なぜ40代50代未経験のWebデザイナー志望者が増えているのか?【実態を解説】

なぜ40代50代未経験のWebデザイナー志望者が増えているのか?【実態を解説】

 

40代50代は、転職など新しい仕事を始める難易度が大きく上がる年齢であり、今後のキャリアの不安や、老後資金・年金不安も感じる年代でもあります。

 

そのような40代50代の会社員や主婦の方に、最近は「Webデザイナー」になりたいと考える方が増えていますが「40代以降からWebデザイナーなんて、さすがにもう遅すぎるんじゃないか」と感じている方も、かなりいるのではないでしょうか?

 

そこでこの記事では、Webデザイナーになりたいと考えている40代50代の方向けに、Web企業を経営している筆者が以下のことを解説します。

 

この記事でわかること
  • 40代50代未経験からWebデザイナーになりたい人が増えている3つの理由
  • 40代50代からWebデザインを学ぶ3つのメリット、1つのデメリット
  • 40代50代からWebデザイナーになる3つの手順

 

「40代以降からWebデザイナーなんて遅すぎるんじゃないか」と不安に感じている方は、ぜひ最後まで読んでみてください。40代50代からWebデザイナーを目指すことの実態がわかるよう、解説していきます。

 

Webデザイナーを目指せるか、いますぐ自身の可能性を知りたい方へ

40代以降の未経験からWebデザイナーを目指す場合、Webデザインスクールを活用する方が多いです。

中でも「ヒューマンアカデミーWebデザイン講座」は、通学&オンラインで学べて、実績豊富な大手通学型スクールです。40代50代の会社員の方はもちろん、40代50代で在宅ワークを目指す主婦の方などが、ヒューマンアカデミーで未経験からWebデザインをはじめています。

ヒューマンアカデミーは「無料説明会」をオンライン・電話・各校舎での対面でそれぞれ行っており、40代以上のあなたがWebデザイナーを目指す上での悩み・不安を無料で相談でき、具体的なアドバイスもプロのカウンセラーからもらうことが可能です。

完全無料で相談できるので、あなたの年齢からWebデザイナーを目指す戦略を、プロから直接聞いてみてはいかがでしょうか?一番早く、確実に、今後の可能性を知る方法です。

ヒューマンアカデミーWebデザイン講座公式サイトを見る

 

40代50代未経験のWebデザイナー志望者が増えている3つの理由

40代50代未経験からWebデザイナーになりたい人が増えている理由は、大きく3つあります。

 

40代50代のWebデザイナー志望者が増えている3つの理由
  1. 今のキャリアや老後資金に不安があり、少しでも収入を増やしたいから
  2. Webデザインを学べば、40代50代でも人生の選択肢が広がるから
  3. Webデザインは未経験でも習得しやすく、実際にWebデザイナーになった40代50代も多いから

 

1. 今のキャリアや老後資金に不安があり、少しでも収入を増やしたいから

仕事やビジネスで成功をおさめ、キャリアも資産も順風満帆となった40代50代を除き、大半の40代50代の方は、キャリアや老後資金の悩みを抱えています。

 

私は転職支援の仕事もしているのでわかりますが、40代以降でキャリアチェンジを考えている方は、想像以上に多いんですよね。

 

特に40代50代となると、いまの仕事での出世の可能性は、はっきりと明暗が出てしまっていることが多いです。

 

給料が上がる見込みもなく、一方で税金や社会保険負担は年々上がり続けている状態です。また、退職金や年金が少なくなることは明白ですから、キャリアや老後資金に不安を感じない40代50代の方が、圧倒的に少数派と言えるでしょう。

 

そのような状況ですから、「少しでも収入を増やしておきたい」と考えることも至って普通のことです。

 

その点Webデザイナーは、会社に依存せず、個人で収入を得られるスキルですので、特に注目を集めているんですよね。

 

このように、今の現状や今後に不安があり、少しでも収入源を増やしておきたいと考える方が増えているため、Webデザインに興味を持つ40代50代も増えている現状があります。

 

