【超推奨】デジプロの評判・口コミ・特徴は?現役マーケターが徹底レビュー

デジプロの評判・口コミ・特徴は?現役マーケターが徹底レビュー

 

「デジプロが気になっているんだけど、評判や特徴ってどうなんだろう?」

 

このような疑問をお持ちではないでしょうか?

 

デジプロは、Webマーケティングスクールの中でも広告運用に特化しているスクールであり、評判の良いスクールです。特に講師の質が高く、多くの現役Webマーケターがデジプロを勧めています。

 

でも実際のところ、他スクールと比べると何が違うのか、デメリットはないかなど、マイナス面が気になっている方も多いはず。

 

そこで今回は、デジプロの評判や特徴を、良い面も悪い面も集めてみました。

 

結論から言うと、広告運用スキルを徹底的に学び、マーケターとして運用レベルを高めていきたいなら、デジプロは特に良い環境です。

 

本記事を読めば、デジプロがあなたに合っているか、それともそうでないか、答えが見つかりますよ。3分ほどで読めるので、ぜひ最後まで読んでみてください。

 

\7日間は全額返金保証/

 

デジプロの3つの特徴

広告運用を徹底的に学べるデジプロの特徴は、大きく分けて3つあります。

 

デジプロの3つの特徴

1. 現役トップマーケターによるマンツーマンサポート

2. カリキュラムの質が実践的で高い

3. 動画で何度でも復習できる

 

1. 現役トップマーケターによるマンツーマンサポート

デジプロ最大の特徴は、現役トップマーケターによるマンツーマンサポートです。

 

デジプロ講師は大手広告代理店でバリバリ実績を積んできたWebマーケターで構成されています。広告運用実績は年間20億円を超えるようなトップマーケターが、週1回マンツーマンで指導してくれるのがデジプロです。

 

他のスクールの場合、現役マーケターは講師であるものの、業界トップクラスの企業で、業界トップクラスの運用をしてきた方ばかりではないんですよね。

 

その点デジプロは、講師の質が各スクールの中でも高いので、質重視でスクールを選びたいならデジプロは特におすすめです。

 

2. カリキュラムの質が実践的で高い

デジプロのカリキュラムはとにかく実践的です。

 

学ぶ内容は「広告運用」がメインですが、実際に広告運用の管理画面を操作しながら、広告出稿の方法を学んでいきます。

 

デジプロ評判、口コミ

デジプロカリキュラムの一例

 

実際に使うカリキュラムを見てみる

実際に使うカリキュラムは「スライド動画」です。スライド動画で学びつつ、わからないことを現役マーケターに聞きながら進めていきます。

 

以下は、実際に講義で使用しているスライド動画の一部です。

 

デジプロ 講義動画

実際に講義で使うスライドの一部です

 

スライドには広告運用をしていく中で、いかに効果を最大化していくか、そのエッセンスがふんだんい詰め込まれています。それらを活用しながら、実際に広告運用の管理画面を触り、運用の実践を行っていくのがデジプロです。

 

どんなこともそうですが、実際に手を動かしながら学ぶからこそ、いち早く上達できます。本やネットで情報ばかり集めていても、本当の意味で力はつかないんですよね。

 

その点デジプロは、実践でどんどん学んでいくスタイルなので、広告運用でバリバリ成果を出せるマーケターになりたいならおすすめです。

 

3. 動画で何度でも復習できる

前述通り、デジプロの講義は動画で学ぶスタイルですが、受講期間中であれば、動画は何度でも繰り返し観ることができます。

 

人は一度覚えたことを、翌日には大体70%を忘れる生き物です。ですから、対面かつ授業スタイルのレッスンの場合、当日覚えた気になっても、翌日には覚えたことの70%を忘れているんですよね。

 

その点デジプロはいつでも動画で復習し放題なので、一度学んだスキルを確実に、自分のモノとしていける学習環境が整っています。

 

以下はカリキュラムで実際に使っている、デジプロの講義動画です。無料で観れるので、気になる場合は視聴してみてください。

 

 

まとめると、

 

デジプロの3つの特徴

1. 現役トップマーケターによるマンツーマンサポート

2. カリキュラムの質が実践的で高い

3. 動画で何度でも復習できる

 

この3つの特徴のもと、広告運用スキルを高いレベルで習得していける環境がデジプロです。

 

特に実際の運用をここまで徹底的に学べるスクールは他にはないので、広告運用担当者や、広告運用でバリバリ副業や独立で稼ぎたい人には、現時点でデジプロ以上に良い環境はないと思います。

