フリーターやニート向けプログラミングスクール4社を、スクール受講生が厳選

スポンサードリンク

フリーターやニート向けプログラミングスクール4社を、スクール受講生が厳選

 

▼今すぐに登録したい方へ▼
当記事から登録の多いスクールは以下です。以下リンクから各公式サイトに飛べます

  • 人気No.1:GEEK JOB【無料で就職までしたい20代向け】
  • 人気No.2:TECH::EXPERT【高年収で就職 or 30代以上で就職したい人向け】
  • 人気No.3:TechAcademy【コスパ重視で就職までしたい人向け/年代問わず】

 

さて、最近のIT業界ではエンジニアやプログラマーが圧倒的に不足しており、この傾向はこれから10年でさらに強まっていくことが予想されています。

 

それに伴い、プログラミングスクールもたくさん生まれてきており、多くのフリーターやニートの方が、プログラミングスクール経由で手に職をみにつけ、就職に成功しているんですよね。

 

僕は未経験からプログラミングスクールを使ってスキルを習得した背景があるのですが、ネットでプログラミングスクールを探していると、10社も20社も紹介されていて、「結局のところ、どこが本当に良いの??」と迷うことが多いと思います。見れば見るほど迷いますよね。

 

そこで本記事では、実際にプログラミングスクールを受講した僕が、フリーターやニートの方に最適なプログラミングスクールを4社を、厳選してご紹介します。

 

今回紹介するスクールは、特に「フリーターやニートの就職に強みのあるプログラミングスクール」なので、「正社員として就職したい」「手に職を身につけて就職したい」、そんな方に最適なスクールの決定版です。

 

今回の記事を読み、フリーター・ニート向けのプログラミングスクール選びはもう終わりにしましょう。なお、今回紹介する4社のうち2社は「20代限定のスクール」です。エンジニアの世界は20代を特に優遇するので、特に20代の方は急ぎましょう。

 

スポンサーリンク

フリーターやニートの方のプログラミングスクールの選び方

まずはじめに、フリーターやニートの方向けの「プログラミングスクールの選び方」について、簡単に話をしておきます。

 

1. フリーター・ニートのサポートに強いこと(就職実績などがあること)

一番大事なのはこれです。フリーターやニートのサポートに強くないと、利用するメリットがないですからね。

 

フリーターやニートの方の場合、正社員として就職を目指すために、プログラミングスクールを検討することが多いです。ですから、フリーターやニートの就職に強いプログラミングスクールを選ぶことが必要ですね。

 

2. 費用がかからず利用できること

フリーターやニートの方の場合、一般的な社会人と比較して、お財布事情は良くないですよね。だからこそ、費用ができるだけかからず、利用できるところが望ましいです。

 

特におすすめは「無料スクール」です。基本的に無料スクールは「プログラミング学習と就職サポート」がセットになったタイプのスクールです。

 

利用の条件として、スクールが提携しているIT企業の中で就職することになるのですが、僕たち受講者ではなく、採用企業側が代わりにお金を払ってくれるので、受講者側はお金を払わずとも受講できるのがこのタイプのスクールです。

 

「無料というと質が低いんじゃ・・?」と、僕は最初思ったのですが、上記の通り、理由がちゃんとあるので問題ないです。就職先も開発経験が積める優良企業も多いので、就職前提でプログラミングを学びたいなら、この「無料スクール」を選ぶことが費用面でもおすすめです。

 

無料スクールの詳しい仕組みについては、無料プログラミングスクールの黒い噂を紐解いた結果【問題なし】の記事で詳細を説明しています。

 

 

フリーター・ニート向けプログラミングスクール4選

  1. GEEK JOB【無料で就職までしたい20代向け】
  2. プログラマカレッジ【同じく、無料で就職までしたい20代向け】
  3. TECH::EXPERT【高年収で就職 or 30代以上で就職したい人向け】
  4. TechAcademy【コスパ重視で就職までしたい人向け/年代問わず】

 

結論、上記の4社がおすすめです。ニーズ別に紹介しますね。

 

1. GEEK JOB

フリーター・ニート向けプログラミングスクール4選

 

