Swiftが学べるプログラミングスクール厳選3社【iPhoneアプリ開発に強い】

SwiftでiPhoneアプリ開発を学ぶならこのプログラミングスクールを選ぼう【厳選4社】

 

  • SwiftでiPhoneアプリ開発を学びたいけど、評判の良い良質なプログラミングスクールはどこだろう?

 

本記事では上記の疑問に答えていきます。

 

早速結論から言うと、以下のプログラミングスクールが、Swift(iPhoneアプリ開発)を学ぶなら最適です。

 

  1. TechAcademy iPhoneアプリコース【オンライン型最大手のスクール※迷ったらココがおすすめ】
  2. CodeCamp iPhoneアプリ開発コース【同じくオンライン型の大手スクール※TechAcademyと比較検討がおすすめ】
  3. 侍エンジニア塾 【オーダーメイド型のため、希望すればSwiftを中心に学べるオンラインスクール】

 

上記の通りです。

 

すぐに登録したい方へ

中でもすぐにイチオシスクールを利用したい方は「TechAcademy iPhoneアプリコース」がおすすめです。

 

TechAcademyはオンライン型最大手のスクールで、受講者の評判も高いです。オンラインで場所を問わず受講可能。20〜60代の幅広い男女が利用しており、最短4週間10万円台で受講もできます。

 

公式サイトからは「プログラミング無料体験」もできるので、今すぐ学習を始めたい方は百聞は一見にしかず、無料でトライしてみましょう。

>>TechAcademy公式サイトはこちら【7日間の無料体験あり】

 

ということが結論ですが、本記事では各スクールの特徴を、メリットだけでなくデメリットもしっかりとお伝えしながら解説します。

 

これを書いている僕は、前述した「TechAcademy」等複数スクール(他はテックキャンプなども受講)を受講してスキルを習得。現在は大手企業で会社員として働きつつ、当時身につけたスキルを使い、副業で個人で稼いでいます。

 

実際にプログラミングスクールを複数受講したことや、現在は各スクールの取材も積極的に実施していることから、どのスクールが本当に優良であるか、実態を把握しています。

 

そのような実体験をもとに、本当に選ぶべきSwiftプログラミングスクールを解説します。

 

本記事を読めば、あなたに合ったプログラミングスクールがどこか答えが見つかりますよ。

 

スクール選びで使う時間は生産的ではなく、早いうちに学習に移った方が得られるものは大きいです。

 

だからこそ、本記事を読んで、スクール選びで迷うことはもう終わりにしましょう。

 

Swiftを学ぶと実現できること

Swiftを学ぶと実現できること

 

まずはSwiftを学ぶと実現できることを簡単にご紹介します。

 

結論、大きくは以下の3つです。

 

  1. iPhoneアプリ開発など、様々なアプリ開発ができる
  2. 高年収を実現できる
  3. リモートワークなど自由な働き方ができる

 

それぞれ解説します。

 

1. iPhoneアプリ開発など、様々なアプリ開発ができる

これはSwiftの最大の特徴なので説明不要かもしれません。

 

SwiftはApple社が開発したプログラミング言語です。対象OSはIOSとMacOSのため、iPhoneやiPadのアプリを始め、Macのパソコン向けアプリもSwiftで開発することができます。

 

いまの時代、多くのWebサービスはアプリで開発されています。僕たちも日々色んなアプリを使っていますよね。

 

「自身で作ったアプリが世の中で使われる。」そんな未来だって、Swiftを学べば実現できます。

 

最近だと副業でアプリ開発をしてヒットさせて、数百万円単位の収入を得ている人もいます。

 

Swiftができれば、こういった未来を実現することもできます。

 

2. 高年収を実現できる

Swiftエンジニアは高年収です。

 

これについては実際にデータを見た方が良いのでお見せしますね。

 

以下は求人サイト「スタンバイ」が行った、プログラミング言語別の平均年収ランキングです。

Swiftエンジニア 年収

引用:プログラミング言語別年収中央値

 

これを見ると、Swiftの年収は第8位に位置しています。年収中央値は550万円で、最大だと1,200万円となっています。

 

