金融業界で海外駐在・海外勤務は可能?元海外赴任者が解説

金融業界で海外駐在・海外勤務は可能?元海外赴任者が解説

 

外資系投資銀行、日系証券会社、メガバンク、ヘッジファンドなど、金融業界で海外駐在・海外勤務がしたいと考える人はとても多いです。

 

とはいえ、金融業界では海外駐在・海外勤務がしやすいのか、海外で働けるとしたらどのような業種・企業が良いのか、とてもわかりづらいですよね。

 

そこでこの記事では、海外赴任を経験し、これまで金融業界の転職支援もしてきた筆者が、金融業界の海外駐在・海外勤務事情を解説します。

 

結論からいうと、金融業界はメーカーや商社と比べると、海外駐在・海外勤務の機会は少ないです。ですがその中でも、海外赴任・海外勤務を実現している人は一定数いるので、行動次第で可能性はあります。

 

この記事を読めば、金融業界の海外駐在・海外勤務事情がわかり、どうやって行動すれば海外で働くことを実現できるか、答えがわかりますよ。

 

すでに金融業界で勤めている人が、海外駐在・海外転勤を実現するおすすめキャリアについても解説します。ぜひ最後までチェックしてみてください。

 

金融業界で海外駐在・海外勤務は可能?業種ごとの実態

金融業界で海外駐在・海外勤務は可能?業種ごとの実態

 

金融業界の海外赴任・海外勤務事情を「業種ごと」に分けて解説します。結論を先にまとめると次の通りです。

 

  • 日系メガバンク・銀行は海外赴任者のチャンスがあるが、企業によって差があり
  • 外資系銀行も海外勤務のチャンスが一部あり
  • 外資系投資銀行はチャンスが少なく厳しめ
  • 証券会社も海外勤務の割合は少ない
  • ヘッジファンドは母数は少ないものの、海外勤務のチャンスがある

 

日系メガバンクは海外赴任者の数が多いが、企業によって差があり

 

金融業界の中では、メガバンクは海外赴任者の数は多い傾向がありますが、企業によって差があることが実態です。

 

例えば「三井住友銀行」は海外赴任者の数が多いです。三井住友銀行は、日本のあらゆる業界の海外赴任者数のランキングでも、全体で10位に入っていた統計データもあります。

 

実際に私自身も海外にいた時には三井住友銀行で海外赴任している方がいました。

 

一方で三菱UFJ銀行、みずほ銀行などは、ランキング上位には入っておらず、チャンスは少なそうです。三菱系の金融機関では「三菱UFJ信託銀行」は海外赴任者している人が100人以上いる統計データがあったため、これらの企業に入ればチャンスはあるでしょう。

 

外資系銀行も海外勤務のチャンスが一部あり

外資系銀行の業務はクロスボーダーという国境を越える仕事がたくさんあるため、日常的に国際業務を担当するケースが多いです。

 

外資系銀行は入社ハードルが高めですが、入社できれば、海外拠点におけるジャパンデスクへの赴任として海外勤務するチャンスはあるでしょう。

 

外資系投資銀行はチャンスが少なく厳しめ

外資系投資銀行は、以前はニューヨークやロンドンのジャパンデスクへの海外勤務という道がありましたが、最近は各社のジャパンデスクは縮小傾向であり、チャンスも少なくなっているようです。入社ハードルも高いため、海外赴任の道はなかなか険しいと言えるでしょう。

 

証券会社も海外勤務の割合は少ない

証券会社も、大手を含めて、海外勤務の割合は少ないです。

 

大手証券会社である「野村證券」では海外赴任している人の数が一定いる統計はあるものの、それでも社員全体の1%以下です。総合商社は多い企業だと社員全体の20%が海外赴任していることを考えれば、証券会社での海外勤務は非常に狭き門と言えるでしょう。

 

ヘッジファンドは母数は少ないものの、海外勤務のチャンスがある

ヘッジファンドは少数精鋭で経営をしている会社が多いですが、海外拠点で日本人を抱えているケースがあります。経験がないとかなり難しいですが、この業界で経験があり、語学と流暢であれば、タイミングが合えばチャンスはあるでしょう。

 

ここまでの業種ごとの実態まとめると、金融業界での海外赴任・海外勤務はなかなか難しいですが、業界・企業によってはチャンスはあるということです。

 

