【2022年最新】Webデザイナー向けのフリーランスエージェントおすすめ5選

Webデザイナー向けのおすすめフリーランスエージェント5選
早く結論を知りたい方向けまとめ

当記事から登録の多いWebデザイナー向けおすすめフリーランスエージェント(全て無料で登録・利用可能

  1. クラウドテック
    (公式サイト:https://crowdtech.jp
    業界大手のクラウドワークスが運営。リモート案件・週3勤務案件など、柔軟に働けるWebデザイナー求人が豊富。
  2. フォスターフリーランス
    (公式サイト:https://freelance.fosternet.jp
    Webデザイナーの高単価案件に強いエージェント。実務経験がある方におすすめ
  3. ITプロパートナーズ
    (公式サイト:https://itpropartners.com
    経験3年以上のWebデザイナー経験者におすすめ!週2日からできる副業案件が豊富。高単価案件もかなり多い。

 

「Webデザイナー向けのフリーランスエージェントはどこがおすすめなんだろう?」

「フリーランスエージェントの数が多すぎて、Webデザイナーはどこを使えば良いのかわからない」

 

このように悩んでいる方向けに、この記事ではWebデザイナー向けのおすすめフリーランスエージェントを厳選して5つ紹介します。

 

結論から先にお伝えすると、Webデザイナー向けのフリーランスエージェントは次の5つがおすすめです。

 

Webデザイナー向けのおすすめフリーランスエージェント5選
  1. クラウドテック:業界大手のクラウドワークスが運営。リモート案件・週3勤務案件など、柔軟な働きか型できるWebデザイナー求人が豊富。
  2. フォスターフリーランス:Webデザイナーの高単価案件に強いエージェント。実務経験が数年以上ある方におすすめ
  3. ITプロパートナーズ:経験3年以上のWebデザイナー経験者におすすめ!週2日からできる副業案件が豊富。高単価案件も多い。
  4. Workship:リモート案件・週1日から働けるWebデザイナー案件が豊富。
  5. レバテッククリエイター:高単価のWebデザイナー求人あり。Webデザイナーとして実務経験が3年以上ある方は利用したい。

 

迷ったらこの5つから選ぶことがおすすめです。

 

私はこれまでWebデザイナーの転職支援に長いこと携わってきており、企業がWebデザイナーに求めるスキルセットを理解してきました。フリーランスWebデザイナーとして活躍していくためのエージェント選びのポイントも、業界内で仕事をしてきた関係で理解しています。

 

そのような経験をもとに、Webデザイナー向けフリーランスエージェントの特徴や、Webデザイナーがフリーランスエージェントを選ぶポイントなどを解説します。

 

Webデザイナーがフリーランスエージェントを選ぶポイント

Webデザイナーがフリーランスエージェントを選ぶポイント

 

Webデザイナーがフリーランスエージェントを選ぶポイントは大きく4つあります。

 

Webデザイナーがフリーランスエージェントを選ぶポイント
  1. 案件数は十分あるか
  2. 希望するエリアの対応しているか
  3. 希望する働き方が実現できるか
  4. 単価はどれくらいか

 

1. 案件数は十分あるか

Webデザインの案件数がどのくらいあるかは、Webデザイナーがフリーランスエージェントを利用する際に重要な基準の一つです。

 

Webデザイナーの案件が一定数はないと、いくらWebデザイナーのフリーランス案件を希望しても、案件紹介を受けられないからです。

 

ですのでこの記事では、Webデザイナー案件の取り扱いが多いフリーランスエージェントを厳選してピックアップしています。迷ったらこの中から選んでいくと、効率的にWebデザイナ案件に強いエージェントを利用可能です。

 

なお、Webデザイナーのフリーランスエージェントによっては、各エージェントのWebサイト上から案件を自身で検索し、どのくらいの案件数があるかを事前に調べられるエージェントもあります。フリーランスエージェントを利用する前は、そういった検索機能も活用しながら、最新の求人数を把握しておくとより確実です。

 

2. 希望するエリアに対応しているか

Webデザイナー向けのフリーランスエージェントと一言で言っても、対象としているエリアが「全国」のエージェントもあれば、「東京」を中心とした首都圏のみのエージェントもあります。

