Webライターの副業の始め方!未経験から収入を得る3ステップを解説

Webライターの副業の始め方!未経験でもできるステップを徹底解説

 

副業需要の高まりにより、最近はさまざまなタイプの副業が出てきました。その中でも「Webライターの副業」は、未経験・初心者でも始めやすい上に、努力すれば稼ぎやすいことで人気を集めています。

 

とはいえ、Webライター・Webライティングの経験がない方だと、

 

「Webライターの副業に興味があるけど、未経験でもできるの?」

「何から行動すればいいかわからない…。Webライター副業の始め方を教えてほしい」

 

このように、わからないことばかりで、なかなか最初の一歩を踏み出せない方も多くいます。

 

そこでこの記事では、未経験・初心者でもできる、Webライター副業の始め方を徹底解説します。

 

この記事を読めば、未経験からWebライターの副業で月5〜10万円の収入はもちろん、将来的には月30〜50万円以上などの高収入も目指していけるでしょう。

 

これまで上場企業グループを含む、1,000本以上のWebライティング案件に携わってきた筆者の経験をもとに、未経験からWebライター副業を始めるステップや知っておくべきことをお伝えしますね。

 

Webライターの副業案件が見つかるサイト・エージェント
  1. クラウドワークス【国内最大級のクラウドソーシングサイト。Webライター案件が豊富。これから実績を積みたい初心者・未経験向け】
  2. Anycrew【副業・フリーランスのマッチングサービス。週1日からできる副業案件が多数あり】
  3. ココナラ【得意を売り買いするスキルマーケット。Webライターの副業向け】
  4. クラウドテック【クラウドワークスの上位版。案件数は少ないものの、高単価案件あり】
  5. Workship【副業案件に強いエージェント。未経験だと難しいため、Webライターの実務経験者向け】

 

関連:Webライター講座・スクールおすすめ4選比較!初心者からライティングスキルを習得

 

Webライターの副業とは?案件・事例を紹介

Webライターの副業とは、一言で言えば「Webサイト上の文章を書くことで、クライアントの売上・利益を生み出すこと」です。

 

例えば、Googleで何かをインターネット検索した際には、たくさんのWebサイトが出てきますよね。検索で出てきたWebサイト上にある文章・コンテンツを作成し、最終的にクライアントの売上・利益増に貢献することが、 Webライターの代表的な副業・仕事です。

 

Webライター副業案件の事例
  • 企業のWebサイトに掲載するコラム記事
  • ネット広告の文章
  • ECサイトに掲載する商品の説明文

 

一番多いのは「企業のWebサイトに掲載するコラム記事」です。

 

企業のWebサイトは、美容・不動産・金融・人材・医療・教育など、さまざまなジャンルがあります。ジャンルに精通しているWebライターほど、高単価を目指せることも特徴です。

 

このように、Webライターの副業は、Web上のさまざまな文章にかかわることで、クライアントの売上・利益アップに貢献することが仕事となります。

 

Webライターの副業で必要なスキル

「Webライターって文章を書くだけだから、私でもできそう」と考える初心者の方は多いです。

 

確かに、Webライター案件は高い文章力が求められない案件も多いです。そのため、専門的なスキルがなくても、たくさんの記事を書けば、月5〜10万円程度の副業収入は得ていけるでしょう。

 

一方で、月30万円〜月50万円や、ゆくゆくは月100万円などの高収入を得ていきたい方は、最終的には以下のようなスキルを身につける必要があります。

 

Webライターの副業で必要なスキル
  • 文章力(記事タイトルのつけ方・リード文の書き方・本文の書き方など)
  • SEOライティングに関する知識(Googleなどの検索結果で上位表示をするライティングスキル)
  • 取材スキル(取材記事を書くWebライターの場合、取材に関するスキル)
  • 案件獲得ノウハウ(副業で案件を取るためのノウハウ)
  • 単価の交渉ノウハウ(副業案件で高単価を実現するための交渉ノウハウ)など

 

前述通り、Webライターの仕事は、Web上の文章を書くことが表面上の仕事ですが、本質的な仕事は「Webライティングを通じて、クライアントの売上・利益を上げること」です。

 

人を惹きつける魅力的な文章を書けるようになったり、Googleの検索結果で上位に出てくる記事を書けるようになれば、クライアントの商品・サービスの認知拡大・購買拡大につながります。

 

このような状態を実現するためには、前述したスキルが満遍なく必要になります。

 

「たくさんのスキルがあって、私には難しそう…」と不安に思ってしまった方も大丈夫です。最初から全てのスキルを持っている人なんてほとんどいません。大半の人は経験を積みながらスキルアップしています。

 

本記事でまとめているステップで行動していけば、着実にスキルを身につけ、高単価のWebライターとして高収入を目指すことも十分可能です。

 