金融業界での海外駐在・海外勤務の特徴

金融業界での海外駐在・海外勤務の特徴

 

金融業界での海外駐在・海外勤務の大きな特徴に「先進国に勤務するケースが多いこと」があります。金融業界で海外赴任している人の赴任国を聞くと、次のような国が多いです。

 

  • アメリカのニューヨーク
  • イギリスのロンドン
  • シンガポール
  • 香港

 

これらの国は世界の中でも先進国です。先進国は金融の仕組みが整っているので、金融業界の拠点が多いんですよね。そのため、金融業界で海外赴任するとしたら、こういった先進国が比較的多くなります。これは金融業界ならではの特徴ですね。

 

一方、これが商社になると、先進国だけでなく、東南アジアや南米、アフリカなどの発展途上国も駐在先に含まれます。しかも総合商社の場合、途上国のさらにへんぴな町に駐在することもあります。

実際に私が海外赴任していたときに出会った総合商社の方は「こんな小さい町に赴任しているの??」と耳を疑う辺境の地に赴任されていました。金融業界はこういうケースは私自身は聞いたことがないので、大きな違いですね。

なお、メーカーも商社と同じような感じですが、基本的には生産工場がある場所が中心となります。商社よりは辺境の地への赴任は少ないイメージです。

 

金融業界で海外駐在・海外勤務を目指す方法

金融業界で海外駐在・海外勤務を目指す方法

 

金融業界で海外駐在・海外勤務を目指すなら、大きく次の2つの方法があります。

 

  1. 海外勤務できる金融機関に新卒入社する
  2. 評価される実務経験を積んだ後、海外赴任できる金融機関に中途入社する

 

1. 海外勤務できる金融機関に新卒入社する

あなたがまだ学生なら「海外勤務の割合が多い金融機関に新卒入社すること」がおすすめです。

 

例えばメガバンクであれば、三井住友銀行は海外赴任の数が多いため、チャンスは相対的に大きいでしょう。

 

とはいえ、最新の実態は変わっている可能性もあるため、就活の際に、最新の海外赴任事情を必ず志望先企業に聞いておくようにしましょう。そうすることで「思っていたのと違った」というミスマッチが起こらない、後悔のない就活ができます。

 

海外勤務しやすい企業は「海外駐在員になるには?海外赴任したい方向けに元駐在員の僕が解説【海外勤務できる企業も紹介】」でまとめているので、こちらもぜひチェックしてみてください。

 

2. 評価される経験を積んだ後、海外赴任できる金融機関に中途入社する

あなたがすでに社会人であれば、評価される経験を積んだ後に、海外赴任できる金融機関に中途入社することを目指しましょう。

 

例えば金融機関やコンサルティングファーム・アドバイザリーファームでシニア〜マネジャーの役職で実績を残すと、将来的に海外駐在を目指せるような企業へ転職できるチャンスが巡ってきやすいです。

 

これらの企業で積んだ経験や市場価値は、他の業界での汎用性もありますから。金融業界での海外駐在が最終的に叶わなくとも、年収1,000万円〜年収2,000万円を超える高年収や、転職で困らない市場価値など、いろんな可能性を手にしていけます。

 

もしあなたが市場価値を高めたいなら、ハイクラスに強い転職エージェントに登録し、市場から評価される経験を積める企業を探してみると良いでしょう。

 

参考までに、業界で評判がよく、ハイクラス求人に強い転職エージェントをまとめると次の通りです。

 

ハイクラスに強い転職エージェント
  1. JACリクルートメント【ハイクラス・エグゼクティブ層の転職支援に特化。日系大手グローバル企業に強い】
  2. doda X【ハイクラス向けの転職サービス。dodaで有名な大手パーソルキャリアが運営】
  3. リクルートダイレクトスカウト【株式会社リクルートが運営。年収800万円〜年収2,000万円の求人が豊富】
  4. コトラ【金融業界のハイクラス求人に強い】

 

いずれもハイクラス層の転職支援に特化したサービスのため、一般の転職サービスと比べると紹介ハードルは高めです。とはいえ、特に年収600万円を超えている方であれば、金融業界・海外赴任で評価される経験を積める優良企業へ転職を目指せるでしょう。

