商社マンの海外駐在のリアルについて【元海外駐在員が経験から解説】

スポンサードリンク

海外駐在 商社

 

僕は新卒で日系大手グローバル企業に入社し、20代でアフリカへの海外駐在を経験しました。

 

世界中へ出張もしており、北米、アジア、ヨーロッパ、アフリカなど、各国に赴任する駐在員をこの目で見てきました。

 

僕自身、駐在員として貿易の仕事をしていましたが、駐在員の中でも多かったのは、僕のように貿易分野で働く「商社マン」でした。

 

駐在員の中では最も高収入の「総合商社」をはじめ、商社といえば「エリート」など、何かと華やかな部分が取り上げられることが多いです。

 

でも、実際に商社の海外駐在の実態を知らない方からすると、

 

  • 商社マンの海外駐在ってどうなの?
  • どんな仕事をするの?収入は?
  • どうやったら商社の海外駐在員になれるの?

 

実際のところ、このあたりはわからないと思います。

 

そこで本記事では、主にこれから商社の海外駐在員を目指したい学生や社会人の方に向けて、僕が駐在員として世界中で経験し、見てきた「商社の海外駐在のリアル」について解説します。

 

5分ほどで読める文量です。経験をもとに実態を紹介します。

 

スポンサーリンク

商社マンの海外駐在事情とは【総合商社、専門商社に分けて解説】

商社マンの海外駐在事情とは【総合商社、専門商社に分けて解説】

 

まず、商社と一言でいっても、商社には大きく2つの種類があります。

 

  • 総合商社
  • 専門商社

 

この2つです。それぞれ海外駐在事情は異なるため、解説しますね。

 

海外駐在員が多いのは総合商社

まず、商社の中でも海外駐在員が多いのは総合商社です。

 

「カップラーメンからロケットまで」という言葉がありますが、これは総合商社が扱う商品が多岐に渡ることを示した言葉です。

 

総合商社は本当に様々な商品を扱います。資源、食品、自動車や機械、化学品など、扱う商品に限りがないことが、総合商社の大きな特徴です。

 

そんな総合商社ですが、海外駐在できる代表的な企業を挙げると以下の通りです。

 

海外駐在できる総合商社

三菱商事

三井物産

住友商事

伊藤忠商事

丸紅

豊田通商

双日

 

総合商社マンの約20%は海外駐在員

海外勤務者が多い企業ランキングによると、上記企業の「約20%」の社員が、海外駐在員となっています。

 

つまり、上記で挙げた総合商社に所属している人は、だいたい5人に1人は「海外駐在員」なんですよね。

 

5人に1人が駐在員というのは、駐在員を輩出する業界・企業の中でもトップクラスに多いです。だからこそ、総合商社に入ることは、駐在員になる最大の近道なんですよね。

 

ちなみに総合商社の場合、早いと入社2年目で海外駐在員になることも普通にあります。

 

また、海外へ赴任したり、戻ってきたり、また赴任したりと、入れ替わりも多いです。

 

そのため、20%というのは正確には「常に20%は海外赴任者がいる」ということです。

 

なので、海外駐在の「経験者」の人数だけでいえば、20%を軽く超えるんですよね。今駐在員じゃなくても、過去に駐在員だった方は多くいるからです。

 

そういった方を合わせれば、もっとたくさんの駐在経験者が商社には存在しています。

 

僕自身多くの駐在員を世界中で見てきましたが、特に商社の場合、メーカーのように工場があるところだけに赴任するのではなく、商売のタネがある場所であれば、どこでも赴任します。

 

それこそ僕がいたアフリカでは、「こんなところに日本人がいるの??」という場所に、某有名総合商社の社員が赴任していました。

 

北米やアジア、ヨーロッパはもちろん、僕がいたアフリカや南米、中東など、世界のどこにでも総合商社の駐在員は存在します。

 

このように、総合商社は海外駐在員の数が多く、世界各国への赴任のチャンスがあります。

 

専門商社でも海外赴任を任される企業は存在

一方、専門商社の場合、総合商社と比較すると駐在員数は少ないです。

 

ですが、海外駐在員を目指せる「穴場企業」は、実は専門商社にも多く存在します。

 

実例をあげると、以下の企業は、専門商社の代表的な会社であり、かつ海外駐在員の数が多い企業です。

 

海外駐在できる専門商社

日鉄住金物産(鉄鋼商社)

伊藤忠丸紅鉄鋼(鉄鋼商社)

阪和興業(鉄鋼商社)

長瀬産業(化学系商社)

 

こういった企業です。

 

上記企業は総合商社と比較すると駐在員比率は低いものの、総合商社よりも知名度も低く、入社しやすいです。

 

そのため、海外駐在員になりたい場合は、こういった穴場の専門商社も併願すると、駐在員になれる角度は高くなることは、あまり知られていない事実です。

 

海外駐在における商社マンの仕事とは?