Webライターの副業で必要なツール

Webライターの副業で必要なツールは次の通りです。

 

Webライターの副業で必要なツール
  1. パソコン
  2. インターネット環境

 

Webライターの副業を始めるためには「パソコン」は必要不可欠です。「スマホでもできないかな?」と考える未経験の方は多いですが、正直スマホだと生産性がかなり下がってしまうため、パソコン一択です。

 

執筆したコンテンツをWeb上にアップする際や、クライアントとの校正のやり取りでは「インターネット環境」が必須となります。パソコンでネットが使える環境も準備する必要があります。

 

必須のツールはこれだけです。現在人気の副業である動画編集やデザインなどは、これらのツールに加えて、動画編集ソフトやデザインソフトが別途必要になります。

 

Webライターの場合、必要なツールが少ないため、初期投資が小さく済むこともメリットと言えるでしょう。

 

Webライターの副業収入・月収・単価事情

Webライターの副業収入・月収・単価事情を解説します。

 

Webライターの報酬体系は大きく「文字単価」と「記事単価」の2つがあります。

 

文字単価とは、1文字●円のよう、文字数によって収入が決まる報酬体系です。低い案件だと1文字0.1円であり、高い案件だと1文字5円が相場です。相場をまとめると次の通りです。

 

レベル文字単価
上級者3.0円〜5.0円
中級者1.0円〜3.0円
初心者0.1円〜1.0円

 

記事単価とは、1記事●円のように、記事本数によって収入が決まる報酬体系です。1記事5,000円の案件もあれば、1記事10,000円や15,000円の案件もあります。文字単価の案件に比べると、案件数は少ないことが特徴です。

 

【未経験OK】Webライターの副業の始め方・3ステップ

ここからは、未経験・初心者でもできる、Webライターの副業の始め方を解説します。ステップは決して多くなく、3つのステップで完結します。

 

Webライターの副業の始め方・3ステップ
  1. Webライティングの知識・スキルを身につける
  2. ポートフォリオを準備する
  3. 副業案件を獲得する

 

1. Webライティングの知識・スキルを身につける

未経験・初心者が最初にやるべきことは「Webライティング知識・スキルを身につけること」です。学習方法は大きく3つあります。

 

Webライティングスキルを身に付ける方法
  1. Webライタースクールを利用する
  2. 独学で本などを使って勉強する
  3. ブログ・Webサイトをご自身で運営し、実践形式で学んでいく

 

Webライターの副業で収入を得ることが目的であれば、おすすめは1の「Webライタースクールを利用すること」です。3つの学習法、それぞれの特徴を簡潔に紹介しますね。

 

1. Webライタースクールを利用する

Webライタースクールとは、プロの現役WebライターからWebライティングの基礎〜実践を学べるスクールです。

 

最近は品質の高いWebライタースクールの数が増え、未経験・初心者からスクールを受講し、副業収入を得られるようになった方も増えています。

 

スクールは受講費用がかかるものの、その分最短最速でプロの知識・スキルを習得できます。

 

中には、Webライティングの知識だけでなく、ポートフォリオの作成方法や案件獲得ノウハウまで学べるスクールもあります。Webライティングの知識〜ポートフォリオの作成方法〜案件獲得ノウハウまで一貫して学ぶことで、高単価なWebライターを目指していけます。

 

参考までに、実績と品質の高いWebライタースクールをまとめると次の通りです。

 

Webライタースクールおすすめ3選

 

上記スクールはいずれも実績や評判が良いです。

 

各スクールは「無料相談」「無料カウンセリング」を開催しているため、気になる方は一度話を聞いてみると良いでしょう。

 

コース詳細だけでなく、Webライターの副業で収入を得ていくルートなども、具体的なアドバイスをもらえますよ。

 

公式サイトはこちら

 

2. 独学で本などを使って勉強する

Webライタースクール以外だと、Webライティングを学べる本などを使い、独学で学ぶことも一つの方法です。

 

スクールと異なり、わからないことを質問できる相手がいないことや、ポートフォリオ制作や案件獲得ノウハウまで学べない点はデメリットですが、その分お金をかけずに学習できる方法です。

 

Webライターにおすすめな本・参考書をまとめておきました。この中から選んで学習することで、Webライターの基本をゼロから身につけていけますよ。

 

 

3. ブログ・Webサイトをご自身で運営し、実践形式で学んでいく

ここまで紹介した2つの方法より難易度は上がりますが、ブログ・Webサイトをご自身で運営し、実践形式で学んでいく方法も一つのルートです。

 

ブログ・Webサイトを自身で運営するメリットは、Webライティングの知識だけでなく、SEO(検索エンジン最適化)に関する知識も実践形式で学べることです。

 