2. Webデザインを学べば、40代50代でも人生の選択肢が広がるから

Webデザインの場合、40代50代からでも、人生の選択肢を広げることができます。

 

前述通り、副業で収入を増やすこともできますし、会社をやめてフリーランスとして独立することも、Webデザイナーの場合は特に目指しやすいです。

 

家事や育児のある主婦の方であれば、パートに出ず、在宅で社会とつながりを感じて働けるWebデザインの仕事は、きっと魅力に移るでしょう。

 

このようなWebデザイナーの持つ「人生の選択肢が広がる特徴」は、将来への不安や、今の生活に物足りなさを感じる40代50代にとって、Webデザイナーを目指す強い動機の一つになっています。

 

3. Webデザインは未経験でも習得しやすく、実際にWebデザイナーになった40代50代も多いから

世の中いろんなスキルがありますが、中でもWebデザインは未経験でも習得しやすく、40代50代から習得している人も存在する分野です。

 

もちろん、プロレベルのWebデザイナーを目指すことは相当大変ですよ。

 

ですが、老後のお金の不安に備えて、月3〜5万円などちょっとした収入を得るくらいなら、ものすごく高いスキルが必要かというとそうではなく、むしろ短期集中で数ヶ月学べば、仕事を受けることも可能です。

 

特に最近だと、以下記事で紹介しているような「Webデザインスクール」を受講する40代50代の方も増えてきています。

 

 

上記の中には、オンラインでプロからマンツーマンで学べるスクールもあります。そういうスクールなら、若い人の目を一切気にすることもなく、老後の不安に備えて、仕事するためのスキルを習得していけるでしょう。

 

このような理由で、40代50代から、Webデザイナーを志望する方は増えています。

 

40代50代未経験からWebデザインを学ぶメリット

40代50代未経験からWebデザインを学ぶメリットを整理すると、大きく3つあります。

 

1. 収入源を増やすことができる(副業・在宅ワークなど)

一番は収入源を増やせることです。

 

Webデザインは副業しやすいです。例えば、以下記事で紹介している「バナー作成」の仕事などは、未経験でも始めやすい分野です。

 

 

もちろんバナー作成だけに限らず、Webデザインは、会社員の副業や、主婦の在宅ワークの仕事も豊富です。月3〜5万円ほどの収入を得ることは、未経験でも現実的な目標です。

 

もちろん、頑張って経験を積んでいけば、月5〜10万円など、もっと大きな収入を得ることもできます。

 

月10万円収入が増えるだけで、年間120万円の収入アップです。これを10年続ければ1,200万円、20年続ければ2,400万円です。老後資金2,000万円問題の解決も現実的ですよね。

 

2. Webデザイナーの仕事を本職にもできる(転職・フリーランスなど)

Webデザインスキルを身につければ、Webデザイナーの仕事を本職にすることも可能です。

 

例えばWebデザイナー転職したり、あるいはフリーランスとして仕事をしていくことが、道としてあります。

 

このように、Webデザインを本職にしていけることも、Webデザインを学ぶメリットと言えるでしょう。

 

3. 老後に楽しめるライフワークが増える

Webデザインは仕事以外にも、老後に楽しめるライフワークになります。

 

老後の人気の趣味の一つに「創作活動」がありますが、Webデザインはまさに創作活動です。

 

しかも、Webという将来性のある分野なので、「趣味が仕事につながる」ということも、自然と実現しやすい分野なんですよね。

 

このように、Webデザインは仕事面はもちろん、プライベート面の楽しみが増えることもメリットと言えるでしょう。

 

40代50代未経験からWebデザインを学ぶデメリット

一方で、40代50代からWebデザインを学ぶデメリットもあります。

 

Webデザインを学んでも、40代50代未経験からWebデザイナー転職は難易度が高い

Webデザイナー転職に関しては、40代50代の場合は「年齢」がネックになり、苦労されている方が多いです。

 

なぜなら、日本の正社員は法律で守られているため、一度採用すると、企業は何かあっても簡単に解雇ができないためです。簡単に解雇ができない以上、採用の段階で、年齢面含めて、慎重にジャッジせざるを得ないんですよね。