 

あなたが住んでいるエリア・希望するエリアに対応しているエージェントかどうかは事前にチェックしておくことが必要です。

 

最近は「リモートOK」のWebデザイナー求人に強いフリーランスエージェントもあります。例えばクラウドテックは、大半の案件がリモートOKの仕事となっています。クラウドテックのようなエージェントであれば、対応エリアは全国どこでも大丈夫です。

 

3. 希望する働き方が実現できるか

希望する働き方を実現できそうかも、Webデザイナーのフリーランスエージェントを利用する際にはチェックしておくことが必要です。

 

Webデザインのフリーランス案件と一言で言っても、いろんな働き方の案件があります。

 

「働く場所」「稼働の日数」「稼働の曜日」「働き方」で分けると、次のような働き方があります。

 

働く場所オフィス常駐型完全リモート型
稼働の日数週5日案件週1日〜週4日案件
稼働の曜日平日のみ・土日NG土日のみもOK
働き方フリーランスのみ(副業NG)フリーランス・副業ともにOK

 

このように、オフィス常駐型もあれば完全リモート型もあり、週5日フルタイムもあれば週1日〜週4日もあり、平日のみ土日NGもあれば土日のみOKな案件もあります。

 

各エージェントによって「リモート案件が豊富」「オフィス常駐型」に強いなど特徴の違いがあります。例えばITプロパートナーズは「週2日案件」「副業案件」などに強いエージェントです。Webデザイナーとして週2日の副業からスタートしたい方は、ITプロパートナーズを選ぶことがおすすめです。

 

このように、あなたの希望する働き方に強いエージェントを優先的に選ぶことで、よりあなたに合う案件に出会いやすくなりますよ。

 

4. 単価はどれくらいか

Webデザイナー向けフリーランスエージェントによって、収入に直結する「単価」も違います。

 

なぜなら、利用するエージェントによって、案件の種類や商流、エージェントの取り分であるマージン(手数料)が異なるからです。

 

もしあなたができるだけ「高単価案件」に参画したい方は、高単価のWebデザイナー案件に強いエージェントを優先的に選ぶことがおすすめです。

 

例えばフォスターフリーランスは、Webデザイナー向けフリーランスエージェントの中でも「高単価案件」が豊富です。

 

Webデザイナー向けフリーランスエージェントの中には、間に仲介会社を挟んでおり、その分単価が低くなっているサービスもあります。

 

フォスターフリーランスは、間に仲介会社を挟まず、企業と直接契約を結んでいるWebデザイナー案件が多いです。直接契約の割合が多いため、Webデザイナー業界でもトップクラスの高単価を実現できているのです。

 

なお、あなたがもらえそうな単価水準は、各フリーランスエージェントに無料登録すると、プロのアドバイザーが無料で診断までしてくれます。可能性を知るためにも、まずは今回紹介するエージェントに無料登録することがおすすめです。

 

Webデザイナー向けのおすすめフリーランスエージェント5選

Webデザイナー向けのおすすめフリーランスエージェント5選

 

ここからは、Webデザイナー向けのおすすめフリーランスエージェントを紹介します。

 

Webデザイナー向けのおすすめフリーランスエージェント5選
  1. クラウドテック:業界大手のクラウドワークスが運営。リモート案件・週3勤務案件など、柔軟な働きか型できるWebデザイナー求人が豊富。
  2. フォスターフリーランス:Webデザイナーの高単価案件に強いエージェント。実務経験が数年以上ある方におすすめ
  3. ITプロパートナーズ:経験3年以上のWebデザイナー経験者におすすめ!週2日からできる副業案件が豊富。高単価案件も多い。
  4. Workship:リモート案件・週1日から働けるWebデザイナー案件が豊富。
  5. レバテッククリエイター:高単価のWebデザイナー求人あり。Webデザイナーとして実務経験が3年以上ある方は利用したい。

 

1. クラウドテック

Webデザイナー向けのおすすめフリーランスエージェント5選
おすすめ度⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️
対応エリア全国(リモート案件も豊富)
公式サイトhttps://crowdtech.jp

 

クラウドテックは、クラウドソーシング業界最大級のクラウドワークスが運営する、Webデザイナー向けのフリーランスエージェントです。

 

