SIerからWeb系に転職するメリット・デメリットとは【転職方法も具体的に解説】

スポンサードリンク

SIerからWeb系に転職するメリット・デメリットとは【転職方法も具体的に解説】

 

  • SIerからWeb業界に転職したいんだけど、それぞれのメリット、デメリットは何だろう?Web系に転職するためのスキルや方法が知りたい

 

本記事では上記のような疑問に答えていきます。

 

これを書いている僕は、現在転職支援の仕事をしています。これまで多くのエンジニアや、エンジニア志望の未経験者の転職を手伝ってきたことから、「IT/Web業界の転職」についてはリアルな実態を理解しています。

 

また、僕自身も未経験からプログラミングを学んで習得し、現在は身につけたスキルを使って個人で稼いでいます。

 

このような立場から、SIer業界からWeb業界への転職について、リアルな実態を解説していきますね。

 

スポンサーリンク

SIer業界とWeb業界の違い

まずはじめに、SIer業界とWeb業界の簡単な違いについて解説します。

 

SIer業界

SIerはシステムインテグレーターの略です。一言で言うと、システム開発依頼を外部から請けて、開発をする会社のことを指します。

 

あらゆるシステムを作る会社がSIerなんですよね。例えば大手のSIerだと、銀行や政府のシステムを開発したりすることもあります。

 

SIerの有名企業としては、日本では野村総合研究所やNTTデータ、日立など。外資系ではIBMやオラクルが有名ですね。

 

ただ、これらの企業は基本的に一次企業(元請け企業)です。一次請け企業は顧客と直接取引をする企業のことですが、一次請け企業は、受注した案件を二次請け企業→3次請け企業と、下の企業へと発注をしていきます。

 

この構造を、多重下請け構造と言います。

 

SIer業界

 

上記のように、下請け構造になっているのが、SIerの特徴です。

 

「SIerきつい」というのは、このうち下請けの会社ですね。当然ながら利益が1番残るのは上位層なので、二次請け、三次請けと下がっていくほど、年収は下がります。

 

また、三次請け企業からすれば二次請け企業、二次請け企業からすれば一次請け企業はお客さんなので、納期があればそれを守らないといけません。なので、一般的には残業などが多くなりがちです。

 

このように、SIerの場合は特に下に位置する会社ほど、待遇や労働環境の自由さは減る傾向にあります。

 

だからこそ、個人的にはSIerにいくなら上流(一次請けなど)が良いと思いますね。

 

Web業界

一方Web企業は、自社でWebサービスを作り、自社のサービスを通じて何かしらの収益化をしているような企業です。

 

前述したSIerはシステム開発の対価として、クライアントからお金をもらうことに対し、Web系企業の収益パターンは様々です。

 

例えばWeb系で有名なところを挙げると、一つはFacebookですね。Facebookは自分たちで作ったSNSサービスに広告を載せることで、広告費用で主に収益をあげています。

 

また、メルカリはECサイトを自社で作ることで、利用者から手数料をもらって収益を上げています。

 

このように、Web系企業は自社でサービスを作り、そのサービス経由で収益を上げることが一般的です。

 

サービスが生命線のため、サービスを作るエンジニアやプログラマーを自社で採用しているケースが多いです。自社でエンジニアを内製化すれば、サービス開発のスピードも速くなりますし、質も追求できますからね。

 

このように、SIerとWebはそもそもの特徴が大きく異なるんですよね。

 

SIerからWeb系に転職するメリット、デメリット

SIerとWebの違いを踏まえ、SIerからWeb業界に転職するメリット、デメリットについてもご紹介します。

 

メリット

まずはメリットから。

 

メリット①リモートワークなど自由な働き方がしやすくなる

まずWeb系の場合、リモートワークなど自由な働き方がしやすいです。

 

なぜなら前述通り、自社サービス中心にマネタイズをしているため、SIerと比較してがっつりクライアントワーク、という感じではないからです。そのため、比較的働く場所など自由に働くことができます。