 

ですから40代50代の場合、転職を目指すことはハードルはかなり高いことが実態です。

 

「転職活動で行きたい企業に応募したけど、全て落ちてしまった」ということが起こり得るのが、40代50代転職の実態の一つなんですよね。

 

40代以降でWebデザイナー転職している人も世の中にはいる【結局は自分次第】

とはいえ、中には40代以降でWebデザインを学び、転職成功している方が世の中にいることも、紛れもない事実です。

 

なぜなら、転職の世界は「100%無理」ということはなく、1社と相思相愛になれればそれで良いからです。極論、99社に断られても、1社を見つければ成功なんですよね。

 

世の中の会社には、経営者の年齢が50〜60代と高く、自身と年齢がそこまで離れていない40〜50代を採用している会社もあります。ですからそういった会社を探せば、転職が100%不可能ということはありません。

 

このように、転職の道は簡単ではないものの、不可能ではないことが事実です。

 

ですから、どうしても転職したい方は、チャレンジしてみると良いと思いますよ。人生一度きりですし、やらない後悔よりもやる後悔の方が良いでしょう。

 

【朗報】副業や在宅ワーク、フリーランスの方が、40代50代なら可能性がある

「とはいえ、そんなに大変な思いをしてまで転職したくはない」

「まずはWebデザインでちょっとした副収入を得ることから始めたい」

 

こういう方には朗報ですが、40代50代なら、転職より「副業や在宅ワーク、フリーランス」の方が、目指せる可能性が高いです。

 

なぜなら、副業や在宅ワーク、フリーランスであれば、正社員の転職ほど、年齢のハンデが少ないからです。

 

正社員転職の場合、簡単に解雇はできないため、スキルや人間性、年齢などいろんな要素でジャッジされることが一般的です。

 

一方で、Webデザイナーの副業・在宅ワーク・フリーランスの場合、一番求められるのは「求める制作物を、品質と時間を守ってちゃんと納品してくれそうか」に尽きます。

 

期待している品質の制作物を、期限内にきっちり納品してくれる方であれば、年齢を気にしない企業・個人も多いんですよね。

 

もちろん「いきなりフリーランス独立して月収30万円」ということはさすがに難しいです。経験がないから当然ですよね。

 

ですが前述通り、会社員の副業や、主婦の在宅ワークで月数万円なら、早い段階でも実現できる可能性があります。

 

ですから、転職活動にチャレンジして難しかった場合や、最初から副業・在宅ワークなどがしたい場合は、「副業・在宅ワーク・フリーランス」の道を検討してみることをおすすめします。

 

40代50代からでも、人生の選択肢は大きく広がると思いますよ。

 

40代50代からWebデザイナーになる3つの手順

ここからは40代50代からWebデザイナーを目指す具体的手順を解説します。結論、以下の3ステップです。

 

40代50代からWebデザイナーになる3ステップ
  1. Webデザインを学習する
  2. 簡単な制作実績・ポートフォリオを作ってみる
  3. 実際の仕事に応募する

 

1. Webデザインを学習する

まずはWebデザイナーに必要なスキルを学ぶことが最初のステップです。

 

方法は大きく2つあります。

 

  1. 独学で学習する
  2. Webデザインスクールで学習する

 

40代50代からWebデザイナーを目指すならスクール一択

ライフワークの一つとしてWebデザインを学ぶなら別ですが、40代50代からWebデザインを学び、何かしら仕事につなげていきたいなら、「Webデザインスクール一択」がおすすめです。

 

なぜなら、独学でも簡単なデザインはできるようになるものの、仕事で通用するレベルに到達するのは、独学だと大変な道だからです。

 

もちろん、独学でスキルを習得している方も中にはいますが、全体から見れば少数派です。10人独学したら、1人がWebデザイナーとして収入を得られるかどうかといったところです。

 

加えて40代50代だと、年齢的な問題があります。遠回りしている時間は一切ないんですよね。

 

その点Webデザインスクールなら、プロの現役Webデザイナーから、実践で必要なスキルに絞って学んでいけます。

 