クラウドテックの特徴は、リモートOK・週3勤務など、自由で柔軟な働き方ができるWebデザイナー案件が豊富にあることです。

 

クラウドテックのWebデザイナー案件の大半は「リモートOK」の仕事であり、在宅でも働けるWebデザインの仕事がたくさん存在しています。フリーランスだけでなく「副業」での参画ももちろん可能です。

 

運営元がクラウドソーシング最大級のクラウドワークスということもあり、クラウドテックに登録している法人企業の数も業界トップクラスです。

 

しかも、クラウドテックは経験が浅い方でも無料で登録・利用ができます。他のエージェントよりも敷居が低い分、まずは登録にチャレンジしてみてほしいです。

 

Webデザインのフリーランス・副業案件を探している方や、リモートで働けるWebデザイン案件を探している方は、クラウドテックは間違いない選択です。

クラウドテック公式サイトはこちら

 

\リモートのWebデザイナー案件が豊富/

 

2. フォスターフリーランス

Webデザイナー向けのおすすめフリーランスエージェント5選
おすすめ度⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️
対応エリア東京・神奈川・千葉・埼玉の4つ(リモート案件もあり)
公式サイトhttps://freelance.fosternet.jp

 

フォスターフリーランスは、高単価案件に強い、Webデザイナー向けのフリーランスエージェントです。

 

フォスターフリーランスは間に仲介会社を挟まず、企業と直接契約している案件が豊富なため、業界トップクラスの高単価を実現しています。

 

フォスターフリーランスの求人を実際に見ると、月額50〜60万円の高単価Webデザイン案件をはじめ、中には月額80万円を超えるWebデザイナー案件も募集されていました。

 

実務経験が数年以上ないと紹介を受けられない可能性はありますが、紹介を受けることができれば、Webデザイナーとして高収入も目指していけるでしょう。

 

高単価のWebデザイナー案件をお探しの方は、フォスターフリーランスに真っ先に登録して、案件紹介を受けてみることがおすすめです。

フォスターフリーランス公式サイトへ

 

\高単価のWebデザイナー案件に強い/

 

3. ITプロパートナーズ

Webデザイナー向けのおすすめフリーランスエージェント5選
おすすめ度⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️
対応エリア現住所が東京・神奈川・埼玉・千葉のみ
公式サイトhttps://itpropartners.com

 

ITプロパートナーズも、Webデザイナー向けの代表的なフリーランスエージェントです。

 

週2日から働けるWebデザイナー案件が豊富にあり、フリーランスWebデザイナーとしての利用だけでなく、「副業」でリスクを抑えて活動を始めたい方にも特に選ばれています。

 

Webデザイナーとして実務経験が数年以上ある方であれば、働きやすい・条件の良いWebデザイナー案件を紹介してもらえる可能性が高いです。

 

Webデザイナーとして週2日から案件にチャレンジしたい方や、副業でWebデザイン案件にトライしたい方は、ITプロパートナーズにまずは無料登録し、案件紹介を受けてみることがおすすめです。

ITプロパートナーズ公式サイトはこちら

 

\週2日からのWebデザイナー案件に強い/

 

4. Workship

Webデザイナー向けのおすすめフリーランスエージェント5選
おすすめ度⭐️⭐️⭐️⭐️
対応エリア全国
公式サイトhttps://goworkship.com

 

Workshipも、Webデザイナー向けのおすすめフリーランス・副業エージェントです・

 

Workshipの特徴は、リモート案件・週1〜3日OKなど、柔軟なWebデザイナー案件が豊富にあることです。

 

私も過去にWorkshipを利用して案件に参画した経験がありますが、初回面談だけは発注企業の担当者と顔を合わせて実施し、それ以降は完全リモートで働くことができました。

 

Workshipも実務経験が3年以上ないと案件紹介を受けられない可能性が高いですが、Webデザイナーとして自由で柔軟な働き方を実現したい実務経験者の方は、Workshipを利用してみることがおすすめです。

Workship公式サイトへ

 

\Webデザイナーのリモート・週1〜3日案件が豊富/

 