まず順位についてですが、プログラミング言語はマイナーなものも含めると「数百種類以上」あります。その中でSwiftは8位なので、かなり上位となります。

 

次に年収金額面ですが、現代はサラリーマンの平均年収が400万円を切るような時代です。その点でSwiftは中央値で550万円なので、世の中のサラリーマンの大多数よりも高年収を実現できます。

 

ちなみに上記は「正社員の年収」です。ですから「フリーランス」だと、年収は当然ながら上振れします。

 

正社員としても高年収を実現できるだけでなく、実務経験を2年くらい積めば、フリーランスエンジニアとして年収800万円〜年収1,000万円以上も実現できますよ。

 

このように、Swiftは需要が高いため、高年収を実現できるんですよね。

 

3. リモートワークなど自由な働き方ができる

Swiftは高年収を実現できるだけでなく、リモートワークなども比較的しやすい言語です。

 

これについても、実際の求人を見た方がイメージがつきやすいので、紹介しますね。

 

例えば求人サイトの「CODEAL」では、現在Swiftの公開案件が155件あります。

 

Swift iPhoneアプリ開発 リモートワーク

 

そのうち完全リモート案件(オフィス出社が週0回)のものは、なんと47件も存在しています。

 

Swift iPhoneアプリ開発 リモートワーク

 

  • Swift全体の件数:155件
  • 内、完全リモート案件:47件(全体の約30%)

 

上記のように、完全リモート案件(オフィス出社週0回)で全体の約30%も占めています。

 

これに週1オフィス出社、週2オフィス出社などを含めると、全体の約50%以上がリモート案件となっています。

 

CODEAL自体がリモート推奨のサイトのため、世の中のSwift案件が上記とイコールではありません。

 

ですが、Swiftという言語自体が、リモートワークしやすいことは、上記件数比からみても、なんとなくイメージが湧くと思います。

 

以上が簡単ですが、Swiftを学ぶと実現できる未来です。

 

ここまでのまとめ(Swiftを学ぶと実現できること)

1. iPhoneアプリ開発など、様々なアプリ開発ができる

2. 高年収を実現できる

3. リモートワークなど自由な働き方ができる

 

Swift(iPhoneアプリ開発)が学べるプログラミングスクール【オンライン型・転職支援付きなど】

Swift(iPhoneアプリ開発)が学べるプログラミングスクール【オンライン型・転職支援付きなど】

 

  1. TechAcademy iPhoneアプリコース【オンライン型最大手のスクール※迷ったらココがおすすめ】
  2. CodeCamp iPhoneアプリ開発コース【同じくオンライン型の大手スクール※TechAcademyと比較検討がおすすめ】
  3. 侍エンジニア塾 【オーダーメイド型のため、希望すればSwiftを中心に学べるオンラインスクール】

 

結論、上記の3つがおすすめです。

 

それぞれのスクールについて、メリットだけでなく、デメリットもしっかり書いていきます。

 

1. TechAcademy

Swiftが学べるプログラミングスクール厳選4社【iPhoneアプリ開発に強い】
受講期間4週間、8週間、12週間、16週間
受講費用185,900円/4週間
受講スタイルオンライン型
コースTechAcademy iPhoneアプリコース
キャリアサポート無料の転職支援あり
無料の案件紹介・案件保証あり

 

TechAcademy iPhoneアプリコースは数あるオンライン型プログラミングスクールの中でも最大手のスクールです。

 

特筆点は、手を動かす実践型カリキュラムのもと、早期にiPhoneアプリ開発まで学べることです。

 

TechAcademyには20種類以上のコースがありますが、共通している点は、どのコースであっても「サービス開発」を経験できることです。

 

例えばiPhoneアプリコースでは「Instagramクローンアプリ」や「タスク管理アプリ」を、カリキュラムを通じて実際に作成します。

 

僕も別コースでTwitterクローンを作ったりしましたが、現役エンジニアサポートのもと、サービス開発を早期に経験できたことがスキル習得につながりました。

 

 