 

またWeb系とSIerでは、Web系の方が新しい会社が多く、SIerの方が体質が古い会社が多い傾向が強いんですよね。

 

実際僕もいろんなWeb系企業やSIerのオフィスにお邪魔しますが、Web系の方が、新しい働き方や、綺麗なオフィスなどは整っている傾向がありますね。

 

例えば最近お邪魔した東京青山のWebベンチャー企業は、リモートワークで社員が半分以上オフィスにいなかったですね。

 

オフィスに来ている方も、「オフィスも働きやすいから来ている」とのことでした。カフェのようなオフィスでMacbookをカタカタしているエンジニア、という光景でした。まあ近代的ですよ。

 

また最近は「週3勤務」「週4勤務」などの働き方をしている人もWeb系ではいますね。仕事中心の人生にしたくない、という方にも、Web系であれば理想の働き方が見つかる可能性があります。

 

このように、Web系は時代の先端をいくようなフレキシブルな働き方をしている会社が多いですね。

 

メリット②個人で生きるスキルが身につきやすい

個人的に大きなメリットと思っているのは、Web系の場合、個人で生きるスキルが身につきやすいことです。

 

Web系ってものすごく独立しやすい分野なんですよね。なぜなら、Webエンジニアの数が足りておらず、一方で仕事は山ほど余っているからです。

 

そのため、例えばWeb系のフリーランスエンジニアであれば、月収60万円以上くらいは実現する人が大半なんですよね。また最近は20〜30代で年収1,000万円近くを稼ぐWebエンジニアも増えています。

 

「でもそんな人、ものすごく高いスキルがあるんじゃない?」と思いがちですがそんなことはなく、むしろ独立するためのスキルは決して高くなくても大丈夫です。事実、2年くらい実務経験をしっかり積めば、独立するためのスキルはWeb系なら身につきます。

 

これがSIerだと、環境によっては一人で稼ぐ力がつかず、Web系よりも独立に苦労することも多いです。

 

なので、会社に依存することなく、個人でどこでも食べていけるようなスキルを磨きたいなら、個人的には「Web系」がおすすめですね。

 

デメリット

一方、SIerからWeb系へ転職する場合、デメリットもあります。こちらも話しておきますね。

 

デメリット①年収は一時的に下がることも

まず一つ目は上記の通り、年収が一時的に下がる可能性があることです。

 

SIer、特に一次請けのSIer(NTTデータなど)にいる場合、年収水準はもともと高いことが多いです。

 

Web系の場合は特に「独立」をすると、一気に年収が上がり、年収1,000万円クラスも十分射程圏内に入ります。

 

ですが会社員の場合、平均年収は高い一方、年収のUPPERは一定の高さで止まることも多いんですよね。具体的にいうと、年収1,000万円くらいで頭打ちするイメージです。

 

例えばWeb系メガベンチャーのサイバーエージェントやYahooでも、年収1,000万円いくことは大変ですね。

 

そのため、高年収のSIerからWeb転職する場合、一時的に年収が下がる可能性は、事前に覚悟しておく必要があります。

 

まあ大半のSIer出身者はそこまで高い年収を得ているわけでもないと思うので、そういう方にはデメリットではないかなと思います。

 

またWeb系の場合は「副業」しやすく、かつ実際に副業している人が多いです。そのため、本業+副業トータルで、年収が上がることは全然実現できます。

 

デメリット②Webはトレンドの動きが早いため、技術のキャッチアップが常に必要

僕自身Webプログラミングを習得してから個人的に感じることは、Webのトレンドは非常に早いということです。

 

トレンドの移り変わりが早いということは、情報を日々キャッチアップしていかないといけないということです。つまり、日々勉強が必要ということです。

 

ですから、一度学んだらもう何も学びたくない、そういう方はWeb系はあまり合わないかなと個人的には思います。

 

