【結論】プログリット(PROGRIT)とトライズ(TORAIZ)の比較【違いは5つ】

【結論】プログリット(PROGRIT)とトライズ(TORAIZ)の比較【違いを解説】

 

プログリットとトライズ、どっちを受講するべきか悩む…。違いはどんなところなんだろう?

 

あなたはこのような悩みをお持ちではないでしょうか?

 

プログリット(PROGRIT)トライズ(TORAIZ)、どちらも英語コーチングスクールの中で人気スクールですが、特徴の違いがイマイチわかりにくいですよね。

 

そこで本記事では、プログリットとトライズ、実際に取材した情報を元に、両者の違いや、それぞれおすすめな人を本記事でわかりやすくまとめました!

 

本記事を読めば、プログリットとトライズ、どっちを受講すべきか、答えが見つかりますよ。5分ほどで読める文量です。ぜひ最後まで読んでみてください。

 

プログリット無料相談の予約はこちら👇今なら無料で英語力診断!

 

トライズ無料相談の予約はこちら👇今ならお得な割引実施中!

 

【結論】プログリット(PROGRIT)とトライズ(TORAIZ)の違いはこの5つ!

まず先に結論をお伝えすると、プログリットとトライズの違いは大きく5つあります。

 

結論、以下の5つが大きな違いです。

 

プログリットとトライズの違い

・プログリットは2〜3ヶ月の「短期スクール」、トライズは1年間の「長期スクール」

・プログリットは「日本人コンサルタントのみ」、トライズは「日本人コンサルタント+ネイティブ講師」

・プログリットが提供するのは「英語の学習方法」、トライズが提供するのは「英語の学習方法+英語レッスン」

・プログリットは一般教育訓練給付金制度で10万円お得に受講できる、トライズは制度がない

 

それぞれ特徴を解説しますね!

 

すぐわかる!プログリットの特徴

プログリット(PROGRIT)

 

プログリット(PROGRIT)の特徴は「英語の正しい学習方法を教える、短期スクール」です。

 

プログリットは英会話のレッスンを行いません。ネイティブ講師も存在せず、日本人コンサルタントのみとなります。

 

プログリット

プログリットは日本人バイリンガルがマンツーマンサポート

 

では何を教えるかというと「英語の正しい学習方法」です。

 

科学的に正しい英語学習方法を、あなた自身が英語学習で自走できるよう、生活習慣や時間の使い方から、採用率1%の厳選英語コンサルタントが徹底的に指導してくれることが、プログリットの特徴です。

 

【結論】プログリット(PROGRIT)とトライズ(TORAIZ)の比較【違いを解説】

 

イメージとしては、ジムのライザップですね。パーソナルコーチが日々の学習を徹底進捗してくれ、短期間で大きな成果を得られるスクールです。

 

プログリットの学習は「ビジネス英会話コース」「TOEICコース」「TOEFL/IELTSコース」とありますが、全てスピーキング力、リスニング力を高めるシャドーイングや、リーディング力やライティング力を上げる文法の多読など、英語力を底上げするような内容になっています。

 

上記のような徹底した学習環境で英語の正しい学習方法から学べるので、2〜3ヶ月という短期で高い成果が出せるだけでなく、受講終了後は、受講生一人で自走できる状態になることも、プログリット(PROGRIT)の特徴です。

 

すぐわかる!トライズの特徴



一方のトライズ(TORAIZ)は「ネイティブ講師とビジネス英会話レッスンを行う、長期スクール」です。

 

トライズのレッスンは「スピーキング」と「リスニング」が中心です。

 

週3回のネイティブ講師とのレッスンを通じ、ビジネス英語を中心として話す・聞くを高いレベルでこなせるよう、時間をかけてじっくり学んでいくことが、トライズの特徴です。

 

出典:トライズ公式サイト

 

また、ネイティブ講師との英会話だけでなく、挫折せず学習するための各種サポートも充実しています。自宅での個人学習の際も、日本人のコンサルタントが徹底サポートしてくれるので、やり切ることができる環境です。

 

トライズは1年間の長期がメインですが、トライズでは2ヶ月でVersant22点⇨42点まで増加した実績もあるようです。そのため、必ずしも長期ではなく、短期間であっても、同等以上の学習成果を上げることは数字で立証されています。

 

プログリットと違い、スピーキングやリスニングに重きを置いたスクールであり、その点でトライズ(TORAIZ)はネイティブ講師をレッスンで登用しています。

 

【結論】プログリット(PROGRIT)とトライズ(TORAIZ)、それぞれおすすめな人

ここまでの違いを踏まえて、プログリットとトライズは次のような方に、それぞれおすすめです。

 

プログリットがおすすめな人

・2〜3ヶ月短期集中で、本格的な英語力を習得したい人

・英語の正しい学習方法を身に付けたい人

・英語コンサルタントに細かくサポートしてもらいたい人

・一般教育訓練給付金でお得に受講したい人(最大10万円お得に!)

 

トライズがおすすめな人

・1年間じっくり英語を勉強していきたい人(短期もOK)

・100万円以上を受講費用で使える人

・ネイティブとの英語レッスン+個人学習サポートの両方を受けたい人

・スピーキングやリスニングが苦手で、英語を話せるようになりたい人

 

結論、上記の通りです。

 

プログリット(PROGRIT)がおすすめな人

プログリットがおすすめな人

・2〜3ヶ月短期集中で、本格的な英語力を習得したい人

・英語の正しい学習方法を身に付けたい人

・英語コンサルタントに細かくサポートしてもらいたい人

・一般教育訓練給付金でお得に受講したい人(最大10万円お得に!)

