【徹底調査】デジハリAdobeマスター講座の評判・口コミ・デメリット・学割

【徹底調査】デジハリAdobeマスター講座の評判・口コミ・デメリット・学割

 

デジハリAdobeマスター講座は、20年以上の実績と歴史を持つデジタルハリウッドが運営する、Adobeのオンライン講座です。

 

この記事ではデジハリAdobeマスター講座の評判・口コミ・デメリット・学割などを徹底レビューします。

 

これまで30校以上のクリエイタースクール・講座を調査してきた経験から、デジハリAdobeマスター講座と他の講座・スクールとの違いもわかりやすく解説します。

 

本記事を読めば、デジハリAdobeマスター講座があなたに向いているか、答えがわかるでしょう。

デジハリAdobeマスター講座 公式サイトはこちら

 

おすすめのWebデザインスクール9選比較!ランキングで紹介

 

デジハリAdobeマスター講座の評判・口コミ

デジハリAdobeマスター講座の評判・口コミを紹介します。

 

結論「購入はやめた方がいい」「失敗する」といった悪い評判は見つかりませんでした。

 

逆に「コスパが良い」「安い」に関する声が圧倒的に多く、デジハリAdobeマスター講座のコスパの良さがわかる口コミとなっていました。以下利用者の口コミです。

 

 

デジハリAdobeマスター講座では、39,980円で12ヵ月分のAdobe CCが利用可能です。これはAdobe公式サイトで購入する年間70,000円以上よりも圧倒的に安いです。この点を評価する利用者の声が多かったです。

 

「Adobe CCをできるだけ安く利用したい」、このような方は『デジハリAdobeマスター講座』を選ぶと、ご紹介した口コミの方々のように、満足いく買い物になると言えるでしょう。

デジハリAdobeマスター講座 公式サイトはこちら

 

デジハリAdobeマスター講座の特徴

講座内容Adobe CCと基礎動画教材がセット
費用39,980円
期間Adobe CC:12ヵ月
基礎動画教材:3ヵ月(1ヵ月の閲覧期間+2ヵ月の課題制作)
公式サイトデジハリAdobeマスター講座

 

デジハリAdobeマスター講座の特徴は大きく3つです。

 

特徴
  1. 12ヵ月分のAdobe CCとAdobeの基礎動画教材がセットのオンライン講座
  2. 3ヶ月でAdobeアプリケーションの使い方をマスター
  3. 料金・費用の圧倒的な安さ(受講料39,980円)

 

1. 12ヵ月分Adobe CCとAdobeの基礎動画教材がセットのオンライン講座

【徹底調査】デジハリAdobeマスター講座の評判・口コミ・デメリット・学割

 

デジハリAdobeマスター講座は、大きく2つのサービスがセットになったオンライン講座です。

 

デジハリAdobeのコース内容
  1. 12ヵ月分のAdobe CC
  2. Adobeアプリケーションの基礎動画教材

 

デジハリAdobeマスター講座を契約すると、Adobe CCを12ヵ月間利用できるようになります。「Adobe CCってどんなもの?」という方向けにわかりやすく解説すると次の通りです。

 

Adobe CC(Adobe Creative Cloud/アドビ・クリエイティブクラウド)とは、アドビ社が提供している、画像加工・冊子のレイアウト・Webオーサリング・映像編集などの定番クリエイティブツールを、サブスクリプション形式で利用できるお得なクラウドサービスです。

Photoshop、Illustrator、Premiere Pro、After Effectsなど、制作現場で欠かせないAdobeのアプリケーションの最新版を、いつでもダウンロードして利用できます。

 

契約中にリリースされた新機能も随時アップデートできるため、常に最新のソフトを利用できることが特徴です。

 

2. 3ヶ月でAdobeアプリケーションの使い方をマスター

デジハリAdobeマスター講座では、前述通り「基礎動画教材」もセットになっています。

 

基礎動画教材では、Adobeアプリケーションの使い方を3ヵ月でマスターできます。

 

