働きながらTOEICスコアアップした僕が、社会人向けTOEIC勉強法を紹介

働きながらTOEICスコアアップした僕が、社会人向けTOEIC勉強法を紹介

 

「社会人として働きながらだと、短期間でTOEICスコアアップは難しい」

「忙しい時間で勉強しても、なかなか勉強が続かず、中途半端な結果になってしまう」

 

という風に、悩んでいませんか?

 

以前の僕はそう感じていました。もともとTOEICは400点台で「TOEICスコアアップしたい、でも仕事も忙しいし、社会人として働きながらだとなかなか点数が上がらない…」と、悩んでいたんですよね。

 

それでも、様々なTOEIC勉強方法を試行錯誤しながら試してきたことで、TOEIC600点、700点と順調にスコアを上げていき、今ではTOEICだけでなく、海外赴任で現地スタッフを英語でマネジメントしたり、外国人と商談できるレベルまでなることができました。

 

その経験から今回断言したいことは、社会人として働きながらでも、正しい勉強方法で学習すれば、短期間でTOEICスコアアップは可能ということです。

 

とはいえ、適当に行動しても難しいです。正しい勉強方法が必要です。ですから本記事では、社会人として働きながらTOEIC点数アップが目指せる「社会人向けTOEIC勉強方法」を解説します。

 

本記事の勉強方法で学習すれば、短期間でもTOEICスコアアップは実現できますよ。5分ほどで読める文量ですので、ぜひ最後までご覧ください。

 

社会人として仕事しながらTOEICスコアアップした僕の話

社会人として仕事しながらTOEICスコアアップした僕の話

 

冒頭で書いた通り、僕は社会人として仕事をしながら、TOEICスコアアップをしました。

 

僕が入社した会社は大手グローバル企業で、多くの人が若くから海外駐在にいくような会社でした。周囲を見渡せば、

 

「小学生の頃はアメリカに住んでいました」

「中学と高校生はイギリスの学校に通っていました」

「高校3年間はオーストラリアにいました」

 

という風に、帰国子女ばかりの環境だったんですよね。

 

それに比べて僕は、生まれは日本で、育ったのも日本でした。大学の時にカナダへ語学留学をしたことはありますが、劇的に英語力が上がったわけでもなく、周りの同期から見れば英語はポンコツな部類だったんですよね。

 

社内では海外駐在の基準の一つに「TOEIC」がありました。駐在員に選ばれるためにも、TOEICスコアアップは必要でした。そのため、仕事をしながらTOEIC勉強をやってきたんですよね。

 

結果としてTOEICを600点、700点と順調に上げることができ、20代半ばでは海外駐在にもなれたわけですが、そこに至るまでの道のりは相当大変で、遠回りもたくさんしてきました。その経験をまとめたのが本記事です。

 

社会人が仕事しながらTOEIC点数アップするコツ

社会人が仕事しながらTOEIC点数アップするコツ

 

結論、以下の通りです。

 

  1. 正しい勉強方法で学習すること
  2. 隙間時間も徹底活用し、毎日勉強時間を確保すること
  3. 短期集中でやり切ること

 

それぞれ解説します。

 

1. 正しい勉強方法で学習すること

社会人がTOEIC学習する上で何より重要なのは、正しい勉強方法で学習することです。

 

どれだけ学習時間を確保し、どれだけ一生懸命勉強したとしても、勉強方法が間違っていたらスコアは上がりません。努力することが大事なのではなく、正しく努力することが、結果を出すためには最重要なんですよね。

 

特にTOEICや英語というのは、残念ながら「NG勉強方法」も多く広まっています。例えば「英語の聞き流し」は効果が薄い勉強法ですが、それを知らずに、毎日通勤時間で英語を聞き流している社会人も多いです。過去の僕もそうでしたが、間違った勉強方法で学習していると、上達するものも上達していきません。

 

だからこそ、正しい学習方法を知り、正しい学習方法を徹底的に行うことが大切です。

 

2. 隙間時間も徹底活用し、毎日勉強時間を確保すること

英語学習は「継続すること」が何より大切です。

 

とはいえ、忙しい社会人の場合、毎日まとまった学習時間を確保することは難しいですよね。

 

だからこそ「隙間時間の有効活用」が、忙しい方ほど重要となります。以下のような隙間時間を活用しながら、毎日の勉強時間を確保していく必要があるんですよね。

 

  • 駅のホームで電車を待つ5分
  • 通勤時間の30分
  • 会社の昼休みの15分
  • 寝る前の10分

 