とはいえ、最近の世の中は変化が激しいので、どんな分野であれ、常に情報のキャッチアップは必要ですけどね。

 

そういう意味で、Web系だからと言って、特別勉強が必要というわけではないかなと。

 

SIerからWeb系への転職はメリットの方が大きいのでオススメ

述べてきた通り、メリット、デメリット両方ともあります。それでも個人的にはSIerからWeb系への転職はメリットの方が大きいと感じています。

 

なので、これからどちらかを目指すなら「Web系」がおすすめですし、いまSIerでやりたいことができていないなら、Web系を目指すこともまたオススメです。

 

SIerからWeb系に転職はできるのか?

Web系がオススメとはいえ、「SIerからWeb系への転職はできるのか」と感じると思います。

 

結論、SIerからWeb系への転職は可能です。

 

SIerからWeb企業に転職する人は増えている

上記の通りで、最近はSIerからWeb系へ転職する人も増えています。

 

IT業界全般に言えることですが、最近はエンジニアやプログラマーの数がどの企業も足りていません。そのため、Web企業も「採用枠」を増やしているんですよね。

 

採用枠は経験者の枠はもちろんのこと、Web系未経験の方や、そもそもIT業界自体の経験がない完全未経験の方の枠も増えてきています。

 

そのため、未経験からWeb系企業に転職成功する事例も増えているんですよね。

 

全くスキルがないと厳しい

とはいえ、Web系で使えるスキルが全くないと、転職のハードルは上がることも事実。つまり、完全未経験だと厳しいということです。

 

ただこれは裏を返せば、転職に必要なスキルさえ事前に習得すれば、道は拓けるということです。

 

じゃあどんなスキルを身につければいいかというと、結論、以下の通りです。

 

SIerからWeb系に転職するために必要なスキル

それは「Web系のプログラミングスキル」です。

 

Web系の企業に就職、転職する場合、必要なのはWeb系のプログラミング言語を使えるようになることです。

 

Web系にエンジニアやプログラマーとして転職を目指す場合、Webプログラミングが使えるかという点や、実際にサービス開発をした経験がよく求められます。

 

なので、そういったスキルや経験を、今から事前に作っておけば良いだけですね。

 

ちなみに僕自身もWeb系プログラミング言語を習得しましたが、そこまで時間はかからないので安心してください。

 

短期集中でプログラミングスクールなどで学べば、3ヶ月ほどで転職できるスキルは十分身につきますよ。

 

なので、本当にやるかやらないかだけの世界です。やればできるようになるので、ここは勇気を出して一歩を踏み出すことが吉だと思いますね。

 

オススメのWeb系プログラミング言語

結論、「Ruby」か「PHP」がオススメです。理由はシンプルで、需要が高く、初心者でも学びやすいからです。

 

ちなみに僕が最初に学んだのはRubyでした。RubyはWeb系言語の中でも特に初心者向きの言語です。僕はプログラミングスクールを利用して短期集中で勉強したことで、実際に1ヶ月で簡単なサービス開発ができるようになりました。

 

人によって習得期間の差はありますが、前述通り3ヶ月くらいがっつり勉強すれば、Web系の基本的なことは学べます。

 

3ヶ月なんて短いものですよね。スキルがなくても3ヶ月勉強すれば身になる分野は他にないですからね。

 

ということで、ここからはWeb系に転職するための具体的な方法に移ります。

 

経験者向け:SIerからWeb系に転職する方法

  • 転職エージェントを利用する

 

結論、上記の通りです。

 

経験者の場合は話が早く、まずは転職エージェントに登録し、いまの経験で転職できるWeb企業はないか聞いてみることが第一歩です。

 

前述通り、最近はIT/Web業界全体が売り手市場であり、エンジニア不足が深刻化しています。そのため、IT業界での経験自体を評価し、採用してくれるベンチャーなども出てきています。

 