GEEK JOBは、多くのフリーター、ニートの方から選ばれているプログラミングスクールです。迷ったら、まずGEEK JOBを検討しておけば間違いありません。

 

GEEK JOBの特筆点は、まずは開発経験が積めることですね。プログラミングスクールの中には、自分の実績になるようなオリジナルサービス開発ができないところもあるのですが、GEEK JOBの場合、カリキュラム内でサービス開発をすることで、受講後には、就職でアピールできる実績ができます。

 

加えて、GEEK JOBの運営会社であるグルーヴ・ギア社は、母体が「転職エージェント」です。そのため、特に就職に強みがあるんですよね。

 

それらの効果もあり、GEEK JOBでの就職決定率はなんと95.1%。ほぼ全ての人が、就職まで実現できているんですよね。その上、GEEK JOBは前述した無料スクールなので、1円も支払うことなく、フリーターやニートから就職ができます。

 

ただし受講条件があり、

 

  1. 20代限定
  2. 就職の意思あり(企業は決めてなくてOK)
  3. 東京の校舎に通える方

 

この3つに当てはまっていることが、GEEK JOB の受講条件となります。なので、当てはまっていないと受講はできないことがデメリットなのですが、当てはまっていれば、GEEK JOBは無料かつ、最もフリーター就職が実現しやすいプログラミングスクールです。

 

真剣に検討する場合は、GEEK JOBは定期的に無料カウンセリング、無料プログラミング体験会などをやっているので、まずはそちらに参加してみましょう。

 

僕も無料体験会に参加したことがありますが、黙々とプログラミングの体験をする感じでしたので、変にコミュニケーションを取る必要もありませんでした。気を遣うことがないので、気軽に無料体験会に参加してみると良いと思います。

 

無料相談に参加したい方はこちら👇【予約は簡単30秒!】

 

▼詳細はこちら

 

2. プログラマカレッジ

フリーター・ニート向けプログラミングスクール4選

 

プログラマカレッジも、前述したGEEK JOBと同じく、無料プログラミングスクールです。最新の技術トレンドをバッチリ押さえたカリキュラムであり、実践に近い「チーム開発」の経験を積むことができます。そのため、企業側から、プログラマカレッジ卒業生のニーズはアツいです。

 

また、プログラマカレッジを運営しているインターノウス社も、GEEK JOBと同じく母体が「転職エージェント」なので、就職サポートも圧倒的に強いです。

 

ただし、プログラマカレッジも「20代限定」のサービスなので、30歳以上だと受講することができません。ですが20代なら、利用価値が極めて高いスクールですね。

 

見てきてわかったかなと思いますが、特徴がGEEK JOBと似ています。どちらを選んでも間違いないのですが、より自分に合った方を選びたいなら、プログラマカレッジGEEK JOBの無料カウンセリングを通じて比較してみて、就職先や雰囲気で選ぶとより確実でしょう。

 

今すぐ登録したい方はこちら👇【無料カウンセリングあり!!】

 

▼詳細はこちら

 

3. TECH::EXPERT

フリーター・ニート向けプログラミングスクール4選

 

TECH::EXPERTは、前述したGEEK JOB、プログラマカレッジとは異なり、「30歳以上でも受講できる、数少ない就職支援付きのプログラミングスクール」です。

 

なんで30歳以上でも受講できるかというと、一言でいえば、カリキュラムの質が高いからです。カリキュラムの質が高いからこそ、経歴や学歴、スキルがない方でも、IT企業に必要なスキルを確実に身につけることができるんですよね。スクール側としても就職まで実現させる圧倒的な自信があるので、30歳以上でも、積極的に受け入れを行なっています。

 

加えて、TECH::EXPERT経由で就職した方は「平均年収が高い」です。事実、TECH::EXPERTのカリキュラムをやり切った方は、以下の通り「平均年収426万円」で転職できています。

 

f:id:travewriter:20180804225010p:plain

 

普通のサラリーマンの平均年収が400万円を切るような時代ですから、TECH::EXPERTを使えば、今からでも世の中の「平均年収以上」を目指せるんですよね。

 