こういった時間を積み上げるだけでも、人によっては1時間くらいは捻出できるはずです。

 

僕も働きながら学んでいた時は、上記のような空き時間を全て、TOEIC学習に費やしていました。

 

このように、仕事しながら学ぶ社会人にとって隙間時間活用は重要です。まずは毎日なんとなくぼーっと過ごしがちな隙間時間を見直し、TOEIC学習に充ててみましょう。

 

3. 短期集中でやり切ること

TOEIC学習は長期でダラダラやるよりも、2〜3ヶ月という短期集中でやり切ることがおすすめです。

 

なぜなら、TOEICは正しい勉強方法で毎日学習していけば、短期間でもスコアアップできるからです。

 

短期集中で行うことはメリットも大きいです。例えば以下のようなメリットがあります。

 

  • 最短で得たい結果が手に入る
  • 短期なのでモチベーションも途切れにくい
  • 短期でTOEIC点数アップできれば、その後は別のことに時間を使える

 

このように、短期集中学習は良いこと尽くしなんですよね。

 

もちろん、短期学習し、必ずしも結果に結びつくわけではないです。ですが、それは長期学習も一緒ですよね。どれだけ時間をかけても、結果に繋がらないことは往々にしてあります。

 

だからこそ「最初の2〜3ヶ月で全て決着をつけるんだ」くらいの意気込みでTOEIC学習することが、仮に失敗しても、無駄にする時間は少なくなります。

 

短期であれば意欲も継続しやすいので、効率良いですよ。ですからTOEICをやるなら、短期集中で学ぶことをおすすめします。

 

社会人向けのTOEIC勉強方法

社会人向けのTOEIC勉強方法

 

社会人がTOEICを勉強する方法は大きく2つあります。

 

  1. 独学で勉強する(アプリや参考書などを使う)
  2. TOEICに強いスクールに通う

 

独学かスクール、大きくこの2つです。

 

1. 独学で勉強する

独学で勉強する場合ですが、

 

  • TOEICの総合力をアプリで勉強する
  • 足りない知識を参考書を使って学習する

 

上記のように、TOEIC学習アプリや、TOEIC参考書を使って勉強していくことがおすすめです。

 

独学で勉強する場合は、

 

  1. 本当に良いアプリや参考書を選ぶ
  2. 効果的な活用方法で勉強する

 

この2つがとても重要なので、それぞれ解説します。

 

TOEICの総合力をアプリで勉強する

まずTOEICの総合力に関しては「TOEICアプリ」で学習することがおすすめです。

 

中でもTOEIC学習にぴったりなのは「スタディサプリEnglish TOEIC対策コース」です。

 

スタディサプリはリクルートが運営する、APPストア教育カテゴリー人気No.1、累計100万ダウンロードを突破した人気英語アプリです。

 

TOEIC学習に必要なリスニング、リーディングがコレ一つで学べるようになっているので、TOEICの総合力、土台をしっかり作りたい場合に最適です。

 

1回3分から学べるコンテンツに加え、TOEICカリスマ講師の関先生の講義動画までバッチリ観れます。僕もスタディサプリは3年以上登録し続けて使っていますが、楽しく無理なく、本格的な英語やTOEICが学べるので、社会人のTOEIC学習にも最適です。

 

今なら「7日間の無料体験」もできるので、通勤時間の1週間でまずは試してみることをおすすめします。

 

足りない知識を参考書を使って学習する

スタディサプリEnglish一つでもTOEIC700点くらいは十分いけますが、リスニングやリーディング、単語など、足りない知識、もっと強化したい分野は、参考書を使って勉強することがおすすめです。

 

以下分野ごとにおすすめの参考書を挙げています。

 

 

勉強方法は、上記一冊を、徹底的にやり込むことがおすすめです。

 

あまり多くの参考書に手を出しても、内容がかぶっていたりするので、学習効率はどうしても落ちてしまいます。

 

一つの参考書を徹底的にやりこむことで、深い知識も定着していくので、上記参考書をこれでもかというくらい、徹底的に活用していきましょう。

 

2. TOEICに強いスクールに通う

もう一つの方法が、TOEICに強いスクールを利用する方法です。

 

最近は「英語コーチング」という、パーソナルトレーナーが専属でつき、学習方法の策定から、日々の学習まで、一貫してサポートを受けられるスクールがあります。

 