ブログ・Webサイトをたくさんの人に見てもらうためには、単に魅力的な文章を書けるだけでは足りません。Googleなどの検索エンジンで上位表示させることで、たくさんの一目に初めて触れるようになります。

 

ブログやWebサイトを運営することで、実践形式でWebライティング+SEOを学ぶことができます。Webライターの副業案件でも、ご自身で運営しているブログやWebサイトがある+検索上位などの成果が出ていれば、案件受注が有利になるケースはかなり多いです。

 

このように、まずはWebライターに必要なスキルを身につけることが最初のステップです。迷うようであれば、Webライタースクールを利用することが一番近道ですし、おすすめの方法です。

 

関連:Webライター講座・スクールおすすめ4選比較!初心者からライティングスキルを習得

 

2. ポートフォリオを準備する

Webライティングのスキル・知識を身につけたら、です。

 

ポートフォリオとは、ご自身の実績やプロフィールをまとめた、 Webライターの履歴書のようなものです。企業から評価される質の高いポートフォリオを準備することが、Webライターが案件を受注するための最重要項目の一つです。

 

Webライターがポートフォリオに記載すべき内容は?

Webライターがポートフォリオに記載すべき内容は次の通りです。

 

Webライターがポートフォリオに記載すべき内容
  • 自己紹介(ペンネーム・性別・年齢・経歴など)
  • 実績(Webライターとしての実績。これまで書いた記事のURLなど)
  • サンプル記事(発注者にアピールするためのサンプル記事。希望する案件と同じジャンルのサンプル記事を作ることが望ましい)
  • 対応範囲(キーワード選定・記事構成作成・記事作成・投稿・リライト・取材など、対応できる範囲を記載する)
  • 納品時間(いつまでに納品できるかを記載する)
  • 希望単価(希望する単価を伝える。募集条件と乖離がありすぎると受注が難しくなるため、希望案件に合わせて設定することが望ましい)
  • 連絡先(メールアドレスやチャットツールのIDなど)

 

こういったポートフォリオの内容をもとに、発注者はあなたに案件をお願いするかを決めます。

 

このように、ステップ2でポートフォリオを準備することで、いよいよ副業案件の獲得にチャレンジすることができます。

 

3. 副業案件を獲得する

ここまでのステップで得たスキルとポートフォリオを武器に、副業案件を獲得していきましょう。

 

「営業なんてやったことないし、案件をどうやって獲得できるかわからない」と不安に思ってしまった方も多いはず。

 

安心してください。最近はWebライターの副業がたくさん掲載された「クラウドソーシングサイト」や「副業案件サイト」があります。

 

こういったサイトに無料登録すれば、Webライティング案件をお願いしたいクライアントと簡単にマッチングすることができます。

 

もちろん、最終的に受注できるかどうかは、スキルやポートフォリオ次第です。

 

ですが、この2つさえしっかり押さえておけば、Webライターが案件を取るための環境は整っています。案件を取るために、ご自身で企業に電話・メールなどで直接営業する必要はないのです。

 

Webライターの副業案件が見つかる求人サイト・エージェント

Webライターの副業案件が見つかる案件サイト・エージェントをまとめると次の通りです。

 

Webライターの副業案件が見つかるサイト・エージェント
  1. クラウドワークス【国内最大級のクラウドソーシングサイト。Webライター案件が豊富。これから実績を積みたい初心者・未経験向け】
  2. Anycrew【副業・フリーランスのマッチングサービス。週1日からできる副業案件が多数あり】
  3. ココナラ【得意を売り買いするスキルマーケット。Webライターの副業向け】
  4. クラウドテック【クラウドワークスの上位版。案件数は少ないものの、高単価案件あり】
  5. Workship【副業案件に強いエージェント。未経験だと難しいため、Webライターの実務経験者向け】

 

これらのサイトはWebライターの副業案件に強いです。それぞれ特徴が異なるため、ご自身の状況に合わせたサイトの登録することがおすすめです。

 

いずれのサイトも完全無料で登録・利用できます。まずは無料登録し、案件を眺めてみることから始めてみましょう。

 

Webライターの副業のメリット

Webライターの副業のメリットは次の通りです。

 

Webライターの副業のメリット
  1. 未経験・初心者でもスキルを身につけやすい
  2. 初めての副業収入を得るまでに多くの時間がかからない
  3. 単発案件だけでなく、固定報酬・継続案件も多いため、副業収入が安定化する

 

1. 未経験・初心者でもスキルを身につけやすい

Webライターに求められるスキルは、他のさまざまな分野と比べても難しくないため、未経験・初心者でも身につけやすいです。

 

例えば前述したWebライター講座・スクールを利用すれば、数ヶ月でWebライティングの基本を押さえることができます。

 

関連:Webライター講座・スクールおすすめ4選比較!初心者からライティングスキルを習得

 