またカリキュラムの最後では「オリジナルサービス開発」も経験することができます。ここでは現役エンジニアサポートのもと、あなただけの制作実績を作ることができます。

 

制作実績はスクールを卒業した後も、就職や転職、副業をする際に役立ちます。そういう経験もまとめて得られることが、TechAcademy iPhoneアプリコースのメリットですね。

 

またレッスン受講後には、希望すればTechAcademyキャリアという就職支援サービスを「無料」で利用することもできます。

 

個人で稼げるスキルがつくだけでなく、エンジニア就職・転職したい場合も、TechAcademy iPhoneアプリコースであれば全て臨機応変に対応可能です。

 

唯一デメリットとしては、完全オンライン型なので、教室受講が一切できないことです。ですが、オンライン型としては最高峰の学習環境が整っており、僕自身も、教室型と一切遜色ない学びを得ることができました。

 

なので、「私はどうしても教室で学びたい」という方以外には、デメリットにはならないと思います。個人的にはイチオシのスクールです。

 

なおTechAcademyはプログラミング無料体験もやっています。無料体験ではPCとネット環境さえあれば、7日間は実際のカリキュラムを触りつつ、プログラミングを学ぶことができます。

 

また公式サイトには「無料説明会動画」もあるので、百聞は一見にしかず、無料ですし、どちらもトライしてみましょう。

 

今すぐ登録したい方はこちら👇【お得なキャンペーン実施中!!】

 

▼体験談はこちら

 

2. CodeCamp

Swift(iPhoneアプリ開発)が学べるプログラミングスクール【オンライン型・転職支援付きなど】
受講期間2ヶ月、4ヶ月、6ヶ月
受講費用195,800円/2ヶ月
受講スタイルオンライン型
コースCodeCamp iPhoneアプリ開発コース
転職サポートなし

 

CodeCamp iPhoneアプリ開発コースはTechAcademyと同じく、オンライン型の大手プログラミングスクールです。

 

完全オンライン型、かつ実践カリキュラムであることなど、特徴はTechAcademyと似ています。

 

TechAcademyと異なる点を中心に話をすると、TechAcademyは専属の講師が一人つき、毎回同じ人とレッスン(ビデオチャット)をするのに対し、CodeCampは毎レッスンごとに講師を選んで受講することです。

 

  • TechAcademy:毎回同じ講師と固定でレッスン
  • CodeCamp:毎回別の講師を選んでレッスン

 

この違いが大きいですね。

 

TechAcademyののように毎回同じ講師であれば、進捗サポートを丁寧に進めてもらえるメリットや、二人三脚で頑張る一体感を得られます。

 

一方CodeCampであれば、「今日はこの分野について聞きたいから、詳しいこの講師にしよう」など、あなたの希望次第で自由に講師を選択できることがメリットです。

 

僕は学習進捗から徹底サポートを受けたかったのでTechAcademyを最終的に選びましたが、どっちが良い・悪いはないので、あなたの思考に応じて選べば良いと思いますね。

 

なおCodeCampは「無料カウンセリング」を毎日オンラインで開催しています。無料カウンセリングでは、コース詳細やエンジニアのキャリアなど気になることを無料相談できる上に、無料でオンラインレッスンを事前に体験できます。前述したTechAcademyの無料体験と併用してやってみると、違いがわかって良いですよ。

 

どちらもPCとネット環境さえあれば、無料でいつでも相談できます。

>>CodeCamp無料カウンセリング詳細はこちら

 

今すぐ登録したい方はこちら👇【無料カウンセリングあり!!】

 

 

3. 侍エンジニア塾

Swift(iPhoneアプリ開発)が学べるプログラミングスクール【オンライン型・転職支援付きなど】
受講期間4週間、12週間、24週間、48週間
受講費用418,000円/3ヶ月
受講スタイルオンライン型
コースオーダーメイドカリキュラム
転職サポート無料の就職サポートあり

 

侍エンジニア塾もSwiftが学べるオンラインスクールです。

 

特筆点は完全オーダーメイドのカリキュラムであることです。侍エンジニア塾自体、前述したTechAcademyやCodeCampとは異なり、Swift特化のコースは持っていません。