デジハリAdobeマスター講座で学べるアプリケーション

デジハリAdobeの基礎動画教材で具体的に学べるアプリケーションは次の通りです。

 

基礎動画教材で学べるアプリケーション
  • Photoshop
  • Illustrator
  • Premiere Pro
  • After Effects
  • HTML
  • Dreamweaver
  • Indesignなど

 

デザインの制作現場で必要なPhotoshopやIllustrator、動画の制作現場で必要なPremiere ProやAfter Effectsなど、Adobeの主要アプリケーションの使い方を一通り学習できます。

 

デジハリAdobeで実際に利用する動画教材はこちら

デジハリAdobeマスター講座で実際に利用する動画教材をお見せすると次の通りです。

 

 

動画で観ながら見よう見まねで学べるため、紙の参考書を使うよりも効率的な学習効果が期待できます。

 

基礎動画教材は合計3ヵ月(動画閲覧1ヵ月+課題制作2ヵ月)

基礎動画教材は合計3ヵ月(動画閲覧1ヵ月+課題制作2ヵ月)です。

 

  • 1ヵ月目:基礎的な使い方を動画教材で学ぶ
  • 2ヵ月〜3ヵ月目:学んだことを活かして課題制作を行う

 

2〜3ヵ月目の課題制作では、作った課題はプロのクリエイター講師が添削してくれます。理解度のチェック機能としてはもちろん、プロの視点・技術を、課題制作を通じて吸収することもできます。

 

3. 料金・費用の圧倒的な安さ(受講料39,980円)

「Adobe CC 12ヵ月版+基礎動画教材」の充実した内容にも関わらず、料金・費用は39,980円と、圧倒的に安いことも、デジハリAdobeマスター講座の特徴です。

 

とはいえ比較軸がないと「39,980円ってどれくらい安いの??」と思ってしまいますよね。Adobe公式サイトで直接購入する場合と比べると次の通りです。

 

契約方法費用内容
①デジハリAdobeマスター講座を契約39,980円12ヶ月分のAdobe CC
3ヶ月分の動画教材
②Adobe公式サイトで Adobe CCを契約74,976円12ヶ月分のAdobe CC

 

公式サイト購入するとAdobe CC 12ヵ月で74,976円のところ、デジハリで購入するとAdobe CC 12ヵ月+3ヵ月の動画教材までついて39,980円です。

 

つまり、デジハリAdobeマスター講座の方が動画教材分の内容が充実しているにも関わらず、逆に料金まで安くなっているのです。

 

なんでこんなに安いの?学割を適用できるから

「なぜこんなに安いの??」と思ってしまいますよね。理由は「学割を利用できるから」です。

 

デジタルハリウッドは、20年以上にわたってデジタルクリエイティブ教育に貢献してきた実績が評価され、アドビ社より日本でも数少ない「プラチナスクールパートナー」に認定されています。

 

プラチナスクールパートナーの特典として、デジタルハリウッドの学生は、Adobe Creative Cloud(学生・教職員個人向けライセンスプログラム)を特別価格・学割価格で購入できます。

 

「学割価格=デジハリ受講生」という意味なので、大学生や高校生はもちろん、社会人や主婦の方ももちろん利用可能です。

 

デジタルハリウッドだからこそ提供できる特別価格・学割価格ということです。知らずにAdobe公式サイトで通常価格で購入するなら、デジハリAdobeマスター講座で契約した方が、現状は間違いなくお得です。

デジハリAdobeマスター講座 公式サイトはこちら

 

デジハリAdobeマスター講座のデメリット

デジハリAdobeマスター講座にもデメリットはあります。デメリットは次の通りです。

 

デメリット
  • 入門講座のため、あくまで基礎学習のみ(実践学習には少々物足りない)
  • 動画教材の閲覧期間は1ヶ月と短い

 

デジハリの動画教材はあくまで「入門講座」です。アプリケーションの基本的な使い方を学ぶには最適ですが、実践レベルで学ぶには物足りないでしょう。

 

