“ニートを最速最短で脱出する3つの方法”を就職のプロがわかりやすく解説

スポンサードリンク

"ニートを最短最速で脱出する方法"を就職のプロがわかりやすく解説

 

  • ニート生活は気楽だけど、親にも心配をかけているし、そろそろニート生活を脱出しないといけないなぁ。でも、自分に自信なんてないし、ニート脱出して就職なんて本当にできるんだろうか。。

 

本記事では上記のような悩みに答えていきます。

 

結論、ニートを脱出し、就職する方法はあるので安心してください。今回は、”最速最短”、かつ”確実”にニートを脱出する方法を伝授します。

 

これを書いている僕は現在仕事で就職・転職支援をしています。その中ではニートの方の就職も支援しており、実際にニート脱出に成功した方にも多く話を聞いてきました。

 

本記事では、どんなニートの方がニート脱出に成功し、逆に失敗してきたかを見てきた僕の経験から、「ニートを脱出するための全て」を記したいと思います。就職市場についても、プロの立場から述べていきます。

 

本記事を読んで、もうニート脱出方法を探すことは終わりにしましょう。

 

本記事を読めば、あとは「行動するだけ」でニート脱出は可能ですから。5分ほどで読める内容です。

 

スポンサーリンク

目次

ニートから脱出する4つのきっかけ

ニートから脱出するきっかけ

 

世の中にはたくさんのニートの方がいます。

 

ですが、彼らが「ニートから脱出するきっかけ」は、実際どんなものだったのでしょうか?

 

そこでまずは、僕が実際にニートを脱した方から聞いた、「ニートを脱するきっかけとなった理由」を書いていきますね。

 

1. 親の健康に問題が出た時

まず多かったのはこちらですね。親が病気になったり、中には残念ながら、突然親が亡くなってしまった方もいました。

 

僕がお会いしてきた元ニートの方は、基本的には「実家に住んでいた方」が多かったです。世の中のニートの方も、一般的には実家住まいの方が多いと思います。

 

でも、親の健康状態により”半強制的”に、ニートを脱出せざるを得なくなる、僕が見てきた中だとこのパターンの人は多かったですね。

 

他にも、親の援助が出なくなったりと、経済的な面で働かなくてはいけなくなった方もいましたね。

 

2. 恋愛や結婚を考えた時

恋愛や結婚など、「自立」を意識したことが、ニート脱出のきっかけになった人もいましたね。

 

これはポジティブな動機のため、このきっかけから就職を考えた方は、必死に就職活動をし、良い会社に就職した方も多くいた印象ですね。

 

3. このままではヤバイと焦りが出てきた時

一方、「目に見えない焦り」がきっかけとなり、ニート脱出をされた方もいましたね。

 

  • 年齢を重ねてそろそろニートは本当にヤバイと思った方
  • 友人も社会的地位を持ち、彼らとの差に愕然とした方

 

など、パターンは様々ですが、「焦り」が動機となって行動を起こした方々です。

 

なんでもそうですが、焦りは人を動かす力がありますよね。仲の良かった友人が、いつの間にか遠くに行ってしまうと、焦ったりしますよね。

 

こういう焦りを感じてとてつもないパワーを発揮し、ニートを脱出された方もいましたね。

 

4. 夢ができた時

あとは「夢ができた方」ですね。

 

「就職してこんな生活を実現したい」など、夢を持って就職に成功された方は本当にたくさんいますよ。

 

どんな理由やきっかけであれ、ニート脱出はできる

このように、ニート脱出を考えたきっかけは人それぞれですが、どんな理由であれ、行動さえ起こせばニート脱出はできます。

 

今この瞬間も多くのニートの方が新たな一歩を踏み出していますから、勇気を持ってトライしてみるべきですね。

 

それでも、なかなかニートから脱出できない3つの理由

それでもニートから脱出できない理由

 

とはいえ、それでも全員が全員、簡単にニートから脱出できるわけではありません。

 

その理由も、僕が実際に見てきた、「ニート脱出に苦労した人」の特徴から述べていきますね。

 

1. 自信がないから

まず一番多いのは、自分に自信がないパターンです。

 

  • 自分は就職してやっていけない
  • そもそも自分には就職なんてできない

 

こんな悩みですね。

 

結論から言うと全く心配はないのですが、それでも就職の不安はつきものですよね。。

 