海外駐在における商社マンの仕事とは?

 

ここからは総合商社がメインになりますが、総合商社の海外駐在は、基本的には以下2つの役割で赴任することが多いです。

 

  1. 現地法人に赴任
  2. 海外子会社に赴任

 

この2つです。

 

現地法人に赴任する場合

まず、海外現地法人に赴任するパターン。現地法人への海外赴任は、若手、中堅、ベテラン社員、どの年代の方にも、駐在の可能性があります。

 

現地での役割でいうと、ざっくり以下のように分かれます。

 

  • 若手(平社員):プレーヤーとして赴任が多い(ex: Salesなど)
  • 中堅(主任や係長):マネジャーとして赴任が多い(ex: Sales Managerなど)
  • ベテラン(課長や部長):経営層として赴任が多い(ex: Managing Director、Directorなど)

 

上記のように、日本での役職に応じて、現地で任されるポジションが変わってきます。

 

気づいたかもしれませんが、日本で就いている役職の1段階、2段階上のポジションで赴任することが多いです。

 

若手の場合はいちプレーヤーとして赴任するケースが多いですが、人によってはマネジャーとして赴任することもあります。ちなみに僕の場合は、現地法人マネジメントポジションへの赴任でした。

 

また、規模の小さい新興国法人へ赴任する場合、日本で「課長」の方が、現地で「取締役」になるケースも少なからず存在します。

 

早い段階で海外法人の取締役として働くことは、キャリア形成の観点でもかなりオススメです。海外法人の経営経験は、市場価値が高いからです。

 

それこそ、駐在経験を活かして、より待遇の良い企業へ転職することもできます。

 

海外子会社に赴任する場合

もう一つは海外子会社に赴任するパターンです。この場合は「経営ポジション」として赴任しすることが多いです。

 

海外子会社の拡大に向けて、現地スタッフのマネジメントからオペレーションまで、責任ある仕事を担当します。

 

こちらの場合、20代など若手で抜擢されることは少なく、30〜50代が多いです。社長や取締役として、裁量権を持ちながら仕事を進めることができます。

 

このように、現地法人と海外子会社によって、上記のような特徴があります。

 

商社における海外駐在員の職種【営業や経理が多い】

商社における海外駐在員の職種

 

商社の海外駐在で一番多い職種は「営業」です。現地の日系顧客や現地顧客に対して営業責任を負い、赴任することとなります。

 

また、バックオフィスでは「経理」も駐在員としては多いです。経理の場合、比較的早いタイミングで海外駐在になる人が、僕の周囲でも多かったですね。入社3年目くらいからニューヨークやロンドン、バンコクに赴任する経理の若手がいました。

 

逆に同じバックオフィスでも、「人事」は僕の把握している限り、駐在員はほぼ存在しなかったですね。

 

このように、駐在員になりたい場合は、営業や経理の経験を日本で積んでいると、チャンスを掴みやすいです。

 

海外駐在商社マンの収入のリアル

海外駐在商社マンの収入のリアル

 

これが一番気になるところかもしれません。

 

結論、企業によって異なりますが、総合商社の駐在員の収入はあらゆる企業の中でもトップクラスに良いです。

 

ざっくりですが、先ほど挙げた総合商社でいえば、20代で年収1,000万円は普通に実現できますし、30代で1,500万円、2,000万円を稼ぐこともできます。経営層になると、年収3,000万円以上も十分実現できます。

 

駐在員のより詳しい給料事情については「海外駐在員の給料・年収事情について元駐在員が暴露する【結論、稼げる】」の記事で解説しているので、気になる方はこちらもどうぞ。

 

海外駐在員の給料・年収事情について元駐在員が暴露する【結論、稼げる】

 

海外駐在員を目指せる商社に入るためには?

海外駐在員を目指せる商社に入るためには?

