会社が辛くて逃げたいなら今すぐ逃げてOK。良い逃げ方と悪い逃げ方を解説

会社(仕事)が辛くて逃げたいなら今すぐ逃げてOK。逃げたい人が取るべき方法

 

「いまの仕事が辛すぎる」

「職場の人間関係が合わない」

「できることならいますぐ会社から逃げたい」

「とにかく楽になりたい….」

 

このように、いまの仕事が辛くて辞めたい、逃げたいと考えているものの、逃げたら生活できなくなる、仕事に就けなくなることを恐れて、精神をすり減らしながら職場に通っている人は、20代、30代問わず、世の中にはたくさんいます。

 

僕自身も、仕事が辛くて逃げたいと思っていた時期がありました。当時は仕事のノルマがとにかく辛く、毎日胃がキリキリしていて、精神的に消耗する日々が続いていました。「もう会社辞めたい…」と毎日思いながら、満員電車に乗り込み、歯を食いしばって仕事をしていたんですよね。

 

そのように精神的に辛い思いをしていましたが、その後は別の会社へ転職し、今では楽しく暮らすことができるようになりました。

 

そこでこの記事では、いまの会社(仕事)が辛くて今すぐ逃げたいと思う方が、どのように行動すれば人生を変えることができるか、自身の経験談も踏まえながら、全てまとめていきます。

 

いまの仕事が辛くて今すぐ逃げ出したいと考えている方は、この記事を最後まで読み進めてみてください。

 

会社(仕事)から逃げたいなら逃げても良い

結論ですが、いまの会社や仕事が嫌で嫌で逃げたいなら、会社を辞めて逃げ出しても良いです。

 

なぜなら、結局のところ、一番大事なのはあなたの人生だからです。

 

仕事が辛いなら逃げても良いというと「そんなバカなこと言ってるんじゃない」とか「世の中そんな甘くない」と言う声も聞こえてくるかもしれません。でも、会社が辛いから逃げたいのは、本当に甘えなのでしょうか?

 

仕事は、少なく見積もっても1日8時間あります。週5日間働くとなると40時間ですよね。一方、僕たちが普段自由に使える時間は、平日は仕事から帰った後のわずかな時間だけです。

 

仕事が辛くて今すぐ逃げたい状態だと、「早く1日が過ぎて欲しい」と、感じながら仕事をしているかもしれません。ですが、1日の大半を占める仕事が辛いなんて、普通に考えれば異常なことです。「自分の人生が早く終わって欲しい」と思っていることと、本質的には一緒なんですよね。

 

ですから、仕事が辛くて今すぐ逃げたいなら、逃げても良いと思いますよ。一番大事なのはあなたの人生だからです。

 

逃げの転職・退職は悪いことではない

そもそもとして、「逃げる」ということにネガティブな印象を持っている方がたくさんいます。

 

転職や退職というと、「逃げ」とひとくくりに捉える人がいます。これまでの日本は一つの会社でずっと勤めることが当たり前でしたから。特に40代〜50代など上の年代の人は、転職や退職=悪いことと捉えがちです。

 

ですが、逃げ転職自体は悪いことではありません。なぜかというと、ほとんどの転職・退職理由は「逃げ」が原因だからです。

 

  • 給料が安いことから逃げたい
  • 残業が多い日々から逃げたい
  • 休みが少ない人生から逃げたい
  • 辛い職場の人間関係から逃げたい
  • 長い通勤時間から逃げたい
  • つまらない仕事から逃げたい
  • 苦しいノルマから逃げたい
  • 成長できない仕事から逃げたい

 

このように、ほとんどの転職や退職には、逃げの要素が入っています。

 

逃げにも「良い逃げ」と「悪い逃げ」がある

逃げることってそんなに悪いことでしょうか?実は逃げにも「良い逃げ」と「悪い逃げ」があります。

 

例えば、今の職場環境があまりにブラックで、他にもっと良い環境があってそちらに行きたいなら、それは「良い逃げ」です。なぜなら、今より良い条件を求めるのは、逃げじゃなくて進歩と言えるからです。

 

