30代からのキャリアチェンジで失敗しないための転職方法【手順を解説】

スポンサードリンク

30代からのキャリアチェンジで失敗しないための転職方法【手順を解説】

 

  • 30代だけど、今の仕事からキャリアチェンジがしたい。でも、30代からキャリアチェンジなんて遅すぎるのかな?失敗したくないな…。

 

本記事では、上記のような悩みに答えていきます。

 

結論、30代からのキャリアチェンジはできます。ですが、相応にリスクもあるので、ちゃんと調べて、準備して、判断することが必要です。

 

そこで本記事では、「30代からのキャリアチェンジで知っておくべきこと」と「具体的な転職方法」をご紹介します。

 

これを書いている僕は、新卒で上場企業に就職。これまで転職サイト・転職エージェントは20社以上使ってきて、実際に大手日系企業や、外資系大手企業の内定を勝ち取りました。現在は転職支援の仕事をしており、日々転職市場と向き合っている立場です。

 

30代のキャリアチェンジは、不安なことの方が大きいと思います。だからこそ、本記事を読んで理解を深め、失敗しないキャリアチェンジを実現させましょう。

 

スポンサーリンク

30代からのキャリアチェンジで知っておくべき2つのこと

30代からのキャリアチェンジで知っておくべき2つのこと

 

30代からのキャリアチェンジで知っておくべきことは2つです。

 

  1. 異職種へのキャリアチェンジは年収が下がりやすい
  2. 同職種、異業種へのキャリアチェンジは年収が上がる可能性もある

 

上記2点です。それぞれ解説しますね。

 

1. 異職種へのキャリアチェンジは年収が下がりやすい

まず、職種を変える転職(異職種)の場合、基本的に年収やキャリアは下がります。

 

異職種転職とは、例えば「営業職→事務職」「営業職→企画職」のような転職ですね。このような転職の場合、基本的に年収は下がりやすいです。

 

例えば僕が過去に転職支援をした方だと、営業から企画系の仕事に30代で転職し、年収が50万円下がった方などがいます。

 

おそらくキャリアチェンジをしたい多くの人は、この「異職種転職」だと思います。ですのでこの場合、年収が下がることが多いことは、事前に認識しておき、受け入れる必要があります。

 

【朗報】年収が下がっても、満足度は上がるケースは多い

上記の通りで、異職種に転職し、年収は下がっても、トータルの満足度が上がるケースは多いです。

 

そもそもキャリアチェンジを志向する方の場合、年収アップではなく、「残業を減らしたい」「休みを増やしたい」「好きな地元で働きたい」「やりたい仕事がある」など、年収以外の軸で転職を考えていることが多いです。

 

結局のところ転職は、「あなたが転職で何を実現したいか」が何より大切です。

 

ですので、たとえ年収が下がっても、転職で実現したいことが実現できるなら、それは良いキャリアチェンジだと僕は思いますよ。

 

2. 同職種、異業種へのキャリアチェンジは年収が上がる可能性もある

一方、同職種、異業種へキャリアチェンジをする場合、年収が下がることもありますが、年収が上がるケースもあります。なぜなら世の中には、年収水準が低い業界と、年収水準が高い業界があるからです。

 

年収は業界によって水準が決まっている

上記の通りで、年収水準は「業界ごと」に決まっています。ですので、年収水準が低い業界にいるなら、年収水準が高い業界へ転職することで、業種を変えたとしても、年収が上がることがあります。

 

例えば僕がこれまで見てきた中だと、営業職という職種を軸に、「小売業界」から「商社」に転職し、年収が上がったケースがあります。

 

また、ITエンジニアという職種を軸に、「IT業界」から「金融業界」に転職し、年収が上がったケースもあります。

 

もちろん、異業種転職で年収を上げることは簡単ではありません。あなたに異業種でも通用するスキルや経験がなければ、受け入れる側のメリットがないですからね。

 

ですが事実として、年収水準が高い業界に職種を変えず転職することで、年収が上がるケースがあることも事実です。最近はこのようなキャリアチェンジを成功させている30代も多いですから、まずはトライしてみることが必要ですね。

 

年収水準が高い業界一覧

参考までに、年収水準が高い業界を、以下に挙げておきます。これから話すキャリアチェンジ方法を実際に試す際、この基準で探してみることがおすすめです。

 