 

\7日間は全額返金保証/

 

デジプロのデメリット

一方で、デジプロにもデメリットはあります。デメリットは大きく2つです。

 

デジプロのデメリット

1. 費用は他のスクールより若干高め

2. 転職サポートはセットでない

 

1. 費用は他のスクールより若干高め

一つ目のデメリットは費用です。デジプロの受講費用は、他のスクールと比べると少し高めの設定となっています。

 

これは実際に比較してみるとわかりますので、他の大手スクールである「TechAcademy Webマーケティングコース」「DMMマーケティングキャンプ」の2社と比較してみますね。

 

デジプロと他スクールの料金比較

スクール デジプロ TechAcademy Webマーケティングコース DMMマーケティングキャンプ
受講費用(総額) 350,000円/2ヶ月+入会金30,000円 199,000円/2ヶ月 498,000円/3ヶ月+入会金30,000円
※2ヶ月受講がないため3ヶ月費用を記載
受講費用(1ヶ月あたり) 175,000円/1ヶ月+入会金30,000円 149,000円/1ヶ月 166,000円/3ヶ月+入会金30,000円

 

上記が各スクールの総額の受講費用です。

 

まずデジプロは2ヶ月で380,000円、TechAcademyは2ヶ月で199,000円なので約半分の値段、DMMマーケティングキャンプは3ヶ月528,000円となっています。総額で見るとちょうど真ん中です。

 

一方で1ヶ月換算した場合、デジプロは205,000円、TechAcademyは149,000円、DMMマーケティングキャンプは196,000円と、デジプロが最も高くなります。

 

このように、費用は他スクールよりも少し高めの設定であることはデメリットかなと思います。

 

とはいえ、デジプロは講師やカリキュラムの質がとにかく高いことが特徴です。ですので、総額では高めの設定ではあるものの、受講費用以上の成果は十分得られる環境ですよ。

 

どうしても予算が厳しい人にとってはデメリットになりますが、そうでない人なら気にすることはないデメリットであると言えます。

 

2. 転職サポートはセットでない

またデジプロは転職サポートはセットになっていません。そのため、手厚い転職サポートも期待したい人にとっては、デジプロはぴったりではないかもしれません。

 

とはいえ、デジプロの高いスキルを習得すれば、一般の転職エージェントを使ってマーケター転職は十分できることも事実です。

 

もちろん、その分ご自身で転職エージェントとやり取りをしたりと手間はかかりますが、デジプロ経由で転職できないことはないので、この点は大きなデメリットではないかなと思います。

 

デジプロの評判、口コミ

次にデジプロの評判、口コミを紹介しますが、まだ比較的新しめのスクール、かつ受講者で発信をしている方が少ないからか、評判があまり出ていませんでした。

 

見つかった口コミは以下です。

 

 

やはりデジプロの質にひかれ、プロのマーケターを目指すために受講される方が多いようです。ちなみに僕の周囲のWebマーケターで、かなり実力がある方も、デジプロで広告運用をしっかり学び直したいと話していました。

 

このように、マーケティング初心者はもちろん、ある程度経験を積んだ方にも、デジプロは選ばれたり、興味を持たれているスクールです。

 

※受講生の声が増えてきたら随時追記していきます

 

デジプロがおすすめな人

以上を踏まえて、デジプロは以下のような方におすすめです。

 

デジプロがおすすめな人

1. 広告運用を自分の力でできるようになりたい人

2. 講師やカリキュラムの質重視でスクールを選びたい人

 

上記どちらか当てはまる場合は、デジプロ受講がおすすめです。

 

広告運用を自分の力でできるようになりたい人

デジプロで学ぶことは実践的な広告運用です。実際に知識としてインプットするだけでなく、広告運用の管理画面を実際に操作しながら運用までやっていきます。

 

ですから、実践的な広告運用スキルを習得し、自分の力で運用ができるようになりたい人にこそ、デジプロをおすすめしたいです。

 

他のスクールだと、運用面をここまで徹底的に学べないので、広告運用でバリバリ副業や独立・起業で稼いでいきたい、広告運用担当者として起業で活躍したいなら、望む結果は十分得られますよ。

 

講師やカリキュラムの質重視で、スクールを選びたい人

前述通り、デジプロの講師は現役トップマーケターで構成されています。

 

実践で使える広告運用ノウハウを知り尽くしているトップマーケターからマンツーマン指導を受けられる環境は、現時点で他にありません。

 