学習期間は合計3ヵ月ありますが、動画教材の閲覧期限は1ヵ月と短いこともデメリットです。いろんなソフトの使い方をまとめて学びたい方は、途中で期限が来てしまう可能性はあるでしょう。

 

以上がデメリットです。逆にいうと、上記2点のデメリットが気にならない方であれば、デジハリAdobeマスター講座は死角がほぼないほど、優れた講座だと思います。

デジハリAdobeマスター講座 公式サイトはこちら

 

デジハリAdobeマスター講座と他講座の違い

「デジハリAdobeマスター講座」と「他の講座・スクール」の違いを、ここでは比較して紹介します。

 

今回は「デザイン系講座」「動画系講座」の代表的サービスと、それぞれ違いを比べてみますね。比較する講座は以下です。

 

 

まずは「デザイン系講座」と違いを一覧でまとめると次の通りです。

 

デザイン系講座・スクールデジハリAdobeマスター講座ヒューマンアカデミーWebデザイン講座デジタルハリウッドSTUDIO by LIG Webデザイナー専攻
コース内容Adobe CC 12ヵ月
基礎学習(動画教材)
基礎学習
実践学習
基礎学習
実践学習
費用/期間
39,800円/12ヵ月(学習は3ヵ月)

468,600円/6ヵ月
国の給付金で最大10万円の支給あり

495,000円/6ヵ月
学べる内容
・Adobeアプリケーションの基本的な使い方

・Adobeアプリケーションの基本的な使い方
・本番を想定した実践学習
・ポートフォリオ制作

・Adobeアプリケーションの基本的な使い方
・本番を想定した実践学習
・ポートフォリオ制作
Adobe CC 学割利用
オンライン
通学×
(全国23校舎)

(東京圏5校舎)
ポートフォリオ制作×
就職・転職サポート
副業・フリーランスサポート

 

デザイン系講座との違いをまとめると
  • 「圧倒的な安さ」「Adobe CC 12ヵ月分もセット」は、デジハリAdobeが優れている
  • 「学べる内容」「ポートフォリオ制作」は、デジハリAdobeは劣っている

 

次に「動画系講座」と違いを一覧でまとめると次の通りです。

 

動画系講座・スクールデジハリAdobeマスター講座ヒューマンアカデミー動画クリエイター講座デジタルハリウッドSTUDIO by LIG 動画クリエイター専攻
コース内容Adobe CC 12ヵ月
基礎学習(動画教材)
基礎学習
実践学習
基礎学習
実践学習
費用/期間
39,800円/12ヵ月(学習は3ヵ月)

213,400円/6ヵ月

330,000円/3ヵ月
学べる内容
・Adobeアプリケーションの基本的な使い方

・Adobeアプリケーションの基本的な使い方
・本番を想定した実践学習
・ポートフォリオ制作

・Adobeアプリケーションの基本的な使い方
・本番を想定した実践学習
・ポートフォリオ制作
Adobe CC 学割利用
オンライン
通学×
(全国23校舎)

(東京圏5校舎)
ポートフォリオ制作×
就職・転職サポート
副業・フリーランスサポート

 

動画系講座との違いをまとめると
  • 「圧倒的な安さ」「Adobe CC 12ヵ月分もセット」は、デジハリAdobeが優れている
  • 「学べる内容」「ポートフォリオ制作」は、デジハリAdobeは劣っている

 

デザイン系・動画系どちらも、受講料の安さやAdobe CC 12ヵ月分がセットになっている点は、他のスクールと比べてデジハリAdobeマスター講座が圧倒的に優れています。

 

一方で、学べる内容やポートフォリオ制作は、他のスクールと比べると劣っていることが実態です。他のスクールの方が料金が高い分、内容も充実しています。

 

デジハリAdobeマスター講座が向いている人

評判や特徴から、デジハリAdobeマスター講座が向いている人は次のような方です。

 

デジハリAdobeマスター講座が向いている人
  • Adobe CCをとにかく安く利用したい人
  • Adobeアプリケーションの使い方を基礎から学びたい人
  • 実績ある大手が運営している講座を選びたい人