年収水準が高い業界

・金融

・不動産

・広告

・IT

・総合商社

・コンサル

・グローバル関連(業界ではないが)

 

上記の通りです。気になる業界があれば、今の職種の年収水準を、後述する転職サイトで見てみましょう。

 

30代からキャリアチェンジをする際の手順【失敗しないための方法とは】

30代からキャリアチェンジをする際の手順【失敗しないための方法とは】

 

  1. 転職サイトと転職エージェントに登録する
  2. 転職サイトで求人を探し、転職エージェント経由で応募する

 

30代からのキャリアチェンジの手順はシンプルで、上記の2点です。それぞれ解説しますね。

 

1. 転職サイトと転職エージェントに登録する

まずは転職サイトと転職エージェントに登録しましょう。どちらも登録・利用ともに無料です。

 

転職サイトと転職エージェントの使い分けですが、以下のように行いましょう。

 

  • 転職サイト:「求人を探す」目的で使う
  • 転職エージェント:「キャリア相談」と、「実際に応募する」目的で使う

 

なぜ使い分けをするのか?

結論、それぞれ強みが違うからです。

 

転職サイトの強みは、幅広く求人が存在することです。求人数でいえば、転職エージェント業界より数倍はあります。ですから転職サイトを使う際は、どんな求人が世の中にあるのか、そのリサーチで使うことがおすすめです。

 

一方転職エージェントは、コンサルタントがサポートをしてくれる点で、キャリア相談に強みがあります。特に30代の転職は失敗確率はできる限り小さくしたいところです。その点で、転職エージェントであれば、想定される転職のリスクも、コンサルタントが教えてくれます。

 

もちろん、転職エージェントの言うことを全部鵜呑みにすることはNGです。最後はちゃんと自分の頭で考えることが必要です。ですが、彼らはプロとして意見をくれますし、転職エージェントを複数利用することで、リスクが何なのか、その共通点も見えてきます。30代の転職では、転職エージェントは必ず利用しておく必要があります。

 

転職エージェント経由なら、推薦状付きで応募もできる

もう一つ、転職エージェント経由で応募すべき理由は、転職エージェント経由であれば、「推薦状付き」で応募できることがあるからです。転職エージェントが企業に推薦してくれることで、選考の通過率が上がります

 

僕も転職をした時、「普通に応募したら確実に落ちるだろうな」と思った企業があったので、転職エージェントの推薦状付きで応募してもらいました。その結果、書類選考を通過することができました。

 

また、一度は書類選考で落ちてしまった企業に、再度転職エージェントからプッシュをしてもらったところ、面接の機会をもらうこともできました。このように、転職エージェント経由は何かと有利に働きやすいです。

 

転職エージェント経由であれば、面接対策などもしてくれますし、年収交渉も彼らがやってくれます。転職後に活躍できる保証なんてないので、転職時に年収は維持して入社したいところです。年収交渉の点でも、転職エージェントは力になってくれます。

 

なお、転職エージェントの効果的な使い方については、転職エージェントと面談を50回以上した僕が、転職成功を勝ち取る「面談方法」を解説の記事も参考にどうぞ。

 

 

30代転職でおすすめの転職サイトと転職エージェント

世の中には、100社以上の転職サイト・転職エージェントがあります。どこが自分に合っていそうか調べるだけでもかなり大変です。少なくとも、僕はかなり時間を使いました。

 

ですので参考までに、僕自身が実際に使って本当によかった「おすすめの転職サイト・転職エージェント」で、30代のキャリアチェンジに使えるものを挙げておきますね。

 

30代におすすめの転職サイト

1. ハイクラス転職サイト「転機」【隠れ優良求人が多い転職サイト】

2. ビズリーチ【高年収・管理職などハイクラス求人に強み】

 

30代におすすめの転職エージェント

1. リクルートエージェント【日本最大手の転職エージェント・キャリアに自信がないならココ】

2. JACリクルートメント【ハイクラスグローバル求人が豊富】

3. クライス&カンパニー【求人数は少ないが、丁寧なキャリア相談が売り】

 

上記の通りです。結論、迷ったら上記の中から選べば間違いないです。

 

転職サイトの選び方

まずは転職サイト。転職サイトで優良企業の求人を探す際は、 ハイクラス転職サイト「転機」ビズリーチをメインに見てみると良いです。

 

転機はあまり世の中に知られていないけど、「地場の優良企業」がたくさんあります。大手企業は興味ないけど、地元の優良企業に入りたい方は、良い出会いがあるかと思います。