また、転職して給料が下がったり、休みが少なくなったとしても、それで楽しく暮らせるなら良いじゃないですか。客観的な収入額や休日数が増えるに越したことはないですが、自分が満足できるなら、それも誇りを持って言える「進歩」ですよ。

 

会社(仕事)から逃げてもこの先真っ暗ではない

一方で、会社(仕事)から逃げても良いというと、「逃げたら人生終わる」「この先の人生はもう真っ暗だ」と、思い込んでしまう方が多くいます。

 

確かに、今の職場や仕事が嫌だからと言って辞めて逃げると、次の仕事に就けないんじゃないかとか、これから生活していけないんじゃないかと、いろいろ不安になることもあると思います。

 

ですが、いまの会社や仕事から逃げたからと言って、仕事につけなくなったり、生活できなくなることはありません。

 

周囲の仕事から逃げた方の事例を知らない場合はイメージがつかないかもしれませんが、仕事を逃げた人でも、意外と多くの方が普通に生活できていますよ。というのも、いまの会社以外にも、世の中には無数の会社(選択肢)があるからです。

 

日本には現在、会社の数が386万社存在します。386万社ですよね。とても多く感じますよね。つまり、あなたが今いる会社は、日本全体にある386万社のうちわずか1社にすぎないということです。いまの会社以外にも、外に目を向ければ、いろんな選択肢があるんです。

 

もちろん、あなたがいま、誰もが羨む人気の大手企業などにいるなら、会社から逃げると選択肢が減ることはあるでしょう。ですが、いまの会社がそこまでの企業でないなら、逃げても特に問題はないですよ。

 

事実、会社を逃げた人を雇っている会社も多くありますし、その会社は、今のあなたの会社より働きやすい可能性だってよっぽどあります。ですから、仕事を逃げたとしても、仕事に就けなくなったり、生活できなくなることは基本的にありません。選択肢は無数にあるからです。

 

会社(仕事)から逃げるなら、大事なのは逃げ方

会社から逃げたい場合、あなたの将来に直接影響してくるのは、会社を逃げることそのものではなくて、逃げ方によります。んな逃げ方をするか、そしてどこに逃げるか。この「逃げ方」さえ間違えなければ、別に今の会社を辞めても問題ないですよ。

 

逆に言えば、逃げ方を間違ってしまうと、将来希望する職につけなくなり、困る可能性も出てきます。会社を辞めて逃げる場合は、「逃げ方」が一番大事なのです。

 

ですのでここからは、会社を逃げたい人が失敗しないために、「悪い逃げ方」と「良い逃げ方」の2つを紹介していきます。

 

会社(仕事)を今すぐ逃げたい方の悪い逃げ方

まず、会社から逃げる際にやってはいけない「悪い逃げ方」をお伝えします。

 

後先考えずに逃げること

結論、後先考えずに逃げることです。これは会社を逃げたい場合に、一番やってはいけない悪い逃げ方です。

 

例えば、何も考えずに今すぐ辞表を上司に提出したり、突然バックれるような逃げ方、これらは典型的な「悪い逃げ」です。なぜなら、それはただの現実逃避だからです。

 

「いまの現実がとにかく嫌だ。楽になりたいから、後先考えずにいますぐ逃げたい」、このような現実逃避は、良いことを何も生みません。どれだけ現実が嫌だとしても、現実から目を背けてしまったら、人生は良い方向には何も変わりません。

 

もしそれでも現実逃避をして、後先考えずに辞めたい場合は、逃げた後には相応の大変なことが待っていると覚悟する必要があります。例えば、どこかの企業に再就職する際は、面接でいろいろと経緯を聞かれるでしょうし、もしいまあなたが大企業にいるなら、同じような会社に入るのは難しいと思います。

 

ですから、良い逃げをすること自体は良いと思いますが、現実逃避して、後先を何も考えず逃げ出す悪い逃げは、強く反対したいです。

 

中には後先を全く考えずに、会社を辞めて何とかなっている人もいます。ですが、それには運も関係してきます。運に身をまかせるのは、単なる博打と同じです。一度きりの大事な人生を、博打にしても良いでしょうか?