 

これは学生と社会人の場合で分かれるため、それぞれで解説しますね。

 

学生の場合

基本的には商社で活かせそうな経験や能力を事前につけることと、選考対策(面接)をしっかりやることです。

 

ます商社で活かせそうな経験や能力ですが、

 

  • コミュニケーション能力
  • リーダーシップ
  • 地頭の良さ
  • 英語力
  • 海外経験

 

この辺りは鉄板で求められます。

 

例えばリーダーシップであれば、部活でもサークルでも何でも良いですが、人を動かして成果を上げた経験を、プロセス含め、自分の言葉で語れるようにしておくと良いです。

 

また英語力や海外経験については、海外留学の経験があると、総合商社への入社にあたってプラスになります。

 

僕も学生のときカナダへ留学をしましたが、就活で日系・外資グローバル企業の内定を複数勝ち取った際に、留学経験や語学力が役立ちました。

 

学生の間にアメリカやイギリス、オーストラリアなどに留学チャレンジしてみることは、商社への入社だけでなく、その後のキャリアに活かせる経験になります。

 

だからこそ、いま学生の方は、学生のうちにトライしてみることを個人的にはオススメします。

 

社会人の場合

社会人の場合、商社(特に海外駐在求人)に強い転職エージェントに登録することが必要です。

 

社会人と学生の一番の違いでいうと、

 

  • 学生の就活:人事による「ポテンシャル採用」が一般的
  • 社会人の転職:部門、職種、ポジションごとによる「経験者採用」が一般的

 

つまり、社会人の転職の方が、求められる採用要件が明確に定義されています。

 

人事によるポテンシャル採用の場合、適性を見つつ、会社が配属先を考えます。

 

一方、後者の部門や職種ごと採用の場合、「そのポジションにあなたの経験やスキルが合致しているか」が最も見られるため、求人との親和性が重要となります。

 

だからこそ、まず転職エージェントに相談し、自分のキャリアであればどこの商社の、どのポジションであれば可能性がありそうか、その事実を正しく把握する必要があります。

 

逆にその事実を正しく把握しないと、可能性がないポジションに固執し、遠回りしてしまったりと、何かと非効率です。

 

だからこそ、まずは商社に強い転職エージェントに相談することが、何を差し置いてもファーストステップとなります。

 

商社に強い転職エージェント

参考までに、僕が使ってよかった、商社や海外勤務に強い転職エージェントを挙げておきます。

 

  1. JACリクルートメント【イギリス発祥の転職エージェント。日系大手・外資系に特に強い
  2. ビズリーチ【ハイクラス転職サイト。三井○産、○紅などの求人がありました

 

結論、特に総合商社については、この2つが優良求人を多く持っていました。

 

特にJACリクルートメントは、日本に数多く存在する転職エージェントの中でも、求人の質はトップクラスによかったです。僕自身、総合商社だけでなく、世界時価総額ランキングトップ10に入る外資IT企業の内定を勝ち取ったのも、JAC Recruitment経由でした。

 

参考>>JACリクルートメントで外資系大手から内定をもらったので、評判や感想をまとめた

 

また上記2社は、総合商社だけでなく、穴場の専門商社の求人や、その他の駐在員求人も保有しています。

 

転職を本格的に考える前でも利用できるため、まずこの2つに登録し、求人チェックしてみると良いですね。そうすると、駐在員になる未来が一気に近づいてくるかと思います。

>>JACリクルートメント公式サイトへ

>>ビズリーチ公式サイトへ

 

まとめ

商社マンの海外駐在のリアルについて【元海外駐在員が経験から解説】

 

最後に、海外駐在は控えめにいってもオススメです。

 

僕自身、駐在員を経験しましたが、仕事のやりがいがあり、語学のスキルも身につき、待遇も良いため、スキルもお金もどんどん貯まる環境でした。

 

また、僕は駐在員から帰国後に別の大手グローバル企業へ転職しましたが、以前よりも更に良い待遇を実現できています。それも「海外駐在経験」があったからこそです。

 

海外駐在経験は転職に有利?元駐在員で現在転職支援をしている僕が解説

 

特に商社の場合、20代など若いうちから海外勤務のチャンスが多いです。だからこそ、可能性に満ち溢れている20代の方は、ぜひ海外駐在員を目指してみて欲しいなと思います。

 

実際に動いて探してみると、海外勤務求人は実はたくさんありますから。

 

まずは行動してみると、未来の見え方が変わると思いますよ。

 

 

「海外で働きたい」を叶える現実的なステップや職種を1から挙げていく