ライフハック

場所に縛られず収入を得る。ネット等で副収入を得る方法を20にまとめた

場所に縛られずに収入を得る方法をまとめた。海外旅行が好きな人は海外を旅しながら収入を得る。家族と多くの時間を過ごしたい人は在宅しながら収入を得ることができる、そんな方法。会社員が本業をやりながら副業収入を得る際にも活用可能。費用対効果が伴わない副業は排除した。副業サイトにありがちな変な勧誘もしない。いずれも軌道に乗ればまとまった収入が手に入る方法である。

ライフハック

【アイデアの出し方】良質なアイデアを大量に出す"実用的"な13の発想方法

良質なアイデアを大量に出す実用的な13の方法をまとめた。良いアイデア、それは生まれ持って選ばれた一部の人間だけが出せるものと一般的には思われがちだ。だが僕はそれに異を唱えたい。なぜなら、優れたアイデアというのは”正しい思考法やフレームワーク”を用いることによって生み出すことが可能だからだ。
一方で、世の中に出ているアイデア本や情報の多くは極めて抽象的な内容なのが問題として存在する。なぜ問題か?それは、抽象的なものでは実際の仕事に生かすことは難しいからだ。
だから今回の記事では、良いアイデアを機械的に生み出す”実用的なアイデアの出し方”のみを厳選して挙げた。デザインやアイデアを売りにするクリエイティブな人たち、仕事、ビジネス、起業にアイデアが必要なビジネスマンにも参考にして欲しい実用的な13のアイデア発想法である。

キャリア・転職

21世紀型の「新しい働き方」を考える

今回は21世紀型の”新しい働き方”を提案する。21世紀の変化は、今までの歴史上最も大きな変化を人類にもたらすことになる。その変化を起こすのは紛れもなくITやAIといったテクノロジーの進化である。これから10年以内にテクノロジーの進化が原因でなくなる仕事は今ある仕事のうち”50%”とも言われている。つまり、半数もの人が職を失う可能性があるのだ。今までのように大企業に入り、一生安泰という時代はもう終わりを告げた。国や会社に依存することなく、一人一人の個人が”自分の働き方”を真剣に考えて行動しなければいけない時代に突入しているのだ。
今回の記事では前半に「21世紀に起きる2つの大きな変化」を、後半に「21世紀型の新しい働き方」をお話しする。それでは本題に入っていく。

ライフハック

《ゼロ秒思考》全ての人におすすめする究極の思考法とその実践効果

僕は単独の本の内容を1記事使ってレビューすることはほとんどしないが、長年僕のパートナーになっている大切な本の内容を1つ、ここでレビューしたい。
「ゼロ秒思考」という本を知っているだろうか?この本は働く全てのビジネスマン必読の最強ビジネス書であり、思考ツールである。本書で紹介されている方法を用いてゼロ秒思考を身につけると、仕事の成果は飛躍的に向上する。抱えている悩みも解消され、身の回りの全てのことが好循環していくのだ。
ビジネスマン必読と言ったが、もちろん仕事以外にも応用の幅がある思考法であり、活用範囲は多岐にわたる。仕事のみならず、あなたの人生そのものを変えてしまう力のあるゼロ秒思考を今から身につけよう。

ライフハック

仕事が最大"10倍"速くなる便利なエクセルショートカットまとめ

エクセルのショートカットを挙げていく。エクセルは現代の社会人にとっては必須の技術だ。エクセル技術を身につけることは大きな投資の効果がある。
個人的な印象だが、エクセルのショートカットをマスターすると、仕事は”10倍”まで早くなる。というのも、僕個人がもともとエクセルを使いこなせていなかった背景があり、エクセルに対して苦しんだ歴史があるからだ。エクセル作業が遅い人の気持ちもわかるし、同時にエクセルの技術をマスターした後の快適さもわかる。
それでは、本当に使えるエクセルのショートカットを挙げていく。

ライフハック

聴衆を釘付けにする"プレゼン"のやり方

聴衆を釘付けにするプレゼンの方法をお話しする。プレゼンは才能ではない。人を魅了するプレゼンは、その人が持つ「確かな技術」によって作られるのだ。
今回は最高のプレゼンをするにあたって必要な要素を「準備編」と「本番編」に分けて挙げていく。資料の作り方やしゃべり方のポイントを挙げていく。
もう一度繰り返す。プレゼンの技術は「後天的に身につく技術」だ。正しい方法を学ぶことで、必ずあなたにも人を魅了するプレゼンができるようになる。

英語

ネイティブに対して即日使えるビジネス英語メールフレーズ集

今回は「即日使える英語のビジネスメールのフレーズ」を挙げていく。これからの時代、いつ上司や同僚が外国人になってもおかしくない。グローバル化の動きは多くの人が見てないところで急速に速度を上げてきており、日系企業が海外の企業に買収されるニュースも今後多く目にすることになる。
これが意味することは、たとえ今英語が必要ない仕事に就いていたとしても、近い将来「英語が必須になる」ことだ。「自分には英語は必要ない」では済まされない時代に突入するのだ。