後ほど大丈夫な理由は述べるので、とりあえず、次へ進みましょう。

 

2. コミュニケーション力が不足しているから

自信と通ずる部分がありますが、特にコミュニケーション力が不足している方に、ニート脱出に苦労する方は多い傾向があります。

 

ニートになった理由は様々ですが、一つは新卒の時に就職活動の面接に受からず、仕方なくニート生活になってしまった方に、このタイプは多いですね。

 

確かに、コミュニケーションスキルがあまりに不足していると、就職の世界は厳しくなることは事実です。

 

ですが、コミュ力がなくても就職成功している方は多くいますし、結局は「マッチングの問題」です。

 

100の企業にNGを食らっても、たった1社、あなたの全てを認めてくれる会社があれば、それで良いんですよね。

 

就活ってそういうものなので、「コミュ力がない自分でも採用してくれる企業に入ろう」と思った方が入った後も気楽ですよ。

 

下手に取り繕って面接し、入ってから苦労したらニートに逆戻りですから。それだと本末転倒ですよね。

 

新卒で就活に失敗した人が人生逆転する方法【まだ始まってもいない】

 

3. 無気力だから

もう一つは無気力なパターンです。この場合、「やっぱり就職しなくて良いや」となり、ニート脱出が遠のくことがあります。

 

この場合、もし本当にニートを脱出することが自分にとって良いことだと思うなら、3ヶ月は自分を奮い立たせてでも行動することが必要ですね。

 

厳しい現実ですが、気持ちに身を任せてただ流されて生きていたら、もう戻れなくなるまで、遠くに流されることもあります。

 

そうなってしまったら、本当に選択肢が狭くなりますから、ニート脱出の必要性を少しでも感じるなら、未来の自分のためにも、一歩を踏み出すべきかなと思います。

 

【朗報】今はニートを脱出し、正社員就職もしやすい時期です

【朗報】今はニートを脱出しやすい時期

 

上記のとおりでして、今はニートを脱出して、正社員にも就職しやすい時期です。

 

なぜかというと、一言で言えば、就職・転職市場が「働き手不足だから」です。

 

日本は人口が減っている

少子高齢化、人口減少の両方がある日本は、若手の労働者がどんどん減っているんですよね。

 

そのため、企業としては「人を採用したいけど採用できない状態」です。

 

僕は前述通り就職支援の仕事をしているから感じますが、未経験の方の採用をする企業は、以前と比較して本当に多く増えましたね。

 

ニートでも行動さえ起こせば就職できる

そんな状況だからこそ、今なら行動さえ起こせば、ニートを脱出し、就職もできてしまうんですよね。

 

もちろん、誰でも簡単に、というわけではありません。ですが、以前よりずっと楽に就職できるようになっています。

 

今は企業の景気も良いので、ニートであっても、若ければ、積極的に採用する企業は多いです。

 

ですが、年齢が30歳前後など高くなってしまっている場合や、景気が悪くなった場合、ニート脱出は一気に難しくなるので、手遅れになる前に行動が必要ですね。

 

ニートを脱出する具体的な3つの方法

ニートを脱出する具体的な方法

 

それではここから、ニートを脱出する具体的な方法を述べていきます。

 

ここでは、「アルバイトとして就職する」という選択肢は除いています。なぜなら、アルバイトで就職したところで、将来は明るくないからです。

 

最近は「外国人労働者」も多く日本に入ってきています。AIの進化も進んでいますね。なので、アルバイトでできるような仕事は、近い将来、奪われる可能性が高いんですよね。

 

悲しいことですが、そうなってしまったら、ニートに逆戻りです。

 

なので今回は、「アルバイト以外の選択肢」を提示していきます。

 

方法①:ハローワークで就職する

最初の方法は「ハローワーク経由で就職する方法」です。ですが、あまりおすすめではありません。

 

なぜなら、ハローワーク経由の就職先は、良い企業もありますが、どちらかというと体質が古めの会社が多く、かつ利用者が50代などが多いからです。要は時代遅れのサービスになりつつあるということです。

 

20代ニートということであれば、年齢的には有利に立てるでしょう。

 

ですが基本的に、多くの企業は「転職サイト」や「転職エージェント」といった一般の就職サービスに流れています。なのでハローワークだと、選択肢が少ないです。

 

加えて、ハローワークは企業としては無料で利用できることもあり、「とりあえず出しておけば誰か来るだろう」といった温度感で出しているところも多いんですよね。

 

