【最終結論】Webデザインスクールは無駄?受講者の生声から徹底検証

【最終結論】Webデザインスクールは無駄?受講者の生声から徹底検証した結果

 

「Webデザインスクールが気になってるけど、本当に意味ある」

「お金を払って受講しても十分なスキルが得られないのでは…?」

「お金と時間が無駄になったりしないかな」

 

と、悩んでいませんか?

 

この記事では、「Webデザインスクールは無駄?」と思っている方向けに、Webデザインスクールを実際に受講した方のリアルな生声を紹介した上で、「Webデザインスクールは無駄なのか、それとも意味があるのか」を解説します。

 

結論、Webデザインスクールが無駄になるか、それとも有意義なものになるかは、結局のところ「受講者次第」です。

 

それでも、ほとんどの人は(だいたい10人中9人の方)は、Webデザインスクールを使った方が、良い結果には繋がりやすいです。独学の挫折率は約90%と言われていますので、挫折率が低く、実績の多いWebデザインスクールを使った方が良い結果は得やすいです。

 

ただし、一点注意点があり、それは「質の良いスクールを選ぶこと」です。この点を間違ってしまうと、スクールを使ったとしても、時間とお金も無駄にしてしまう可能性があります。

 

参考までに、各スクールを取材して厳選した「【徹底比較】Webデザインスクールおすすめ5選!オンライン・社会人向けなど目的別で紹介」のスクール5つは、品質と評判が良かったです。迷ったらこの5つから検討すると、スクール選びで失敗する確率は減らせますよ。

 

以上が結論ですが、実際に受講された方々のリアルな声や、Webデザインスクールを無駄にしない4つのポイントまで、記事で紹介しますね。

 

「Webデザインスクールが正直無駄だった」という受講者の声

まずは「Webデザインスクールを受けたけど、正直無駄だった」という受講生の声を紹介します。

 

 

 

以上がWebデザインスクール受講生の声です。

 

一人目の方が言っている「スクールに通ったらなんとかなる依存マインドが問題」というのは、全くもってその通りだと思います。僕自身、過去にスクールでプログラミングを学んだことがありますが、「スクールに通えばなんとかなるんだ」という依存マインドの人は、正直言うと脱落していきましたね。

 

また以下はWebデザインスクール受講生ではないのですが、Webデザイン講師をしている方の声です。

 

 

選ぶWebデザインスクールによっては品質が良くないことを指摘されています。こちらもその通りで、実務に活きる内容が学べるスクールを選ぶことにこだわることが必要です。

 

「Webデザインスクールを受けてよかった」という受講者の声

次に、「Webデザインスクールを受けて良かった」という受講者の生声をご紹介します。

 

 

Webデザインスクールを3ヶ月間受講し、未経験からWebデザイナー転職を成功された方などがいらっしゃいました。また、スクール卒業後は、身につけたスキルを活かしてご自身で案件を受けている方など、スクール卒業後のキャリアは幅広くなっています。

 

上記の声を見る限り、「Webデザインスクールを受講して良かったと思っている方がいること」や、「良い結果につながった受講生がいること」は、事実としてわかると思います。

 

また以下は、先ほどと同じくWebデザイン講師の方の声です。

 

 

品質の良いWebデザインスクールを選べば、Webデザイナーに必要な上記スキルは基本的に学べることを挙げられています。

 

Webデザインスクールは無駄?意味ないのか?【結局は受講者次第】

ここまでの生声をまとめると、次のことが言えます。

 

ここまでのまとめ
  • Webデザインスクールを受講して無駄になった人は確かに存在する
  • 一方で、Webデザインスクールを受講し、未経験から転職したり、個人で収入を得られるようになった人も存在する

 

つまり、結局は「受講者次第」なんですよね。

 

全く同じWebデザインスクールを利用しても、受講者によって差が出るのは当然

当たり前のことですが、全く同じWebデザインスクールを、同じ期間だけ利用した受講生の中にも、毎日の学習量、学習の密度はどうしても差が出ます。集中力があり、長時間学習できる人は当然伸びていきますし、逆に集中力がなく、毎日少ししか学習できない人はなかなか伸びていきません。