それでも、Web関連のスキルや実績は求められることが現状多いので、そこはプログラミングスクールなどを利用し、1〜3ヶ月ほど勉強しておくとベストですね。

 

例えば、RubyやPHPで簡単な制作物を作っておけば、転職活動時のポートフォリオとして提出できます。そのため、転職に有利に働きやすいです。

 

プログラミングスクールの中にはプロのサポートを借りながらオリジナルサービス開発をすることもできます。そういう意味でも、プログラミングスクールは利用しておくと良いですね。

 

例えばプログラミングスクールのTechAcademyであれば、オンラインでRubyやPHPを学びながら、オリジナルサービス開発の経験が積めます。僕も受講したスクールですが、かなり良かったですよ。

 

年齢制限や居住地の縛りもなく、どなたでもPCさえあればWebプログラミングが学べます。公式サイトには無料体験や無料説明会動画があるので、まずはそちらを覗いてみると、イメージが湧くかなと思います。

 

Web系に強いおすすめの転職エージェント

参考までに、Web系に強い転職エージェントを紹介しておきます。

 

  1. レバテックキャリア【IT/Web特化の最大手転職エージェント】
  2. doda【総合型エージェント】
  3. リクルートエージェント【総合型エージェント】

 

上記の通りです。

 

迷ったらレバテックキャリアが良いですね。レバテックキャリアはIT/Web業界に特化したエージェントです。コンサルタント自身がIT/Web業界に精通しているので、SIerの悩みはもちろん、Web業界に転職する手順も詳しく教えてくれます。

 

また、より広く求人を知りたいなら、dodaリクルートエージェントいった総合型転職エージェントも併用すると良いです。この2社は転職エージェントの中でも2トップの存在なので、自分にあった仕事が見つかりやすいです。

 

僕自身長いこと使い続けていますが、優良企業とのコネクションはもちろん、転職市場の最新情報がこの2社にはあります。

 

なので、最新の転職マーケットのトレンドを聞くために昔はよく利用していました。

 

未経験者向け:Web系に転職する方法

未経験の場合は、まずは「Webプログラミング」を学ぶことからスタートです。

 

言語は前述通り、「Ruby」や「PHP」がおすすめです。

 

プログラミングを学んだら、プログラミングスクールの転職サポートか、転職エージェントを使って転職することが良いですね。

 

このうち未経験からでも転職しやすいのは「プログラミングスクール経由」なので、転職サポートのあるスクールを使ってRubyやPHPを学ぶことが一番おすすめです。

 

上記条件を満たすスクールでおすすめなのはTechAcademyTECH::EXPERTあたりですね。この2社はRubyが学べ、エンジニア転職までサポートしてくれます。

 

まとめ

最後に、Web系エンジニアやプログラマーは控えめにいっても働きやすいです。

 

PC1台でどこでも仕事ができるので、満員電車で通勤したり、窮屈なオフィスで働く必要もありません。

 

もちろん、Web系企業の中にも、環境の良くない企業はありますし、一方SIerでも働きやすい優良企業は存在します。なので一概に、どちらが良い、悪いと決めつけることはできないことも事実です。

 

だからこそ、ちゃんと「一企業」を自分の目で確かめて、良さそうだったら転職してみる、という感じが良いかと思います。

 

前述通り、Web系は個人で稼ぐ力もつきますし、副業などもしやすいです。万が一転職先が良くなかったとしても、やり直しは効きやすいのでリスクもありません。

 

ということで、Web系への就職、転職に興味があるなら、まずは行動あるのみですね。前述した転職エージェントやプログラミングスクールなり、まずはトライすることからスタートです。

 

結局のところ、ただボーッと日々を過ごしても人生は変わらないのですから、まずは今日から、一歩を踏み出すことが必要ですね。応援しています。

 

▼人気記事

おすすめのプログラミングスクール5社を徹底比較する【受講者が特徴や使用メリットを全てまとめた】