 

一方ビズリーチは、転職サービスとしては珍しく有料のサービスです。月数千円の費用がかかりますが、それでも、その分優良求人の数は圧倒的です。求人の質としては、間違いなく国内トップクラスです。実際に僕も、ビズリーチ経由で日系大手企業を中心に、良い求人に出会うことができました。

 

転職エージェントの選び方

転職エージェントについては、リクルートエージェントに真っ先に登録しておきましょう。リクルートエージェントは日本最大の転職エージェントで、あらゆる業界、あらゆる職種の求人を揃えているからです。求人が豊富なので、キャリアに自信がない人にもおすすめです。

 

一方、キャリアに自信がある/大手出身などであれば、JACリクルートメントクライス&カンパニーにも相談してみましょう。

 

この内、JACリクルートメントは特におすすめです。僕自身、時価総額で世界トップ10に入る某会社IT企業を紹介してもらい、内定をもらったことがあります。デメリットとしては、キャリアが足りないと判断されたら、利用自体ができないことです。ですので、まずはトライしてみましょう。

 

▼上記転職サイト・転職エージェントの詳しい詳細はこちら

 

キャリアに自信がない人の別の方法

また、もしあなたがあまり経歴に自信がない場合、日本で一番大きな転職サイトであるリクナビNEXTを使うことも一つの手です。ここは求人数がダントツです。ですが、求人のレベルに関しては、上記で挙げたものより劣ります。ですので、後回しで良いと個人的には思います。

 

なお余談ですが、リクナビNEXTとリクルートエージェントは、運営会社がリクルートキャリアで同一のため、求人が被っていることもあります。

 

求人数としては、リクナビNEXTがリクルートエージェントの3倍以上なので、リクナビNEXTにあって、リクルートエージェントにない求人もあります。

 

ですが、もしリクナビNEXTで良い求人があれば、リクルートエージェントのコンサルタントに案件があるか聞いてみると良いですよ。

 

2. 転職サイトで求人を探し、転職エージェント経由で応募する

30代向け転職サイト・転職エージェントで良い求人が見つかったなら、転職エージェント経由で応募をしましょう。前述通り、転職エージェント経由の方が有利だからです。

 

経歴書の書き方や面接対策は、転職エージェントのコンサルタントが無料でサポートしてくれます。内定を勝ち取るまで、根気よく続けていくことが大切です。

 

以上が、30代からのキャリアチェンジを成功させる方法です。やるべきことはシンプルですね。

 

30代からキャリアチェンジはできる。ただし、準備は必要不可欠

30代からキャリアチェンジはできる。ただし、準備は必要不可欠

 

本記事の内容をまとめます。

 

  • 30代からキャリアチェンジは可能
  • 異職種へのキャリアチェンジは年収が下がりやすい
  • 同職種、異業種へのキャリアチェンジは年収が上がる可能性もある
  • 転職サイトは求人を探す用途で、30代転職のメインは「転職エージェント」を使うと良い

 

上記の通りです。

 

幸い、今は転職市場が売り手市場ということもあり、転職がしやすくなっています。転職も以前より一般的になってきており、35歳定年説もないですから、どんどんトライすべきですね。

 

ですが、30代のキャリアチェンジは、20代よりもハードルが高いことは事実です。簡単ではありません。だからこそ、今回紹介した方法を使い、しっかり準備をし、確実にキャリアチェンジを成功させることが大切です。

 

まずは転職サイトと転職エージェントに登録し、求人を探してみましょう。なお、登録さえ済ませておけば、「無料」でスカウトメールも届くようになります。チャンスを逃さない体制を、今日のうちから作っておきましょう。

 

以上、30代からのキャリアチェンジ方法でした。

 

30代におすすめの転職サイト

1. ハイクラス転職サイト「転機」【隠れ優良企業が多い転職サイト】

2. ビズリーチ【高年収・管理職などハイクラス求人に強み】

 

30代におすすめの転職エージェント

1. リクルートエージェント【日本最大手の転職エージェント・キャリアに自信がないならココ】

2. JACリクルートメント【ハイクラスグローバル求人が豊富】

3. クライス&カンパニー【求人数は少ないが、丁寧なキャリア相談が売り】

 

▼転職エージェント・転職サイトの詳細はこちら

 

▼30代からのキャリアアップ転職はこちら