 

ですがオーダーメイドで自由にカリキュラムを組み立てられるので、Swift(iPhoneアプリ開発)を特化で学ぶことができます。

 

また侍エンジニア塾では、カリキュラムの途中で実際の仕事を受け「稼ぐ経験」を積むことも、希望すればできます。これは他のスクールにはないメリットですね。

 

一方デメリットとしては、費用が少し高めなことと(3ヶ月で41万円弱)、前述通りSwift特化ではないことです。

 

とはいえ、オーダーメイド型は他のスクールにないメリットであることや、カリキュラムを通じて稼ぐ経験を積めることも、大きなメリットであることは間違いないです。

 

気になるなら無料体験レッスンに参加してみて、前述したスクールと一緒に比較してみると良いですね。侍エンジニア塾もオンラインで無料体験レッスンができます。

 

今すぐ登録したい方はこちら👇【無料体験レッスンあり!!】

 

 

迷ったときのSwiftスクール(iOSスクール)の選び方

迷ったときのSwiftスクール(iOSスクール)の選び方

 

迷ったらTechAcademy iPhoneアプリコースを選んでおけば間違いないです。

 

TechAcademyはオンライン型としても最大手のスクールであり、かつ実践カリキュラムで最短でスキルが身につきます。僕も受講しましたが、実体験からも、確信を持ってお勧めできるプログラミングスクールがTechAcademy iPhoneアプリコースです。

 

一方、プログラミングスクールが人によって合う・合わないもあるため、できれば無料体験を2社ほどは利用しつつ、ご自身の目で比較しておくと、失敗確率を極限まで下げられます。

 

その場合は、TechAcademyに加えてCodeCamp iPhoneアプリ開発コースを検討すると良いですね。こちらもオンラインで評判が良く、間違いないスクールだからです。

 

どちらも無料体験レッスンをやっているので、トライしてみましょう。無料ですし、有効活用しておくことがベターです。予約はスマホで5分もあれば2つも完了できます。

>>TechAcademy無料体験を予約しておく

>>CodeCamp無料体験を予約しておく

 

まとめ

SwiftでiPhoneアプリ開発を学ぶならこのプログラミングスクールを選ぼう【厳選4社】

 

述べてきた通り、Swiftを学べば、iPhoneアプリ開発を自由にできたり、高年収やリモートワークといった働き方も実現できます。

 

それもこれも、Swiftが難関なスキルだからではなく、Swiftエンジニアが足りていない今のタイミングだからこそです。Swiftができるエンジニアを企業が欲しているにも関わらず、肝心のエンジニアが足りていないからです。

 

だからこそ、今このタイミングでSwiftを学んでおけば、半年後、1年後が楽になりますよ。仕事にも困らなくなりますし、収入も働き方も、今より豊かに、自由になることができるからです。

 

無情ですが、人生は行動しなければ、願っても一向に変わりません。

 

それでも「プログラミング」の場合は、行動がそのまま人生変革に直結します。

 

人生で一番若い日は「今日」です。今日から行動すれば、3ヶ月後にはSwiftを習得し、人生の見え方が大きく変わると思いますよ。

 

あなたが良い未来を実現できるよう、応援しています。

 

今回紹介したSwiftが学べるプログラミングスクール

以下から公式サイトへ飛べます👇

1. TechAcademy iPhoneアプリコース【オンライン型最大手のスクール※迷ったらココがおすすめ】

2. CodeCamp iPhoneアプリ開発コース【同じくオンライン型の大手スクール※TechAcademyと比較検討がおすすめ】

3. 侍エンジニア塾 【オーダーメイド型のため、希望すればSwiftを中心に学べるオンラインスクール】

 

ABOUT US
travewriter
新卒で大手グローバル企業→20代で海外赴任→現在は本業で転職支援、副業で会社経営。『Travewriter』は、IT・Web・グローバルを中心としたスキル習得やキャリア・転職情報について、実際に経験した体験談をベースに発信している学習・キャリアの情報メディアです。