僕は、ただレッスンをする駅前留学は費用対効果が悪いと考えていますが、コーチング系スクールであれば、短期間でTOEICスコアアップできると確信しています。

 

大きな違いは、駅前留学はただ英語のレッスンをすることが多いですが、英語コーチングは駅前留学と異なり、課題を明確にした上で、本当に効率的な学習方法のみ利用し、挫折することなく勉強できる仕組みが整っています。

 

ポートの質、粒度、手厚さが英語コーチングの方が圧倒的に高いので、自信がない方でも、英語コーチングならTOEIC点数を飛躍的に高めることも可能です。

 

TOEICに強いスクール

参考までに、TOEICに強い英語コーチングスクールは次の3つです。

 

TOEICに強い英語コーチング

1. PROGRIT【短期間で圧倒的な結果を実現】確実にTOEICで成果を出したいならココ

2. ライザップイングリッシュ【絶対に挫折させない学習サポート】挫折せず学習したいならココ

3. トライズTOEIC対策【TOEICスコアアップ保障あり】手厚いサポート・安心の保障が欲しいならここ

 

どこも2〜3ヶ月の短期集中型で、社会人の受講者が中心です。働きながら短期間でTOEICスコアしている方が多いので、迷ったらこの3つから選ぶと間違いないですよ。

 

社会人がTOEICスコアアップするメリット【得られる未来】

社会人がTOEICスコアアップするメリット【得られる未来】

 

ここまで紹介した勉強方法を使ってTOEIC高得点を手に入れた場合、今とは違った人生が待っています。

 

社会人がTOEICスコアアップすることで得られるメリット・未来は次のようなものです。

 

  1. 転職で有利になる
  2. 年収UPできる
  3. 海外出張や海外駐在のチャンスが回ってきやすくなる

 

転職で有利になる

多くのグローバル企業はTOEICスコアを英語力を測る指標として、採用選考で取り入れています。

 

そのためTOEIC高得点を持っているだけで、そうでない人と比べて、転職が有利になります。

 

例えば僕も1回転職を経験していますが、世界時価総額ランキングトップ10に入る、外資系大手IT企業の内定を勝ち取ることができました。TOEICスコアがあったことで、転職活動は有利に進んだと感じました。

 

これは僕だけでなく、僕の周囲でTOEIC高得点を取っている人も同様です。外資系コンサルに転職した知人もいますし、有名大手企業、外資系企業へ転職できた方もいます。

 

このように、TOEICスコアアップできれば、今の会社よりも恵まれた環境の会社や、憧れの有名企業にも転職が目指せます。

 

年収UPできる

グローバル人材は年収帯が高めです。そのため、TOEICで点数アップができれば、前述した転職や、社内での昇進などを通じ、年収アップすることが可能です。

 

特に英語力を採用指標として入れている企業は「平均年収が高い企業」が多いので「TOEICスコアアップ=年収アップでの転職」にも繋がりやすいです。

 

海外出張や海外駐在のチャンスが回ってきやすくなる

今の会社がグローバルに事業展開しているなら、海外出張や海外駐在のチャンスも回ってきやすくなります。

 

僕自身、TOEICスコアアップできたことも、20代半ばで海外赴任できた大きな要因だったと思います。

 

チャンスを掴むためにも、TOEIC高得点は取っておくことがおすすめです。

 

まとめ

働きながらTOEICスコアアップした僕が、社会人向けTOEIC勉強法を紹介

 

述べてきた通り、社会人として働きながらでも、短期間でTOEICスコアアップすることは可能です。

 

TOEICで高得点を取れれば、今より良い条件の会社にキャリアアップすることもできますし、今の会社で新たなチャンスをつかむこともできます。

 

また仕事面だけでなく、TOEIC学習を通じて英語力を高めていけば、外国人と自由にコミュニケーションを取る土台も身につきます。

 

そうすれば、日本で仕事をしたり、日本に住むだけでなく、世界中を舞台に仕事をしたり、海外で生活するような人生も一気に現実的になります。

 

短期集中2〜3ヶ月でも、働きながらでも、TOEIC点数アップは実現できます。

 

迷っている時間でスコアアップできるからこそ、2〜3ヶ月短期集中で、TOEICに打ち込んでみることをおすすめします。そうすると、3ヶ月後には人生大きく変わりますよ。

 

あわせて読みたい

おすすめのTOEICスクールは「TOEIC対策に本当に強い英会話スクールおすすめ5選比較」の記事で詳しく紹介しているので、ぜひ参考にしてみてください。