一方のデメリットとしては、費用がかかり、かつ約50万円以上することです。GEEK JOBやプログラマカレッジを見た後に見ると高く感じると思います。とはいえ前述通り、TECH::EXPERT経由で就職した場合、平均年収は高めです。ですから、就職して少しの期間働けば、受講費用はすぐに回収できます。また、仮に転職できなかった場合の返金保証もあります。

 

得られるスキルや就職先などを総合的に見て、TECH::EXPERTは得られる未来の果実も大きいので、個人的には非常におすすめです。

 

今すぐ登録したい方はこちら👇【無料カウンセリングあり!!】

 

▼詳細はこちら

 

4. TechAcademy

フリーター・ニート向けプログラミングスクール4選

 

TechAcademyも多くの初心者に選ばれているプログラミングスクールです。僕自身が一番最初に受講したスクールで、質は保証できます。

 

TechAcademyは、これまで紹介したスクールとは異なり、「完全オンライン型」です。オンラインカリキュラムを自分で進めていきながら、わからない箇所は、ビデオチャットやテキストチャットを通じて、現役エンジニアに質問しながら進めていきます。

 

僕が受講時に実際に使っていた、TechAcademyのオンラインカリキュラムの一部

 

また、「オリジナルサービス開発」を、エンジニアのサポートを借りながら、カリキュラムで体験できます。結果、「自分の制作実績を」を作れるので、就職にも有利になります。

 

加えて、TechAcademyも年齢関係なく、どなたでも受講可能です。しかも、1ヶ月であれば10万円台前半、2ヶ月であれば10万円台後半の費用で受けられるので、コスパも良いです。費用面が高いTECH::EXPERTだとどうしても手が出ない方は、TechAcademyを最初に検討してみると良いでしょう。

 

TechAcademyは7日間のプログラミング無料体験があります。また公式サイトには無料説明会動画もあるので、併せて体験すると、より受講イメージが湧くと思います。

 

今すぐ登録したい方はこちら👇【7日間のオンライン無料体験あり!!】

 

▼詳細はこちら

 

以上が、フリーターやニートの方におすすめなプログラミングスクール4社です。

 

まとめ

記事でも述べましたが、今エンジニアやプログラマーは本当に人手不足です。本来、企業側としては、経験者を採用したいところですが、あまりに採用が難しいので、最近は実務経験ゼロの方であっても、エンジニアやプログラマーになることができます。未経験からこれだけあっという間にエンジニアになれるなんて、一昔前から考えたら異常なことです。

 

しかもエンジニアやプログラマーになって実務経験を2年ほど積めば、フリーランスエンジニアになることができます。フリーランスエンジニアになれば、年収1,000万円や週3勤務で月収50万円、リモートワークなど、時間や場所にしばられない自由な働き方も実現可能です。

 

こういう働き方は、今から普通の企業に就職し、10年、20年と働いても、実現することは難しいです。それでも、この先10年人手不足が続き、かつニーズのあるプログラミングなら、たった数年でも、それだけの待遇を実現できるんですよね。

 

だからこそ、今の現状を変えるためにプログラミングが役立つなら、今すぐにでもエンジニアとしての働き方を検討すべきです。

 

とはいえ、ここまで話しても、実際に行動する人は10%もいないでしょう。でも、これは裏を返せば、「行動さえ」起こせば、上位の10%には入れるということです。

 

今回紹介した中には無料スクールもありますし、リスクは一つもありません。いまの現状に不満を感じていたとしても、結局行動しなければ、現状は何も変わらないですから。「あの時行動しておけばよかった」と後悔しないように、行動できると良いですね。

 

▼今回ご紹介したプログラミングスクール4社【公式サイトへ飛びます】

  1. GEEK JOB【無料で就職までしたい20代向け】
  2. プログラマカレッジ【同じく、無料で就職までしたい20代向け】
  3. TECH::EXPERT【高年収で就職 or 30代以上で就職したい人向け】
  4. TechAcademy【コスパ重視で就職までしたい人向け/年代問わず】