 

もちろん、判断基準は人それぞれですが、もし僕があなたの立場であれば、博打ではなく、できる限り人生をコントロールして良い方向に持っていきたいと思います。今のあなたの状態なら、まだ間に合うからです。

 

会社(仕事)を今すぐ逃げたい方の良い逃げ方

一方、会社を今すぐ逃げたい方の「良い逃げ方」は次の通りです。

 

3ヶ月だけ時間を作り、逃げた後の選択肢を作っておく

結論、「もう余裕がないから、今すぐ会社から逃げたい」という気持ちを少しだけ抑え、「3ヶ月だけ時間を作り、逃げた後の選択肢を作っておくこと」です。

 

3ヶ月は、人生を博打にするのではなく、自分でコントロールして良い未来を作るための準備期間です。具体的には、会社を辞めたあとに今よりも良い環境へ行けるよう、転職活動や情報収集をする期間です。

 

現実逃避して会社を辞めて逃げ出しても、良い未来は待っていません。ですから、会社を辞める前に、できる限りの努力はすべきです。

 

その努力とは、いまの会社で我慢して働くことではありません。より良い未来を掴むための一時的な努力です。自分自身の未来のため、しかも一時的な努力です。そう思えば、頑張れるんじゃないでしょうか?

 

ちなみになぜ3ヶ月かというと、3ヶ月もあれば転職活動は終わるからです。早い人で数週間、普通の人で1ヶ月〜2ヶ月、長い人で3ヶ月が平均的な転職活動の期間です。ですから、いまは我慢してでも3ヶ月だけ踏ん張り、良い未来を掴んで欲しいなと思います。

 

失敗せず、良い企業へ転職できる唯一の方法

とはいえ、転職活動や情報収集をしたことがないなら、どんな企業が良い会社か、そしてどうやってその会社に入れるも、あなたは何もわからないはずです。

 

じゃあどうすれば失敗しない、良い転職が実現できるか?実は、失敗しない転職をする方法が一つだけあります

 

それこそが、転職エージェントを利用することです。この転職エージェントを有効活用することが、失敗しない転職を実現するコツです。

 

あなたはいま、転職活動の始め方はもちろん、自分ならどんな企業に入れそうか。どんな職種や業種なら受けられそうか、どれくらいの収入や休みが実現できそうか、こういうことが何もわからない状態だと思います。

 

その点、転職エージェントを使えば、転職活動の始め方はもちろん、あなたが目指せる具体的な企業、業種、職種、待遇と、そこに入るために今やるべきことを全て教えてくれます。

 

しかもそればかりか、 転職エージェントはあなたに合った具体的な求人をたくさん紹介してくれ、職務経歴書の添削や面接調整、そして年収交渉まで、面倒なことを全て代わりにやってくれます

 

会社をいますぐ逃げたいと思っているあなたは、転職についていろんなことを調べたり、考えたりする余裕はないと思います。でも転職エージェントを使わない普通の転職だと、こういったことを全て自分で一人でする必要があります。転職活動の始め方、行きたい会社、業種、職種、諸条件を調べること…これら.全てです。精神的に消耗している中、これら全てを自分一人でやるのはかなり大変です。

 

しかも問題なのは、どういった企業・業界・職種なら、どれくらいの可能性で入れそうか、自分一人では全く判断が付かないことですね。この情報はネットでいくら調べても出てきません。

 

だからこそ、転職エージェントを使いましょう。転職エージェントを使えば、どんな企業なら目指せそうか、現実的な確率を教えてくれます。そうすれば、あなたは本当に行きたい企業を絞ることと、面接に行くことの2つだけに集中することができます。この2つなら、いますぐ逃げたい精神状態でも頑張れるはずです。

 

転職を考える前からエージェントには登録をしておくべき

「でも、まだ転職するとは決めてないし….」と思うかもしれません。ですが、転職することをを決めていない時期だからこそ、転職エージェントには必ず登録しておく必要があります。なぜなら、精神的に本当にきつくなってしまったら、転職活動自体できなくなるからです。

 

会社から逃げ出したいと思っている場合、すでに精神面はかなり消耗しているはず。転職活動はエネルギーをかなり使いますから、いざ転職したいと思ったときに転職エージェントに登録しても、そこから最低3ヶ月は転職までに時間がかかります。精神が消耗している中だと、この3ヶ月はまず乗り切れません。本当にきついときは、面接の際に顔色にも出てしまいます。そうすると、面接結果に悪影響が出ること起こります。