2. 初めての副業収入を得るまでに多くの時間がかからない

Webライターは初めての副業収入を得るまでに、1年や2年といった時間がかかりません。

 

それこそ、Webライター講座・スクールなどで基本をしっかり身につければ、Webライターの副業で月5万円の収入を、3ヶ月〜半年程度で得ることも十分可能です。

 

「いち早く副業収入を得たい!」という方は、即金性の高いWebライターの副業は特に向いています。

 

3. 単発案件だけでなく、固定報酬・継続案件も多いため、副業収入が安定化する

Webライターの案件は「1記事●円」「文字単価●円」といった単発案件が多いですが、実は「月●●万円などの継続案件も多いことが特徴です。

 

Webサイトを運営するクライアントは、たくさんの記事・コンテンツを作成・更新していく必要があります。

 

一方、一定以上のクオリティを持つWebライターの数は少ないため「固定報酬・継続案件として、Webライターを囲い込みたい」と考えているクライアントも多いのです。

 

ですから、最初は単発案件で案件にチャレンジし、そこで信頼を勝ち取れば、固定報酬・継続案件として安定した副業収入を得ることも目指せます。

 

これはWebライターの隠れた・あまり知られていないメリットです。この事実に気づいたWebライターは、固定報酬・継続案件をガンガン獲得しています。

 

Webライターの副業のデメリット

Webライターの副業のデメリットは次の通りです。

 

Webライターの副業のデメリット
  • 未経験・初心者だと最初の単価は低い

 

未経験・初心者だと最初の単価は低い

Webライターの副業は誰でも始めやすい分、未経験・初心者だと最初の単価は低めです。

 

「最初からいきなり高収入を実現する」ということは難しいことを認識した上で、徐々に実績と信頼を積み上げ、単価アップを目指していくことが、Webライターの王道ルートです。

 

よくある質問

未経験でもWebライター副業で本当に稼げるの?

稼げるかどうかはその人次第ですが、Webライターは未経験から副業で稼げるようになった方が特に多い仕事です。

 

Webライティングスキルは未経験でも習得しやすい上に、はじめての副業収入を得るまでの期間も短めです。これからはじめて副業にチャレンジするなら、Webライターの副業は特におすすめです。

 

Webライターの副業は大学生でもできる?

Webライターの副業は大学生でももちろんできます。最近は大学生のうちから、アルバイトの代わりにWebライターの副業を行い、生活費や学費を得ている方も増えています。

 

本記事でまとめた3ステップ・始め方で行動すれば、大学生がWebライターの副業で収入を得ることは十分現実的です。

 

Webライターの副業は何歳までが現実的?

Webライターの副業に定年はありません。20代や30代など若い方はもちろん、40代や50代、60代以上の方でも、Webライターとして副業を始めることができます。

 

むしろWebライターは、ご自身の実体験をもとに文章を書ける人が重宝されるため、人生経験が豊富にある30代、40代、50代以上の方が、魅力的なコンテンツを作れる可能性もあります。

 

Webライターの副業はスマホでもできる?

無理ではありませんが、Webライターの副業は「パソコン」を使うことが一般的です。スマホだと作業効率がどうしても落ちてしまう傾向があるため、パソコンを利用することがおすすめです。

 

Webライターの副業で確定申告は必要?

基本的に給与所得が一箇所のみで、副業の所得(収入から経費を引いた金額)が年間20万円以下であれば、確定申告は不要です。この点は税制が変わる可能性もありますので、最新情報をチェックしてみてください。

 

まとめ

本記事でまとめたWebライター副業の始め方・3ステップで行動すれば、未経験でもWebライターとして副業収入を得ることは可能です。

 

「何から行動すればいいかわからない」という方は、まずはWebライティングの知識・スキルを身に付けることからスタートしましょう。知識・スキルこそが、Webライター副業の土台になるからです。

 

おすすめの学習方法はWebライタースクールです。Webライター講座・スクールおすすめ4選比較でおすすめスクールをまとめているので、こちらもぜひチェックしてみてください。

 

Webライタースクールおすすめ3選
Webライターの副業案件が見つかるサイト・エージェント
  1. クラウドワークス【国内最大級のクラウドソーシングサイト。Webライター案件が豊富。これから実績を積みたい初心者・未経験向け】
  2. Anycrew【副業・フリーランスのマッチングサービス。週1日からできる副業案件が多数あり】
  3. ココナラ【得意を売り買いするスキルマーケット。Webライターの副業向け】
  4. クラウドテック【クラウドワークスの上位版。案件数は少ないものの、高単価案件あり】
  5. Workship【副業案件に強いエージェント。未経験だと難しいため、Webライターの実務経験者向け】

関連:Webライター講座・スクールおすすめ4選比較!初心者からライティングスキルを習得