5. レバテッククリエイター

Webデザイナー向けのおすすめフリーランスエージェント5選
おすすめ度⭐️⭐️⭐️⭐️
対応エリア首都圏、関西、愛知県、福岡県
公式サイトhttps://creator.levtech.jp

 

レバテッククリエイターも、Webデザイナー向けのおすすめフリーランスエージェントです。

 

レバテッククリエイターはクリエイティブ領域で代表的なフリーランスエージェントであり、高単価なWebデザイナー案件を豊富に抱えていることが特徴です。

 

フリーランスWebデザイナー向けの各種サポートも手厚く、単価交渉や商談対策、税務サポートなどの充実したサポートも付いています。初めてWebデザイナーのフリーランスにチャレンジする方も安心のエージェントです。

 

レバテッククリエイターも実務経験が数年ないと案件紹介を受けられない可能性が高いですが、実務経験者であれば、業界知識を持ったプロのアドバイザーが、あなたにあったWebデザイナー案件を紹介してくれるでしょう。

レバテッククリエイター公式サイトはこちら

 

\高単価のWebデザイナー案件やサポートが充実/

 

Webデザイナーがフリーランスエージェントを利用するメリット

Webデザイナーがフリーランスエージェントを利用するメリット

 

Webデザイナーがフリーランスエージェントを利用するメリットは大きく3つあります。

 

Webデザイナーがフリーランスエージェントを利用するメリット
  1. 企業への営業活動を代行してくれる
  2. 事務手続きも代行してくれる
  3. 案件に参画した後もサポートを受けられる

 

1. 企業への営業活動を代行してくれる

企業に対しての営業やコミュニケーションを代行してもらえることは、Webデザイナーがフリーランスエージェントを利用する大きな利点の一つです。

 

フリーランスエージェントは日夜、企業に対して「Webデザイナー向けの案件はありませんか?」と営業をかけています。本来フリーランスになると自身で行わないといけない「営業活動」をすべてフリーランスエージェントにアウトソースできるのは、Webデザイナーにとって心強いものだと思います。

 

2. 事務手続きも代行してくれる

営業活動だけでなく、事務手続きまで代行もらえる点も、Webデザイナーがフリーランスエージェントを利用するメリットです。

 

一例を挙げると、例えば企業との「契約資料」や「請求書関連」の作成は、エージェント側が全て間に入って代行してくれることが一般的です。

 

エージェントを利用しない場合、企業との契約書類は全て自分自身で準備して、手続きを進める必要が出てきます。契約書を作ったり、企業とやりとりするのは、時間も工数も相応にかかる上に、正直言うと面倒くさいですよね。

 

Webデザイナーがフリーランスエージェントを活用すれば、このような細かい事務手続きに関しても、エージェントにまるっと仕事を任せることができます。空いた時間は本業に使ったり、プライベートに使うこともできますので、メリットは大きいと言えます。

 

3. 案件参画後もサポートを受けられる

フリーランスWebデザイナーとして案件に参画した後に、業務サポートを受けられることも、フリーランスエージェントを利用するメリットです。

 

Webデザイナーがフリーランスエージェントを利用すると、

「現在参画している案件に問題は出ていないか?」

「仕事を進める上で困ったことはないか?」

 

などを、現在の悩みや不満に関して、各エージェントのコンサルタントが定期的にチェックし、手厚くフォローしてくれることが一般的です。

 

フリーランスとしての経験がないと、不安なことも多いと思います。そのような時にサポートを受けられるフリーランスエージェントは心強いものです。

 

Webデザイナーがフリーランスエージェントを利用するデメリット

Webデザイナーがフリーランスエージェントを利用するデメリット

 

メリットとは反対に、Webデザイナーがフリーランスエージェントを利用する際にはデメリットも一つだけあります。

 

1. 企業と直接契約するよりも単価が下がる

フリーランスエージェントを介する分、企業と直接契約する場合と比べて「単価が下がること」はデメリットと言えるでしょう。

 

エージェントの担当者が企業に営業をかけたり、企業とコミュニケーションを取ることには、相応のコストがかかります。そのコストが「エージェントの手数料(マージン)」として引かれて、引かれた金額があなたの収入になります。

 