 

中でもJACリクルートメントはイギリス発祥のエージェントであり、グローバル分野で国内トップクラスの実績があります。特に日系大手グローバル企業の求人に強いです。

 

チャンスを逃さないためにも、まずはJACリクルートメントに無料登録し、アンテナを貼っておくことを推奨したいです。

JACリクルートメントに無料登録する

 

金融業界での経験を武器に、金融業界以外で海外駐在を目指す方法

金融業界での経験を武器に、金融業界以外で海外駐在を目指す方法

 

ここまで述べてきた通り、金融業界での海外駐在は可能性はありますが、他の業界と比べると狭き門です。

 

「それでも海外勤務したい」とあなたが思うなら、金融業界での経験をいかし、他の業界で海外駐在を目指すことも検討してみてはいかがでしょうか?

 

海外駐在しやすい代表的な業界は「メーカー」と「商社」の2つです。ご経歴によっては、メーカーや商社の財務系部門などで採用される可能性があります。

 

もしこの道を検討する場合も、まずはあなたの経歴を評価してくれる企業を探すことが第一歩です。

 

それを知るためには、前述したハイクラス求人に強い転職エージェントに無料登録し、コンサルタントに診断してもらうことが一番早いです。

 

ハイクラスに強い転職エージェント
  1. JACリクルートメント【ハイクラス層の転職支援に特化。日系大手グローバル企業に強い。特に年収600万円以上の方におすすめ】
  2. doda X【ハイクラス向けの転職サービス。年収600万円以上の方におすすめ】
  3. リクルートダイレクトスカウト【株式会社リクルートが運営。年収800万円〜年収2,000万円の求人が豊富】
  4. コトラ【金融業界のハイクラス求人に強い】

 

JACリクルートメントdoda Xリクルートダイレクトスカウトコトラの4社は、海外赴任者をたくさん輩出している日系大手グローバル企業の求人などを抱えている、ハイクラス向けの転職サービスです。

 

このように、海外駐在・海外勤務を目指すなら、金融業界だけでなく、他の業界まで視野を広げてみることがおすすめです。

 

その場合、メーカーと商社は海外赴任者が多い代表的な2つの業界です。この2つの業界で、経験を活かして働ける会社をまずは探してみると良いでしょう。

 

ハイクラスに強い転職エージェント
  1. JACリクルートメント【ハイクラス求人ならここ。日系大手グローバル企業に強い。特に年収600万円以上の方におすすめ】
  2. doda X【ハイクラス向けの転職サービス。同じく年収600万円以上の方におすすめ】
  3. リクルートダイレクトスカウト【株式会社リクルートが運営。年収800万円〜年収2,000万円の求人が豊富】
  4. コトラ【金融業界のハイクラス求人に強い】

 

まとめ

金融業界で海外駐在・海外勤務は可能?元海外赴任者が解説

 

まとめると、金融業界は業種・企業によって海外赴任できるか、できないかは大きく変わってきます。まずは海外赴任者を実際に輩出している会社を知ることがポイントです。

 

その場合は、ハイクラスに強い転職エージェントに登録し、あなたの経歴でチャンスがありそうな会社を具体的にヒアリングしてみることがおすすめです。

 

ハイクラスに強いエージェント
  1. JACリクルートメント【ハイクラス層の転職支援に特化。日系大手グローバル企業に強い。特に年収600万円以上の方におすすめ】
  2. doda X【ハイクラス・エグゼクティブ向けの転職サービス。同じく年収600万円以上の方におすすめ】
  3. リクルートダイレクトスカウト【株式会社リクルートが運営。年収800万円〜年収2,000万円の求人が豊富】
  4. コトラ【金融業界のハイクラス求人に強い】

 

金融業界だけでなく、業界ごとに海外駐在しやすい企業は「海外駐在員になるには?海外赴任したい方向けに元駐在員の僕が解説【海外勤務できる企業も紹介】」でまとめているので参考にしてみてください。

 

ABOUT US
travewriter
新卒で大手グローバル企業→20代で海外赴任→現在は本業で転職支援、副業で会社経営。『Travewriter』は、IT・Web・グローバルを中心としたスキル習得やキャリア・転職情報について、実際に経験した体験談をベースに発信している学習・キャリアの情報メディアです。