加えてWebデザインスクールの場合、副業や在宅ワークに必要なスキルを学べるだけでなく、フリーランスや転職の仕事探しをどのように進めていくべきか、一番不安な「仕事獲得」の面まで、丁寧に指導してくれることが特徴です。

 

スクールはお金がかかるデメリットはあるものの、中には10〜20万円台の低コストで受講できるスクールもあります。

 

在宅ワーク・フリーランスで月5万円得られるようになれば、受講費用も数ヶ月あれば回収できますから、良い投資になると思いますよ。

 

適当にスクールを選ぶことはNG【中には質が悪いスクールも】

40代以降からWebデザインを学ぶならスクールが良いとはいえ、どんなWebデザインスクールでも良いかというと、そうではありません。

 

なぜなら、質の良いスクールもあれば、一方で質の悪いスクールも中にはあるからです。

 

実際に僕はプログラミングをスクールで学んだことがありますが、スクールによって質はマチマチだったんですよね…。これはWebデザインスクールでも全く同様となっています。

 

だからこそ、スクールで学習する方は「質の高いWebデザインスクール」を受講することにこだわることを強く推奨します。

 

入口のスクール選びを間違えてしまうと、あなたがどれだけ頑張っても、Webデザイナーになる未来が遠のいてしまうからです。

 

40代50代向けWebデザインスクール

とはいえ、品質がよく、サポートも手厚いスクールは費用も高めになりがちなので、最終的にはコスパも考える必要があります。

 

では、どのWebデザインスクールがコスパがよく、40代50代の受講者が多いかというと、結論以下の3つです。

 

40代50代向けWebデザインスクール
  1. ヒューマンアカデミーWebデザイン講座:通学&オンラインで学ぶならここ。実績豊富な大手スクール
  2. TechAcademy Webデザインコース:オンライン大手の定番スクール。現役デザイナーの専属サポートのもとWebデザイナーを目指せる。40代50代の受講者が特に多い
  3. CodeCamp デザインマスターコース:同じくオンライン。初心者でも安心のマンツーマンレッスンが充実

 

この3つであれば、オンラインでご自宅から学習でき、現役Webデザイナー講師とマンツーマンレッスンのため、若い方の目を気にすることも一切ありません。上記の特徴から、40〜50代など幅広い年代の方が受講されています。

 

3社とも無料説明会や無料カウンセリングを開催しており、Webデザイナーを目指す上での悩みを相談することができます。特にヒューマンアカデミーの無料説明会では、あなたの年齢でWebデザイナーを目指すと、この先どんな生活を実現していけるか、最新の40代50代のWebデザイナー情報とともに無料で聞くことができます。

 

無料でちょっと話を聞いてみるだけでも、得るものは間違いなく大きいです。以下公式サイトから無料でご相談の予約ができます。

ヒューマンアカデミー公式サイトを見る

 

 

2. 簡単な制作実績・ポートフォリオを作ってみる

Webデザインの一通りのスキルをスクールで覚えたら、次は簡単な制作実績・ポートフォリオを作ってみましょう。

 

制作実績やポートフォリオとは?

  • 制作実績:あなた自身が作った制作物。例えばWebサイトやバナー、ロゴなど。
  • ポートフォリオ:Webデザイナーの世界でいう履歴書。自身のプロフィール、これまで作ってきた制作実績などをまとめたもの

 

未経験からWebデザインを仕事につなげていく場合、「あなたに何ができるか」を示す上記のような制作実績・ポートフォリオが基本的に必要です。

 

もちろん、いきなりすごいものを作れるわけがないので、まずは簡単なもので良いです。

 

なお、前述したTechAcademy WebデザインコースCodeCamp デザインマスターコースは、どちらもカリキュラム内でオリジナル制作実績を作ります。

 

スクールで作った実績がクオリティが高ければそれを使っても良いですし、実績を作った経験を活かして、卒業後により品質の高い制作実績にチャレンジされるともっと良いです。

 

今の段階だと「制作実績なんて作れない」と、不安に感じると思いますが、Webデザインスクールで体系的なスキルを現役Webデザイナーから学べば大丈夫ですよ。

 

