言うと、英会話教室にただ通うだけでは、英語は話せるようにはなりません。

 

僕はもともと英語初心者で、外国人を前にすると緊張して一言も話さないほどの素人でした。相当苦労しましたが、独学で英語を勉強してきて、外国人と自然な会話が楽しめるようになったばかりか、仕事で英語を使ってプレゼンしたり、海外駐在となり、数十人の外国人部下を英語でマネジメントするまでに至ることができました。一応バイリンガルです。

 

英語の勉強に関しては試行錯誤しながらやってきていて、英会話スクールも試してみたりして、良いところも悪いところも理解しています。そんな背景の僕が、英会話教室の効果について解説していきます。

 

スポンサーリンク

英会話教室にただ通うだけでは英語は話せるようにはならない理由

英会話教室にただ通うだけでは英語は話せるようにはならない理由

 

  • 英会話教室はアウトプットの場であり、事前のインプットがあってこそ意味があるものだから

 

一言でまとめると、上記の通りです。

 

英語を習得するのに必要な勉強時間は様々な定説がありますが、だいたい約3,000時間と言われています。一方、英会話スクールのレッスンなんて、だいたい1回あたり50分くらいですよね。

 

3,000時間に対して50分。

 

英会話スクールだけだと、明らかに時間が足りないわけです。だからこそ、英会話スクールに行っていない時間こそが、英会話スクールの時間を有益なものにするために必要です。

 

英会話教室(英会話スクール)で効果が出ない人の特徴

英会話教室(英会話スクール)で効果が出ない人の特徴

 

もう少し深掘ってみていきましょう。僕がこれまで見てきた中だと、英会話スクールに通って効果が出ない人の特徴は以下の通りです。

 

  • 受講目的が不明確
  • レッスンを受けただけで勉強した気になっている
  • そもそも勉強量が足りない

 

この辺りです。それぞれ簡単に解説していきます。

 

受講目的が不明確

一つ目は、受講目的がふわっとしていることです。

 

「英語を話せるようになりたい」

 

例えばこの目的だと、うーん、英会話スクールを使うにはちょっと弱いです。英会話スクールで高い学習効果を上げている人は、もっと目的を細かくしていますね。例えば以下のような感じです。

 

  • 今日は◯◯の話題について、自分から話を持ちかけてみたい
  • 覚えたこのフレーズを使ってみたい

 

こんな感じです。ここまで目的(テーマ)を持ってレッスンに望むと、英会話スクールはそれを実践する場になります。そうすると実際にできた、できなかったも結果として出ますし、それをどんどん繰り返していくとレッスンごとにできることが増えていきます。効果が出ている人は、こうやって目的を設定して望んでいますね。

 

レッスンを受けただけで勉強した気になっている

冒頭の通りですが、英会話教室をただ受けただけでは、英語を話せるようにはなりません。

 

僕の知り合いに、英会話教室に1ヶ月20万円以上の費用をかけていても、一向に英語が上達しない方がいます。まさに彼は、英会話教室に通っているだけで、勉強している気になっています。

 

厳しいようですが、英会話教室は、受動的な人が使うと、かなり損するシステムです。英会話教室はもともと費用も高いですし、レッスン時間も長くないので、学べる内容も限られます。

 

だからこそ、「この時間を必ずものにするんだ」というくらいの意気込みを持って受けないと、お金をドブに捨てるようなものなんですよね。

 

断言できますが、レッスンを受けて勉強した気になっていたら、3年かかっても英語は話せるようにはなりません。

 

事前のインプットが足りない

先ほどの通り、最後はやはりここです。

 

  • 事前のインプットがない
  • →英会話教室がインプットの場になってしまう
  • →結果アウトプットの経験が積めず
  • →一向に話せるようにならない

 

こういうサイクルです。インプットが足りないので、限られたレッスン時間のほとんどがインプットに終始してしまい、結局アウトプットの経験が積めないので成長しない。このサイクルに陥ってしまっている人が、すごく多いですね。

 

本当に効果が出る英会話教室の利用方法

本当に効果が出る英会話教室の利用方法

 

ここまででなんとなく英会話教室の活用方法がわかったかなと思いますが、結論、以下の2つをしっかりやれば、英会話スクールを有効活用できるかなと思います。

 

  1. 予習をする
  2. 復習をする

 

この2つです。こちらもそれぞれ解説していきますね。

 

1. 予習をする

まずはしっかりと予習をすることです。英会話教室は限られたレッスン時間だからこそ、どんなことを話題にするか、どんなフレーズを実際に使ってみるか、そういうものを事前に用意しておくことが必要です。

 

僕も外国人と会う前には必ず、「今日はこのフレーズを実際に使ってみよう」と決めて会うようにしています。僕の経験では、実践で使った英語は身になるのが早かったです。

 

だからこそ、しっかり予習をして、レッスンに臨むことがおすすめです。そうすれば、簡単な日常英会話くらいなら早い段階(数ヶ月くらい)で話せるようになれますよ!

 

どんなものを使って予習すればいい?