 

だからこそ、将来の自分のためにも、少なくともまだネットで検索できている余裕がある今のうちに、登録だけは必ず済ませておく必要があります。登録さえ済ませておけば、求人情報も定期的に手元に入ってくるので、本当に辛くなったときに、すぐ逃げ道を作ることができますよ。

 

転職で使ってよかった転職エージェント

とはいえ、転職エージェントといっても数は多く、エージェントによって得意な業種、職種は様々です。ですからここでは、できるだけ幅広く、いろんな仕事を扱っている転職エージェントを選ぶと良いです

 

その観点で一番おすすめは、リクルートエージェントですね。

 

リクルートエージェントは、転職エージェントの中でも最大手のサービスです。数え切れないほどの転職成功実績を持っているため、いろんな仕事、いろんな会社、いろんな働き方のオプションをあなたに教えてくれます。

 

ちなみに、僕が初めて転職エージェントの利用を考えたときは、懸念していたことが2つありました。それは「登録がめんどくさそう」と「登録したら無理に転職を勧められそう」ということです。でも、実際に使ってみたら、リクルートエージェントはその心配は不要でした。

 

まず「登録」は、20つほど回答する箇所がありますが、5分もあれば終わりました。簡単なプロフィールから希望の職種な年収などをWeb上で書いていきます。もしわからなければ、思いつく範囲内で書いておけば大丈夫。その後に転職エージェントと面談があるので、そこで思っていることをそのまま打ち明けましょう。面談は対面だけでなく電話でもできます。

 

もう一つ、「 登録したら無理に転職を勧められそう」という点ですが、こちらも僕のときは全くありませんでした。コンサルタントは僕の気持ちをよく汲み取ってくれる方で、良い転職をするためにはどうすればいいかを一緒になって真剣に考えてくれました。

 

万が一、希望しない会社へ転職を無理に勧めてくるコンサルタントに当たってしまった場合も、リクルートエージェントであれば、コンサルタントの変更が依頼できるので心配はないと思います。IT技術職の方やIT技術職志望者の方にはそこまで強みがないため不向きですが、それ以外の業種・職種であれば、年齢や経歴問わず、全ての方におすすめできます。

 

そして、リクルートエージェントは無料で利用できます。相談も、職務経歴書の添削も、求人紹介も、面接調整も、給与交渉も、全て無料です。

 

いまの会社から良い逃げをするためにも、まずはいろんな会社を知ってみること。それも、ネットを見てるだけではわからない「自分でも入れる可能性のある会社」を知ることが大事です。

 

そして、それを知る方法こそが、転職エージェントを利用することです。転職する気がなくて、相談だけの利用から今すぐ始めてみましょう。

リクルートエージェント公式サイトを見る

 

▼無料登録は簡単5分(最大手リクルートエージェント)▼

無料登録後もお金はかかりません

 

まとめ

述べてきたとおり、会社を辞めて逃げ出したいと思うなら、逃げ出して良いと僕は思います。

 

それでも、逃げ方は重要です。逃げにも「良い逃げ」と「悪い逃げ」があり、後先考えずに闇雲に逃げ出すのは悪い逃げです。それはただの現実逃避だからです。

 

だからこそ、3ヶ月だけ意地でも頑張って、良い逃げができるよう、まずは転職活動を始めましょう。ここの3ヶ月の頑張りで、この先5年、10年良い環境で働けると思えば、今は間違いなく踏ん張りどころです。

 

繰り返しになりますが、転職エージェントには必ず登録をしておきましょう。本当にきつくなってからでは遅いです。無理して精神的に完全にやられてしまい、転職活動すらできずに休職・退職し、その後は就職できずに日雇いバイトをして暮らしている人も多く見てきました。

 

リクルートエージェントの登録は5分あれば無料できます。将来の自分や、もっと言えば家族のためにも、めんどくさがらずに今すぐやっておきましょう。

リクルートエージェント公式サイトを見る

 

▼無料登録は簡単5分(最大手リクルートエージェント)▼

無料登録後もお金はかかりません