とはいえ、単価が下がったとしても、Webデザイナーのフリーランスであれば月単価50〜60万円以上も十分現実的です。自分自身でやるには面倒な営業活動や事務作業を代行してもらえることを考えれば、多少エージェントの手数料がかかって単価が下がったところで、得られるメリットの方が大きいと思います。

 

少なくとも私自身はそう考えてフリーランスエージェントを活用していましたが、得られたメリットの方が圧倒的に大きかったです。

 

何より、フリーランスエージェントは登録や相談、案件紹介の際に初期費用は1円もかからないところがほとんどです。デメリットよりもメリットの方が多く、金銭的リスクもないため、迷ったら積極活用することがおすすめです。

 

Webデザイナーがフリーランスエージェントを有効活用する方法

Webデザイナーがフリーランスエージェントを有効活用する方法

 

Webデザイナーがフリーランスエージェントを有効活用する方法は次の通りです。

 

Webデザイナーがフリーランスエージェントを有効活用する方法
  1. 複数のフリーランスエージェントを併用する
  2. 新規案件を定期的にチェックし、常にアンテナを張っておく

 

1. 複数のフリーランスエージェントを併用する

複数のフリーランスエージェントを併用することは、Webデザイナーがエージェントを効果的に活用するおすすめの方法です。なぜなら、複数のエージェントを活用することで、選べる案件の選択肢はダイレクトに増えるからです。

 

Webデザイナー向けフリーランスエージェントは、各エージェントによって案件の種類が異なります。希望する案件があるエージェントでは見つからなかったとしても、他のエージェントであれば見つかる可能性があります。

 

あなたの希望に合うWebデザイナー案件を探すためには、最低でも3つ程度の大手エージェントに無料登録し、案件を探すことが確実です。

 

3つほど実績あるエージェントを併用すれば、あなたの希望するWebデザイナー案件も見つかりやすくなりますよ。

 

2. 新規案件を定期的にチェックし、常にアンテナを張っておく

希望する案件に実際に参画できた後も、エージェントから定期的に送られてくる新規案件には、常に目を通すことがおすすめです。

 

なぜなら、フリーランスエージェントは日々企業に対して営業をかけており、今よりも良い条件のWebデザイン案件が出てくる可能性が高いからです。

 

Webデザイナーとしてフリーランスエージェントの案件に参画してスキルと実績を積んでいけば、次回はより高単価なWebデザイナー案件にもトライできるようになります。

 

頑張り次第で、年収も、働き方も、スキルも、実績も、すべて伸ばしていける場所がフリーランスエージェントです。チャンスを逃さないためにも、常にアンテナを張っておくことをおすすめします。

 

まとめ

Webデザイナーがフリーランスエージェントを有効活用する方法

 

最後に、今回紹介したWebデザイナー向けのフリーランスエージェントを活用すれば、フリーランスWebデザイナーとして独立し、希望する待遇や働き方を実現していけるでしょう。

 

「まだフリーランスとしてやっていく自信はない…」という方も、各エージェントに無料登録すると、独立した後に実現できそうな年収・案件・働き方を無料で診断してもらえます。

 

フリーランスとして独立することは少なからずリスクはありますが、残された可能性を知ることは一つもリスクはありません。

 

今回気になるエージェントが見つかったのであれば、まずは無料登録に進んでみて、無料診断や情報収集からスタートしてみることがおすすめです。その一歩を踏み出すだけでも、今後の働き方の選択肢は広がりますよ。

 

Webデザイナー向けのおすすめフリーランスエージェント5選
  1. クラウドテック:業界大手のクラウドワークスが運営。リモート案件・週3勤務案件など、柔軟な働きか型できるWebデザイナー求人が豊富。
  2. フォスターフリーランス:Webデザイナーの高単価案件に強いエージェント。実務経験が数年以上ある方におすすめ
  3. ITプロパートナーズ:経験3年以上のWebデザイナー経験者におすすめ!週2日からできる副業案件が豊富。高単価案件も多い。
  4. Workship:リモート案件・週1日から働けるWebデザイナー案件が豊富。
  5. レバテッククリエイター:高単価のWebデザイナー求人あり。Webデザイナーとして実務経験が3年以上ある方は利用したい。