「でも、どうやって予習をすればいいかわからない」という感じなら、おすすめはスタディサプリ ENGLISH
を使って予習することがおすすめです。

 

スタディサプリEnglishはリクルートが出している英語学習アプリでして、スマホやPCを使って、オンラインで英語を学べます。

 

僕もかれこれ1年半以上は使い続けていますが、正直かなり質は高いです。その上月980円(税抜)と安いので、英会話を勉強するなら必ず利用しておくべきサービスかなと思います。

 

スタディサプリEnglishには日常英会話コースというものがあり、こちらのコースを受ければ、気軽に日常英会話の表現や文法、リスニングを学ぶことができます。

 

ここで出てきた表現を実際に英会話教室で使っていくと、学習効果はかなり高まるかと思います。

 

なお、スタディサプリEnglishは現在、7日間の無料お試しキャンペーン中なので、一度試してみることをおすすめします。使うためには一度会員登録をする必要がありますが、万が一使ってみて気に入らなければ、7日以内に解約すれば費用は一切かかりません。

 

解約も電話は必要なく、Web上から簡単にできます。以下リンクから数分後にはお試しできるので、気軽に試してみてくださいね〜。

 

3分後にお試し可能!無料体験はこちらから(公式サイトへ飛びます)>>スタディサプリ ENGLISH

 

 

2. 復習をする

もう一つ大事なことは、レッスンが終わったら必ず復習することです。

 

  • 今日相手に通じた表現
  • 今日言えなかった表現
  • 今日新しく知った表現

 

こういったものを復習し、また次回のレッスンでトライすることが大事ですね。

 

英語学習は、本当に一つずつの積み重ねです。地味なものです。一見遠回りに見えるかもしれませんが、それでも、こうやって予習・復習をしっかりやることで、英語が話せるようになるスピードはグングン上がりますよ。

 

効果的な復習のタイミング

以前【英語勉強法】ネイティブレベルの英語を最短かつ効率的に習得する方法をまとめたの記事でもご紹介しましたが、効果的な復習のタイミングは以下の通りです。

 

  1. 1日後  ⇨10分間復習
  2. 1週間後 ⇨5分間復習
  3. 1ヶ月後 ⇨2-4分間復習

 

効果的な復習のタイミングに関しては、カナダを代表する大学であるウォータールー大学の研究結果から考えよう。研究結果によると、一定のタイミングで復習を挟むことにより、忘却曲線の動きに逆らい記憶は定着するようになる。
f:id:travewriter:20161127083557g:plain

Curve of Forgetting | Counselling Services | University of Waterloo

 

縦軸が記憶の定着率、横線が日数である。そして黒線が忘却曲線であり、オレンジ線が復習を行った場合の記憶の忘却曲線となる。この図より、一定の期間に復習をすることで記憶が定着していることがわかるだろう。これを基に復習のタイミングを考えると次のようになる。

 

  1. 1日後  ⇨10分間復習
  2. 1週間後 ⇨5分間復習
  3. 1ヶ月後 ⇨2-4分間復習

 

英単語やフレーズを覚えたら、上記3ポイントで復習を挟もう。見て気づくと思うが、回数を重ねるほど復習に要する時間は減っていく。これが最も効率的な復習のタイミングである。

 

脳の仕組みから考えると、このタイミングで復習すると一番効果が出るようになっているので、ぜひ参考にしてみてください!

 

効果が出やすい英会話教室とは

効果が出やすい英会話教室とは

 

英会話教室って費用もかなり高いですし、どうせ受けるなら効果が出やすいスクールを選びたいところ。でも、どこがよいかなかなかわからないですよね。

 

これはあくまで個人的な意見ですか、英会話教室は、どこを使ってもあまり大差はないかなと思っています。

 

ただ、もし基準を一つ挙げるとするなら、英会話教室を選ぶなら、必ずマンツーマンのスクールを選ぶことです。

 

英会話教室はアウトプットの場ですから、レッスン時間はできる限り長い時間、自分がアウトプットできる環境を作るべきです。

 

グループレッスンだと、どうしても他の人の発言を聞く時間が増えますから、おすすめできません。だからこそ、自分がトライできる回数が多いマンツーマンレッスンを選んだほうが、密度の濃いレッスンになるかなと思います。

 

まとめ

結論: 英会話教室はアウトプットの場。事前の予習・復習で効果は決まる

 

  • 英会話教室はアウトプットの場。事前の予習・復習で効果は大方決まる

 

まとめると、上記の通りです。

 

英会話教室に期待しすぎても、残念ながら良い効果は得られません。英会話教室に通う以上に、自分でしっかりと予習をして臨むこと、そして終わったら復習すること。

 

当たり前のようなことですが、本当にこの点が大事なので、基本に忠実に沿ってやっていくことが必要ですね。

 

なお前述通り、予習はスタディサプリ ENGLISHがおすすめです。英会話教室の予習でなくても手軽に日常英会話を学べる良質アプリなので、ダウンロードしていない方は7日間の無料キャンペーンのいまのうちに、ぜひトライしてみてくださいね〜。

 

3分後にお試し可能!無料体験はこちらから(公式サイトへ飛びます)>>スタディサプリ ENGLISH

 

 

RELATED

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です