そういうところは教育体制も整っていなかったりするので、ニートの方の最初の就職先としてはちょっと・・・と思います。教育体制があるところが良いですね。

 

方法②:ニート・フリーター向け就職サービスを使う【おすすめ!】

2つ目の方法は、ニートやフリーター向けの就職サービスを使うことです。こちらの方法はおすすめです。

 

なぜなら、選べる選択肢が多く、加えてニートでも戦いやすいからです。

 

一般の転職サイトはおすすめじゃない

一方、リクナビNEXTやマイナビ転職といった一般の転職サービスは、ニートの方にはおすすめではないです。なぜなら、既に正社員として働いている人も多く利用しているからです。

 

もちろん、ニートでも就職できるチャンスはあります。そういう意味で、一般の転職サイトにチャレンジすることも良いです。

 

ですが一般の転職サイトの場合、ニートだと、それだけで不利なんですよね。

 

ニート向け就職サービスにも優良企業はありますし、個人的には無駄な体力を浪費することなく、ニート向け就職サービスを利用することが良いと思いますね。

 

おすすめのニート向け就職サービス

一応、ニート就職に強い就職サービスを挙げておきますね。

 

ニート向け就職サービス(公式サイトへ飛びます)

就職Shop【リクルートが運営している定番の就職サービス】

ハタラクティブ【ニートに強い就職サービス】

 

結論、上記の2社を使えば間違いないです。

 

特に就職Shopは、リクルートが運営している若者向けの就職サービスです。迷ったらまずはここで相談してみることが良いですね。

 

なお、どちらも無料で利用することができます。無料で就職サポートをしてくれますので、使ってみることが良いですね。

 

方法③:就職支援つきの専門スクールに通う(プログラミングスクールなど)【おすすめ!】

最近はスキルや経歴のないニートがより良い企業に就職するため、何かしらのスキルをスクール形式で学び、就職サポートまで受けられるスクールが出ています。こういった就職支援付きの専門スクールに通うこともおすすめですね。

 

最近人気で、個人的にもおすすめなのは、「就職支援付きプログラミングスクール」です。

 

就職支援付きプログラミングスクールとは?

一言で言えば、プログラミングスクールと転職エージェントが連携しています。

 

後ほど後述しますが、プログラミングスキルがあると本当に生きやすくなりますよ。

 

就職できることはもちろん、転職もしやすくなりますし、引きこもりで個人で稼ぐ生活もできます。場所に縛られず自宅で働くこともできるので、組織が苦手な人でも合っているんですよね。

 

なので、そういう働き方をしたいなら、プログラミングを学んで就職することも検討してみるべきかなと思います。

 

おすすめの就職支援付きプログラミングスクール

ニートから最も人気で、実際に就職までいけているのはGEEK JOBですね。こちらは完全無料で、プログラミング学習と就職サポートを受けられます。

 

なんで無料かというと、採用企業側が、スクールに対してお金を払っているからです。なので、あなたは0円でプログラミングを学んで、就職までできるんですよね。こんなの使わないともったいないです。

 

もし興味あれば、GEEK JOBは「無料相談会」や「無料説明会」をやっているので、話を聞いてみるだけでも世界が覗けると思います。勧誘もないですし、IT業界の世界が垣間見えますよ。

>>GEEK JOBの無料説明会の詳細を見てみる

 

なお、ニートからIT業界に入るための具体的な方法は、IT未経験のニートでもエンジニアになれる?→簡単ではないが実現可能です【理由と手順を解説】でも解説しています。

 

この通りにやれば、最短数ヶ月でIT業界に就職は可能なので、気になる方はどうぞ。

 

IT未経験のニートでもエンジニアになれる?→簡単ではないが実現可能です【理由と手順を解説】

 

ニート就職におすすめの業界や職種とは

ニート就職におすすめの業界や職種

 

IT業界を一例として挙げましたが、ニートから就職を考えるにあたり、どの業界や職種に就くか、すごく悩むところですよね。

 

そこで、未経験からでもチャレンジ可能な、ニート就職におすすめの業界や職種もご紹介します。

 

人と関わりたくない人は一人でできる仕事もおすすめ

  • 長距離ドライバー
  • 工場のライン作業者
  • ビルの清掃員
  • 夜勤の仕事

 