そういう意味で、講師やカリキュラムの質重視で選ぶなら、デジプロは特におすすめしたいです。

 

\7日間は全額返金保証/

 

逆に、デジプロがおすすめでない人

一方で、特にデメリットの観点で、デジプロがおすすめでない人も存在します。

 

デジプロがおすすめでない人

1. 受講費用を安く済ませたい人

2 手厚い転職支援もセットで受けたい人

 

このいずれかに当てはまる場合、デジプロよりも他に良い選択肢があります。

 

1. 受講費用を安く済ませたい人

前述通り、デジプロの受講費用は2ヶ月38万円と安くありません。むしろ、質重視である分、費用は高めの設定になっています。

 

ですから、受講費用を安く済ませたい場合は、他にもっと良い選択肢があります。

 

その最たるスクールがTechAcademy Webマーケティングコースです。TechAcademyはデジプロと同じ2ヶ月受講をしても、デジプロの約半額の199,000円で受講ができます。

 

講師は現役マーケターで、マンツーマンのビデオチャットも週2回あります(デジプロは週1回)。加えて、テキストチャットでのサポートは毎日あり、実践的な広告運用を学べるので、オンライン学習環境としては申し分ないです。

 

講師の質はデジプロに軍配は上がるものの、費用対効果重視で、できるだけ安く済ませたいなら、TechAcademy Webマーケティングコースは最有力候補ですね。以下でレビュー記事を書いているので、興味あれば読んでみてください。

 

 

2 手厚い転職支援もセットで受けたい人

またデジプロは転職支援はセットではないので、手厚い転職支援も一緒に受けたい場合、デジプロよりも良いスクールが他にあります。

 

その点でおすすめはDMMマーケティングキャンプです。DMMマーケティングキャンプは、3ヶ月のマーケティング学習に加えて、Webマーケターへの手厚い転職支援がセットになっています。

 

転職先もDMMグループのネットワークを活かした優良企業が多く、しっかり広告運用スキルを身につけた上でマーケター転職が目指せます。

 

転職先は公式サイトにも一部書いてありますが、最新の転職先を知りたい場合、「無料カウンセリング」で無料で教えてくれます。

 

マーケター転職を目的にスクールを受講したく、DMMマーケティングキャンプも検討してみたい場合は、まずは無料相談してみることがおすすめです。

>>DMMマーケティングキャンプ公式サイトへ

 

DMMマーケティングキャンプレビュー記事はこちら

>>DMMマーケティングキャンプの評判、口コミを現役マーケターが解説

 

デジプロ受講の流れ

デジプロの受講の流れは次の通りです。

 

デジプロ受講の流れ

ステップ1:無料説明会に参加する(オンラインまたは渋谷校舎で対面)

ステップ2:本受講する意思が固まったら申込みを行い、受講料を支払う

ステップ3:本格的なWebマーケティング学習スタート(7日間は全額返金保証付き

 

流れは上記の通りです。

 

まずは無料説明会に参加することが最初のステップです。受講意思が固まっていなくても参加はもちろん大丈夫です。気になること、不安なこと、全部ぶつけてみましょう。

 

その上で「デジプロが良さそう」だと感じたら、本受講の意思表示をすればOKです。意思を伝えたら、受講料を支払い、学習がスタートです。

 

なお、デジプロは7日間は全額返金保証付きとなっています。申込み後に意思が代わり、仮にキャンセルをしたい場合も、7日以内であればキャンセルし、お金も全部戻ってきますので、リスクなくスタートできる点もメリットですね。

 

まとめ

最後に、Webマーケティングを習得すれば、人生で選べる選択肢は圧倒的に広がります。

 

特に「広告運用」は、企業からの需要が高い上に、個人で副業や独立しても稼ぎやすいスキルです。広告運用は、副業で月50万円のみならず、月100万円、月200万円と稼ぐ人も多くいる世界であり、独立すれば月1,000万円以上を稼ぐ人もいる世界です。

 

人生の選択肢が広がるスキルだからこそ、ぜひ、短期集中で学んでみることをおすすめします。

 

とはいえ、ここでページを閉じてしまったら、人生の選択肢は一向に増えません。だからこそ、まずは小さな一歩から、行動を起こすことが何より大切です。

 

ということで、まずは無料説明会から参加してみましょう。今から行動すれば、2ヶ月後には人生の選択肢が圧倒的に広がっていますよ。

 

\7日間は全額返金保証/