その頃には「こうやって進めればいいんだ」と、道筋も見えるようになっているからです。

 

3. 実際の仕事に応募する

制作実績・ポートフォリオまで準備できたら、目指したい道に向けて活動していきましょう。

 

40代50代へのおすすめステップは、最初は副業・在宅ワークなどで、小さくスタートすることがリスクがなくおすすめです。

 

あまり大きなリスクを取れない方も多い年代なので、最初は副業や在宅ワークで小さく始めてみることで、リスクを負うことなく、人生を変えるきっかけを作ることができます。

 

40代50代はどうやってWebデザインの仕事を探せばいい?

仕事探しの際は、クラウドソーシングサイトを使うと、簡単に案件を探すことができます。

 

クラウドソーシングサイトとは、仕事をしたい方と、仕事を依頼したい方をマッチングするサービスです。

 

仕事をしたい方は無料で利用ができ、仕事を納品したときの収入の一部を手数料として、クラウドソーシングサイトに支払います。利用に際してお金が一切かからないので、リスクは一つもありません。

 

例えば「クラウドワークス」はクラウドソーシングサイトの最大手ですが、副業や在宅ワークでできるWebデザイン案件が豊富です。

 

難易度が低い簡単な案件が多いので、単価は低単価が多い点はデメリットですが、最初は簡単な案件から実績を積んでいくと、徐々に単価アップも目指していけます。

 

副業や在宅ワークで月3万円などはいたって現実的に目指せますから、可能性を信じて、トライしてみると良いと思いますよ。

 

まとめ

述べてきた通り、40代50代未経験からでもWebデザインを学び、Webデザイナーになることはできます。

 

もちろん、年齢の問題がありますから、簡単な道ではなく、特にWebデザイナー転職は険しい道になります。ですがそれは、Webデザイナーを目指す場合に限らず、これから違う道にチャレンジしたいなら、どの道を目指す場合も同じことです。

 

その点Webデザインスキルは「会社に依存しない手に職」ですから、一度身につければ、今後の働き方の選択肢は多くなります。40代50代でも習得しておけば、これからの人生を充実させる貴重なスキルになるでしょう。

 

前述通り、会社員の副業や、主婦の在宅ワークで月数万円を得ることは、40代50代からでも現実的に目指せます。月数万円の収入源ができるだけでも、人生の不安はかなり解消されると思いますよ。

 

何から行動すればいいかわからない場合、まずはステップの通り、Webデザインを学んでみることをおすすめします。結局のところ、自分の手で試してみないとイメージもつかないからです。

 

その場合、前述したTechAcademy WebデザインコースなどのWebデザインスクールか、あるいは「【徹底比較】Webデザインスクールおすすめ5選!オンライン・社会人向けなど目的別で紹介」で紹介しているスクールでキャリア相談をしてみると、具体的な道筋が明確に見えてくるでしょう。

 

最後に、レイクロックがマクドナルドを創業したのは52歳のときで、カーネルサンダースがKFCを創業したのは65歳のときです。

 

そう考えると、40代50代からWebデザインを学び、Webデザイナーになることは、ハードルがとても低く感じませんか?

 

40代50代は、まだまだ人生の折り返し地点です。人生の本番はここからです。

 

これからの人生を「人生史上最高の期間」とするためにも、勇気を出して、一歩踏み出してみてはいかがでしょうか?

 

40代50代向けWebデザインスクール
  1. ヒューマンアカデミーWebデザイン講座:通学&オンラインで学ぶならここ。実績豊富な大手スクール
  2. TechAcademy Webデザインコース:オンライン大手の定番スクール。現役デザイナーの専属サポートのもとWebデザイナーを目指せる。40代50代の受講者が特に多い
  3. CodeCamp デザインマスターコース:同じくオンライン。初心者でも安心のマンツーマンレッスンが充実

 

人気記事

TechAcademy、CodeCamp含むおすすめWebデザインスクールは「【徹底比較】Webデザインスクールおすすめ5選!オンライン・社会人向けなど目的別で紹介」で紹介しているので、よければ参考にしてみてください。