この辺りは、多くのニート出身者から選ばれている仕事です。

 

特徴としては、どれも人と関わらず、自分の時間が持てたり、黙々と作業をする仕事ですね。

 

なので、コミュニケーションが苦手、組織が苦手という方は、比較的始めやすい仕事かと思います。

 

将来性はあまりないことが欠点

一方デメリットはこちらで、将来性がないことです。なぜなら、どの仕事も単純作業なので、外国人労働者やAIにとって代われることがあるからです。先ほどの「アルバイト」と同じですね。

 

都内の飲食店に行けば、今はもうほとんどが外国人スタッフですよね。それと同じことが、上記で挙げたような仕事は起こり得ます。

 

なので、できれば他の「将来性のある仕事」に就きたいところですね。

 

とはいえ、ニートから就職しやすいことは間違いない仕事ですので、どうしても早く就職する必要があるなら、こういった仕事を目指すことも良いですね。

 

前述した就職Shopハタラクティブを使えば、スムーズに就職までいけるかと思います。

 

IT業界は将来性もあり、チャンスもあるのでおすすめ

先ほどと重なりますが、やはりIT業界は将来性もあり、ニートでも就職チャンスがあるのでおすすめです。

 

職種でいうとプログラマーやエンジニアといった技術職です。

 

IT業界の将来性やこれから伸びる分野、必要スキルとは【未来は明るい】

 

「自分にはIT業界なんて無理だよ」と思うかもしれませんが、実はパソコンが苦手な人でも、プログラマーやエンジニアにはなれるんですよね。

 

IT業界はあらゆる業界の中でもトップクラスに人手不足

上記の通りでして、IT業界はとにかく人手が足りていません。

 

ですので、未経験のニートからでも、前述したGEEK JOBなどの転職支援つきのプログラミングスクールを使えば、就職できるんですよね。

 

【人事担当者に聞いてみた】プログラミングスクールを使うと就職・転職できるのか?【厳選スクール付き】

 

実務経験を積めば将来独立もできる

プログラミングの良いところは、手に職が身につくことでして、一度就職さえすれば転職や独立がしやすくなることです。

 

仮に就職した会社がブラックだったとしても、プログラマーやエンジニアなら転職できます。そもそも転職しながらスキルアップをしていくような業界なので、他の業界より転職はしやすいんですよね。

 

また前述通り、プログラミングスキルをつければ、自宅で引きこもりながら稼ぐことも割と普通にできます。

 

もちろん、すぐに仕事を請けられるわけではないです。ですが、実務経験をしっかり1〜2年積んでスキルアップすれば、ニートからでも月収30万円〜60万円くらいは十分稼げますよ。

 

中には実務経験1〜2年程度の20代で、年収1,000万円を稼いでいる人も多い世界ですから、月収30万円なんて本当に誰でもやれば稼げると思います。

 

ということで、IT業界にすぐに就職したいなら就職Shopハタラクティブを、プログラミングを学んで就職したいならGEEK JOBを使えば、最短1〜2ヶ月でも、無料でプログラマー・エンジニア就職は可能です。

 

【実際どう?】GEEK JOB(ギークジョブ)社会人転職コースの評判や実態まとめ

 

まとめ

"ニートを最短最速で脱出する方法"を就職のプロがわかりやすく解説

 

いろいろ述べてきましたが、個人的には、ニートを脱出するならIT業界への就職がおすすめですね。

 

人口が減っていく日本では、これから有望な業界は「IT業界」「医療」「グローバル」あたりです。中でもIT業界は前述通り、人手不足が深刻化しているので、未経験ニートでも就職しやすいです。

 

それに、IT業界であれば個人で稼ぐ力がつくので、就職して楽しければ続ければ良し、合わなければ引きこもって個人で稼ぐこともできますから。

 

もちろん、その場合でも実務経験1〜2年は必要になってくるので、そこは修行期間だと思って頑張るべきですね。

 

ということで、本記事は以上です。

 

行動しないと厳しいですが、市場も味方している今なら、行動さえ起こせば、ニートを脱出して「理想の未来」を手に入れることはできますよ。応援しています。

 

ニート向け各種サービス(公式サイトへ飛びます)

就職Shop【リクルートが運営している定番の就職サービス】

ハタラクティブ【ニートに強い就職サービス】

GEEK JOB【就職サポート付きプログラミングスクール/無料】

 

RELATED