 

このような方は、デジハリAdobeマスター講座を選ぶことで、満足いく結果を得られるでしょう。

デジハリAdobeマスター講座 公式サイトはこちら

 

逆に、デジハリAdobeマスター講座が向いていない人

一方で、デジハリAdobeマスター講座が向いていない人は次の通りです。

 

デジハリAdobeマスター講座が向いていない人
  • 実践学習までしたい人
  • 1ヵ月以上で学びたい人

 

上記に当てはまる方は、デジハリAdobeマスター講座は向いていない可能性が高いです。

 

デジハリAdobeマスター講座が合わない人が検討したい関連サービス

ここまで読んできて「デジハリAdobeマスター講座はちょっと合わないかも」と感じた方は、他のスクール・講座も一度検討してみることがおすすめです。

 

デジハリAdobeが合わない方におすすめできるスクール・講座をまとめると次の通りです。

 

 

これらのスクールであれば、デジハリAdobeマスターでは経験できない「実践学習」ができますし、1ヵ月以上の期間で本格的にスキルを習得していけます。

 

デジハリAdobeマスター講座の1番の価値は「Adobe CC 12ヵ月版」を、公式サイト経由よりも圧倒的に安く購入できることでしょう。

 

一方、デジハリAdobeの「基礎動画教材」は、Adobeアプリケーションの使い方をサクッと学ぶには十分ですが、あくまで「入門講座」の立ち位置です。本格的な学習をある程度期間をかけて行うなら、上記で挙げたスクールを利用した方が、納得いく結果に結びつきやすいです。

 

デジハリAdobeマスター講座を利用する流れ

デジハリAdobeの利用の流れ

 

デジハリAdobeマスター講座を利用するステップはシンプルで、次の5つです。

 

利用の流れ
  1. 申込み
  2. 受講スタート
  3. シリアルコードの通知
  4. シリアルコードの入力
  5. Adobe CCの利用スタート

 

デジハリAdobeマスター講座のメリットは、最短10分後にAdobe CCを利用できることもあります。学習を始めるために必要な受講者IDとライセンスは、料金の支払い後すぐにメールで届きます。

 

「学習を始めたい」「Adobe CCを利用したい」と思ったときにすぐ始められる点も、デジハリAdobeマスター講座の大きな魅力と言えるでしょう。

デジハリAdobeマスター講座 公式サイトはこちら

 

デジハリAdobeマスター講座のQ&A

デジハリAdobeマスター講座でよくある質問に簡潔に答えます。

 

デジハリAdobeの2年目以降は?毎年は使えない?

現状制度では、2年目以降も問題なく利用できます。

 

現在の39,980円の値段が続く限り、毎年39,980円で契約すれば、2年目も3年目も、毎年学割価格でAdobe CCを利用できます。

 

デジハリAdobeは分割払いに対応してる?

分割支払いは対応していないとのことです。デジハリAdobeマスター講座を利用したい方は、初回申込み時に39,980円の支払いが一括必要です。

デジハリAdobeマスター講座 公式サイトはこちら

 

まとめ

【徹底調査】デジハリAdobeマスター講座の評判・口コミ・デメリット・学割

 

述べてきた通り、デジハリAdobeマスター講座は12ヵ月分のAdobe CCを圧倒的コスパで利用できます。Adobe公式サイトで契約するよりも安い上に、基礎動画教材までセットになっています。

 

Adobe CCをとにかく安く利用したい方は、デジハリAdobeマスター講座一択で良いと思いますよ。

デジハリAdobeマスター講座 公式サイトはこちら

 

一方、身につけたスキルを使って仕事につなげたい方は「スクールで実践学習まで経験すること」が確実です。

 

実践学習はデジハリAdobeマスター講座だと少し物足りないため、以下講座も検討してみてはいかがでしょうか?いずれも本格的な学習ができ、キャリアサポートも手厚いです。未経験から転職や副業も十分目指せる講座・スクールです。

 

おすすめのWebデザインスクール9選比較!ランキングで紹介