 

プログリットの特徴は、短期集中で本格的な英語力だけでなく、英語の正しい学習方法や習慣まで身につけられることです。

 

厳選された英語コンサルタントのもと、使える英語力を徹底的に身につけたいなら、プログリットは特におすすめです。

 

プログリット無料相談の予約はこちら👇今なら無料で英語力診断!

 

トライズ(TORAIZ)がおすすめな人

トライズがおすすめな人

・1年間じっくり英語を勉強していきたい人(短期もOK)

・100万円以上を受講費用で使える人

・ネイティブとの英語レッスン+個人学習サポートの両方を受けたい人

・スピーキングやリスニングが苦手で、英語を話せるようになりたい人

 

トライズは実践的な英会話を、1年間に渡り、じっくり身につけていくスクールです。

 

予算は総額100万円を超える金額間ですが、日本人コンサルタントによる個別学習サポートだけでなく、ネイティブ講師とのレッスンもついており、英会話力を徹底的に高められるサポート体制となっています。

 

また短期であっても、週3回の英会話レッスン+受け放題のフリートークグループレッスンを通じて、2〜3ヶ月の短期でも、英語力を伸ばすことは可能です。

 

確実に英語力を身につけ、英語で話す・聞く力を飛躍的に高めていきたいなら、トライズを選ぶことがおすすめです。

 

トライズ無料相談の予約はこちら👇今ならお得な割引実施中!

 

プログリット(PROGRIT)とトライズ(TORAIZ)の徹底比較

ここからは両者の違いを比較表で詳しく見ていきます。

 

受講内容・提供サービスの比較

比較項目プログリットトライズ
コース1. ビジネス英語
2. TOEIC
3. TOEFL/IELTS
1. スピーキング
2. TOEIC
受講期間2〜3ヶ月1年
TOEICコースは2ヶ月)
学習時間月80時間月80時間
ネイティブ講師なし(日本人バイリンガル講師)ネイティブ講師
専属コンサルタント日本人コンサルタント日本人コンサルタント
レッスン回数面談:週1回60分【スピーキング】
グループレッスン:週1回50分
マンツーマンレッスン:週2回25分
面談:月2回
【TOEIC】
マンツーマンレッスン:週2回25分
面談:週1回
教材市販教材市販教材
日々のやり取りメールLINE
科学的根拠応用言語学応用言語学
アフターフォロー継続プランあり継続プランあり

 

受講内容・提供サービスの比較

・コースや受講期間、ネイティブ講師の有無はそれぞれ異なる

・月あたりの学習時間や、使う教材、学習の科学的根拠は変わらない

 

受講費用の比較

比較項目プログリットトライズ
受講期間2〜3ヶ月1年
TOEICコースは2ヶ月)
受講費用360,800円1,125,600円
入会金55,000円50,000円→現在早期予約割引で0円
トータル費用415,800円1,329,100円
TOEICコースは352,346円/2ヶ月)
1ヶ月あたり207,900円110,758円
1レッスンあたり47,250円9,223円
割引10万円OFF(一般教育訓練給付金)早期予約割引で最大30万円OFF
返金保証30日間全額返金保証30日間全額返金保証
支払い方法クレジットカード・現金一括現金分割
支払い回数最大72回最大48回

 

受講費用の比較

・受講費用の総額はプログリットの方が圧倒的に安い

・月あたりに換算すると、長期のトライズの方が安い

・返金保証はどちらも変わらず、割引は種類は違うもののどちらも存在(最新情報は無料カウンセリングで)

 

受講スタイル・通いやすさの比較

比較項目プログリットトライズ
教室の場所全12校舎あり
【東京】
有楽町、新橋、新宿西口、新宿南口、渋谷、神田、池袋、六本木
【神奈川】
横浜
【愛知】
名古屋
【大阪】
阪急梅田、西梅田
全12校舎あり
【東京】
新宿西口、新宿南口、田町、赤坂、銀座、秋葉原、丸の内、池袋、渋谷
【神奈川】
横浜
【愛知】
名古屋
【大阪】
梅田
オンライン受講
営業時間平日 12:00〜21:00
土日祝 9:00〜19:00
平日 13:00〜21:15
土 10:00〜17:30
※月曜と日曜は休校
自習室使い放題使い放題

 

受講スタイル・通いやすさの比較

・教室の場所・数はどちらも大差なし。オンライン受講も対応

・プログリットは平日土日祝全て対応、トライズは月曜と日曜は休校

 

まとめ

ここまで述べてきた通り、プログリットとトライズはそれぞれ特徴が異なります。

 

冒頭の通り、迷ったら以下の選び方がおすすめです。

 

プログリットがおすすめな人

・2〜3ヶ月短期集中で、本格的な英語力を習得したい人

・英語の正しい学習方法を身に付けたい人

・英語コンサルタントに細かくサポートしてもらいたい人

・一般教育訓練給付金でお得に受講したい人(最大10万円お得に!)

 

トライズがおすすめな人

・1年間じっくり英語を勉強していきたい人(短期もOK)

・100万円以上を受講費用で使える人

・ネイティブとの英語レッスン+個人学習サポートの両方を受けたい人

・スピーキングやリスニングが苦手で、英語を話せるようになりたい人

 

なお、どちらのスクールも、受講前には「無料カウンセリング」があります。

 

ここまで紹介してまだわからないことなど、無料カウンセリングでぶつけてみてください。そうすれば、公式サイトやネットには出ていない卒業生の実績など含め、データを開示してくれますよ。

>>プログリット公式サイトはこちら

>>トライズ公式サイトはこちら

プログリット無料相談の予約はこちら👇今なら無料で英語力診断!

 

トライズ無料相談の予約はこちら👇今ならお得な割引実施中!