 

とはいえWebデザインスクールには、プロの現役Webデザイナー講師がいて、わからないことを質問できる環境があるのは事実です。

 

また、学べる内容はスクールによって差があることは否めませんが、良いスクールを選べば、実務から逆算した基礎・実践を学べる場所でもあります。

 

Webデザインを「独学」で全く学べないかというとそうではないですが、Webデザイン独学者は挫折率90%とも言いますので、独学のハードルはなかなか高いです。

 

一方、プロのWebデザイナーにいつでも質問できるスクールであれば、独学よりも上達は速くなりますし、スキルレベルも一段高いところを目指せます。挫折する人の割合も、独学と比べると当然少なくなります。

 

もちろん、Webデザインスクールはお金がかかりますので、本当に受講価値があるか、得られる未来と天秤にかけて、最終的に決断する必要があります。

 

ですが、挫折確率の高い独学で時間をたくさん消費するより、短期集中でWebデザインスクールを利用した方が、良い結果には間違いなく繋がりやすいです。

 

Webデザインスクールを無駄しない4つのポイント

ここまで読んできて、「私にはWebデザインスクールはやっぱり合わなそうだから、独学しよう」と思った方もいれば、「Webデザインスクールを有効活用して、何としてもWebデザイナーになりたい」と思った方もいると思います。

 

Webデザインスクール受講を検討したい方に向けて、Webデザインスクール受講を無駄にしない4つのポイントをまとめると、次の通りです。

 

Webデザインスクールを無駄にしない4つのポイント
  1. Webデザインスクールを受講しただけでは全く意味がないと知る
  2. 品質の良いWebデザインスクールを選ぶことにこだわりきる
  3. Webデザインスクール受講期間中は学習にコミットする
  4. Webデザインスクール卒業後はポートフォリオ制作を行う

 

1. Webデザインスクールを受講しただけでは全く意味がないと知る

受講者の声でも紹介しましたが、Webデザインスクールは「スクールを受講したらWebデザイナーになれる」という依存マインドで受講すると、かなりの確率で脱落します。

 

ですから、受講前から「Webデザインスクールは受講しただけでは全く意味がない」と認識しておくことをおすすめします。

 

最初の気持ちのセットが間違っていると、せっかくお金を払ったスクール代が無駄になってしまいます。それなら、そのお金で両親に美味しいものを食べさせてあげたりした方がよっぽど良いお金の使い道となります。

 

「Webデザインスクールを受講してからが本番だ」という気持ちであれば、Webデザインスクールは未来を切り拓く、良いきっかけになると思いますよ。

 

2. 品質の良いWebデザインスクールを選ぶことにこだわりきる

どれだけ意気込みがあったとしても、カリキュラムがポンコツなスクールを選んでいては意味がありません。

 

ですから、品質の良いWebデザインスクールを選ぶことにこだわりましょう。

 

品質の良いWebデザインスクールはどこ?

とはいえ、品質が抜群で、サポートも手厚いスクールは費用も高めになりがちなので、最終的にはコスパも考える必要があります。

 

例えば、Webデザイン学習に加えて、Webデザイナーへの転職支援や・後述するポートフォリオ制作支援までを受けようとすれば、そういったスクールは費用が高めになります。実例でいうと、以下のスクールが該当します。

 

Webデザイン学習に加え、転職支援・ポートフォリオ制作まで受けたい方向けのスクール

実践的なWebデザインスキル学習に加え、転職支援やポートフォリオ制作支援まで受けられる:『デジタルハリウッドSTUDIO by LIG(6ヶ月495,000円)』

 

一方で、Webデザイナーへの転職活動や、ポートフォリオ制作は自分で行う場合、以下のようなコスパの良いスクールもあります。

 

仕事につながる実践的Webデザインスキルを、コスパよく学びたい方向けスクール

実践的なWebデザインスキルをコスパよく学べる:『TechAcademy Webデザインコース(2ヶ月229,900円』『CodeCamp デザインマスターコース(2ヶ月198,000円)』

 

Webデザインに限らず、未経験の方にとって一番大変なのは「慣れるまでの間」です。

 

一番大変な最初の時期を、プロのWebデザイナーのサポートを受けられるスクールで乗り切れば、その後は自分で転職活動したり、ポートフォリオの準備をすることもしていけますよ。

 

このように、品質が良いスクールを選ぶことはもちろん、その中であなた自身がスクールに何を望むか、スクールで得たいことと、自分の力で得ていくものを、切り分けて考えることをおすすめします。

 

そうすれば、より自分にあった、失敗しないスクール選びができますよ。

 

3. Webデザインスクール受講期間中は学習にコミットする

前述通り、受講しただけでは全く意味がありませんので、受講期間中は学習にコミットしましょう。

 

もちろん、会社員の方は本業があるでしょうし、学生の方は学業、主婦の方は家事や育児があります。それらはしっかりこなしつつ、残りの時間は全てWebデザイン学習に注ぎ込むくらいのスタンスがおすすめです。

 

もし学習量が足りなそうであれば、受講期間を伸ばせば大丈夫です。1ヶ月だと難しそうなら2ヶ月に、2ヶ月で難しそうなら3〜4ヶ月を検討してみましょう。

 

この辺りは各Webデザインスクールが設けている「無料体験」「無料説明会」で、今のあなたの状況ならどれくらいの受講期間だと無理がないか、プロの視点でアドバイスをもらうことができますので聞いてみると良いでしょう。

 

4. Webデザインスクール卒業後はポートフォリオ制作を行う

未経験からWebデザイナーになる上で、一番重要なのは、実はこのポイントだったりします。

 

なぜなら、Webデザイナーを採用したい企業や、Webデザイナーにフリーランス・副業案件を発注したい企業や個人は、応募者の「ポートフォリオ」を見て判断することがほとんどだからです。

 

ポートフォリオとは?

Webデザイナーの世界でいう履歴書みたいなものです。自身のプロフィール、これまで作ってきた制作実績などをまとめたものです。

 

良質なポートフォリオ制作をするためはスキルが必要ですが、前述した質の良いWebデザインスクールで学べば、簡単な制作物・ポートフォリオを作るだけの土台は身につけることが可能です。

 

学んだことを活かして最初の一歩を創り出す。この段階も駆け出しWebデザイナーにとって壁の一つですが、ここさえ乗り越えてしまえば、自由で、自分らしい、Webデザイナーとしての人生が手に入ります。

 

ポートフォリオを一人で準備する自信がないなら、ポートフォリオ制作支援のあるWebデザインスクールを検討しよう

もし一人でポートフォリオを作ることが不安なら、前述した『デジタルハリウッドSTUDIO by LIG(6ヶ月495,000円)』を検討すると良いでしょう。

 

費用こそ高めですが、前半3ヶ月で実践的Webデザイン学習をみっちりこなし、後半3ヶ月はオリジナル制作実績作りとなっています。

 

3ヶ月もオリジナル制作実績作りをするスクールは他にないので、不安な方は、こういう品質も高く、サポートも充実したスクールを選べば、スクール選びでの失敗確率はかなり減ると思いますよ。

デジタルハリウッドSTUDIO by LIG公式サイトを見る

 

まとめ

述べてきた通り、Webデザインスクールを意味あるものとするか、それとも無駄にすることは、結局のところ「受講者次第」です。

 

どんなスクールを選ぶかも受講者の責任ですし、スクール受講期間をどう過ごすかも受講者の責任です。

 

でも裏を返せば、自分の頑張り次第で、未来はいくらでも変えていけるということです。

 

自分のことを信じて、一歩踏み出してみてはいかがでしょうか?

 

勇気を出して一歩踏み出し、行動を継続していけば、未来は明るいですよ。

 

本記事で紹介した品質の良いWebデザインスクール3選(公式サイトへ)

 

人気記事

上記3スクール含む、おすすめWebデザインスクールは「【徹底比較】Webデザインスクールおすすめ5選!オンライン・社会人向けなど目的別で紹介」を参考にしてみてください。